• 締切済み
  • 暇なときにでも

支払手形と営業外支払手形の違いは?

厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。 3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。 「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」 TACや大原簿記などの模範解答では  完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500  仮払消費税3,500 / となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数938
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#136164

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。手形とは直接関係ないですが、完成工事補償引当金関係で、次のような問題があります。 A建設は、前期に引き渡した建物に欠陥があったため、補修工事を行った。同補修工事に係る支出は¥2,210で、その内訳は、手持ちの材料の出庫¥1,250と外注工事代¥960(代金は未払い)であった。なお、完成工事補償引当金勘定の残高は¥1,800である。 この仕訳の答えは、 完成工事補償引当金1800/材料1250 前期工事補償費410/未払金960 です。 貸方は、もし工事(本業)であれば、工事関係の買掛金である「工事未払金」ですが、補修にかかわる未払額なので、普通の「未払金」が正解です。なので、「補修は営業外だ」と思っていたのですが、手形では違うのでしょうか?

関連するQ&A

  • 建設業経理士 2級 支払手形について

    今年の3月の試験に向けて過去問題をやっていますが、わからないところがありますので、どなたかのお力をお借りできたら嬉しいです! よろしくお願い致します。 問題 前期に完成・引き渡した落合一号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100000を計上していた。 *税抜き方式 (過去門 第1回) 解答 借方:完成工事補償引当金 70000   貸方:支払手形 73500    仮払消費税     3500 貸方は支払手形ではなく、営業外支払手形になるのではないかと、私は思うのですが、いかがでしょうか? なぜかというと、TACのテキストに下記のようにあるのです。 問題 前期に完成・引き渡した建物に欠陥が発生し、補償工事を行った。この補償工事にかかる支出は、手持ちの材料の出庫2000円と下請け業者に対する工事代金1000円(未払い)である。なお、完成工事補償引当金の残りは9000円である。 解答 借方:完成工事補償引当金 3000  貸方:材料 2000                     未払金 1000 貸方が工事未払金ではなく、未払金になっている理由として 「請負工事についての外注費の未払いは、主たる営業活動から生じた未払いなので、工事未払金ですが、完成・引渡し後の補償工事についての外注業者への未払いは、主たる営業活動ではなく、販売促進の一環として生じるものです。したがって、工事未払い金ではなく、未払い金です」 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 支払手形で前渡の場合

    こんにちは! 下請さんから頼まれて、工事代金を前渡で「支払手形」で貸してほしいとほしいと言われました。 返済は分割でと言われています。 この場合の仕分けはどうすればいいでしょうか? 前払金  支払手形  ? 外注費  支払手形  ? また、返済の仕分けは 支払手形  前払金 でしょうか? その場合は相殺なので、領収書はどうなりますか? よろしくお願い致します。

  • 支払手形が期日を過ぎた場合

    取引先に支払手形を発行したのですが、取引先より支払期日を過ぎてしまい(4営業日)、 銀行から処理ができないと言われたと連絡がありました。 こちらとしては手形を返却してもらい、振込する事になったのですが、 返却してもらった手形はどのように処理すれば良かったでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 落ちない支払手形の勘定科目

    弊社から支払手形を振り出した先の会社が倒産してしまい、弊社の振り出した支払手形の期日が到来しても現金がおちていかない状態になっています。 今まで放置してきましたが今月決算迎えどうしても何らかの処置が必要かと思えてきました。 経理上いったい何をどう処理したらいいのでしょうか?

  • 振伝から受取・支払手形への記入の仕方

    簿記の練習問題で、特に手形が苦手です。 振替伝票から受取・支払手形記入の仕方が分かりません。 借(買掛金)       貸(売掛) 〃(現金)        〃(手形借入金) 〃(手形貸付金)   〃(現金) 〃(手形借入金)   〃(現金) 3番目だと、他社にお金を貸したことになっているまでは分かるのですが、お金を貸す代 わりに手形を受け取ったといった解釈でいいのか分かりません。 後の3つは全くお金の動きが読めません。 よろしくお願いします。

  • 手形の処理のし方

    今日からパートで経理事務の仕事に行きましたが、初日からめげてしまいます。思っていたのよりはるかに仕事量が多くて、支払手形の処理件数だけでも130件ぐらい、その他パソコンでの振り込みもそれぐらいあります。大きな会社ですが、支払関係は全部の部署のを行なうみたいです。支払手形の処理もパソコンですると先輩は言っておられたのですが、手形に金額や日付を記入するのもパソコンでできるのでしょうか。そのとき聞けばよかったのですが、ほかのことをノートにしていたら忘れてしまいました。おいおい説明するとは言っておられましたが、もう私には手におえない世界のような気がします。金額の間違いや入力間違い考えただけでも怖いです。件数が多いだけに。その他の社員のメンテナンス関係、決算の書類など全般にわたっています。面接の時は経理の経験は6ヶ月程で、殆ど補助だけですとは言ってあるのですが、簿記の2級を持っているから分かるだろうと思われたのかもしれません。手形の処理をパソコンでするってどうするのですか。

  • 建設業経理士 2級 完成工事補償引当金繰入額

    ただ今3月の試験に向け、過去問題をやっております。 どうぞどなたかのお力をお借りできればと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。 本試験の第5問の設問で、問題文は 「なお、工事原価は未成工事支出金を経由して処理する方法によっている。」 と、なっている場合に、 「完成工事補償引当金を完成工事高に対して*%計上する」 の決算整理事項に対して、二通りの解答があるようで、 どちらの方が正しいのか迷っております。 仕訳(1) 借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金 仕訳(2) 借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金 借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金繰入額 具体的に申しますと、 過去門の第21回では、上記の仕訳(1) 過去門の第22回では、上記の仕訳(2) になっております。 この仕訳を間違えるだけで、他の数字にも影響し、点数をひかれるので 心配しています。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 簿記1級 連結会計の仕分けについて

    よろしくお願いします。 連結会計について教えてください。 (1)支払手形等成果連結について P社(親会社)、 S社(子会社)とします。 S社の売掛金のうち、29400円、受取手形のうち19600円はP社に対するものである。 P社の買掛金のうち、30000円、支払手形のうち、40000円はS社に対するものである。 S社は、P社振出手形のうち、20000円を割引に付している 上記の条件で、修正仕分けが 支払手形 40000   /   受取手形 19600               /   短期借入金 20000               /   貸倒引当金繰り入れ 400 買掛金 30000 / 売掛金  29400             /    貸倒引当金繰り入れ 600 という仕分けがありました。 なぜ、買掛金/売掛金 支払手形/受取手形の差分が”貸倒引当金繰り入れ”になるのでしょうか? 売掛金、買掛金を相殺する際に、 貸倒引当金/貸倒引当金繰り入れ で相殺するのに、なぜ上記の場合は貸倒引当金繰り入れだけが出てくるのでしょうか? (2)連結キャッシュフローの前払い営業費について 前期末の前払い営業費が200, 当期末の前払い営業費が400 損益計算書の、そのほかの営業費が2400 である時、営業活動によるキャッシュフローのそのほかの営業支出はいくつになるのでしょうか? 200+2400-400=2200 になるのかと思うのですが、回答では、 400+2400-200=2600 となっています。損益計算書の2400には、当期末の前払い営業費分が入っていると思うので、2400から引いて、当期に営業費になった200を足すのだとおもうのですが。。。。 教えていただければと思います。 上記2つについて教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 簿記3級の手形について

     簿記3級問題集を解いていたのですが、手形のことで詰まってしまったので、ご説明いただけないでしょうか。 (問題集の問題)以下の取引を仕訳せよ。 1.買掛金支払いのため振り出された得意先宛の為替手形の引受高(引受済) \11,000 2.仕入先より振り出された当店宛の為替手形の引受高 \8,000 自分は 1.(借)買掛金 11,000 (貸)支払手形 11,000 2.(借)買掛金  8,000 (貸)受取手形  8,000 としました。答えは1番は貸方が売掛金で、2番は貸方が支払手形でした。特に2番は、相手振出し、当店宛なのになんで支払手形?と思いました。  回答にも解説が載ってなく仕訳しか載っていません。皆様の解説お願いいたします。

  • 内部利益の間接控除法で

    建設業経理士2級の試験範囲で理解できない項目があるのでお伺いします。 内部利益控除で直接控除方は分かるのですが、間接控除法で期首棚卸資産に含まれている内部利益を控除する仕分けの意味が理解できないのです。 内部利益控除引当金××× 内部利益控除引当金戻入××× 内部利益控除引当金戻入××× 完成工事原価××× 期首棚卸資産というのは前期の期末棚卸資産なので前期末に 内部利益控除引当金    材料              未成工事支出金              完成工事原価 内部利益控除       内部利益控除引当金 という仕分けをしているので再度、完成工事原価より控除するのはなぜでしょうか。 また、直接控除法では期首に含まれている内部利益はどのような処理をするのですか。内部利益の戻入仕分けはいらないのでしょうか。