-PR-
解決済み

複数のSOHOが集まってビジネスをする際の注意点

  • すぐに回答を!
  • 質問No.13366
  • 閲覧数70
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 92% (12/13)

今度、ネット上でそれぞれの得意分野を持ち寄り、
事業を立ち上げたいと考えているのですが、やはり
問題は「提携に伴う契約問題」だと思います。
そこで「いざという時に困らないように」協同作業の
ビジネスでの注意点やそのような事に詳しい方を教えてください。(共同経営ではなく、提携です)よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

『ネット上で』とありますが、実際に顔は合わせますよね?
やはり、素性の知れない相手と仕事をするのは、お互いに気色悪いものです。

あとは、とにかくお金の問題ですよね。
例えば、1本のプロジェクトを動かす時に、共同で行なうのか、
あるいは、どこか1社がメインで受けて、他に下請けに回す形にするのか。
つまりこれは、提携の形態にも影響しますね。
共同経営に近い形で、深く提携して行くのか、それとも、
あくまでも仲の良い会社程度の関係にしておいて、
ただ、なるべく身近なところで仕事を回す様にするのか。

ちなみに、私もこの11月から独立し、フリーのグラフィックデザイナーですが、
個人の広告代理店、フリーカメラマン、写真スタジオ、
イラストレーター、などと緩やかな提携関係にありますが、
まだ口約束の段階で、実際の契約条件などは未定なのですが、
恐らくは、仕事を回し合う方法を取る事になると思います。
例えば、私がデザインする際に、写真が必要になればカメラマンにお願いするし、
カメラマンが何か仕事を取って来れば、私が下請けでデザインをするでしょう。
金額面についてはその都度交渉します。もちろん、その仲間内よりも
安く仕上げてくれるところがあれば、他に流れる可能性もあり得ます。
お礼コメント
unplugged

お礼率 92% (12/13)

ありがとうございます。
やはりそうですよね。顔を合わせての打ち合わせも当然行いますので、実際の提携と何ら変わりはないのですね。ネットだからと、そこだけに注目するのではなく、あまり変に気を使い過ぎないように、したいと思います。ありがとうございました。
kenkenkentさん、お互いに頑張りましょう。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 15% (2/13)

 普通、提携話では最初スムーズ、後ドロドロが普通です。どんなに、うまい契約を結んでもね。
 うまく行っている提携の関係はどちらか一方が、優先権を持って、引っ張っていき、一方は下請けみたいな、関係のほうがうまく行くようです。
 ヒフティ・ヒフティのほうが良いように見えるものなのですが、結構、うまく行かないんですよね。
 権利が発生すれば、義務も必ずあるんですが、どうしても、責任のなすりあいのようなムードが発生するんですよね。
 親会社、子会社の関係なら、依頼した仕事に関して、報酬を払うわけですから、取り決めも簡単ですよね。
 仕事を依頼しての成功報酬、これが難しい。
多分、unpliggedさんのお悩みもこの部分ではないでしょうか?
 一方の言うとうりに仕事をしても、一向に成果が上がらない。おまえの方針は、間違っているんじゃないか?だから、少しはおまえも費用を負担しろ。
 このパターン実に多いんですよ。
 でも、これ実は結構あたっているんですよ。
成功報酬だから、指示する人は別に相手がお金をかけて
作成しようが、お金をかけずに作ろうが関係無くて、納期に間に合えば良い。
 プレゼンに失敗して、売れ残っても、別に指示する人は
あまり、痛まない。だから、結構いいかげんに指示してしまう。
 提携に伴う契約問題ではその点に注意し、得意分野を持ち寄って事業を立ち上げる場合でも、誰かがイニシアチブを取って、指針を決め、事業を進めていき、リーダーが他のメンバーの最低保障は(負担した仕事に対する報酬)してあげて、実際にものが売れたりしたら、プラスの報奨金をあげる。
売れなかったらしょうがないけどリーダーも負担しているんだからと、納得させる。
そんな関係がよろしいんじゃないでしょうか?
 結構、提携話の契約書を見せていただきますが、リーダーの立場があまりにも、好条件のものが多いんですよね。
だから、たいがい、1~2年で契約話、つぶれるんですよね。
 やっぱり、大会社の提携は太っ腹ですよ。すごい
経費を負担しているんだから。でもその分、権利も大きいんですけどネ。義務と権利を明確にしています。
 小さいところは、私のところは、義務は無いけど権利は
俺のもんや。
 こんな所が多いですね。
 実際、私も、何度提携して、何度涙を流したことか?
あ~商売の難しさ。
 
補足コメント
unplugged

お礼率 92% (12/13)

ありがとうございます。
確かにdoctor-jさんの言う通りですよね。
大手だったら、と思う事ありますし。
でも、小さい所は小さいなりに、小回り効いて
良さもあるんですけど、世間はなかなかそう
うまく回りません。
それでも、小さいからと諦めるのには早過ぎるとも
思う訳でして。
もしよろしければ、過去の提携話お教えいただけると
参考になるのですが、難しいでしょうか?
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ