• ベストアンサー
  • 困ってます

逆関数の置換積分の原理をもう少し深く理解したいです

逆関数の置換積分が根本的に分からないのです。(置換積分の考え方についての質問です。) 「πx^2sin(πx^2)の1≦x≦0までの区間とx軸に囲まれた平面をy軸周りに回転させて出来る立体の体積を求めよ」という問題でそれに気づかされました。 有名問題そうなのでグラフの様子や答え自体は周知という前提で話を進めます。 この問題のある解き方ではまず0≦x≦1なる極点のx座標をα(y座標をy1)とします。 そしてαを境目として、問題の関数を2つの逆関数x=g1(y)(0≦x≦α)、x=g2(y)(α≦x≦1)で表現すると、その回転体の体積は∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyとなり この式についてy=f(x)とおくと∫[1,α]πx^2f'(x)dx-∫[0,α]πx^2f'(x)dxとなるということだったと思います。あとはごちゃごちゃ計算すれば値πが求まるわけです。 y=f(x)と置いた後の積分の式はdyの部分がf'(x)dxになっていて、これは置換積分の公式y=f(x)dx⇔y=f(g(t))dx/dt*dtについて、tをyと見て適用した結果が素直に反映されているように見えます。 疑問なのはg1,2(x)^2がx^2になっているところで、なんでこうなるのかちゃんとは理解できていないようなのです。 x=g(y)のような式をy=f(x)でおくのだからx=g(f(x))ということになるでしょう。これは公式のf(g(t))に対応すると思います。公式のこの部分は、tで置換積分すると決めたらf(x)の変数xが全てtで表されるようにしろという意味で私は理解しています。 たとえばx(x-2)^3のような式を積分するならt=x-2と置くでしょうが、そのとき式中の(x-2)は宣言した通り一文字のtで置き換えるだけですしt=x-2はxについて解けますからそれを代入することによって式はtだけの式で表されるということになります。 ですがこれと違って、y=f(x)でおくという場合代入という考え方で式の同値変形ができるわけではありませんよね。公式を適用する中でg(f(x))=xというのはどうやって導出するものなのかが分からないのです。 考えてみたら、逆関数として表現したものを逆関数で置きなおすのだからx=g(y)という等式で結ばれたxでそれは表現されるというのは「なんとなく」そんな気がしますし、これに限っては「逆関数の逆関数はx」と暗記することで済むと思います。 しかし数学なのだから考え方が正しければ途中過程によらず正しい答えにたどり着くという前提のもとで、置換積分の際の置き方というのは自由なはずですから、たとえばy=f(x)ではなくy=2f(x)として置換積分したらどういう流れで元の結果に行き着くだろうと考えたのですが、全くわからなくなりました。 y=2f(x)ですからdy=2'f(x)dxなのは当然でしょう。するとg(2f(x))は2'f(x)dyの2が打ち消されるような式でなければならないわけです。置き換える前の式は∫[0,y1]π(g2(y))^2dyのように式が二乗されていますから求める式はg(2f(x))はx/√(2)ということになる、のでしょうか?いよいよ分からなくなるわけです。x/√2という式でたとえ合っていたとしても、また別の、答えがあらかじめわかっておらず、こうしたつじつま合わせが使えない別の問題は解くことができないのです。 長くなりましたが、なぜ最初の問題について積分の中身をg(y)^2がx^2となるのか、y=2f(x)のように置いた場合にも応用が利くような考え方でご解説いただきたいと思います。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数127
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5082/11292)

FとGが逆関数の関係にあるのならy=F(x)からx=G(y)が導けます。これが逆関数の定義です。 x=f^-1((1/2)y)を忘れたとしても y=2f(x) g(y)は2f(x)の逆関数 の2つの事実から x=g(y) となるのです。定義に文句を言っても仕方がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんとくなく分かりました。もう一回頭を整理して質問するかもしれません。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 逆関数を利用した定積分の計算

    参考書の模範回答を読んでも分からなかったので質問します。 f(x)=log[{-1+√(1+4x)}/2]とおき、関数y=f(x)(x≧2)とその逆関数y=g(x)(x≧0)について考える 問1:g(x)をxの式で表せ 問2:a≧2のとき、∫[2,a]f(x)dx=af(a)=∫[0,f(a)]g(x)dxを示せ 問1は分かりました。 g(x)=e^(2x)+e^x(x)(x≧0) 問2について(模範回答より) y=f(x)に対し、x=g(y)であるからdx=g'(y)dy f(x)はx≧2に於いて増加関数である。 a≧2のとき、xとyの対応は次のようになる x:2 --> a y:0 --> f(a) ∫[2,a]f(x)dx = ∫[0,f(a)]y*g'(y)dy = [y*g(y)]_|y=0,f(a)|-∫[0,f(a)]g(y)dy = f(a)*g(f(a))-∫[0,f(a)]g(y)dy ・・・(1) = a*f(a)-∫[0,f(a)]g(x)dx ・・・(2) なぜ(1)から(2)が導かれるのか教えてください。 (1)の∫[0,f(a)]g(y)dyが(2)の∫[0,f(a)]g(x)dxになるのは おそらく「定積分は、関数の形と上端、下端の値で決まり、変数に取った文字には無関係」、つまり 「∫[a,b]f(x)dx = ∫[a,b]f(t)dt」から導かれるのでしょうが(間違っていたら指摘してください)、 (1)のf(a)*g(f(a))が(2)のa*f(a)になるのが理解できません。 おねがいします。

  • 逆関数の微分 (数III)

    (x^3)'=3x^2 dy/dx=1 dx/dyを用いてy=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ。 dx/dyを使わなくていいなら・・・ x=y^(1/3)として x'=1/3x^(2/3) という風にすぐもとまるのですが・・・。 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) df(x)/dx =1/(dx/dy)・・・(2) =1/3y^2 = 1/3x^(2/3)・・・ (3) 疑問点があるところに○で番号を振りました。 (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね?  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? なんか混乱してしまいました・・・(すみません汗 (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? 回答よろしくおねがいします!

  • 三角関数の逆関数微分および置換積分の際の絶対値について

    こんにちは。 とある問題集の、 ∫{1 / ( (1-x^2) * (x^2+1)^(1/2) )}dx を計算せよ、という問題についていです。 解答を見たところ、x=tanθと置くそうなのですが、その計算において (x^2+1)^(1/2) = ((tanθ)^2+1)^(1/2) = 1/cosθ としているところに 疑問を持ちました。 思うに、-π/2<θ<π/2 などの条件があるなら格別、そうでなければ (x^2+1)^(1/2) = 1/|cosθ| と絶対値を付けるべきではないですか? この問題集では、たとえば y = arcsin x でのdy/dx を求める際も、 siny = x ⇔ dy/dx * (cosy) = 1 ⇔ dy/dx = 1/cosy = 1/(1-(siny)^2)^(1/2) = 1/(1-x^2)^(1/2) などと絶対値を考慮せず計算している場合があります。 (おそらく、前者の積分問題に関しては)絶対値で場合分けしても、 答えは同じになると思うので、まあ省略したと納得できなくもないですが、 後者の場合だと絶対値で場合分けすると答えが変わってくるので 問題になります(そもそもyがxの関数でないことが問題なのでしょう)。 このように、三角関数の逆関数微分、および置換積分の場合は、絶対値 符号は何も言及せずに外してもいいのでしょうか? 大学院受験での解答を前提として教えていただきたいです。

その他の回答 (8)

  • 回答No.8
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5082/11292)

y=2*f(x)としたときg(y)はf(x)の逆関数だからx=g(1/2y) というのは誤りです。y=2*f(x)としたときにはf(x)=(1/2)πx^2sin(πx^2)ですが,g(y)はあくまで元のπx^2sin(πx^2)の逆関数です。つまりg(y)は2f(x)の逆関数です。したがって すなわち∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyという式についてy=2f(x)と置いたとすると(1/2)y=f(x)であるからx=f^-1((1/2)y)、g(y)は2f(x)の逆関数だからx=g(y)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。最後の「x=f^-1((1/2)y)、g(y)は2f(x)の逆関数だからx=g(y)。 」と部分がどうしても理解できません。もう少し詳しく書いて下さると助かります。g(y)は2f(x)の逆関数なのは分かります。それだからx=g(y)であるということについてもう少しきっちり論証していただけるとありがたいです。

  • 回答No.7
noname#242965

問題自体はバウムクーヘンを求める有名な問題? そうですか。 積分できない非積文関数ってあったような気がするが。 Diracは自分で勝手にδ(x)を作ってしまった。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非積分関数ですか。初耳なので調べてみます。勉強になりました。

  • 回答No.6
noname#242965

置換積分が良くわからないので、回答しようがありませんが。 しかし、貴方のこの長い文章を読んだとき、これは、何とか 解決できたらよいが」と思います。 置換積分ですが、どうも単純な置換積分ではなく、 一ひねりある置換積分のようです。 出題者はそこを狙ったのかもしれません。 ところで、 「πx^2sin(πx^2)の1≦x≦0までの区間とx軸に囲まれた平面をy軸周」 のグラフ、図形を描くことを薦めます。それを眺めていると 自然と答えがわかってくると思います。キット。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。「グラフを眺める」は参考になります。

  • 回答No.5
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5082/11292)

∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyでy=f(x)としたときはf(x)=πx^2sin(πx^2)と思っているのですよね。しかしy=2*f(x)としたときはf(x)=(1/2)πx^2sin(πx^2)と思っているはずです。 言い換えるとy=f(x)としたときのdy=f'(x)dxと,y=2*f(x)としたときのdy=2*f'(x)dxとは同じものです。 つまりy=2f(x)からdy=2*f'(x)dxが導かれますが,g(2f(x))は2f’(x)dyの2が打ち消されるような式でなければならないわけではありません。いつでもg(2f(x))=xです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >y=2*f(x)としたときはf(x)=(1/2)πx^2sin(πx^2)と思っているはずです。 なので(1/2)πx^2sin(πx^2)そのものかそれと同値な「かたまり」を作ってやれば置換ができるというのが私の考えです。 たとえば∫(sinx)^2*cosxdxを解くときt=sinxと置くのが定石であるところをt=2sinxと置いたとしてもsinx=1/2*2sinxという「t=2sinxの右辺の2sinxというかたまりを含む式」に変形できることを考慮すれば∫(sinx)^2*cosxdx=∫(1/2*2sinx)^2*cosxdx=∫1/4t^2cosxdx、ここで t=2sinxよりdt=2cosxdxすなわち1/2dt=cosxdxであるから∫1/8t^2というtのみの変数で表現できます。同じ考え方が質問の式について言えるのではというのが私の考えです。 すなわち∫[0,y1]π(g2(y))^2dy-∫[0,y1]π(g1(y))^2dyという式についてy=2f(x)と置いたとすると1/2y=f(x)であるからx=f^-1(1/2y)、g(y)はf(x)の逆関数だからx=g(1/2y)。 つまりg1(y)やg2(y)に関してg(1/2y)というかたまりを含むような式との関係式が求められればxへの置換が可能ということになります。たとえば1/2g(y)=g(1/2)のようなものです。しかしこのような置換に便な式を利用するにはまずそれを仮定し証明しなければならないでしょうが、g(y)についてどんな関係式が成り立っているのかを予想したり証明するための考え方が分かりません。 またそもそも、特定のf(x)=πx^2sin(πx^2)の逆関数g(y)でなく一般に1/2g(y)=g(1/2y)が成り立つことが前提とされた抽象的な関数について∫g(y)^2dyを解くとして、仮にy=2f(x)と置くとx=g(1/2x)であるから∫g(y)^2dy=∫(2*1/2*g(y))^2dy=∫4g(1/2y)^2dy、置換積分の公式から∫4*(x^2)*2f'(x)dxとなるという議論を正しいと考える認識が質問には内包されているかと思いますが、この考え方自体に不安があります。私はどこから間違っているのでしょうか?そしてどう考えるのが正しい筋道なのでしょうか?

  • 回答No.4
noname#242965

置換積分の原理を深く理解したい」デスネ。 置換積分を何故やるかと言えば、計算が簡単になるからです。 ですから、そこのところをよく理解しておくことは、重要です。 置換積分をよく理解していない自分が恥ずかしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

長文をよく読んでいませんが、 0≦x≦α、α≦x≦1 で関数が違うと考えるとよいと思いますが。 V=∫[0~y(α)] pi*x^2dy - ∫[0~y(α)] pi*x^2dy =∫[1~α] pi*x^2(dy/dx)dx - ∫[0~α] pi*x^2(dy/dx)dx =-∫[0~1] pi*x^2*(dy/dx)dx =-2pi^2*∫[0~1] f(x)dx. ただし、f(x)=x^3*{sin(pi*x^2)+pi*x^2*cos(pi*x^2). となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.2
noname#242965

私はレベルが低くて、どうでもよいことしか指摘はできないが、 しかし、何とか本丸に攻め込みたいのですが。 うーむ、難しいな。y軸の周りに回転させてできる体積を求める。 花瓶の底みたいな立体ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。問題自体はバアムクーヘンの公式を求めさせる有名なものです。

  • 回答No.1
noname#242965

3行目あたりに 1≦x≦0ってありますが    ↓ 0≦x≦1ですよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご指摘ありがとうございます。失礼しました。

質問者からの補足

引き続き解説待ってます。

関連するQ&A

  • 逆関数の定積分について

    高校3年の男子です。いきなりですいませんが、 f(x)=(x*√2)/√(1+x^2) のとき、f(x)の逆関数の 区間[0,1]における定積分の値を求めよ。 という問題がわかりません。f(x)の逆関数を出すにしても 出せくてお手上げ状態です。そもそもこの問題は、f(x)の逆関数を 出さずに求めるものなのでしょうか。 すいませんが、ヒントだけでもいいので教えて頂けないでしょうか。

  • 逆関数の微分 dy/dx=1/(dx/dy)

    逆関数の微分はdy/dx=1/(dx/dy)と表せるらしいですが混乱してしまいよくわからなくなってしまいました。混乱の原因となった問題を通して教えてください。 (1)(x^3)'=3x^2 dy/dx=1/(dx/dy)を用いて、y=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ (2)rが有理数の時、(x^r)'=rx^r-1を証明せよ。 (1)例えばy=h(x)逆関数というのはこれをxについて解き、yとxを入れ替えて求めますよね。(1)の場合y=f(x)はx=y^3⇔y=x^(1/3)ですので、これを微分してy'=とすれば答えは求められるようです。でも、dy/dx=1/(dx/dy)を使う場合がわかりません。 df(x)/dx=1/(dx/dy)=1/3y^2=3^(-2/3)と書いてあります。 (2)はpが自然数のときy=x^(1/p)とするとx=y^pなので、dy/dx=1/(dx/dy)=1/py^(p-1)・・・・=1/px^(1/p-1)と回答が始まっています。 (1)(2)では逆関数の使い方がそれぞれ異なる気がします。簡潔にいうと「dy/dx=1/(dx/dy)の(dx/dy)の部分に来るものがわかりません。」(1)では逆関数(xについて解いてそれをさらにxとyを取り替えたもの)がその部分に来ているのに(2)ではただ単にxについて解いたものがきていますよね(xとyを取り替えるといる作業がない)。 まったくわからないので教えてください。ほんとによろしくお願いします!!

  • 逆関数の導関数

    dy/dx=1/dx/dy ↑より、y=f(x)の逆関数x=g(y)の微分可能性については、逆関数を具体的に求めなくても判定できる。 すなわち  x0⇔f(x0) (→がf,←がg) (適した記号が見つからなかったので、同値記号で勘弁してください。) 「f'(x0)≠0ならばfの逆関数gはf(x0)で微分可能で g'(f(x0))=1/f'(x0) であることを示してる。」 と書いてあったのですが、よくわかりません。 なぜ、そのようなことがいえるのでしょうか? 全体的にわかりません、解説よろしくお願いします。

  • バームクーヘン法と置換積分

    y軸回転についてですが、逆関数をとることが難しい場合、∫πx^2f'(x)dxと置換して解くというのがありますが、これとバームクーヘン法で求める答えは同じになりますよね? y=e^xの場合、∫(1→e^2)πx^2dyを求めるのに置換した場合、∫(0→2)πx^2e^xdx=2π(e^2-1)となりますがバームクーヘン法でやる場合、∫(0→2)2πxe^xdx=2π(e^+1)になるのですが、どこがおかしいのでしょうか?

  • y=sinxの逆関数の微分

    y=sinxの逆関数をy=f(x)とおいたとき、x=sinyが成り立ち、 dy/dx = 1/ (dx/dy) = 1/cosy となるらしいのですが、 どうして急に、1/ (dx/dy) = 1/cosyと、cosが出てくるのでしょうか?

  • 逆関数について

    f(x)=x^3+ax^2+(b-a-1)x という関数についての問題なのですが、 (1)f(x)がx≧0で増加するような点(a,b)の範囲Gを答えよ。 (2)y≧0におけるy=f(x)の逆関数をx=f^-1(y) (x≧0)とする。点(a,b)がGを動くとき、 J=∫(0→b)f^-1(y)dyの最小値を求めよ。 という問題がついています。(1)は「a≧0かつb≧a+1 または a<0かつb≧1/3a^2+a+1」と解けましたが、(2)において、解説ではxy平面上の面積によってJの値をa,bを使って求めていますが、よくわかりません。a,bで表された式から先は理解できました。Jの値の求め方をどなたか解説していただけますでしょうか。   「^」の記号は、x^ー1(xのー1乗)というように使い、∫(0→b)は「0からbまでの積分」を表しています。

  • 「高校数学」置換積分法の公式について

    x=g(t)のときの置換積分法の公式∫f(x)dx=∫f(g(t))g'(t)dt についてなんですが、 dx/dt=g'(t)だから dx=g'(t)dtよりこれを左辺のdxに代入して 機械的に右辺の式になると考えるのは間違いでしょうか? 教科書では y=(左辺)として dy/dt=(dy/dx)(dx/dt)=f(g(t))g'(t)だから両辺tで積分して 右辺を作ってましたが・・・

  • 不定積分についてです

    (置換積分) f:[a,b]→[c,d]がC^1級でg:[c,d]→Rが連続であるとき次の式が成立する ∫[a,b]g(f(x))f'(x)dx = ∫[f(a),f(b)]g(y)dy この定理が成り立つのは良いのですが,不定積分について ∫g(f(x))f'(x)dx =∫g(y)dy が成り立つ理由がわかりません… 部分積分も同様に,定積分の式ならわかるのですが、不定積分について ∫f(x)g'(x)= f(x)g(x)-∫f'(x)g(x) となる理由がわかりません。 大学数学での不定積分のきちんとした定義とともに、 ∫[a,b]g(f(x))f'(x)dx = ∫[f(a),f(b)]g(y)dy ∫f(x)g'(x)= f(x)g(x)-∫f'(x)g(x) の成り立つ理由がわかる方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願い致しますm(__)m

  • 逆関数の意義

    関数y=sinx(-π/2≦x≦π/2)の逆関数をg(x)とする。 I=∫[0→1]g(x)dx を求めよ。 という問題なんですが、もちろんこの場合逆関数は簡単には求まりませんよね?といいますか、傍用問題集に載ってるような計算で求められる逆関数はむしろ特別な場合をやっているに過ぎないと教わりました。 さて本問についてですが、さっぱり分からなかったので解説を受けたのですが、その説明はこういうものでした。 「与えられた関数にx1という値を入れるとy座標はy1(=sinx1)になるとする。このとき逆にy1を入れてx1に至る関数を本問での逆関数と呼ぶ。これをx=g(y)とする。このときグラフ自体はまったく同じものであるが、関数はxを入れてyに至るというのが一応の決まりとなっているのでxとyを入れ替えてy=g(x)とする。したがってもともとyを入れてxに至るのが逆関数であったのでIは次のように書き換えられる」 I=∫[0→1]g(y)dy という説明でした。はっきり申しますとさっぱりこの説明の意味が分かりません。こんな曖昧な状態では全く応用が利かないです。もちろん上のように書き換えられたならば積分は計算できるのですが、そこまでのプロセスの理解はやはり皆無です。そもそも教科書にしてもチャートなどの問題集にしても、逆関数を求めるだけという単純な計算問題しか書かれていないのでその本質がまったく見えません。逆関数が試験にでるというのはまだ一度も見たことは無いのですが、一応受験範囲が(3)Cだけですのでここもしっかり理解しておきたいです。上の解説文などは完全に無視していただいて構いませんのでアドバイスよろしくお願いします!

  • この逆関数の求め方は間違っていますか?

    「y=sinhx={e^x-e^(-x)}/2の逆関数を求めよ」 という問題が分かりません. 与式を変形して2y=e^x-e^(-x) e^2x-2ye^x-1=0 e^x>0を考慮して,解の公式よりe^x=y+√(1+y^2) 両辺の対数をとって(表現が間違っているかもしれません) x=log{y+√(1+y^2)} yを変数xについての関数とするために入れ替えて y=log|x+√(1+x^2)| (与式の値域より右辺の真数>0となるよう,絶対値記号を用いています.) とすれば解答と一致します. ですが,次の方法で解こうとすると答えが変わってしまいます. y=f(x)=sinhx={e^x-e^(-x)}/2 f'(x)={e^x+e^(-x)}/2>0より,f(x)は増加関数 逆関数をy=f^{-1}(x)とおきます. 逆関数の導関数[f^{-1}(x)]'=2/{e^x+e^(-x)}=2e^x/(e^2x+1)=2(e^x)'/(e^2x+1) この導関数を積分してf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)+C 関数y=f(x)は(0,0)を通るから,逆関数も(0,0)を通る.このことからC=-π/2を得る. よってf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)-π/2 ですが,これは先ほどの解答とは異なる気がします. 後半の解法はどこが間違えているのですか?