• ベストアンサー
  • 困ってます

逆関数の微分 (数III)

(x^3)'=3x^2 dy/dx=1 dx/dyを用いてy=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ。 dx/dyを使わなくていいなら・・・ x=y^(1/3)として x'=1/3x^(2/3) という風にすぐもとまるのですが・・・。 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) df(x)/dx =1/(dx/dy)・・・(2) =1/3y^2 = 1/3x^(2/3)・・・ (3) 疑問点があるところに○で番号を振りました。 (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね?  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? なんか混乱してしまいました・・・(すみません汗 (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? 回答よろしくおねがいします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数481
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

> (1)について、 逆関数とはy=~ という関数x=~という風に書き換えてからx,yを入れ替えるものですよね? xとyを入れ替えるタイミングはどこでもいいです。 模範解答のように最初にxとyを入れ替えても問題ありません。 ただ、x = ~という形にしてからxとyを入れ替えると すぐにy = ~という(おそらく一番)わかりやすい形が出てくるので、 学校ではそう教えているのでしょう。 > (2)f(x)はy=x^3の逆関数なんですよね? そうです。 >  ってことはf(x)の逆関数は1/f(x)でありf(x)ってのはyの逆数であるから1/yがf(x)? 逆数と逆関数は違うものです。 f(x)の逆関数は1/f(x)ではありません(中にはそうなるものもあるかもしれませんが)。 例えばy = x^2(0≦x)の逆関数はy = x^(1/2)ですが、 x^2の逆数はx^(-2)です。 (逆関数)≠(逆数)ですよね? > (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? > 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? この部分に書いてあります。 ――――――――――――――――――― 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) ――――――――――――――――――― この文章は 『y = f(x)の逆関数は、  y = x^3のxとyを入れ替えるとx = y^3になるから  変形してy = x^(1/3)。  よってy = f(x)の逆関数はy = x^(1/3)。』 という意味だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 逆関数の微分 dy/dx=1/(dx/dy)

    逆関数の微分はdy/dx=1/(dx/dy)と表せるらしいですが混乱してしまいよくわからなくなってしまいました。混乱の原因となった問題を通して教えてください。 (1)(x^3)'=3x^2 dy/dx=1/(dx/dy)を用いて、y=x^3の逆関数y=f(x)の導関数を求めよ (2)rが有理数の時、(x^r)'=rx^r-1を証明せよ。 (1)例えばy=h(x)逆関数というのはこれをxについて解き、yとxを入れ替えて求めますよね。(1)の場合y=f(x)はx=y^3⇔y=x^(1/3)ですので、これを微分してy'=とすれば答えは求められるようです。でも、dy/dx=1/(dx/dy)を使う場合がわかりません。 df(x)/dx=1/(dx/dy)=1/3y^2=3^(-2/3)と書いてあります。 (2)はpが自然数のときy=x^(1/p)とするとx=y^pなので、dy/dx=1/(dx/dy)=1/py^(p-1)・・・・=1/px^(1/p-1)と回答が始まっています。 (1)(2)では逆関数の使い方がそれぞれ異なる気がします。簡潔にいうと「dy/dx=1/(dx/dy)の(dx/dy)の部分に来るものがわかりません。」(1)では逆関数(xについて解いてそれをさらにxとyを取り替えたもの)がその部分に来ているのに(2)ではただ単にxについて解いたものがきていますよね(xとyを取り替えるといる作業がない)。 まったくわからないので教えてください。ほんとによろしくお願いします!!

  • 指数関数の導関数の公式

     「指数関数 x=e^y は対数関数 y=logx の逆関数だから、逆関数の導関数の公式と対数関数の導関数の公式 dy/dx=1/x を用いるとdx/dy=1/(dy/dx)=1/(1/x)=x=e^yとなり、指数関数の導関数の公式(e^y)'=e^yが得られる、○か×か」という問題がわからないのですが、教えて下さい!

  • 逆関数と微分の混乱

    dy/dxとdx/dyについて y=x^2のdx/dyはy=x^2の逆関数をとってyについて微分したものらしいんですが、なんか引っかかります。 逆関数をとっている時点で最初のyとxと同じ変化をしないので、最初のxと逆関数のyが変化すると最初のyと逆関数のxは同じ変化します。しかしこれでは、明らかに最初のx、yと無縁ですよね?? ですから、あたかも最初のyとxと関連性のあるdx/dyが逆関数を微分したものと考えると混乱してきます。 誰か、混乱を正してください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

> df(x)/dx = 1/(dx/dy) > なぜこういう変形が起こるのか?ってところがまだひとつ疑問としてのこっています。 まず、この問題ではy = f(x)としていますよね? そうするとdf(x)/dx = 1/(dx/dy)の左辺のdf(x)/dxは df(x)/dx = dy/dx と変形できます。つまり dy/dx = 1/(dx/dy) です。 ここでdy/dyとdy/dyを分数として考えてみます。 左辺dy/dxの分子分母をdyで割ってみると、 (dy÷dy) / (dx÷dy) = 1/(dx/dy) となります。これは右辺の形と一致していませんか? 逆に右辺1/(dx/dy)の分子分母にdyをかけると、 (1 × dy) / {(dx/dy)×dy} = dy/dx となって、左辺と一致します。 微分係数はこんな風に分数の式変形みたいなことができます。 (合成関数の微分法でも同様の式変形ができます。) ただ、この分数のような式変形は全ての場合で使えるわけではないので、 逆関数の微分法でこのような式変形みたいなことができるのは たまたまだと考えてもいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど~ そういうことでしたか!解決しました! 学校の先生が以前dy/dx について 「おまえら dy/dxをdx分のdyなんて読むなよ~ 読み方知らないでそんなこといってると理系なんだから大学いって馬鹿にされるぞ~(笑 けどdy/dxは実質dx分のdyと同じようなもんだけどな」 みたいなことをいってたことを思い出しました!

  • 回答No.2
  • R_Earl
  • ベストアンサー率55% (473/849)

ANo.1です。 (3)への回答が間違ってますので、訂正します。 > (3)y=x^(1/3) を代入したのでしょうか・・・?これってy=x^3の逆関数ですよね・・・? > 模範解答の作業中にいつのまに逆関数y=x^(1/3)を求めたのでしょうか・・・? この部分に書いてあります。 ――――――――――――――――――― 模範解答は y=f(x)についてはx=y^3であり、・・・(1) y=x^(1/3) ――――――――――――――――――― この文章は 『y = x^3の逆関数y = f(x)は、  y = x^3のxとyを入れ替えるとx = y^3  (変形してy = x^(1/3)。)になるから  y = x^3の逆関数はy = x^(1/3)。』 という意味だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧にありがとうございます!納得いきました! ところで何度もすみません、自分は説明力不足で恐縮なのですが・・・ df(x)/dx = 1/(dx/dy) なぜこういう変形が起こるのか?ってところがまだひとつ疑問としてのこっています。 はじめのdf(x)/dxは納得できます f(x)の導関数を求めたいのだからdf(x)/dx とそのままですよね でも上の式の右辺では、「x=というしきをyについて微分したものの逆数」 なぜ逆数かと思ったかというと「aの逆数は1/aであるように、dx/dyの逆数は1/(dx/dy)であるからです」 なんか一度に何個もの作業がされているようで混乱してしまいました・・・。 ☆先ほどのご回答にあるように、逆関数≠逆数というのは納得できましたありがとうございます! ただこの問題のこの部分は逆数のように見えてしまいました・・・

関連するQ&A

  • 逆関数の微分について教えてください

    ある関数の 逆関数の微分を求めよというのと      逆関数の導関数を求めよ というのはちがうのでしょうか? 微分と導関数を求めるというのは同じ意味 のように思うのですが? 違うならどう違うのでしょうか?

  • この逆関数の求め方は間違っていますか?

    「y=sinhx={e^x-e^(-x)}/2の逆関数を求めよ」 という問題が分かりません. 与式を変形して2y=e^x-e^(-x) e^2x-2ye^x-1=0 e^x>0を考慮して,解の公式よりe^x=y+√(1+y^2) 両辺の対数をとって(表現が間違っているかもしれません) x=log{y+√(1+y^2)} yを変数xについての関数とするために入れ替えて y=log|x+√(1+x^2)| (与式の値域より右辺の真数>0となるよう,絶対値記号を用いています.) とすれば解答と一致します. ですが,次の方法で解こうとすると答えが変わってしまいます. y=f(x)=sinhx={e^x-e^(-x)}/2 f'(x)={e^x+e^(-x)}/2>0より,f(x)は増加関数 逆関数をy=f^{-1}(x)とおきます. 逆関数の導関数[f^{-1}(x)]'=2/{e^x+e^(-x)}=2e^x/(e^2x+1)=2(e^x)'/(e^2x+1) この導関数を積分してf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)+C 関数y=f(x)は(0,0)を通るから,逆関数も(0,0)を通る.このことからC=-π/2を得る. よってf^{-1}(x)=2tan^{-1}(e^x)-π/2 ですが,これは先ほどの解答とは異なる気がします. 後半の解法はどこが間違えているのですか?

  • 逆関数の微分と全微分の違い

    「y=1+x*c^yで定まる陰関数yについてdy/dxを求めよ」という問題の 解き方で、逆関数の微分と全微分のどちらで解けばよいのか分かりません。 私は、f(x,y)=1+x*c^y-y=0とおき、dy/dx=df(x,y)/dx*1/{df(x,y)/dy}で解き dy/dx=c^y/{x*c^y-1}となったのですが、 全微分の解き方をすると、c^y*dx+{x*c^y-1}*dy=0より dy/dx=-c^y/{x*c^y-1}となり、私が出した答えと符合が逆になってしまいます。 この場合どちらの解き方で解けばよいのでしょうか? 見づらいとは思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 逆関数の微分について

    逆関数を微分するとは例えばy=x^2に逆関数の微分の公式をつかうと、y=√x (x≧0)の導関数が得られるってものですか?どなたか詳しく教えていただけないでしょうか?

  • y=sinxの逆関数の微分

    y=sinxの逆関数をy=f(x)とおいたとき、x=sinyが成り立ち、 dy/dx = 1/ (dx/dy) = 1/cosy となるらしいのですが、 どうして急に、1/ (dx/dy) = 1/cosyと、cosが出てくるのでしょうか?

  • なぜ逆関数はf^(-1) (x)

    f(x)の逆関数はなぜ f^(-1) (x) という風にあらわしているのでしょうか・・・? 逆関数≠逆数 とは分かっていますが・・・ -1乗って 逆数みたいなイメージがあったので・・・ (xの-1乗は1/xでありxの逆数であるので) 数学的な意味があるわけではなく、「fの右上に-1がついていたら、逆関数をあらわしますよ!」という単なる「記号」のようなものとして捕らえればいいのでしょうか・・・? ちなみに高校生です(^^; よろしくお願いします!

  • 逆関数を利用した定積分の計算

    参考書の模範回答を読んでも分からなかったので質問します。 f(x)=log[{-1+√(1+4x)}/2]とおき、関数y=f(x)(x≧2)とその逆関数y=g(x)(x≧0)について考える 問1:g(x)をxの式で表せ 問2:a≧2のとき、∫[2,a]f(x)dx=af(a)=∫[0,f(a)]g(x)dxを示せ 問1は分かりました。 g(x)=e^(2x)+e^x(x)(x≧0) 問2について(模範回答より) y=f(x)に対し、x=g(y)であるからdx=g'(y)dy f(x)はx≧2に於いて増加関数である。 a≧2のとき、xとyの対応は次のようになる x:2 --> a y:0 --> f(a) ∫[2,a]f(x)dx = ∫[0,f(a)]y*g'(y)dy = [y*g(y)]_|y=0,f(a)|-∫[0,f(a)]g(y)dy = f(a)*g(f(a))-∫[0,f(a)]g(y)dy ・・・(1) = a*f(a)-∫[0,f(a)]g(x)dx ・・・(2) なぜ(1)から(2)が導かれるのか教えてください。 (1)の∫[0,f(a)]g(y)dyが(2)の∫[0,f(a)]g(x)dxになるのは おそらく「定積分は、関数の形と上端、下端の値で決まり、変数に取った文字には無関係」、つまり 「∫[a,b]f(x)dx = ∫[a,b]f(t)dt」から導かれるのでしょうが(間違っていたら指摘してください)、 (1)のf(a)*g(f(a))が(2)のa*f(a)になるのが理解できません。 おねがいします。

  • 逆関数の導関数

    dy/dx=1/dx/dy ↑より、y=f(x)の逆関数x=g(y)の微分可能性については、逆関数を具体的に求めなくても判定できる。 すなわち  x0⇔f(x0) (→がf,←がg) (適した記号が見つからなかったので、同値記号で勘弁してください。) 「f'(x0)≠0ならばfの逆関数gはf(x0)で微分可能で g'(f(x0))=1/f'(x0) であることを示してる。」 と書いてあったのですが、よくわかりません。 なぜ、そのようなことがいえるのでしょうか? 全体的にわかりません、解説よろしくお願いします。

  • 微分とは何か

    関数y=f(x)に対して、xの微分dxとyの微分dyはそれぞれ dx=⊿x dy=f´(x)dx と定義される、と教科書に書いてあるのですが、 このように定義することの根拠や妥当性はどこにあるのですか。 また、導関数を求める=微分する、と習ったのですが、 「微分すること」と「微分」とはどのように違うのですか。

  • n次微分に関する問題

    f(x)=Arctanx(タンジェントxの逆関数) (1)nが自然数のとき、(1+x^2)f(x)^(n+1)+2nxf(x)^(n)+n(n-1)f(x)^n-1=0 (2)nが奇数のとき、f(0)^(n)=(-1)^n-1/2・(n-1)!   nが偶数のとき、f(0)^(n)=0を示せ。 (1)は解けたんですが、(2)が解けません。おそらくは(1)を使って解くんだと思います。よろしくお願いします。 n次導関数の表記の仕方がわからなかったので、f(x)のn次導関数をf(x)^(n)と表記させてもらいました。