• ベストアンサー
  • 困ってます

電源のバージョン2.03と2.01

  • 質問No.12969
  • 閲覧数64
  • ありがとう数0
  • 回答数1

お礼率 30% (4/13)

 先日、自作のパーツ一式を購入し無事組み立てられたように見えたのですが、ほとんど起動してくれなくて困っています。ほとんどというのはたまに起動することもあるからです。
自作に詳しい友人に聞いたところ、電源が原因じゃないかとのことでした。
調べてみると2.03だの2.01だの電源にバージョンが存在するらしいですね。今回そろえた電源は2.01でした。
コネクタもケーブルもいっしょなのに、2.03の電源はどう違うのでしょうか。高速化に対応したきれいな直流を出力するといったことでしょうか? わかる方がいらっしゃったら教えてください。

似たケースの方がいたので↓
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=11445

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 34% (16/46)

ATX2.01はマザーボードから電源ユニットのコントロールが行える用になっていますが、マシンの主電源が落ちているときでも、有る程度の電力をマザーボードに供給してやる必要が有ります。その為に用意されているのが、スタンバイパワーです。
スタンバイパワーの電流容量は0.1A以上と規定されていますが実際は足りないことが多かったためATX2.01では0.72Aに変更されてます。
ATX2.03は98年12月リリースされた最新Verです。
いくつかの細かい修正はされましたけど2.01と比べて大きな違いは有りません。
しかし最近では、WakeupOnRingやWakeupOnLanなどスタンバイ時でも電力を消費する機能が増えたため0.72Aでも足りなくなりそこでスタンバイパワーを2A以上とれる物を2.03と呼びます。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ