• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:なぜ日本は制度変更のスピードが遅い?)

なぜ日本は制度変更のスピードが遅い?

このQ&Aのポイント
  • 日本経済の最大の問題は構造改革のスピードが遅いということ。
  • 変革する力を内側に持っていないと感じます。
  • 日本は制度を変えることができない理由は、中国やアメリカのように「まずやってみよう」という文化がないことや法体系の違いがあることが考えられます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • staratras
  • ベストアンサー率41% (1466/3573)
回答No.2

日本でも幕末の開国から明治維新にかけての大変革や、1945年の敗戦後の戦後改革のように、構造改革を急速に実行できた時代もあります。その共通点は外国からのいわゆる外圧をうまく国内の変革に結びつけて、懸案事項を一気に解決しようとしたところにあります。 例えば、幕末の日本の開国です。外国との交流を長崎の出島などに限っていた国際関係に疑問を持った人は幕府内外の当時の指導層の中にも少なくありませんでしたが、それが「祖法」だとされて(実際はそうではありませんでしたが)変革することはできませんでした。この問題を解決するきっかけとなったのが黒船の来航で、「外圧」をチャンスにして懸案の解決に努めたとも言えます。 また戦後認められた女性の参政権にしても、昔から「婦人参政権運動」があり、実は戦前の昭和6年に条件付きで認める法案が衆議院で可決されながら貴族院が否決して認められなかった経緯があります。これが「両性の本質的平等」を定めた新憲法のもとで実現したのであり、決して「GHQの押し付け」で認められたものではありません。敗戦という「外圧」を利用できた面はあるにせよ、日本の女性たちのそれまでの運動の成果の結実とも言えます。 現在行われようとしている「防衛政策の転換」でも、ロシアのウクライナ侵攻や、中国の軍事力の伸長などの外圧を利用して懸案事項の解決を図ろうとする手法が見られます。転換そのものが適切かそうでないかは当然議論すべきポイントですが、「外圧」をてこに急いで転換しようとするやり方は従来の手法であり別に新しいものではないと考えます。 日本では平時には「制度変更のスピードが遅い」ことは確かですが、どうにもこうにも行き詰まって変えるべきときには、外圧を利用(口実に)して「あっという間に変えてしまう」という二面性があるように感じます。 外圧では身も蓋もないというなら、触媒や凝固剤のようなものと言っても良いかも知れません。内藤湖南という昔の学者が、中国の文化が日本に与えた影響について「豆腐を作る際のにがり」のようなものという、独自の比喩で説明しています。豆乳だけでは豆腐になれないが、にがりが加えられることによって「豆腐になる力」が発揮されるというのです。 その比喩で言えば、日本には「改革をする潜在的な力」は十分あるけれども、それが実現するには、豆腐を作る際の「にがり」のようなものを加える必要があり 、それは多くの場合外国からもたらされるということになるでしょう。改革を加速させるのは、昔も今も「対外的な危機感」だろうと考えます。 廃仏毀釈で貴重な文化財が失われたような行き過ぎは困りますが、「慎重に検討する」とは「何もやらないことの婉曲表現」だという「日本(政治)の常識」は変えるべきです。このバランスをどうとればよいのか、ここが思案のしどころです。

rameznaam
質問者

お礼

大変詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • mekiyan
  • ベストアンサー率21% (764/3571)
回答No.3

決まるまで遅すぎる。そして、いったん決まったことは、時代にそぐわなくと廃棄する事もなしに、経費がかかろうが継続が、政府・民間ともの国民性です。 何も年寄りだけでなく、若い連中も、いったん社会の中に入るとものの見事に洗脳させられてしまいます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • maiko3333
  • ベストアンサー率13% (5/36)
回答No.1

10万円給付のとき、誤給付したものを「返して」と言ったら 断られた例がありましたよね。 なので、「慎重に」「間違えることなく」しなければならないのです。 コロナのワクチンや治療薬も万人に効くという証明はありません。 間違って承認してしまえば「薬害」となり、 裁判沙汰になっている例がありますよね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 日本のTPP参加後

    以下は日本TPP参加後の簡便な思考シミュレーションとして捉えてほしいのですが、 現在の日本の国家予算最大の歳出は数十兆円の社会保障費です。 日本の皆保険制度をアメリカ型民間委託に移行できればかなりの予算削減ができると思われます。 アメリカ側は参入障壁撤廃、日本側は少子高齢化の社会保障費抑制という利害一致で両国の政府要人が結託すれば、TPP条約中の国内法に優先されるISD条項とラチェット規定を活用して日本の皆保険制度をアメリカ型制度に構造改革できると考えてよろしいでしょうか。 以上はTPP参加の是非を問う質問ではなく、 両国の政府要人が~極秘裏に~結託しさえすれば、 国内法に優先するTPP条約を使用して、 日本の社会保障構造改革が可能かどうかの質問です。 尚、私の立場はTPP参加反対、皆保険制度廃止反対です。

  • 国民保険制度の今後

    TPPにより国民皆保険の維持が難しいとされる中、日本が今後も国民皆保険制度を維持するために日本政府はどのような医療制度の改革を行うべきだと思いますか? 皆様の意見をお聞かせください。

  • 日本の変革を妨げている犯人は誰かが分かる本

    今の日本は先行きの見えず、全体的に閉塞感が高まっています。 その原因として、国の規制によって社会の変革や流動性が阻害されていることがあげられると思います。しかし、一部の業界人、天下りしている役人、政治家の利権のために、撤廃されず未だ何ら改革を施されていないイメージがあります。 国からの様々な規制が、民間の志ある人を撥ね付け、社会の生産的な変革を阻害しているイメージがあります。またそのような規制によって、より社会の二極化を招いているようなイメージもあります。 要するに一部の人たちの利益のために、日本の改革が進んでいない、というイメージがあるのですが、その犯人(役人?政治家?それらを含めた構造?)とその問題はなんなのか、ということが知りたいです。(イメージではなく、本当のところを) そのような、日本社会の膿、構造的問題を分かりやすく説明した本を探しています。どなたか教えて頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 低迷する国会、政府、それらは回転寿司のようにSpe

    低迷する国会、政府、それらは回転寿司のようにスピーディーなものと変革される必要があるとおもわれますが、それらの体制、構造を支えるべく、すべての公務員はすべての人びとのための奉仕者とならねばならない。 公務員採用試験の大改革が必須なのではないでしょうか?

  • なぜ日本は外国に援助ばかりするのか

    最近政府要人が海外訪問してどこかの国から援助を貰って来たという話記憶にありますか? 必ず援助を約束したとか、金を渡す話ばかり、そんなに金が余っているんですか? 増税なんかとんでもないですね。 財務省の言い分も国の借金が何兆円とか言いますが、外国に貸した金の取り立てに行けば充分余裕のある国だと思うんです。 特に中国と韓国に行ってガタガタぬかすなら過去に援助した金返せくらいいう政治家いないですかねえ。 家計でもそうですが本気で金がなくなったら公務員や地方議員の給料なんて出せないはずですよね。 結局国は金持ちなんですね。 そこで質問。 1.なぜ政府要人が外国に行くと(また外国から要人が来ると) 必ずと言っていいほど援助をするのですか? 2.逆に日本がどこかの国から援助を貰って来たという話ありますか 特殊な例外をのぞいて私には大体そのような構造に映るのですが間違いですか

  • 日本人の「悪しきメンタリティ」

    日本人は,いつになったら,「わかっちゃいるけどやめられない」から「脱却」できるのでしょうか? ***** 「わかっちゃいるけどやめられない」 これは,ある流行歌の歌詞の一部です。多くの日本人にとって,これは,「流行歌の歌詞の一部」であると認識されています。しかしながら,この歌詞にある言葉こそ,日本人の「悪しきメンタリティ」を表していると,わたしはおもいます。 たとえば,いまの日本社会においては,社会構造の変化によって,経済構造や社会保障制度などの「改革」がさけばれています。そういった「改革」が,遅々として進まず,多くの人々が,「改革」の必要性を理解しながらも,現状の維持に「しがみついている」姿は,日本人の非常に醜い姿です。 このような言葉からうかがえることは,ある著名な作家が指摘したように,タテマエ(わかっちゃいる)とホンネ(やめられない)という,日本人の悪しきメンタリティです。 わたし自身は,外国につながりをもつ日本人です。そのようなバックグラウンドがあるので,わたし自身は,みずからの日本のアイデンティティと,深く向きあっています。日本人にたいする深い愛情がある一方で,このような悪しきメンタリティから「脱却」できないことにたいしては,日本人にたいする「強い不信感」をいだいています。

  • 【日本は物凄いスピードで疲弊していっているように見

    【日本は物凄いスピードで疲弊していっているように見えます】日本の政府は疲弊を抑えようとせずに、物価を上げるのを国策にしたり、インボイス制度導入のように今まで税金を収めて来なかったグレーゾーンの脱税者から税金を回収しようとしています。今まで税金を納めると生活が出来なかったフルーランスの労働者たちに死刑を宣告したようなものです。国は正社員から正社員の派遣労働者の派遣社員にしてサラリーマンの自営業化を進めて来ましたが、ここに来てフルーランスから税金を取るように政策転換をいま日本経済の窮地のときにやるべきことなのでしょうか?日本がますます衰退していくことを願っているのでは?と思うような国策と政策ばかり打ち出すのはなぜですか?

  • 日本社会の一番最優先すべき課題は、冤罪を減らすよう司法制度などを改革す

    日本社会の一番最優先すべき課題は、冤罪を減らすよう司法制度などを改革する政策、教育制度を根本的に改革する政策、税制を抜本改革して財政赤字を減らす政策、景気雇用を回復させる政策、セーフティネットなどの社会保障を充実させる政策、新エネルギーや新交通システムを開発普及させる政策、アメリカや中国などとの関係同盟などを見直す政策、官僚公務員の人事や給与や組織や犯罪や天下りや公益法人を見直す政策、東京一極集中と地方の疲弊過疎化の対策、金持ちと貧乏人と大都市と地方の格差を税制などで是正して中間層を増やす対策、少子化対策、年金や医療費や社会保障費の抜本的改革、産業構造を物作りから環境や福祉や農業やバイオテクノロジーにシフトする改革、犯罪や事故や天災などの被害を減らす政策、選挙制度(公選制も含まれる)も含めた政治改革  の中でどれだと思いますか。その理由も述べてください。

  • 景気の良し悪しを分析するときの指標としては、(1)政府支出、(2)純輸出、(3)消費、(4)企業投資の4つで正しいのでしょうか?

    そして、小泉構造改革では(1)政府支出の削減と(4)企業投資(の増大?)にはかなりメスを入れたけど、それ以外、特に(3)消費に手を回せなかったのが最大の欠点だとテレビで言っていました。それは正しいのでしょうか?

  • 【マイナンバー制度】マイナンバー制度の税金システム

    【マイナンバー制度】マイナンバー制度の税金システムの法の抜け道を教えてください。 法律を作る巨額資産を保有する政治家は脱税するための法の抜け穴をマイナンバー制度に盛り込むはずです。 全ての資産を把握されて、累進課税されたら、日本の金持ち政治家の生存、自民党の最大支持母体の金持ち会社経営者はマイナンバー制度に絶対に法の抜け道を作っているはずです。 どんな手口でマイナンバー制度に捕捉されないで税金逃れをする気でしょう? なにか知ってますか? まさか法律を作る人間が自分の首を絞めないと思うんですが。どう思いますか? マイナンバー制度は国民資産の一元管理化のためのもので税金を確実に取って税収を上げるという日本政府の作戦のようです。

このQ&Aのポイント
  • Windows11で新しい「筆まめ」を購入し、Ver21からのアップデートができない問題に直面しています。新しいCD(Ver34)を購入する必要があります。
  • ネットで調べた結果、黄色いパックと赤いパックの「筆まめ」がありますが、どちらを購入すればいいかわからないです。初心者のため、アドバイスをお願いします。
  • ソースネクスト株式会社の製品・サービスに関する質問です。新しい「筆まめ」の購入方法とVer21からのアップデート方法について教えてください。
回答を見る