• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「奇天烈」の語源

  • 質問No.1089756
  • 閲覧数1089
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 94% (18/19)

「奇天烈」という言葉は、何か語源があるのでしょうか?

友達と話していて、とても気になってしまったので。
「烈しく奇想天外」ということなのでしょうか?(まさかとは思いますが)
それとも全くの当て字で、語源といったものはないのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃったら
ぜひお教えください。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (138/309)

 1870年頃の「西洋道中膝栗毛」には、「奇妙きてれつ上々吉最上飛切古今の秀逸サア」と、やたらに秀逸な表現が累々ですが、江戸末期頃には「奇妙」が今時の「凄い」のような「素敵・素晴らしい」の意味に使われ、更にその意味を強めるために<同義・同頭韻>語を添えて使われたようです。

1.奇妙奇態(きみょうきたい)
 「きめうきたいなまねをするゆへ」(「魂胆夢輔譚」)

2.奇妙伍天連都(きみょうごてれつ)
 ごてごてばかり言ってうるさい奴を「ごてる奴」で「ごてれつ」伍天烈と。

3.奇妙奇天烈(きみょうきてれつ)
 奇妙伍天連都の<同義>語と、奇妙奇態の<同頭韻>語を語呂合わせすれば「奇天烈」に。

4.奇妙頂礼(きみょうちょうらい)
 こちらは「帰命頂礼(きみょうちょうらい)」をもじったもの。更に当時の人気役者「高麗屋」を重ねてもじり、「奇妙頂礼屋の若旦那」などとも。
お礼コメント
koma_koma2

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございました!
とても興味深い説明で、大変参考になりました。
江戸時代の言葉の洒脱さに驚きます。
本当にありがとうございました。
投稿日時:2004/11/26 11:16

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (7/22)

すいませんでした
http://okazima-web.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/room_1/BBS_MSG_000316134250.html
↑をコピーしてアドレスバーに貼ってみてください
お礼コメント
koma_koma2

お礼率 94% (18/19)

ありがとうございます。お手数かけちゃってすみませんでした<(_ _)>
早速見てみました!
教えていただいたサイトでも結論が出てないみたいですが、語源は不明というのが正解なのかもしれませんね。
参考になりました!
投稿日時:2004/11/18 20:44
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (7/22)

補足コメント
koma_koma2

お礼率 94% (18/19)

すみません。
せっかくアタッチしていただいたURL、見られないみたいなんです…。
どうやったら見られるでしょうか?
投稿日時:2004/11/18 20:12
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ