• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

支払手形で前渡の場合

こんにちは! 下請さんから頼まれて、工事代金を前渡で「支払手形」で貸してほしいとほしいと言われました。 返済は分割でと言われています。 この場合の仕分けはどうすればいいでしょうか? 前払金  支払手形  ? 外注費  支払手形  ? また、返済の仕分けは 支払手形  前払金 でしょうか? その場合は相殺なので、領収書はどうなりますか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数419
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

貸付金として買掛金(外注費)とは別処理でされたほうが賢明です。 きちんと借用証を書いてもらってください。 貸付金/支払手形  相殺で処理したい事の旨、この場合手形を一括で振り出すより期日は返済日(回収)見込み時期がよいと思います。数枚を期日をずらして振り出す事をお勧めします。 外注費が発生した場合 外注費/貸付金で消しこんでいけばよいと思いますが 支払手形を振り出すのは御社です。 賢明なご判断でご対処ください。

参考URL:
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/gzmgzm/article/03/09.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答ありがとうございます。 大変参考になりました。 慎重に対処します。

関連するQ&A

  • 支払手形と営業外支払手形の違いは?

    厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。 3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。 「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」 TACや大原簿記などの模範解答では  完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500  仮払消費税3,500 / となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

  • 支払手形の支払期日について

    月末締め翌月末支払(2/3手形1/3現金支払)の支払条件で、 90日サイトの手形の振出を行っていますが、 (8月31日締め9月30日支払⇒9月30日に 12月31日支払期日(満期日)の手形を振出 と 振込) 90日サイト⇒3か月として、必ず末日を支払期日としています。 (商慣行かと思います。) 2011年9月30日に2011年12月31日の支払期日(満期日)の支払手形を振り出した場合、 満期日が92日後になり、12月31日は土曜日で休日なので実際に入金されるのは95日後となります。 そこで 下請法で、「繊維業に対して親事業者は,下請代金の支払のために振り出す手形のサイトを原則として90 日以内」とされていますが、支払期日(満期日)が92日後になること及び入金が95日後になることはこれに抵触するものでしょうか。 下請法でも5日ぐらいの差は、商慣行で大丈夫なのでしょうか。 なるべくなら、月末ということで支払期日(満期日)を決めるのではなく、日数で考え90日後満期の手形を発行したほうがいいのでしょうか(2011年12月29日支払期日)? なお、一括決済方式(ファクタリングなど)についても、同様の疑問がありますが、支払手形と同じ考え(基準)でいいのでしょうか?

  • 建設業経理士 2級 支払手形について

    今年の3月の試験に向けて過去問題をやっていますが、わからないところがありますので、どなたかのお力をお借りできたら嬉しいです! よろしくお願い致します。 問題 前期に完成・引き渡した落合一号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100000を計上していた。 *税抜き方式 (過去門 第1回) 解答 借方:完成工事補償引当金 70000   貸方:支払手形 73500    仮払消費税     3500 貸方は支払手形ではなく、営業外支払手形になるのではないかと、私は思うのですが、いかがでしょうか? なぜかというと、TACのテキストに下記のようにあるのです。 問題 前期に完成・引き渡した建物に欠陥が発生し、補償工事を行った。この補償工事にかかる支出は、手持ちの材料の出庫2000円と下請け業者に対する工事代金1000円(未払い)である。なお、完成工事補償引当金の残りは9000円である。 解答 借方:完成工事補償引当金 3000  貸方:材料 2000                     未払金 1000 貸方が工事未払金ではなく、未払金になっている理由として 「請負工事についての外注費の未払いは、主たる営業活動から生じた未払いなので、工事未払金ですが、完成・引渡し後の補償工事についての外注業者への未払いは、主たる営業活動ではなく、販売促進の一環として生じるものです。したがって、工事未払い金ではなく、未払い金です」 どうぞ宜しくお願い致します。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#2です。 >毎月支払いのある業者さんで、手形で融資してほしいと言われました。 了承されるかどうかは御社の判断ですが融通手形を願い出るとゆうことは資金が不足している会社だとみていいですよね。 支払いとは別で処理される事をお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

再度の回答ありがとうございます。 支払いとは別だと、科目は何で処理すれば良いでしょうか?

  • 回答No.2

下請け=外注費になるのですか 支払手形で貸して欲しいの意味が理解できないのですが・・ 外注費で相殺ならば返済とは? ただ 単に工事が終わる前に外注費の支払いをするとゆう事と理解していいのでしょうか。 それとも融通手形にするとゆう意味でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 毎月支払いのある業者さんで、手形で融資してほしいと言われました。

  • 回答No.1
noname#7792

工事代金の前渡なのに、なぜ返済があるんですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 一括ではなく分割にして欲しいと言われています。

関連するQ&A

  • この仕訳が「支払手形」でない理由

    ○○商店より商品\50000を仕入れ、 代金は、得意先××商店宛ての為替手形を振り出して支払った。 これの仕訳は、 借方           貸方 仕入 \50000       売掛金 \50000 となるようですが、 ここで貸方が「支払手形」でない理由がわかりません。 まず、○○商店が××商店に買掛金があって、 それをうちが肩代わりして払うよというのが為替手形ですよね? テキストには「売掛金の減少だから」とあるのですが、 ここでは別にうちから○○商店への売掛金が減少している訳では ないように思えて仕方ないのですが…。 減少しているとしたら、○○商店の××商店に対する買掛金が減少している だけのように思います。 混乱しております。 ご教示くださいませ。

  • 未着品

    質問です。 (1) ○○商店に月末到着予定の商品¥450,000を注文していたが、本日、貨物引換証を受け取った。 なお、代金はさきに支払ってある内金¥90,000を差し引き、残高は同店あての約束手形を振り出して支払った。 (借)未着品 450.000  (貸)前払金 90.000                支払手形 360.000 で、いいんですか? 

  • 訂正仕訳の問題で

    以下の簿記の仕訳について質問です。 かねて仕入先愛媛商店から商品¥500,000を仕入れ、代金のうち¥400,000については同店振出し、当店あての為替手形を呈示されたため、それを引き受け、残額については全額掛けとして処理していたが、本日、本商品注文時に¥50,000を内金として支払っていたことが判明したため、訂正を行うこととした。なお、この取引から生じた買掛金について、決済は行われていない。 解説では (1)誤った仕訳の逆仕訳:(支払手形)400,000(仕入)500,000                         50,000                  (買掛金)100,000 (2)正しい仕訳:(仕入)5,000,000(前払金)50,000                      (支払手形)400,000                      (買掛金)50,000 (3)訂正仕訳:(買掛金)50,000(前払金)50,000 のように載っていたのですが、(1)の50,000というのは勘定科目が載っていなく借方と貸方の合計も合わないのでなぜこうなるかがわかりません。(1)のような仕訳になるのはなぜでしょうか?

  • 約束手形の支払期日後の取り扱いについて

    約束手形の支払期日を過ぎたあとの扱いについてご教授お願い致します。 得意先より約束手形を以前いただいたのですが、こちらのミスで支払期日を過ぎてしまいました。 得意先にはこれからお願 いをして小切手支払などの依頼をするのですがその場合の領収書の扱いはどのようになりますか? 手形をいただいた時点で領収書は発行しており、内訳には手形でいただいたことを記入してあります。 今回、小切手支払をしていただくとして前回発行した領収書と引き換えに新たな日付で領収書を再発行し引き換えという形になるのでしょうか? アドバイスお願い致します。

  • 簿記の得意な方、教えて下さい!!

    簿記3級の範囲で仕訳について質問です。 下記問題が理解できません 問。 仕入先Aから商品\500,000を仕入れ、代金のうち\400,000については同店振り出し、当店あての為替手形を呈示されてたため、それを引き受け、残額については全額掛けとして処理していたが、本日、本商品注文時に\50,000を内金として支払っていたことが判明したため、訂正をおこなうこととした。なお、この取引から生じた買掛金について、決算は行われていない。 答。 (買掛金)50,000  (前払金)50,000 解説 誤った仕訳…(仕入)500,000    (支払手形)400,000                   (買掛金)100,000 正しい仕訳…(仕入)500,000    (前払金)50,000                   (支払手形)400,000                   (買掛金)50,000 「誤った仕訳」は理解できるのですが、「正しい仕訳」が理解できません。 「前払金」というのは「資産勘定」なので、「借方(左側)」にくるのではないですか?? 左右がイコールにならないといけないので、右にきてしまうとは思うのですが… わかる方いましたら、解説していだだけないでしょうか?? よろしくお願い致します。

  • こんにちは。

    こんにちは。 手形について、領収書発行のタイミングの質問があります。 A社が支払手形をB社へ渡す前に、 B社に領収書を発行するように言いました。 常識的に考えて、B社が領収書を発行するのは、A社から手形を受け取ってからになると思います。 受け取る前に発行してしまうとA社が手形を渡さない可能性もあるからです。 ところがA社は手形を渡す前に領収書を発行するように言ってきているのですが、 A社はなぜそのようなことを言ってきているのでしょう? 経理的・法律的に問題はないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 企業の会計処理の流れについて教えてください

    企業の会計処理の流れについてです。 領収書などが送られてくるタイミングなど… 例 1/1-1/31の仕入のものの支払は、 翌月2/28が支払日となっていることを前提に。 2/1~取引先から請求書が送られてきます。 請求書の内容等を確認します。 振込払いと支払手形のものがあります。 両方のケースを教えてください! Q1,支払手形は支払日に取引先が受取にくるのですか? それとも支払日に間に合うように取引先へ郵送するのですか? Q2,今回のこの支払の領収書はいつこちらの手元にくるのですか?2/28の支払日ですか? 手形の場合は3ヶ月後の満期日なのでしょうか?? Q3,領収書は郵送でこちらの手元に届くのでしょうか? ---------- ★1, あと、支払手形は、こちらで手形を作成しますよね? その後の流れといいますか、当座から引き落とされる手続きみたいなのはいつ行っているのですか? 手形を作成した後、引落される銀行に手形をもって手続きをするのですか? ★2, このような支払の処理などをされる方は、企業の幹部とかなのですか?? それは企業によって異なるとは思いますが、ほとんど、管理職等の方が行っているのですか? すみません、会計処理の流れがいまいちわからず、どなたかわかる方いらっしゃいましたら、教えてくださると助かります。

  • 手形の郵送料について 

    先方から手形を郵送して貰った場合の郵送料についての質問です。私の職場では「郵送料分の切手」でお支払するのが常なのですが、たまに支払額から郵送料を差し引いて手形を切ってくる会社さんもいます。その場合、手数料の領収書というのは発行すべきなのでしょうか? 今までは手形の領収書しか発行しておらず、先方からも何も言われたことはないのですが、実際どうなのでしょうか?

  • 相殺領収書は発行できる?

    会社で領収書を書く仕事を担当することになりました。 先日、 通常価格よりも安く特価で販売したものの代金が支払われてきたのですが、 お得意先さん側では、 通常価格で仕入をし、実際の価格との差額分を社内の経費扱いにしたらしく、 手形と一緒に相殺領収書を送ってきました。 たとえばこんな感じです。 弊社売掛金:95,000円 先方:100,000円の買掛金に対して5,000円の相殺として、    95,000円の手形と5,000円の相殺領収書を弊社へ郵送。 そこで領収書を書こうとしているのですが、はて?と悩んでしまったのでした。 というのは、 弊社の売掛金が95,000円なので、95,000円の領収書を書けばよいのかな?とも思うのですが、 実は、この間まで担当していたのが支払いの仕事で、 その際には、同パターンの時(支払った側)は、 95,000円の手形の領収書に加えて、5,000円の相殺領収書も支払先さんからもらうのが会社のルール、と上司より言われていたのです。 今回は、支払いを受けた側として領収書を発行しようとしているのですが、 「相殺領収書の交換」のために、 売掛金95,000円の手形の領収書に加えて、弊社特価扱い分とのコメントを添えた5,000円の相殺領収書を発行することは間違いでしょうか?

  • 相殺領収書について

    工事代金で相手に21万の請求を出した所、相手からも打ち合わせ等諸費用で2万5千円の請求書を貰いました。しかし相手は裏書手形を25万での支払いをするので、手形差額の4万+相手請求分2万5千円=6万5千円を現金で支払ってくれと言われ、その分の領収書を相殺領収書として渡すといわれてます。6万5千円の支払はするものの、この領収書は相殺領収書で大丈夫なのでしょうか?現金で支払うのだから本当は、印紙がつく通常領収書を貰うべきではないかと疑問に思っています。お解かりになられる方ご回答をお願いします。