• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

逆関数の導関数

dy/dx=1/dx/dy ↑より、y=f(x)の逆関数x=g(y)の微分可能性については、逆関数を具体的に求めなくても判定できる。 すなわち  x0⇔f(x0) (→がf,←がg) (適した記号が見つからなかったので、同値記号で勘弁してください。) 「f'(x0)≠0ならばfの逆関数gはf(x0)で微分可能で g'(f(x0))=1/f'(x0) であることを示してる。」 と書いてあったのですが、よくわかりません。 なぜ、そのようなことがいえるのでしょうか? 全体的にわかりません、解説よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数133
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

えーと、それはまず微分の基本に戻って考える方が、グラフで曖昧に思い込むより、確実であると思います。 論点の始めとして、「まずf(x)が微分可能とは」 微分可能という時には、どのxの値で微分可能であるのか、もしくは微分不可能であるのかということも考えなければいけません。 微分係数の定義 ∂(f(x))/∂x=lim(e→0)(f(x+e)-f(x))/(x+e-x) このeを0にした時、微分係数が不定、つまり∞あるいは-∞に発散する時、微分不可能と言います。 これはf(x)が連続あっても無くても不可能です。 微分不可能なものとして、例えば、 f(x)= 2 (0<x) -2(x≦0) の時、∂(f(0))/∂x=lim(e→0)(f(e)-f(0))/e          =lim(e→0)(2+2)/e=∞ あるいはf(x)=(|x|)^(3/2)/x ∂(f(0))/∂x=∞ などです。 さて、今度は逆関数の微分に関してです。 逆関数をx=g(y)で表すと ∂(g(y))/∂y=lim(e→0)(g(y+e)-g(y))/(y+e-y) これを元もとの表現方法でy=f(x)を使って書き直すと、 =lim(d→0)(x+d-x)/(f(x+d)-f(x)) ここで注意するのは、eとdは違う値です。 g(y+e)=x+d y+e=f(x+d) を満たすdは逆関数g(y)が存在するなら必ず見出せるはずです。 =lim(d→0)(d)/(f(x+d)-f(x)) 逆関数が微分不可能である場合とは、 lim(d→0)(d)/(f(x+d)-f(x))が不定となる場合です。 逆にこれが一定の値を持つのであれば、微分可能 であるということになります。 もちろん、lim(d→0)(f(x+d)-f(x))/(x+d-x) が0となるとlim(d→0)(d)/(f(x+d)-f(x))は 不定となりますね。 まとめると、逆関数が見出せたのなら、逆関数の微分係数は元の関数の微分係数を使って表せるが、元の関数の微分係数が0であるような場合、逆関数の微分係数は不定なり、微分不可能である、と言う事。 ある点x0で、関数f(x)が微分可能で、その微分係数f'(x0)が0で無ければ、逆関数g(x)は微分可能である。 その時の微分係数はf(x)を使って表す事が出来き、 y0=f(x0)とするならば、 g'(y0)=∂(g(y0))/∂x=lim(e→0)(g(y0+e)-g(y0))/(y0+e-y0) ==lim(d→0)(x0+d-x0)/(f(x0+d)-f(x0)) =1/f'(x0) すべてをx0で書き表すならば、 g'(y0)=g'(f(x0))=1/f'(x0) となる。 と言う事をいっています。 逆の考え方で、f(x)で微分係数が∞になったとして、 そしたら、逆関数は微分係数は0であると確実に言えます。-∞になったとしても逆関数の微分係数は0ですね。 微分係数が0であるとは、y=f(x)でいうところの、傾きがx軸と平行である事。微分係数が∞あるいは-∞ならば、y軸と平行である事。この点を考えて初めてグラフで理解出来るわけです。そしてなぜ微分係数の0が∞かでそのようにいえるかというと、再度微分係数の定義式を見直さなければいけません。これは課題と言う事で。 ではでは

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん色々ありがとうござました。

関連するQ&A

  • 逆関数の微分可能の証明について

    逆関数の微分可能性についての質問なのですが 1変数において y=f(x)が微分可能(何回でも)だとして 逆関数x=g(y)が微分可能(何回でも)になる という証明は逆関数が微分可能ということを証明することで f(x)が何度でも微分可能なので逆関数も何回でも微分可能と証明することができたと言えるのでしょうか? 何回でも微分可能の何回という点を証明する方法がよくわからないのですが教えていただけないのでしょうか.

  • 逆関数の微分可能性

    逆関数の微分可能性についての質問なのですが 1変数において y=f(x)が何回でも微分可能であれば 逆関数x=g(y)は何回でも微分可能である理由を述べよ という問題なのですが この『何回でも』という言葉がよくわからないのですが これは、y=f(x)が何回でも微分可能だから逆関数でも何回でも成り立つという考えなのでしょうか。

  • 逆関数の微分 (数III)

    (x^3)'=3x^2 dy/dx=1 dx/dyを用いてy=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ。 dx/dyを使わなくていいなら・・・ x=y^(1/3)として x'=1/3x^(2/3) という風にすぐもとまるのですが・・・。 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) df(x)/dx =1/(dx/dy)・・・(2) =1/3y^2 = 1/3x^(2/3)・・・ (3) 疑問点があるところに○で番号を振りました。 (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね?  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? なんか混乱してしまいました・・・(すみません汗 (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? 回答よろしくおねがいします!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

f(x0)の付近のグラフを描いて見てください。x軸上で、x0からdxの増分に対して、y軸上でf(x0)からdyの増分が対応します。このとき、点(x0,F(x0))におけるグラフの接線の傾きが、dy/dxです。これを、y軸からみてみましょう。yの増分dyに対して、xの増分がdxですから、y軸から見た接線の傾きはdx/dyとなります。 逆関数というのは、x軸から見ていた関数のグラフを、90度左に回して、y軸から見たものだと思えばよいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

要は 「元の関数が微分可能で逆関数が存在すれば、逆関数も微分可能になる」 ということが保証されることを言いたいのです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • ojisan7
  • ベストアンサー率47% (489/1029)

高校生ですか、もし、高校生ならf(x0)の付近のグラフを描いてみれば、明らかだと思います。大学生なら、証明をすることが必要です。グラフを見ながら、証明を考えて下さい。そんなに、難しくはないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

書き方が悪かったですかね・・・・ 証明どうこうというわけでなく、 全体的に何をいってるかよくわからないので、 説明していただけないでしょうかということです。 説明不足でした。。

関連するQ&A

  • 逆関数の微分 dy/dx=1/(dx/dy)

    逆関数の微分はdy/dx=1/(dx/dy)と表せるらしいですが混乱してしまいよくわからなくなってしまいました。混乱の原因となった問題を通して教えてください。 (1)(x^3)'=3x^2 dy/dx=1/(dx/dy)を用いて、y=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ (2)rが有理数の時、(x^r)'=rx^r-1を証明せよ。 (1)例えばy=h(x)逆関数というのはこれをxについて解き、yとxを入れ替えて求めますよね。(1)の場合y=f(x)はx=y^3⇔y=x^(1/3)ですので、これを微分してy'=とすれば答えは求められるようです。でも、dy/dx=1/(dx/dy)を使う場合がわかりません。 df(x)/dx=1/(dx/dy)=1/3y^2=3^(-2/3)と書いてあります。 (2)はpが自然数のときy=x^(1/p)とするとx=y^pなので、dy/dx=1/(dx/dy)=1/py^(p-1)・・・・=1/px^(1/p-1)と回答が始まっています。 (1)(2)では逆関数の使い方がそれぞれ異なる気がします。簡潔にいうと「dy/dx=1/(dx/dy)の(dx/dy)の部分に来るものがわかりません。」(1)では逆関数(xについて解いてそれをさらにxとyを取り替えたもの)がその部分に来ているのに(2)ではただ単にxについて解いたものがきていますよね(xとyを取り替えるといる作業がない)。 まったくわからないので教えてください。ほんとによろしくお願いします!!

  • 逆関数と微分の混乱

    dy/dxとdx/dyについて y=x^2のdx/dyはy=x^2の逆関数をとってyについて微分したものらしいんですが、なんか引っかかります。 逆関数をとっている時点で最初のyとxと同じ変化をしないので、最初のxと逆関数のyが変化すると最初のyと逆関数のxは同じ変化します。しかしこれでは、明らかに最初のx、yと無縁ですよね?? ですから、あたかも最初のyとxと関連性のあるdx/dyが逆関数を微分したものと考えると混乱してきます。 誰か、混乱を正してください。

  • 逆関数と連続・微分可能性

    数学IIIの問題です。 大きく2つに分けた問題をお聞きしたいです。 (1)y=f(x)=2x^2+4x+1 (x≦-1)の逆関数をxの式で表しなさい。 (2)f(x)=xsin1/x (x≠0のとき),f(x)=0 (x=0のとき) g(x)=x^2sin1/x (x≠0のとき),g(x)=0 (x=0のとき) とする。 x=0での連続と微分可能性を考察しなさい。 特に(2)に関して、私は連続と微分可能性を理解できていませんので できるだけわかりやすく回答お願いしたいです。

  • 逆関数について

    f(x)=x^3+ax^2+(b-a-1)x という関数についての問題なのですが、 (1)f(x)がx≧0で増加するような点(a,b)の範囲Gを答えよ。 (2)y≧0におけるy=f(x)の逆関数をx=f^-1(y) (x≧0)とする。点(a,b)がGを動くとき、 J=∫(0→b)f^-1(y)dyの最小値を求めよ。 という問題がついています。(1)は「a≧0かつb≧a+1 または a<0かつb≧1/3a^2+a+1」と解けましたが、(2)において、解説ではxy平面上の面積によってJの値をa,bを使って求めていますが、よくわかりません。a,bで表された式から先は理解できました。Jの値の求め方をどなたか解説していただけますでしょうか。   「^」の記号は、x^ー1(xのー1乗)というように使い、∫(0→b)は「0からbまでの積分」を表しています。

  • y=sinxの逆関数の微分

    y=sinxの逆関数をy=f(x)とおいたとき、x=sinyが成り立ち、 dy/dx = 1/ (dx/dy) = 1/cosy となるらしいのですが、 どうして急に、1/ (dx/dy) = 1/cosyと、cosが出てくるのでしょうか?

  • 逆関数の微分 問題

    逆関数の微分 問題 1.x=(y^2-1)/(y^2+1)のとき、dy/dxを求めよ。  dy/dx=1/(dx/dy)である。商の微分より、  dx/dy=(4y)/(y^2+1)^2  dy/dx=(y^2+1)^2/(4y) 2.y=e^xyのとき、dy/dxを求めよ。  logy=xy→x=logy/y  dy/dx=1/(dx/dy)である。商の微分より、  dx/dy=(1-logy)/y^2  dy/dx=y^2/(1-logy) 答えは合っているでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 逆関数の微分と全微分の違い

    「y=1+x*c^yで定まる陰関数yについてdy/dxを求めよ」という問題の 解き方で、逆関数の微分と全微分のどちらで解けばよいのか分かりません。 私は、f(x,y)=1+x*c^y-y=0とおき、dy/dx=df(x,y)/dx*1/{df(x,y)/dy}で解き dy/dx=c^y/{x*c^y-1}となったのですが、 全微分の解き方をすると、c^y*dx+{x*c^y-1}*dy=0より dy/dx=-c^y/{x*c^y-1}となり、私が出した答えと符合が逆になってしまいます。 この場合どちらの解き方で解けばよいのでしょうか? 見づらいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 微分可能なのに導関数が不連続?

    一般にm回微分可能でも(d^m/dx^m)f(x)は連続ではないそうですが(本で読みました。) f(x)が微分可能で、導関数f'(x)が連続でないような関数f(x)の例を教えてください。 傾きが不連続(導関数f'(x)が不連続)なのに滑らか(微分可能)ってのがどうもイメージできないので。

  • 導関数の記号 dy/dx の意味は?

    高校の先生から、微分(導関数)の記号:dy/dx は、1つの記号であって、 分数のように分母・分子に切り離してはいけないと教わりました。 しかし、逆関数での微分では、dy/dx を 1/(dx/dy)にしたり、積分するとき の記号では、最後に dx をつけ、あたかも分母だけをつけた形にしています。 初めの dy/dx は、「dy は分子、dx は分母」と素直に考えたほうが いいのではないでしょうか?

  • 指数関数の導関数の公式

     「指数関数 x=e^y は対数関数 y=logx の逆関数だから、逆関数の導関数の公式と対数関数の導関数の公式 dy/dx=1/x を用いるとdx/dy=1/(dy/dx)=1/(1/x)=x=e^yとなり、指数関数の導関数の公式(e^y)'=e^yが得られる、○か×か」という問題がわからないのですが、教えて下さい!