• 締切
  • 暇なときにでも

ミュージックセラピーの心理学的説明

  • 質問No.13508
  • 閲覧数78
  • ありがとう数16
  • 回答数1
ミュージックセラピーというのがありますが、
悲しいときにその種の音楽を聞き、
楽しいときにその種の音楽を聞くことが心を癒すことにつながるのはなぜなのでしょうか?
その例外というのはあるのでしょうか?

用語等を交えて説明していただけると幸です。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 29% (13/44)

以下、僕の想像です。
#専門用語は登場しません。(^^;


悲しいときに悲しい音楽を聴き、
楽しいときに楽しい音楽を聴く。

これって、聴く人を肯定していることになるんじゃないでしょうか。
気持ちを肯定されることは気持ちいいことだし。

#癒しって、「我がまま」の肯定なのかもしれませんね。


ご参考まで。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ