• 締切済み
  • すぐに回答を!

吸光度のついて

Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5721
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.3
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4353)

ご質問はなぜ『750nm』に波長を設定したか?…ですよね? 吸光度をもちいた定量法において、波長を設定するためには… なるべく目的成分の極大吸収波長を取る(観測が簡単で誤差が少ないため)ただし、ピークがいくつか存在する場合は、なるべく目的成分のピークと他成分のピークが干渉しないこと です。今回のタンパク質の定量においてはすでに「BSAを用いた比色定量法では750nm付近に定量分析を行うのに最適なピークがある」ことが実験のバックグラウンドとして決まっていたんだと思います。 仮に液の吸光度を測った際に750nmと730nmに大きなピークがあった場合は、不要となる730nmの影響を考慮してやる必要ができ、測定の難易度が上がります。 ですから実際の実験では、たとえ青に見えても750nmにすんなり決めてしまうのは落とし穴です。一度、全体のスペクトルを測定して、測定に適したピーク(波長)を探してやります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • DNAとタンパク質の混合物の吸光度曲線について

     実験でDNA溶液とタンパク質溶液(BSA)の吸光度を測定しました。  それぞれ吸光度曲線は260nmと280nmでピークをむかえるのですが、レポートで「このDNA溶液とBSA溶液を等量混ぜて吸収スペクトルを書いたらどのようになるか」ということを根拠を含めて説明しなければなりません。  今、手元にあるデータは紫外部(240~300nm)の吸光度とそれをもとに描いた吸光度曲線のみです。    どんな些細なことでもいいので教えていただけないでしょうか?

  • 回答No.2

No1の方の 色の見え方についての説明が、一部誤っておられますので、 補足させていただきます 物質が色づいて見えるのは、その物質が白色光の特定の色の光を吸収するためです。 そして、白色光からある色の光が欠けると色が現れます。  例えば、赤色の光が欠けると私たちには青緑色として見ることができます。 (見えている色と吸収している色は違うっ!)  一般に補色とは白色光からある色の光を差し引いた時に私たちに感じられる色のこと。つまり、ある色の光とその補色の光とを混合すると白色光が得られるということです。 つまり、 青色に見えている物は、 青色を吸収しないのではなくて、 ある色(青色の場合には黄色;590nm付近)を吸収した結果 青に見ていてるんです。 ご質問の溶液が青色(正確には青緑だと思いますが・・・・)に見えているのは、750nm付近(赤色)を吸収しやすいので 白色光から750nm付近を除いた色(赤の補色)として 青緑色が見えているんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • paddler
  • ベストアンサー率53% (176/330)

Lowry法の試薬についてはよく知らないのですが、目に見える溶液の色と吸収波長の関係は次のようになります。 溶液の色:  その溶液が透過しやすい、すなわち透過率が高い波長域によって決まる。例えば、400nm~520nmくらいの短波長域を透過するものは青色、逆に概略580nm以上の長波長域のみを透過するものは赤く見える。 透過率と吸光度:  透過度=試料セルの透過光量÷参照セルの透過光量  透過率=透過度×100%  吸光度=-Log10(透過度) ・・・ 例えば透過率1%=吸光度2Abs 「吸収」という言葉を使って、先ほどの「溶液の色」を言い換えると、 溶液の色:  その溶液が吸収を受けにくい、すなわち吸光度が小さい波長域によって決まる。例えば、400nm~520nmくらいの短波長領域で吸光度が小さいものは青色、逆に概略580nm以上の長波長域で吸光度が小さいものは赤く見える。 となります。750nmあたりの長波長域に吸収ピークをもつ物質は、逆に短波長側は吸収が小さいと思われますので、溶液の色は「青色」を呈することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 分光光度計の吸光度の値について。

    分光光度計で吸光度を測定する実験をしました。 ゼロは水であわせ、測定するサンプルは試薬の混ざった水です。 それなのに、結果がマイナスの値になってしまいました。 何が原因でしょうか? また、吸光度はどういったときに、マイナスを取るのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • 吸光度 分光

    吸光度の測定について調べているのですが、吸光度を測定することでなんの役に立つのですか? 実際に調べているのは、赤外分光光度計と光電式分光光度計なんですが、これらがどんなことに使われ、これらによって吸光度を測定することでこんなことに役に立つというのを教えて頂きたいです。

  • 吸光度から・・・

    今回実験でラクトアルブミンの吸光度を測定しました。 測定条件は以下の通りです。 ・200mlの牛乳から中和上清164mlを得た。その中和上清のうち30mlを用いてラクトアルブミン(0.18g)を塩析させて取り出した。 ・実験により得られたラクトアルブミン(0.18g・湿重量)を蒸留水で2mlにメスアップ。 ・その2mlのなかから0.2mlとり、5mlに希釈した。(25倍希釈) ・その5mlをA280で吸光度を測定した。 ・測定結果は ピーク時の吸光度 280.8nm = 0.279  でした。 ※実験書によると、280nm付近でピーク吸光度が1の時のタンパク質の濃度を1mg/mlであると仮定して、タンパク質の定量をせよ。 とあります。 このような条件で、中和上清30mlあたりのラクトアルブミンをどのように計算したらよいのかいまいち解りません。 ただ単に、吸光度より、タンパク質濃度0.279mg/mlだから・・・・×30??? でも何かおかしいですし・・・ それとも希釈したから、0.279mg×25 で、さらに吸光度に使用したのは溶液2mlの中の0.2mlだから ×10・・・ 0.279mg×25×10で中和上清30mlあたりのラクトアルブミン量??? 考えていると余計に訳解らなくなってしまって・・・ どなたか教えてください。 ヨロシクお願いします。

  • 分光光度計の吸光度の調節

    分光光度計を用いて様々な濃度の溶液を測定したのですが、純水の吸光度を0.00に合わせてから始めるところを、合わせずに純水も測ってしまいました。この場合は、この純水の吸光度を他の吸光度から引けば解決できるのでしょか。 よろしくお願い致します。

  • 水の吸光度

    実験で紫外分光光度計を使用して、市販されているミネラルウォーターの吸光度を測定しました。 その結果、ミネラルウォーターによって吸光度に違いがみられるのですが、その理由はなんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 吸光光度法

    溶媒抽出法で酸解離定数と分配定数を求める実験で 8-キノリノール(HL)の検量線を作るために さまざまな濃度の溶液の吸光度を測定しました。 分光光度計で透過率を測定する際に溶液に0.1M塩酸を加えたのですが なぜでしょうか? H^+が過剰になり HL+H^+⇔H2L^+ の平衡が右にずれると思うのですが 透過率を測定するときは溶質はイオンで存在するほうがいいのでしょうか? わかる方いらっしゃいましたら 教えていただけると助かります。 よろしくお願いします

  • 吸光度と光損失の関係

    分光光度計を用いて溶液の吸光度を測定し、その吸光度から光損失を求めるということはどういうことでしょうか? また、求める式等はあるのでしょうか? どなたかおわかりの方よろしくお願いします。

  • 吸光度の対照波長ってなんですか

    今吸光度を測定してるんですが、測定波長570nm(対照波長は600nm以上とする)って書いてます。無視して570nmで測定した値を結果としていますが対照波長って何ですか? また、ブランクって必ずおく必要があるのですか? その際、何をブランクにするのですか? 私は細胞培養のMTTアッセイで吸光度計を使用しています。ご回答お願いいたします。

  • 吸光度おしえてください

    有色野菜の色調に対するPHと金属の影響の実験をしたんですが、最後に分光光度計での最大吸収波長を測定して吸光度がわかったのですがこれが何を表して、同じ対象野菜の酸・中・アルカリ性を見ると何がわかるのでしょうか。普通吸光度何のためにはかるんでしたっけ

  • ボケの葉の吸光スペクトル

    を分光光度計で図る実験をしたのですが、植物なのでたいてい吸収極大は440nmと660nmになるはずですが、今回は440のまえの430や420の値が440と同じ吸光度になってしまいました。どんな原因が考えられるでしょうか?