• ベストアンサー
  • 困ってます

逆関数の意義

関数y=sinx(-π/2≦x≦π/2)の逆関数をg(x)とする。 I=∫[0→1]g(x)dx を求めよ。 という問題なんですが、もちろんこの場合逆関数は簡単には求まりませんよね?といいますか、傍用問題集に載ってるような計算で求められる逆関数はむしろ特別な場合をやっているに過ぎないと教わりました。 さて本問についてですが、さっぱり分からなかったので解説を受けたのですが、その説明はこういうものでした。 「与えられた関数にx1という値を入れるとy座標はy1(=sinx1)になるとする。このとき逆にy1を入れてx1に至る関数を本問での逆関数と呼ぶ。これをx=g(y)とする。このときグラフ自体はまったく同じものであるが、関数はxを入れてyに至るというのが一応の決まりとなっているのでxとyを入れ替えてy=g(x)とする。したがってもともとyを入れてxに至るのが逆関数であったのでIは次のように書き換えられる」 I=∫[0→1]g(y)dy という説明でした。はっきり申しますとさっぱりこの説明の意味が分かりません。こんな曖昧な状態では全く応用が利かないです。もちろん上のように書き換えられたならば積分は計算できるのですが、そこまでのプロセスの理解はやはり皆無です。そもそも教科書にしてもチャートなどの問題集にしても、逆関数を求めるだけという単純な計算問題しか書かれていないのでその本質がまったく見えません。逆関数が試験にでるというのはまだ一度も見たことは無いのですが、一応受験範囲が(3)Cだけですのでここもしっかり理解しておきたいです。上の解説文などは完全に無視していただいて構いませんのでアドバイスよろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数435
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

>正しくはまずx=2yからy=1/2xとしてこれがy=g(x)。つまりx=g(y)はx=2yではなくx=1/2yですよね!? はい、その通りです。まぁ、厳密にはy=(1/2)xと括弧を入れて書いたほうが間違いがないです、、、 >ところでこのx=g(y)っていうのは実際もとのy=2xを逆にx=の形で書き換えただけのもの。つまりx=g(y)というのは元の関数にとっての逆関数でも何でも無いですよね? そう、まさにそこなんです、逆関数の理解をややこしくさせるポイントは。最初はこの辺で泣きをみることになります、、、(笑い) さて、突然ですが関数y=f(x)で、独立変数xは通常等号の右側、従属変数は統合の左側に書く慣例になっています。y=2xの逆関数x=(1/2)yをその慣例に従って見ると、等号の左のyは独立変数、右のxは従属変数ということになり、普段の解釈から誤解を生じやすいことになります。そこで普段の解釈通りできるようにx→y、y→xと書き換えてy=(1/2)xと書くわけですね。 ところで、逆関数はもとの関数の逆だから、なにか対象性があるのでは、、、という観点から逆関数を考えましょう。y=2xとy=(1/2)xをグラフ用紙に書いてみてください。そしてy=xも書いてみてください。この3本の直線をじっくり眺めると、ナ、ナント、y=2xとy=(1/2)xはy=xを対称軸とする線対称の関係(y=xにそって用紙を折り曲げると2直線は完全に重なる)にあるということが分かりますね。元の関数と逆関数はy=xを対称軸とする線対称の関係にあるということですね。この関係を利用するとy=sin(x)の逆関数のグラフは容易に書けますね(←少し面倒ですが)。TRYしてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

...これでやっと「逆関数」というものが見えてきた気がします...これ数(3)の教科書にほんのちょっと計算問題があるだけで授業でも全然ふれられていませんけど、理解するのにここまで苦労するものだったとは...ですがここまで付き合っていただき、説明も丁寧にしていただいたおかげで本当にモヤモヤが消えました!分からないことは納得するまで追究したい性質なので(笑) ほんとにほんとにありがとうございました!!!

関連するQ&A

  • 逆関数を微分

    y=sinx(ーπ/2≦x≦π/2) の逆関数を微分するとどうなるのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 逆関数

    逆関数の問題について質問させていただきます。 問1arc tan1/2+arc tan1/3=π/4を示せ 問2cos(arc sinX)=√1-X^2を示せ

  • 逆関数の導関数

    dy/dx=1/dx/dy ↑より、y=f(x)の逆関数x=g(y)の微分可能性については、逆関数を具体的に求めなくても判定できる。 すなわち  x0⇔f(x0) (→がf,←がg) (適した記号が見つからなかったので、同値記号で勘弁してください。) 「f'(x0)≠0ならばfの逆関数gはf(x0)で微分可能で g'(f(x0))=1/f'(x0) であることを示してる。」 と書いてあったのですが、よくわかりません。 なぜ、そのようなことがいえるのでしょうか? 全体的にわかりません、解説よろしくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

>y=2x+3(y=f(x))→x=(y-3)/2(x=g(y)) という変形において、もちろんここではまだグラフの概形は変わっていませんよね? え~っと、グラフの概形の意味がよくわかりません。縦軸にx軸、横軸にy軸をとってx=(y-3)/2の直線を描いてみてください。y=2x+3と異なりますね。。。 >ところがこのままだとyを入れてxに至るような形になっていて慣例に合わないため、次に y=(x-3)/2(y=g(x)) としてこれが逆関数ですよね? ご指摘の通りです。先ほどのx軸、y軸を改めてそれぞれをy軸、x軸と書き直しただけです。 >そこで本問について積分変数は入れ替え自由 確かにそうなのですが、これは積分変数を”ただの記号”とみなせばという意味が隠れており、積分範囲については注意が必要です。 >g(x)dx→g(y)dyとしても値は変わらず、このときx=g(y)でありますから結局最初のグラフの概形と変わらず、ただ積分がy軸方向に変わった。 う~ん、ちょっと意味が不明ですね。話が少しややこしいので具体的に迫ってみましょう。 まず問題の積分I=∫[0→1]g(x)dxの意味を考えましょう。y=sin(x)の逆関数はx=sin^-1(y)=arcsin(y)  (1) xの定義域は-π/2≦x≦π/2ですから、(1)のyの取りうる範囲は-1≦y≦1です。ここで、慣例の表記に合わせるべくxとyの入れ替えをすると、(1)はy=arcsin(x)となり、xの定義域は-1≦x≦1となり、対応するyの範囲は-π/2≦y≦π/2となりますね。問題の積分I=∫[0→1]g(x)dxの積分変数xはxとyを入れ替えた後のx軸上の変数ということに注意してください(←ややこしい説明)。  xとyを入れ替えた座標でグラフを書くとy=g(x)=arcsin(x)はx=0でy=0、x=1でy=π/2となります(-1≦x≦1でy軸にそってウネウネとした正弦曲線)。I=∫[0→1]g(x)dxはこの曲線g(x)と0≦x≦1の範囲で囲まれた領域の面積です。I'=∫[0→π/2]g(x)dyは曲線g(x)と0≦y≦π/2の範囲で囲まれた領域の面積ということになります。 >y=f(x)の逆関数をg(x)とする。このときg(f(x))=xである。 y=f(x)の逆関数x=f^(-1)(y)にy=f(x)を代入するとf^(-1)(f(x))=x >つまり逆関数がy=g(x)であるならばx=g(y)も当然成り立つと考えていいのですよね? そうですね。 以上、ごたごたした説明(笑い)となりましたが、不明なところは再度質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません...(笑) 僕が完全におかしなこと言ってました... もう一度書いてみますので見てもらえますでしょうか。 y=2x(y=f(x))に対してxとyを「入れ替えると逆関数になる」はいいですよね?なんか同じこと繰り返し聞いてる感じですみません...そこで僕がさっき間違っていたのはまず先にx=2yとして入れ替えてこれをすぐにx=g(y)(インバースは面倒なのでgを逆関数として見てください)としてしまっていました...正しくはまずx=2yからy=1/2xとしてこれがy=g(x)。つまりx=g(y)はx=2yではなくx=1/2yですよね!? ところでこのx=g(y)っていうのは実際もとのy=2xを逆にx=の形で書き換えただけのもの。つまりx=g(y)というのは元の関数にとっての逆関数でも何でも無いですよね?そうだとしたら僕はこれも逆関数と見ていたのが本当にアホなところです(笑) 先ほどグラフの概形が同じといったのはここのことです。x=g(y)というグラフをx軸、y軸について操作することなくそのまま書こうとすると、当たり前ですが元のグラフと概形は変わりませんよね?そういうことでした。 一応今回は自分の誤りを理解した(つもり)で書いてみたんですがどうでしょうか?

  • 回答No.5
  • KENZOU
  • ベストアンサー率54% (241/444)

>もちろん上のように書き換えられたならば積分は計算できるのですが 積分計算はできるということですから、逆関数とは?ということを中心に補足してみます(←すでに多くの方がご回答されていますので蛇足の補足)。 [関数の定義]2つの集合X,Yがあって集合Xの構成要素xが集合Yの構成要素yに1:1に対応しているとき、集合Yは集合Xの関数と呼び、f:X→Yまたはy=f(x)と表し(fは関数functionのf)、xを独立変数、yを従属変数と呼びます。具体的には、y=2x+3という関数を考えると一つのxの値に対してyの値は必ず1つ対応しますね。逆にyの1つの値に対してxの値は必ず1つ対応します。このような関係を”1対1の対応の関数と”呼んでいます。しかし世の中、例外は必ずあるもので(笑い)、y=x^2という関数を考えましょう。xの1つの値に対してyは必ず1つ対応していますが、yの1つの値に対してはxは2つある場合もありますね(1=(±1)^2)。この場合、逆の対応は関数の定義からして関数とはなりません(ただしxの定義域を決めれば関数となる)。 [逆関数の定義]y=f(x)が”1:1の対応”をしているとき、x=f(y)で定義されるxの関数yをf(x)の逆関数と呼び、x=f^(-1)(y)と表します。^(-1)-1乗ではなく、逆関数を表す記号であることに注意してください。つまりf^(-1)(y)≠1/f(y)。 [逆関数の例]  y=2x+3→x=(y-3)/2  y=x^2→x=√y(ただしx>=0),x=-√y(ただしx<=0)  y=sinx→x=sin^(-1)y 逆関数をグラフに書く場合、縦軸x、横軸yとなります。しかし、慣例上縦軸はy、横軸はxとしていますからこれに合わせるとした場合、例えばx=sin^(-1)yはy=sin^(-1)xと書かれます(←普通このような書き方をします)。グラフのイメージはy=sinxが横方向に波が描かれるのに対してこの逆関数は縦軸方向に波が描かれることになります(←x軸とy軸の入れ替え:ただし軸の向きに注意。絵を描けば分かる)。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ちょっと分かってきました... 理解したか心配なのでいくつか質問を挙げますがよろしければお答えお願いします。 y=2x+3(y=f(x))→x=(y-3)/2(x=g(y)) という変形において、もちろんここではまだグラフの概形は変わっていませんよね?ところがこのままだとyを入れてxに至るような形になっていて慣例に合わないため、次に y=(x-3)/2(y=g(x)) としてこれが逆関数ですよね? そこで本問について積分変数は入れ替え自由(ここは初歩的でした...お恥ずかしいです)なのでg(x)dx→g(y)dyとしても値は変わらず、このときx=g(y)でありますから結局最初のグラフの概形と変わらず、ただ積分がy軸方向に変わった。 という理解で大丈夫でしょうか?積分計算の方法は他にもみなさんが示していただいたようなやり方でも出来ると思いますが、一応解説がy=sinxのグラフを0≦y≦1まで積分するといった方針でやっていたので上の質問もその形をとらせていただきました。 長くなってしまいましたがよろしければお答えお願いします!

質問者からの補足

すみません!もう1点お聞きしたいことが増えてしまいました... y=f(x)の逆関数をg(x)とする。このときg(f(x))=xである。 とあったのですが、y=f(x)に対してxとyを入れ替えるとx=g(y)になったとします。この時点でもう「逆関数」ですよね?つまり逆関数がy=g(x)であるならばx=g(y)も当然成り立つと考えていいのですよね? もしかして上の内容と重複してるのかもしれません...ほんとに何度も申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いします。

  • 回答No.4

∫[0→1]g(x)dx=∫[0→1]g(y)dyがわからない ということでよろしいでしょうか? 積分範囲が一緒なら、変数に関係なく定積分の値は等しいのです(教科書などで確認してください)。 実例で見て見ます。 ∫[0→1]xdx=∫[0→1]ydy=1/2ですよね。 ∫[0→1](x^2-2x)dx=∫[0→1](y^2-2y)dy=-5/3ですよね。 ∫[0→1](x^4+x^3+2)dx=∫[0→1](y^4+y^3+2)dy=31/12ですよね。 これがわかれば、置換積分と部分積分を用いて I=∫[0→1]g(y)dy=I=∫[0→π/2]{x*(dy/dx)}dx=∫[0→π/2]x(sinx)'dx=[(xsinx)]_0^(π/2)-∫[0→1]sinxdx=π/2-1 と計算できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

積分変数は任意に入れ替え可能ですよね...こんな初歩的なとこでつまずいていたとはほんと情けないです...計算は大丈夫です!ありがとうございます!

  • 回答No.3
  • proto
  • ベストアンサー率47% (366/775)

質問の括弧の所でいわれていることについて解説しますと もともと   y=f(x) が与えられていて その式を変形して   x=g(y) という形になったとします でこのgという関数を新しい関数として扱いたいんですが 上の書き方だとyを代入してxを返す形になってます でも、他の関数と同様にxを代入してyを返す形の方が、普段から慣れてますので gという関数を、xとyを書き換えて   y=g(x) という形で定義しましょう という話です、(わかるかな?) 具体的な話を出すならば sin関数の逆関数は一般にはarcsinです 『アークサイン』と読みます つまり   y=sin(x) を変形すると   x=arcsin(y) というかたちになるのです そこでarcsinを定義するときにxとyを書き換えて   y=arcsin(x) という形で定義するのです 途中で書き換えを行っているので   y=sin(x) ⇔ y=arcsin(x) にはなりません(わかると思いますが) さらに   I=∫[0→1]g(y)dy に書き換えられるというのは #1の方が説明している内容ですが 突然sinxの逆関数といわれてもイメージしにくいだろうから もとのsin関数のグラフを描いて y軸の0から1まで y軸にそって積分する感じだよ ということでは無いでしょうか (このへんちょっと自信ないですが) まぁ、積分の値は変数を書き換えても同じなので   I=∫[0→1]g(x)dx =∫[0→1]g(y)dy になるのは当たり前ですが (それどころか関係ないアルファベットを持ってきて   I=∫[0→1]g(x)dx=∫[0→1]g(t)dt としても、問題ないです、意味は無いですが) ここまで書いた話は、結局、形式的な話で 問題のsinxの逆関数g(x) (=arcsin(x))の不定積分を求めたい場合の解法としては   (d/dx)arcsin(x)=1/sqrt(1-x^2) (sqrt(x)は√xの意味ね) となるので   ∫arcsin(x)dx=∫(x)'*arcsin(x)dx と見て、部分積分して   ∫arcsin(x)dx=x*arcsin(x)-∫x/sqrt(1-x^2)dx を計算すればいいことになります (右辺の不定積分は初等関数で表せますし) かなり長くなってしまいましたが 少しでも参考になれば幸いです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございます! アークサインなどの部分についてはまだ習っていないのでちょっとつかみ損ねるのですが(理解力低くて申し訳ありません...)、少しは逆関数について理解できたのではないかと思います。長々と同じ事を書くと失礼ですので上のNo.5さんのところに書いた僕の理解について正しいかどうか見ていただけると幸いです。よろしくお願いします!

  • 回答No.2
  • leige
  • ベストアンサー率45% (11/24)

x=sintの置換積分でとくというのはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 問題を入れてしまったので質問の本旨とズレてしまいました。申し訳ありませんでした!

  • 回答No.1
  • kony0
  • ベストアンサー率36% (175/474)

逆関数がなんたるかという問いと思われますが、とりあえずこの問題に対して俗っぽく言えば・・・ y=sinxのグラフを ・時計回りに90度回転させて ・上下を反転させると ちょうどx軸とy軸が入れ替わる形になりますよね? という説明ではどうでしょう? 例として、f[x]=2x+1の逆関数はf^(-1)[x]=(x-1)/2ですが、y=2x+1のグラフに対して上記の操作をすると、y=(1/2)x-1/2のグラフが出てきます。 ちなみに、上の操作をするとわかると思いますが、I=∫[0→π/2](1-sinx)dxになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! ちょっと問題を載せてしまったがために質問の本旨がズレてしまいました...申し訳ありません!ですが解き方としてはとても参考になりました!

関連するQ&A

  • y=sinxの逆関数の微分

    y=sinxの逆関数をy=f(x)とおいたとき、x=sinyが成り立ち、 dy/dx = 1/ (dx/dy) = 1/cosy となるらしいのですが、 どうして急に、1/ (dx/dy) = 1/cosyと、cosが出てくるのでしょうか?

  • 三角関数の逆関数微分および置換積分の際の絶対値について

    こんにちは。 とある問題集の、 ∫{1 / ( (1-x^2) * (x^2+1)^(1/2) )}dx を計算せよ、という問題についていです。 解答を見たところ、x=tanθと置くそうなのですが、その計算において (x^2+1)^(1/2) = ((tanθ)^2+1)^(1/2) = 1/cosθ としているところに 疑問を持ちました。 思うに、-π/2<θ<π/2 などの条件があるなら格別、そうでなければ (x^2+1)^(1/2) = 1/|cosθ| と絶対値を付けるべきではないですか? この問題集では、たとえば y = arcsin x でのdy/dx を求める際も、 siny = x ⇔ dy/dx * (cosy) = 1 ⇔ dy/dx = 1/cosy = 1/(1-(siny)^2)^(1/2) = 1/(1-x^2)^(1/2) などと絶対値を考慮せず計算している場合があります。 (おそらく、前者の積分問題に関しては)絶対値で場合分けしても、 答えは同じになると思うので、まあ省略したと納得できなくもないですが、 後者の場合だと絶対値で場合分けすると答えが変わってくるので 問題になります(そもそもyがxの関数でないことが問題なのでしょう)。 このように、三角関数の逆関数微分、および置換積分の場合は、絶対値 符号は何も言及せずに外してもいいのでしょうか? 大学院受験での解答を前提として教えていただきたいです。

  • 逆関数を求める問題です。

    関数y=(2e^x-1)/(e^x+1)の逆関数を求めよ。 対数を用いて解くのだと思いますが、計算過程がよくわかりません。 どなたか解説していただけないでしょうか。

  • 逆関数について

    f(x)=x^3+ax^2+(b-a-1)x という関数についての問題なのですが、 (1)f(x)がx≧0で増加するような点(a,b)の範囲Gを答えよ。 (2)y≧0におけるy=f(x)の逆関数をx=f^-1(y) (x≧0)とする。点(a,b)がGを動くとき、 J=∫(0→b)f^-1(y)dyの最小値を求めよ。 という問題がついています。(1)は「a≧0かつb≧a+1 または a<0かつb≧1/3a^2+a+1」と解けましたが、(2)において、解説ではxy平面上の面積によってJの値をa,bを使って求めていますが、よくわかりません。a,bで表された式から先は理解できました。Jの値の求め方をどなたか解説していただけますでしょうか。   「^」の記号は、x^ー1(xのー1乗)というように使い、∫(0→b)は「0からbまでの積分」を表しています。

  • 逆関数について

    題名の通りなんですが逆関数というものが教科書を読んでも理解できません。例えばy=3x-4の逆関数はこの式をx=○○の式に書き換えてから、xとy入れ替えるというのは分かります。ですが、 y=tanxの逆関数をy=g(x)とするとき、g'(1)の値を求めよ。 という問題で解答に y=tanxの逆関数y=g(x)ではx=tanyであるから... という説明があり何をやっているのかさっぱり分かりません。y=tanxをx=○○の式に変換するのは不可能ですよね?逆関数の意味を間違って捉えてるからかもしれませんが、先へ進めません。アドバイスお願いします。

  • 逆関数の置換積分の原理をもう少し深く理解したいです

    逆関数の置換積分が根本的に分からないのです。(置換積分の考え方についての質問です。) 「πx^2sin(πx^2)の1≦x≦0までの区間とx軸に囲まれた平面をy軸周りに回転させて出来る立体の体積を求めよ」という問題でそれに気づかされました。 有名問題そうなのでグラフの様子や答え自体は周知という前提で話を進めます。 この問題のある解き方ではまず0≦x≦1なる極点のx座標をα(y座標をy1)とします。 そしてαを境目として、問題の関数を2つの逆関数x=g1(y)(0≦x≦α)、x=g2(y)(α≦x≦1)で表現すると、その回転体の体積は∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyとなり この式についてy=f(x)とおくと∫[1,α]πx^2f'(x)dx-∫[0,α]πx^2f'(x)dxとなるということだったと思います。あとはごちゃごちゃ計算すれば値πが求まるわけです。 y=f(x)と置いた後の積分の式はdyの部分がf'(x)dxになっていて、これは置換積分の公式y=f(x)dx⇔y=f(g(t))dx/dt*dtについて、tをyと見て適用した結果が素直に反映されているように見えます。 疑問なのはg1,2(x)^2がx^2になっているところで、なんでこうなるのかちゃんとは理解できていないようなのです。 x=g(y)のような式をy=f(x)でおくのだからx=g(f(x))ということになるでしょう。これは公式のf(g(t))に対応すると思います。公式のこの部分は、tで置換積分すると決めたらf(x)の変数xが全てtで表されるようにしろという意味で私は理解しています。 たとえばx(x-2)^3のような式を積分するならt=x-2と置くでしょうが、そのとき式中の(x-2)は宣言した通り一文字のtで置き換えるだけですしt=x-2はxについて解けますからそれを代入することによって式はtだけの式で表されるということになります。 ですがこれと違って、y=f(x)でおくという場合代入という考え方で式の同値変形ができるわけではありませんよね。公式を適用する中でg(f(x))=xというのはどうやって導出するものなのかが分からないのです。 考えてみたら、逆関数として表現したものを逆関数で置きなおすのだからx=g(y)という等式で結ばれたxでそれは表現されるというのは「なんとなく」そんな気がしますし、これに限っては「逆関数の逆関数はx」と暗記することで済むと思います。 しかし数学なのだから考え方が正しければ途中過程によらず正しい答えにたどり着くという前提のもとで、置換積分の際の置き方というのは自由なはずですから、たとえばy=f(x)ではなくy=2f(x)として置換積分したらどういう流れで元の結果に行き着くだろうと考えたのですが、全くわからなくなりました。 y=2f(x)ですからdy=2'f(x)dxなのは当然でしょう。するとg(2f(x))は2'f(x)dyの2が打ち消されるような式でなければならないわけです。置き換える前の式は∫[0,y1]π(g2(y))^2dyのように式が二乗されていますから求める式はg(2f(x))はx/√(2)ということになる、のでしょうか?いよいよ分からなくなるわけです。x/√2という式でたとえ合っていたとしても、また別の、答えがあらかじめわかっておらず、こうしたつじつま合わせが使えない別の問題は解くことができないのです。 長くなりましたが、なぜ最初の問題について積分の中身をg(y)^2がx^2となるのか、y=2f(x)のように置いた場合にも応用が利くような考え方でご解説いただきたいと思います。よろしくお願いします。

  • 逆関数というのでしょうか?

    逆関数?がいまいち理解できません。 初歩的なためか、正解に辿り着くため説明がないのです。どなたか教えていただけますか? 例えば、f(f-1(x))=x, f-1(f(x))=x f(x)=4x の答えがf-1(x)=1/4x となるのは、どのように考えれば良いのでしょうか? 単純にf(x)の部分には-1を加え、 4xは、4の分母分子をひっくり返して1/4x と受け止めて良いのでしょうか? もし、f(x)=x-4 の場合はどうなるのでしょうか。 f-1(x)=[?] 恐縮ですが、宜しくお願いします。

  • sinx/xの二重積分

    ∫[0→π/2](∫[y/2→y]sinx/x dx)dy+∫[π/2→π](∫[y/2→π/2]sinx/xdx)dy という問題なのですが、sinx/xの積分は初等関数では解けないらしく特殊関数Si(x)を使うらしいのですが、まだSiは習っていません。 積分範囲-∞~+∞だとsinx/xを求めることができるらしいのですが、 この問題は積分範囲を-∞~+∞に変更するのですか?

  • ベキ級数の逆関数

    やや畑違いかと思うのですが、天文学の本に載っていた計算の過程で、ベキ級数の逆関数を導出するものがありました。そのまま抜粋すると、 ------------------------------------------------- α=x*{1-(1/3)x+(1/3)x^2+(1/81)x^3+・・・} (1) となり、xをαで表現すると、 x=α*{1+(1/3)α-(1/9)α^2-(31/81)α^3+・・・}   (2) である。 ------------------------------------------------- xもαも変数です。 (1)はxの無限ベキ級数、(2)はその逆関数だと思われるのですが、 計算過程とばして2行目だけで説明しきれるほど もしかしたら簡単な方法があるのかもしれませんが いまのところ思いつきません。 一つの方法として考えたのは、以下のようなものです。 ----------------------------------------------- (1)から x=α+(1/3)x^2-(1/3)x^3-(1/81)x^4+・・・ xが右辺のように表されるので、そのまま逐次的に代入させる。 x= α+(1/3)*{α+(1/3)x^2-(1/3)x^3-(1/81)x^4+・・・}^2 -(1/3)*{α+(1/3)x^2-(1/3)x^3-(1/81)x^4+・・・}^3 -(1/81)*{α+(1/3)x^2-(1/3)x^3-(1/81)x^4+・・・}^4 +・・・ ------------------------------------------------- この方法だとプログラムを書いて計算させるならすぐにできるのですが、手計算だと手間がかかりすぎるので・・・。 できるだけ手計算でできる範囲の簡単な計算法を教えていただけたら幸いです。

  • 陰関数そのものを使った積分の計算法

    いろいろな曲線の表示において、微分や積分の計算法を整理してみました。 x^2+y^2=4上の点(x,y)=(1,√3)でのdy/dxの値の求め方。 陽関数。y=√(4-x^2)よりdy/dx=-x/√(4-x^2)。x=1のとき、dy/dx=-1/√3。 媒介変数。x=2cos(θ),y=2sin(θ)とすると、dy/dx=dy/dθ÷dx/dθ=-cos(θ)/sin(θ)。 θ=π/3のとき、dy/dx=-1/√3。 逆関数。x=√(4-y^2)よりdy/dx=1÷dx/dy=-√(4-y^2)/y。y=√3のとき、dy/dx=-1/√3。 極座標に変数変換。(x,y)→(r,θ) (ただし、x=rcos(θ),y=rsin(θ))とすると、(1,√3)→(2,π/3)。 x^2+y^2=4→r=2。dx=cos(θ)dr-rsin(θ)dθ、dy=sin(θ)dr+rcos(θ)dθ。dr/dθ=0。 よって、dy/dx=-cos(θ)/sin(θ)。θ=π/3のとき、dy/dx=-1/√3。 陰関数。2x+2y(dy/dx)=0より、dy/dx=-x/y=1/√3。 y≧0,x^2+y^2≦4の面積の求め方。 陽関数。境界はy=√(4-x^2)より∫[-2,2]ydx=∫[-2,2]√(4-x^2)dx=[(1/2)√(4-x^2)+2arcsin(x/2)] [-2,2] = 2π 媒介変数。境界をx=2cos(θ),y=2sin(θ)とすると、∫[-2,2]ydx=∫[π,0]2sin(θ){-2sin(θ)}dθ = 2π 逆関数。境界はx=√(4-y^2)より∫[-2,2]ydx=2∫[0,1]y(dx/dy)dy=2∫[2,0]y(-y/√(4-y^2))dy=2π 極座標に変数変換。(x,y)→(r,θ)(ただし、x=rcos(θ),y=rsin(θ))とすると、 [y≧0,x^2+y^2≦4]→[0≦r≦1,0≦θ≦π]、ヤコビアンはr。よって、 ∫[y≧0,x^2+y^2≦4]dxdy=∫[0≦r≦2,0≦θ≦π]rdrdθ=2π 以上のように計算法を比べてみると、陰関数そのものを使った積分の計算法を僕は知りません。 数学の理論はボタンをかけるように、パラレルな理論があると信じているのですが、 一方を知らないので気になります。 陰関数そのものを使った積分の計算法があれば教えていただけますようお願いいたします。