• 締切済み
  • 困ってます

松の芽摘み

黒松(植えて30年位、高さ2m位)の剪定(毎年秋に植木屋さんに頼んでいました)を今年から自分でやろうと思い、以前からザッツクリやっていた新芽摘みを行い,全ての新芽を摘んだのですが、摘んだあとの2番芽が沢山出ています。これまではそのままにして、植木屋の秋の剪定にまかせていました。素人が考えるに、松の形は出来上がっているので、この2番芽も全て摘んでしまえば秋の剪定が楽になる、あるいはいらないのでは?又、新芽を1本位残さないと枯れてしまうのでは等、色々考えてしまいます。 植木の剪定に詳しい方、アドバイスよろしくお願い致します。

noname#246675
noname#246675

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1

夏と秋に庭の剪定をしてもらっています。 松も枝ごと切ってしまうので、芽摘みはしていないですが・・・ “No.008_ 庭木の手入れ:150610クロマツ手入れ(1)(年1回仕様)” https://www.youtube.com/watch?v=obdZIghds4c “No.018_ 161018・クロマツの手入れ(2)(秋・冬:古葉揉み上げ)” https://www.youtube.com/watch?v=4C4QU1zyzns&vl=ja “No.027_170422・クロマツの手入れ(3)芽摘み” https://www.youtube.com/watch?v=NxzYS_6cryc “No.028_170429・2、3年越しのマツの剪定(クロマツシリーズ(4))” https://www.youtube.com/watch?v=_B8ZtsdtHN4 ”▼黒松特有の剪定1:『芽摘み(ミドリ摘み)』 ▼黒松特有の剪定2:『芽切り』『中芽切り』 ▼黒松特有の剪定3:『葉むしり』『もみあげ剪定』” ”元気な木を芽切りしていく際も、一気にすべての芽を切ってはいけません。芽の中でも弱い枝から剪定していくことが大切です。数日~数週間かけて芽切りしていくことで、全体のバランスが整います。芽切りの際は、弱いものを先に切り落とすことを念頭に置いておきましょう。” https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/20542/ (画像引用) こちらは盆栽の芽摘みですが、参考になるかもです。 ”盆栽作りの上で大切な手入れの1つに「芽摘み」があります。 芽摘みとは春から伸びる新梢を必要な長さで摘みとることで、二番芽の勢いを弱めて全体を小さく作ったり、小枝を増やしたりと様々な効果を持ちます。” https://bonsai.shinto-kimiko.com/kanri/metumi/syouhaku_metumi.htm こちらも参考に! 「黒松」「剪定」に関する質問と回答 https://okwave.jp/searchkeyword?word=%E9%BB%92%E6%9D%BE%E3%80%80%E5%89%AA%E5%AE%9A 良い方向に進みますように! 参考になれば幸いです。

参考URL:
https://www.seikatsu110.jp/garden/gd_prune/20542/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 松の剪定

    こんばんは松の剪定の件で質問させてください。 アカマツは春のみどり摘みはクロマツより軽く 逆に秋のもみ上げはクロマツより強く行うのがいいのでしょうか? よろしく御願い致します。

  • マツの剪定時期について

    マツの剪定を8、9月に行いたいのですが良いのでしょうか? それとも秋まで待った方が良いのでしょうか? また、秋に剪定をした場合は、切り口から来年新芽は出てくるのでしょうか?

  • スペース的に大きくする余裕のない場合のマツの剪定

    庭に高さ3mくらいのマツが1本あります。昨年までは植木屋さんに切ってもらっていたのですが、今年からは趣味を兼ねて自分で切ってみようかと思っています。詳しい説明の載った下記サイトで剪定方法を勉強させていただきました。 http://heboen.hp.infoseek.co.jp/niwaki/matsu.html http://www48.tok2.com/home/artgarden/teire.mathu.htm http://www.frc.pref.nagano.jp/mini/mini11.pdf http://www.hometeien.co.jp/sentei/matu-2.html http://www.h2.dion.ne.jp/~susto/newpage36.html 一応、分かったような気がしています。 1つ疑問があるのですが、庭の大きさから見てマツの大きさと形は現状のものがベストでありこれ以上でもこれ以下でもよくありません。ということは、新芽が伸びる(つまり、マツが大きくなる)余裕はないのですが、そのような場合の剪定はどのようにしたらよいのでしょうか。自分なりには(ア)~(ウ)のような方法があるのかと思っていますが、ど素人の考えたことですので多分全て誤りだと思います。 (ア)新芽を全て摘む。(しかし、このようにすると、マツのためにも悪いし、 http://www.h2.dion.ne.jp/~susto/newpage36.html に言うようにコブができるのではと思います。) (イ)新芽をほんの僅か(例えば、1cm)だけ延ばす。(でも、これだと10年経つと10cm伸びますから、完全に同じ大きさに保つことはできないです。) (ウ)通常どおりの剪定をして、数年に1度、新芽だけの剪定でなく数年前の古枝まで含めてばっさりと切り落として短くする。(これだと数年周期でベストの形に戻ることはできますが、その翌年にうまく芽が出てくれるのかどうか心配です。) スペース的に大きくする余裕のない場合の剪定はどのようにしたらよいのでしょうか。

  • 五葉松の剪定について

    教えて下さい。 私は5月上旬に五葉松の剪定をしておりますが(素人で我流)苅込挟みでジョキ、ジョキと刈込んでいましたが、本来、松の剪定は、葉を1本、1本手で摘み取り、また新芽も手で摘み取るか半分くらい残して摘み取るものだと聞きました。 今までの苅込挟みでの剪定では、五葉松にとって弊害があるのでしょうか? 時間が限られているのであまり手間はかけたくありませんし、摘み取りでの剪定技術もありません。良い方法を教えて頂ければと思います。 宜しくお願い致します。

  • 松を折られました

    水道工事の業者の人に、玄関の松を折られてしまいました。 剪定もしてもらって、雪吊作業も終わって冬に備えていました。 毎年、手間隙とお金をかけて、亡くなった父の松を 大切に育ててきました。 上のほうの、大きな枝が二ヶ所折れてしまったので 格好がつきません。 植木屋さんに来てもらって、折れた部分は腐らないように 薬を塗ってもらいました。 工事の人は、保険に入っているとの事です。 植木屋さんは、同じ松を用意すると 門かぶりなので、100万以上はするといいます。 一体、いくらくらい請求できるものなのでしょうか?

  • 松の剪定 回数って減らせますか?

    我が家には日本庭園があるのですが、松の木が二本あって 毎年、6月と11月に植木屋さんに手入れをお願いしています。 樹齢もかなりなものらしく、植木屋さんも 「こんないい松は他にないですよ」というくらいのものらしいですが 若い世代の私たちにとってはあまり魅力を感じず、でも祖父母の代 からのものなので絶やすわけにもいかず、今まで手入れをしてきました。 が、年二回の剪定代は年間にすると15万にもなり、 費用の負担も重荷になってきたのが正直なところです。 松の剪定が難しいのは知っていますが、年1回ではだめなんでしょうか? 結局、回数を減らしても1回に時間がかかり同じ事なんでしょうか? お願いしている植木屋さんには聞きづらく相談させてもらいました。 負担を軽くして、松を維持するいい方法がありましたら教えてください。

  • 松の木の手入れについて

    毎年、植木屋さんにお願いして松の手入れをしてきましたが、その植木屋さんがお歳もめされ、昨年より入院されました。以前より、つつじやどうだん、 柘植・・・等々、見よう見まねで刈り込んでみたりは、しておりましたので、この際、是非とも、松の剪定に挑戦したいと思っております。 そこで、盆栽の本や植物の本など見てはいるのですが、新梢の拡大図などが出ていて、落すような説明はあるのですが、枝ぶりや細かい指導、具体例など挙げて解説などされているサイトや本など、教えてください。

  • 松の木の緑がさえません。

    松の木の葉の光沢が全くなくなってきました。 高さが4メートル以上、根元の直径が30cmほどの赤松の木があります。 私の家に植えられたのは50年ほど前のようです。その後今から20年ほど前に、今の場所に植え替えました。植え替えにも耐え、昨年までは、元気にみどりを楽しませていましたが、昨年秋頃から葉の緑色が褪せはじめ、そのうち暖かくなったら、緑もさえてくるだろうと期待していましたが、いっこうに茶色懸った緑色のままです。 名前はわかりませんが、芽とでもよぶのでしょうか、10cmほどのものはでていますが、葉の緑は一向にきれいな「松の緑」にはなってくれません。毎年暮れ、植木屋さんに来てもらって手入れをお願いしています。植木屋さんにこの春、見てもらいましたが、「?」でした。「もう少し、様子をみて。」といわれています。 松の木は、丈夫で乾燥に強いときいています。もし、虫がついているのなら、切ってしまったほうがいいのでしょうが、それもわからないので、困っています。松の木に寿命があるとしたら、どれほどのものでしょうか。 さえない茶色懸った松は、あわれです。塀越しに見える松はみずみずしさがあってこそのものだとおもうのです。 イヤな想像ですが、植木屋さんはそのままにしておきたいのではないかと思ってしまい、どうしたらいいのか困っています。 どなたか、こんな経験をお持ちの方、またはプロの方のご意見をお待ちしています。

  • 黒松の剪定方法

    今よく見かける黒松の選定でお聞きします。 このカテゴリ閲覧で見た、ミドリ芽を伸ばし7月下旬ぐらいにばっさり切ってしまう旨の内容が ありました。短葉法です。 質問: 私の住んでいる所は香川県です。切る時期が地方によって異なるとは思うのですが。 今年の新芽をまだ伸ばしている状態の松は短葉法の準備中で8月に切るのかどうか。 あるいは、こういう育て方の場合は、秋に小さい芽を残す剪定になるのでしょうか。 うまく説明ができませんがよろしくお願いします。

  • 庭の剪定について教えて下さい。

    よろしくお願いします。 我が家の庭には大きな松やマキなど石、灯篭など日本庭園と なっています。 昨年21年度の秋の葉刈りが機会をなくし 毎年の行事が抜けてしまいました。 山茶花はきれいに咲き、椿も大きなつぼみをもってきています もちの木なども大きな木がたくさんありますが この春までに植木屋さんに剪定に入ってもらっても 大丈夫でしょうか。暖かくなっていくときに 剪定をすると枯れるようなことを聞きました。 もう庭を造ってから20年ほどになります。 どなたか今頃から選定をしてもらう為に植木屋さんに 入ってもらってもいいかどうか教えていただけないでしょうか どうかよろしくお願いいたします。