-PR-
解決済み

腕立て伏せでは強くなれないのか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9969
  • 閲覧数1102
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 97% (34/35)

おはようございます。
腕立て伏せなどの負荷の軽い運動では何回やっても筋力がつかない(重いものを持ち上げられない)のでしょうか?また、なにか機具がなくても速筋をつける良い方法を御存じないでしょうか?
分かりにくい質問ですいません。よろしくお願いします
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 43% (7/16)

冬です。

「重いものを持ち上げられない」というのを
「速筋の力をつけられない」と理解してのアドバイス
です。

負荷の軽い運動を何回やってもタカがしれてます。腕立て
だと正しいフォームで40,50回くらい出来るようになれば、
そこから回数を増やしてもほとんど意味はありません。

やるとすれば、大量の本を入れた袋を背中に積んで腕立
て、というような感じで負荷をかけるくらいだと思いま
す。

ただ、上のような方法だとフォームが簡単に崩れると
思いますし、Nakaさんのおっしゃるアイソメトリック・
トレーニングでも限界まで追い込むことはものすごく
難しいと思います。(意味がないわけではありませんよ)

本気で鍛えるなら、やっぱり器具を使うのが最も有効かつ
簡単です。公共の体育館、学生なら学校の施設等を
利用してみてください。驚くほど安く使えると思います。
お礼コメント
yapple

お礼率 97% (34/35)

そうなんですよね。
40~50回ぐらい出来てしまうんですよね。回数増やしてもあんまり筋肉ついてないような気がしますし・・
やっぱりジムとか行く方がイイかも知れませんね。
速筋がないんです。僕。
いろいろありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いします。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆ 実際に腕立てをやってみて、どこの筋肉に力が入っているかを確かめてみるとおわかりいただけると思いますが、上腕の外側なんですね。 一方、重いものを持つときはどうかと言いますと、今度は内側なんです。いわゆる力こぶができる場所ですね。 ですから、腕立てで「重いものを持ち上げる筋肉をつけたい」、というのは非常に効率が悪いことになります。 「重いものを持ち上げる」ためのエクササイズは、懸垂と ...続きを読む
◆Naka◆
実際に腕立てをやってみて、どこの筋肉に力が入っているかを確かめてみるとおわかりいただけると思いますが、上腕の外側なんですね。
一方、重いものを持つときはどうかと言いますと、今度は内側なんです。いわゆる力こぶができる場所ですね。
ですから、腕立てで「重いものを持ち上げる筋肉をつけたい」、というのは非常に効率が悪いことになります。

「重いものを持ち上げる」ためのエクササイズは、懸垂と背筋が一番効果的だと思います。
また毎日5~10秒ほどずつ、「両手の平を合わせて力いっぱいに押す」、「両手の指をかぎ状にひっかけて、力いっぱいに引く」、それをそれぞれ胸の前で1回ずつ、頭の後ろで1回ずつ続けてみてください。(有名な方法なんですが)
このわずか1分ほどで終わるエクササイズをコンスタントに続けることにより、1~2ヶ月ほどで驚くほど筋肉がついてきます。
お礼コメント
yapple

お礼率 97% (34/35)

成る程、初めて知りました。
早速試して見ます。トレーニング最高。
有り難うございました。何かありましたらまたよろしくお願いします。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

筋肉の運動方法には大まかに2つあります。 1つは自分から積極的に動かそうとする運動(アイソキネティック)と、 もう1つは外部からの力に対して、耐える運動(アイソメトリック)です (すいません、英語の呼び名に関してはちょっと自信無いです。 なにせ10年前に習った事なんで忘れちゃってまして)。 腕立て伏せでは、どちらかと言うとアイソメトリックの トレーニングに近い内容になりがちですね。 重い物を ...続きを読む
筋肉の運動方法には大まかに2つあります。
1つは自分から積極的に動かそうとする運動(アイソキネティック)と、
もう1つは外部からの力に対して、耐える運動(アイソメトリック)です
(すいません、英語の呼び名に関してはちょっと自信無いです。
なにせ10年前に習った事なんで忘れちゃってまして)。
腕立て伏せでは、どちらかと言うとアイソメトリックの
トレーニングに近い内容になりがちですね。
重い物を持ち上げられないと言う事は無いと思いますが、
重量挙げの様に、瞬間的に持ち上げるスピードは身に着かないかも知れません。
また、腕立て伏せでは与えられる負荷が自分の体重以下ですので、
もし自分の体重よりも重い物を持ち上げようとすると、
ちょっと辛いかも知れません。
その際は、片手腕立て伏せにしてやるとか、背中に重りを載せて腕立てするとか、
工夫してみて下さい。
お礼コメント
yapple

お礼率 97% (34/35)

片手腕立て伏せ!!
いいですね。早速やってみます。
カエル倒立とかも良さそうですね。使う筋肉違うっぽいけど。
ありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いします。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ