• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

12万円特許出願について

特許庁発明協会で、先行技術調査もすませていざ特許を出願しようとしたのですが、あるサイトで12万円特許出願というのを見つけました。(http://www.isokanet.com/office/index.html)利用しようかどうか迷い、発明協会に相談してみたのですが、普通出願には20万円ぐらいかかり、12万円では無理だと言われました。実際に利用された方はいらっしゃいますでしょうか?ちゃんとしたところかどうか教えていただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数360
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#10537
noname#10537

>良い特許事務所はどうやって探せば宜しいでしょうか? 残念ながら、全部の事務所の全部の弁理士を知ってる人間なんてこの世にいません。 特許電子図書館でashlee69さんが出願しようとお考えの発明の分野で過去に多くの出願を取り扱っている事務所を調べてみたらいかがでしょうか。 http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl そういう事務所だったらその分野の基礎知識があるかと思います。 でも、そこが親身になってくれるかどうかは私にはわかりません。 あとは、弁理士会の方で調べてみるのもいいかもしれません。 http://www.jpaa.or.jp/?05291100 http://www.jpaa.or.jp/advisement/index.html 頑張って下さい。

参考URL:
http://www.jpaa.or.jp/?05291100, http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にいろいろと有難うございました。とても参考になりました。この度は有難うございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#10537
noname#10537

>特許出願は個人で出して、もし拒絶理由通知が来た時に特許事務所に相談するというのが、ベストみたい いや、明細書等の出願書類を作成する時点から特許事務所に任せておいた方がいいです。 特許出願とは法律的権利を主張するものであり、明細書等には重大な法律的意味があります。 自力で出願した場合には、せっかく特許になったのに抜け穴だらけだったという恐れもありますし、それ以前に、中間段階でどうにも補正ができないような御粗末な明細書だったということもあります。 特許電子図書館で個人の自力出願の物を調べると、爆笑物、失笑物の明細書も数多く存在します。 たとえいろいろ勉強してある程度まともな明細書を書いて自力で出願しても、拒絶理由通知に対する応答が難しいということは前回お話しした通りです。 そして、その段階で特許事務所にお願いに行っても、その後にある程度のペースで仕事(新規出願)をくれることが見込める企業だったらまだしも、個人出願だったら断られる可能性もあります。 さらには、たとえ引き受けてくれても、最初から担当して詳しく内容を知っていれば応答もスムーズにできますけど、中途から担当した場合には一から発明を理解しなければならず、手間がかかりますので、請求される金額が高くなる可能性が高いです。 そして何よりも、その段階で特許事務所にお願いしても、出願時の明細書の書き方が悪いのでどうすることもできないということも、充分あり得ることです。 世界中の大企業が特許事務所に依頼するのは、その方が特許になる可能性が格段に高いからだと思いますよ。 ただし、たとえ初めから特許事務所に任せても、そもそも発明が特許するに値しないレベルの低いものだったら、やっぱり特許になりません。 そこの部分は誤解しないでください。 それでも、親切な(まともな)特許事務所だったら、依頼を受けて明細書を作成する段階で何度も話し合い、できるだけ特許を取れるような方向でアドバイスもしますし、どうにもだめそうな場合には初めからその旨を伝えるはずです。 親身になって相談に乗ってくれる良い特許事務所をお探し下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当に親身になってアドバイスしていただき本当に有難うございます。それで何度も質問して申し訳ないのですが、良い特許事務所はどうやって探せば宜しいでしょうか?自分なりに、色々検索かけて調べているのですが、どれも似たように見えてどれが料金も良心的でまともな事務所か判断できずに困っています。もし宜しければ、お勧めの特許事務所とかこのサイトをあたれば見つかるとか、知っていらしたら教えていただけないでしょうか。重ね重ねご迷惑をおかけしますが、宜しければ是非お願いします。

  • 回答No.1
noname#10537
noname#10537

>ちゃんとしたところかどうか教えていただけると助かります。 特許事務所を経営されている以上、本物の弁理士さんであることは間違いないでしょう。 でも、12万円特許出願って格別安いという気はしませんでした。 「独立発明の追加→+追加独立発明数×30,000円」というのは高いです。 物の発明、製造方法の発明、方法の発明の3つあればそれだけで18万円になってしまいます。 「ページ数の増加→+ページ数×8,000円」も割高に感じました。 「図面の清書が必要な場合→+枚数×実費(平均3,000円)」も同様です。 これではむしろ普通の特許事務所より割高になってしまう場合もあります。 独立発明が3つあり、明細書が10ページあった場合に5ページ×8000円=4万円を加算すると、22万円になってしまいます。 そちらの事務所の通常出願の料金表もご覧下さい。 明細書10ページまでは出願手数料が15万円になってますよね。 印紙代1万6千円、文書作成費6000円×10ページ=6万円を加算すると、22万6千円になります。 あれ?ほとんど差がありませんね。(苦笑) >発明協会に相談してみたのですが、普通出願には20万円ぐらいかかり、 もしかすると発明協会の方は出願費用と出願審査請求費用との合計で20万円と仰ったんじゃないでしょうか? 特許は出願するだけでは権利取得できません。 出願料とは比べものにならない高額な出願審査請求料を支払って特許庁の審査官に審査してもらって特許するに値するものであると認められたら初めて特許になるんです。 出願審査請求料は特許庁に支払うお金ですから、その特許事務所の「12万円特許出願」のお金とは別に支払う必要があります。 また、出願審査請求するとたいてい一度は拒絶理由通知が来ると思っておいた方がいいです。 拒絶理由通知に対しては意見書を提出して特許性があるんだと主張することができますが、その際には技術上の説明がきちんとできることに加えて、法律的な知識も必要です。 この部分は素人の方には大変難しいので、特許事務所に任せた方がいいです。 その部分をきちんとやってくれる特許事務所に依頼した方がいいですよ。 ちなみに、その特許事務所の意見書や補正書作成の料金も、むしろ高めじゃないのか?と感じました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なご意見有難うございました。それでもし宜しければ教えていただきたいことがあるのですが、特許出願は個人で出して、もし拒絶理由通知が来た時に特許事務所に相談するというのが、ベストみたいですが、その前に、『個人で申請をすると、1万6000円+実費で済みますが、出願書類の記載が不十分なために出願自体が無駄になっている場合も多いようです。 』というのをその事務所のホームページで見たのですが、やはりそうでしょうか?出願の際は、特許事務所に任せた方がよろしいでしょうか?(もちろんこの事務所には頼みませんが)もし宜しければ、最善の出願方法を知っているようでしたら教えていただけると助かります。素人質問で申し訳ありませんが宜しければお願いします。

関連するQ&A

  • 特許出願の件で、教えてください。

    特許出願の件で、教えてください。 海外から日本の特許庁へ出願しました。特許出願番号をもらって、その番号か発明名称などを使って、特許出願を確認できる方法はあるでしょうか。特許庁のIPDL検索を既に利用してみましたが、結果はなかなか出ません。

  • 特許出願中のアイデアの企業売り込みについて

    昨年10月にゴルフのパター用グリップに関する特許出願を行いました。その後、特許庁の無料の先行技術調査を発明協会で行ってもらい、類似品がないことを確認し、これからゴルフグリップ関連企業に郵送で売り込みしようと思っています。 ところがゴルフグリップ企業は外国企業が多く、外国出願前にそういった企業に売り込みしても大丈夫なのか心配しています。 特に米国は先発明主義なのでアイデアを取られて先に商品化されるのではないかと危惧していますがどうなのでしょうか。 まずは国内企業からアプローチする方がいいのでしょうか?

  • 特許出願について

    自力で特許出願をと発明協会等の無料相談を受けたりとしながら、申請書も仕上がりました。仕事を早めに切り上げて、早ければ月曜日に行ってみようかと思い、さっそく開庁時間は?と特許庁のホームページを隈なく見ているのですが、書いてありますか?よくわからないのです。特許庁で特許申請の受付は、やはり月曜日~金曜日? 時間は何時まででしょうか? また、ご自身で特許申請をされたことのある方に質問ですが、庁と付く場所へ足を運ぶのは初めてなのですが、ラフな格好では場違いですか?門をくぐった後の経緯を教えてもらえますか?まずはどういった部署へ行ったなど・・。また、申請書以外に必要なものはありますか?どうぞよろしくお願い致します。

  • 特許出願中のビジネスモデルについて。

    特許出願中で、公開されていないビジネスモデルは調査可能なのでしょうか。 特許庁のDBでは、特許公開されていないと、検索できないもので。 もし、調査不可である場合、その特許出願後1年6ヶ月後に公開された際に、 出願から公開までにその存在を知らずに、全く同じビジネスモデルで 特許出願せずにビジネスをしていたら、それは侵害になってしまいますよね。 分かる方教えてください。

  • 特許出願中~

    こんばんわ!またまた、 特許に関する事で素人質問です。 よく、商品等で「特許出願中」を目にするのですが、 「出願中」の時点であると、その物には特許は無いと、 言う理解で良いのですよね? そこで疑問が大きく分けて2点あるのですが。 1、もし「出願中」に他者がそれを利用して、その他が特許こそ、  申請しようとはしていないけれど何かで使用しているとなると、  それは、どういう対処がなされるんでしょうか?  使用目的に利益が有る、無いに関わらず、出願中の当事者は、  どうにかする事ができるんでしょうか? 2、また、その出願中からヒントを得て、そこに他者が、   何かを付け加えて、他者が特許出願する―   明らかに真似てるのが分かっている当事者は何か、   言う事はできるんですか?   特許庁は、同じような案件があった場合、   ちゃんと見極めてくれてるんでしょうか? 伝わりづらい文章になったかもしれませんが、 宜しくお願い致しますm(__)m

  • 既に発表してしまった内容の特許出願について

     既に発表してしまった技術内容についての特許出願についてお聞きしたいのでよろしくお願いします。  インターネットの個人のホームページに既に発表してしまったのですが、その後特許出願したいということになりました。まだ6ヶ月には十分の余裕があります。特許庁のホームページで説明を読んでみて特許出願できそうと考えたのですが、素人のため自信が持てないのでここで教えを請うことにしました。 (1)そもそも上のような条件で出願は可能でしょうか? (2)「・・・の規定を受けることができる発明であることを証明する書面」 とあるのは、 ・ホームページを立ち上げた日を証明する書面と言うことでよろしいのでしょうか? ・プロバイダによりその日付を証明してもらうという手段ぐらいしか思いつきませんが  これでOKでしょうか? また、他に良い手段があるでしょうか? ・また、この書式については特に定まった規定はないと考えて良いのでしょうか?  よろしくお願いします。

  • 個人の特許出願費用を最低限に抑えるには

    個人が特許出願をADSL 経由で行なう際に、電子証明を取得する費用を見て驚きました。 住民基本台帳 + ICカードリーダー が一番費用をかけずにできる方法でしょうか。 また、その場合、市販の ICカードリーダーならどれでもかまわないのでしょうか。 発明協会支部でのISDN 出願も考えていますが、遠方なため有力な選択肢にはなりにくいのです。

  • 特許出願について

    特許出願について 例えば、日本でAと言う品物を、発明者はBさんでC社が出願したとして、 中国にて同じ、Aと言う品物を、発明者はBさん(同一人物)の名前で、D社(他社)が出願して権利を得ることはできるのでしょうか? C社が日本で出願、権利を得るのに障害になったりすのでしょうか? 質問が下手で分かりにくいかもしれませんが、どなたかご回答して頂きたいです。 宜しくお願いいたします。

  • 職務発明の発明者が特許出願できるか?

    特許法35条2項の規定を受けて、たいていの会社は、社員がした職務発明の特許を受ける権利を会社に承継させる規定を勤務規則で定めていますね(予約承継)。 その場合でも、会社が特許出願する前に、発明者が独自に特許出願することは合法でしょうか? 会社の知材の係りにも質問したんですが、うちの会社は小さくて、本当に係りという程度の担当者なので、『わからん!!』と言われてしまいました。 そこで、ここで質問することにしました。 私は、合法であると考えているのですが、調べたところ、違法とする見解もあるようです。 合法と考える理由は次の通りです。 『産業上利用できる発明をした者は、・・特許を受けることができる。』(特許法29条1項柱書き)ので、原始的に特許を受ける権利は発明者にあり、『特許を受ける権利は移転することができる』(特許法33条1項)が、『特許出願前における特許を受ける権利の承継は、その承継人が特許出願しなければ、第三者に対抗することができない』(特許法34条1項)から、会社が出願する前に発明者が特許出願しても文句は言えない。 『発明者・・でない者であって特許を受ける権利・・を承継しない者がした特許出願・・は特許出願・・でないものとみなす』(特許法39条6項)の反対解釈で、発明者であればたとえ特許を受ける権利を承継させていても、特許出願とみなされるので、合法な特許出願であるという結論です。 ただし、勤務規則で予約承継していれば、その特許出願をぶん取ることはできます。(特許法35条2項) また、得失を考えると、会社がもたもたして特許出願の時期が遅れると、他者に先に出願されて39条1項(先願)により拒絶され、職務発明の発明者には、権利である『・・相当の対価を受ける権利・・』(35条3項)を失う恐れがあるという、重大な損失があります。 自由発明であればなおさらです。 一方、会社にとっては、発明者が勝手に出願したとしても、出願後に特許を受ける権利を承継すればすみます。 仮に特許請求の範囲や、明細書を拡充したければ、承継した後、国内優先権主張(特許法41条)すれば足ります。 従って、会社側には損失はありません。 よって、勤務規則に予約承継の規定があっても、発明者は自ら特許出願できると考えています。 一方、違法であるという見解は、単に予約承継の契約をしたのだからという程度の理由で、得失の評価もされていないようです。 (特許法35条も改正されてますから、現在の解釈は異なっているかもしれませんが。。) P.S. さらに調べたところ、うちの会社には規定はないんですが、自由発明であっても、会社に届け出て職務発明に当たるかどうか判定してもらう規定なんかもするらしいですね。

  • 特許出願は東京以外でもできるのでしょうか?

    初心者なのでよろしくお願いします。 初歩的質問ですが、特許出願は東京以外でもできるのでしょうか? 例えば大阪とか、岡山・香川でも特許出願はできますか?(香川県在住) それとも東京の特許庁に行かないとダメでしょうか? 家庭の事情で時間的に近くの方が良いのですが。 質問2 出願には特許申請項目の現物を持って行かないとダメですか? それとも、写真、ビデオ映像、図面や説明書、必要書類だけで受け付けてくれますか? 現物は100kgぐらいなので車に乗せて持って行かないと・・・