• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国際貿易_リカードモデルの練習問題について

現在、ドイツの大学で経済をしています。 問題文は一応、画像添付しました。 以下の設問がわからず、困っています。 Countries A and B consume food F and manufactures M. Each country derives utility from consumption according to the same utility function𝑈=𝑀0.2𝐹 0.8. The only production factor to produce the goods is labor. The endowments of labor are 𝐿𝐴=18 in country A and 𝐿𝐵=120 in country B. The unit labor requirement to produce one unit of M is 𝑎LM=1in country A and 𝑏LM=2in country B. The unit labor requirement to produce one unit of F is 𝑎LF=2 in country A and 𝑏LF =3in country B. Normalize the price of good F to 1 and denote the price of good M by Pm . a) Set up the Lagrange function to determine the consumption quantities for each country, assuming that the free trade price of good M lies between the autarky prices. b) Calculate country A's consumption quantities as a function of Pm . a)のラグランジュを設定する問題ですが、私は以下のように予算制約式を設定しました。 A国の予算制約式:M+2F=18 B国の予算制約式:2M+3F=120 しかし解答では、A国:PmMa + Fa = 18 Pm、B国:PmMb + Fb = 40 ラグランジュ関数は、 A国:Ma0.2 Fa0.8+λa[18Pm-PmMa-Fa] B国:Ma0.2 Fa0.8+λa[40-PmMb-Fb] なぜこのようになるのでしょうか? どこからPmがでてきて、何を意味するのでしょうか? なぜB国はA国のように40にPmがつかないのでしょうか? もしもわかる方がいましたら、教えてください。 お願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数105
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>A国:PmMa + Fa = 18 Pm PmMa + Fa はA国のMとFの消費量、18PmはA国の所得 B国:PmMb + Fb = 40 PmMb + FbはB国のMとFの消費量、40はB国の所得 ・・この解釈で良いのでしょうか? 消費量???A国のMの消費量はMa、Fの消費量Faです。PmMa+FaはA国ののMとFへの支出金額です。MaとFaに価格PmとPf=1が乗じられているでしょう。ただしここでは、Pf=1とFの価格がnormalizeされているので、PmMa+FaはFで測ったA国民の支出額、右辺の所得18PmもFで測ったA国民の所得を表している。 B国民についての制約も同様。 あなたはミクロ経済学の消費者選択の問題を勉強したとき、2財XとYの消費選択の問題で、効用関数U=u(X,Y)を予算制約PxX + PyY= Iのもとで最大化するという問題に出会ったでしょう。予算制約の左辺はXとYへの支出額、右辺は所得です。ここでも同じです。ただ、予算制約は両辺をPyで割って、(Px/Py)X + Y = (I/Py)としてもよい。あなたの質問の問題でも、これと同じで、Y財(質問問題のF財)の価格が1にnormalizeされているので、X財の価格Px/Py(つまり質問問題のPm)はY財で測った価格(F財で測った価格)となっているし、所得I/Py(つまり、18pm)はY財で測った所得(つまり、F財で測った所得)となっている。 >わたしのなかで、生産に特化するということはA国が貿易によってMaの生産に特化するのであればあー!Faを生産するのに必要だった労働力を、Maに投入することでもっと効率よく生産できると考えました。それでA国の生産力はMa=1、Fa=2とあったので、3PmMa + Fa = 18 Pmという式かな・・?と考えました。でも、A国はMaを労働力1単位で生産できるので式として3PmMa + Fa = 18 Pmは変ですね・・ Mの生産に(完全)特化するとは資源を全部Mの生産にしようとすることです。どうして生産のことが消費をあらわす制約式の右辺に出てくるのか?消費(支出面)あらわす予算制約の右辺は生産面でMに特化しようが、Fに特化しようが関係ない。Fに特化するB国でも予算制約式の右辺はA国のそれとまったく同じではないか!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧なご回答をありがとうございました!

関連するQ&A

  • 国際貿易と環境汚染について

    いつもお世話になっております。もうすぐにテストがあり、続けてあげさせていただきます。外国と貿易を行うことによって生じる環境汚染についての問題が出されました。 Suppose an economy produces two goods, x, and y, and has a production possibilities frontier 𝑦𝑃=10-0.5𝑥𝑃^2. The relative world market price of good x is 𝑝𝑊=2. Pollution is created by consumption good x. The emission intensity is a function of income e(Y)=5-0.1Y. Consumers choose consumption by maximizing the utility function U=𝑥𝐶^0.5𝑦𝐶^0.5. Pollution is then z=e(Y)𝑥𝐶. 1) Analytically determine the pollution level in the economy. まず生産点を求めるためにラグランジュを使い、𝐿 = 2𝑥𝑃+𝑦𝑃+λ𝑃[10-𝑦𝑃-0.5𝑥𝑃^2]をつくります。 10-𝑦𝑃-0.5𝑥𝑃^2は生産関数、2𝑥𝑃は国内価格?なのでしょうか?この式が表していることがわからなくて2𝑥𝑃、𝑦𝑃は一体何なのでしょうか? the pollution levelを求めるために何をすればよいのでしょうか?

  • 国際貿易の関税に関する問題

    もうすぐ国際貿易の期末試験があります。どうしてもわからないところがいくつかり、そのうちの一つを質問させていただきたいと思います。 Consider a country with domestic demand function P=100-2Q for widgets. The domestic producers of widgets have an aggregate supply curve P=10+2Q. Foreign producers of widgets have an aggregate supply curve of P=10+Q. 1.Now suppose widgets can be imported, but are subject to a specific tariff of t per quantity unit. Find the total supply function from foreign and domestic sources for prices that exceed 10+t. まず問題文にもあるように、domestic supplyはP=10+2Q。 foreign supplyはP=10+Q+tで良いのでしょうか? prices that exceed 10+tと、輸入をする仮定になっているので、foreign supplyはP=10+Q+tとなるのでしょうか?

  • 国際貿易の授業の大国の関税政策について

    いつもお世話になっております。 国際貿易の授業で、大国の関税政策についての問題が出たのですがさっぱりわからないです。 The following graph shows an importing country's supply-demand diagram for a product and an export-import diagram. The curves with superscript z are the curves when a tariff is levied. The country has two suppliers. In the beginning, it imposes a tariff on both suppliers, the corresponding variables are marked with a z. Then it discriminates against one of the suppliers, meaning that it lifts the tariff on imports of the other supplier because it has signed an FTA with this country. The variables of the supplier with which the country signs a free trade agreement are marked with a hat, the variables of the supplier against which the country discriminates are marked with a tilde. The bar values are values related to total exports. diagramは添付しました。 1) Where do you see the tariff revenue in the supply-demand diagram and in the export-import diagram before the FTA is signed? Briefly explain. 2) Where do you see the tariff revenue in the supply-demand diagram and in the export-import diagram after the FTA is signed? なぜ1)はFTAを締結する前の、関税収入がc+e+f=i+k+l+mになるのでしょうか? FTAを締結する前の価格は、Pzのため関税収入はDz-Szでthe supply-demand diagramでは、c+e+fになるのはわかるのですが、どうしてthe export-import diagramでは、i+k+l+mになるのでしょうか?world marketのほうの関税収入の求め方が全く分からないです。 また2)については、FTA締結後の関税収入はe+g=k+nです。なんで、ちょっと中途半端?な値になるのかがわからないです。まず左のdiagramの、価格は大国なのでPzからPdzに下がるところまではいいのですが供給量の関係がよくわからないです。world marketもさっぱりです。。。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

回答2が理解できたら、つぎに各国のMとFの消費(需要)がどのように決定されるか見てみましょう。 A国民の消費選択問題は max Ua= Ma^0.2Fa^0.8 s.t. PmMa + Fa = 18Pm となり、B国民の消費選択問題は max Ub =Mb^0.2Fb^0.8 s.t. PmMb + Fb = 40 となる。各制約式の左辺は各国民のMとFへの支出であり、右辺は各国民の所得だ(回答1と2で説明しました)。あとはそれぞれをLagrange関数用いて表せばよいだけ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

A国:PmMa + Fa = 18 Pm PmMa + Fa はA国のMとFの消費量、18PmはA国の所得 B国:PmMb + Fb = 40 PmMb + FbはB国のMとFの消費量、40はB国の所得 ・・この解釈で良いのでしょうか? わたしのなかで、生産に特化するということは A国が貿易によってMaの生産に特化するのであれば あー!Faを生産するのに必要だった労働力を、Maに投入することでもっと効率よく生産できると考えました。 それでA国の生産力はMa=1、Fa=2とあったので、3PmMa + Fa = 18 Pmという式かな・・?と考えました。 でも、A国はMaを労働力1単位で生産できるので式として3PmMa + Fa = 18 Pmは変ですね・・

  • 回答No.2

>A国がMに特化するのであれば、なぜ3PmMa + Fa = 18Pmにはならないのでしょうか? >同様にB国も、PmMb + 5Fb = 40 にはならないのでしょうか? あなたの2つの式の意味が理解できません。 まず、A国がMに「特化する」(specialize)とは、すべての資源(この場合労働資源LA=18)をMの生産のためにに使用するということです。そのとき、生産されるMはいくらになるか?Mを1単位生産するために1単位の労働が必要となる(aLM=1)から、LA=18すべてをMの生産のために投入すると、A/aLM=18/1=18単位のMがA国で生産されることになる。よって、A国は18単位のMを価格PMで販売するのでPM×18=18PMの所得を得る。A国ではFの生産はしない。Fの生産をするのは、Fの生産に特化したB国です。B国では労働資源LB=120単位すべてをFの生産のために使用するので、LB/bLF=120/3=40単位のFが生産される。B国はMの生産はしない!よって、B国の所得はPF×40=1×40=40となる。A国とB国はそうして生産したMとFをそれぞれ価格PMとPF(=1)で交換する。 まだわからないところがあるでしょうか?もしかして、「特化」ということが理解できていないのでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

あなたは、表題にリカードモデルと書きながら、その事実を用いるのを忘れているのです。この経済の技術(労働投入係数)の設定のもとでは、A国はMに(生産を)特化し、それを輸出し、B国はFに特化し、輸出することになる(なぜ?) したがって、 A国国民の所得=Pm(LA/aLM)=Pm(18/1)=18Pm B国国民の所得=PF(LB/bLF) = PF(120/3)=1×40=40 となる。あとはわかりますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Mの機会費用を求めるとA国が1/2、B国が2/3。 ⇒そのためA国がMにB、国がFに特化することは理解できました! A国はMが1、Fが2生産できると問題文にありますが A国がMに特化するのであれば、なぜ3PmMa + Fa = 18Pmにはならないのでしょうか? Mに特化するのであれば、Fを生産するために必要であった2単位をMに移す・・・ということはしなくてよいのでしょうか? 同様にB国も、PmMb + 5Fb = 40 にはならないのでしょうか? すみません、混乱しています・・・。

関連するQ&A

  • 国際貿易について

    アジアにおける地域経済統合とそれにおける日本の役割が解りません、 どなたか教えて頂けないでしょうか?自分なりに探してはみたのですが・・ よろしくお願いします。

  • 国際貿易について

    今度大学の課題でディベートをやることになって現在資料集め中です。 ですがまだ入学前なので学科が国際経済と言えどまだ何も知らない阿呆なので苦戦しています。 国際貿易そのものや意義はわかるのですが,どういったプロセスでまとめていけばいいのかわかりません。 自分の中では (1)国際貿易の近現代における役割を調べる (2)現在の貧困国に注目しなにが問題なのか,なぜ貧困なのかを考える (3)貧困の目立つ国に注目し国際貿易がどういった影響を与えうるか考える(プラスかマイナスか) おおざっぱに言うとこういう構想なのですが皆さんがもし国際貿易を討論するとしたら どういった手順で論旨を展開するか,国際貿易のメリット・デメリットはそれぞれなにか どうお考えでしょうか?あくまで参考とさせていただきますが多様な意見がとにかくほしいです! よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 国際貿易

    国際貿易や海外直接投資のパターンが決定するメカニズムを教えてください?

  • 国際貿易論・・・

    日本の賃金が高くなったとしても、日本の国際競争力が低下して、何も輸出できなくなる・・・なんてことは起こらないですが、それは何故ですか?ご教授ねがいたいです。

  • よろしくお願いします

    I was married for ten years to a good person who tried very hard to be a good husband. He was loyal, honest, dependable, and funny. I loved him in large part because I felt like he was the kind of guy I should marry. And I bent over backward to be the good wife. I made elaborate dinners and sewed curtains and kept track of appointments. And I followed his career at the expense of my own in a tough cross-country move. ここでのkept track of appointmentsとは何のことをいっているのでしょうか?in a tough cross-country moveの意味もお願いします。よろしくお願いします

  • to:誰の貿易利潤?

    A non-member country's volume of exports and export profit to a customs union of size K is a devreasing function of K. これは「非メンバー国の、大きさKの関税同盟への貿易量と貿易利潤は、Kの減少関数である」と和訳出来ると思うのですが、文法が分かりません。 それは、"export profit"と"to a customs union"の関係です。"volume of exports"と"to a customs union"は「関税同盟への貿易量」というかたちで理解できるのですが、"export profit"と"to a customs union"は「関税同盟の貿易利潤」となってしまうような気がします。 これと同根の問題(to)だと思うのですが、 An outside country's exports profits to the members of the merging unions fall from 1 to 0.8. という文が訳せません。 どなたか、よろしくお願いします。

  • このポアソン分布の練習問題が解けません。

    [Q]Messages arrive at a telegraph office according to a Poisson process with rate λ=3 per hour. What is the probability that no message arrives between times 8:00 and 10:00 in the morning? (1) What is the expected value of the number of messages that arrive between 8:00 and 10:00 in the morning? (2) What is the probability density function of the arrival time of the third message after 2 pm? 「[問]メッセージが一時間当たりλ=3のPoisson分布に従って交換局に届く。 午前8:00から午前10:00までにメッセージが届かない確率は幾らか? (1) 午前8:00から午前10:00までに届くメッセージ数の期待値は幾らか? (2) 午後2時以降に3番目のメッセージが届く確率密度関数は何か?」 という問題に難儀してます。 『[例題] B先生の携帯には1日平均2件のメールが入ってくる。この1日に入ってくるメールの件数を確率変数Xとし,これが平均μ=2のポアソン分布P_o(2)に従うものとする。 (i) P_o(2)の確率関数P_p(x)を示せ。(ii) 1日に入ってくるメールが3件以上となる確率を求めよ [(i)の解] ポアソン分布P_o(μ)の確率関数P_p(x)はP_p(x)=e^-μ・μ^x/x!より μ=2のポアソン分布P_o(2)の確率変数P_p(x)はP_p(x)=e^-2・2^x/x! [(ii)の解] 1日のメール件数Xが3以上となる確率P(X≧3)は,全確率1から余事象の確率P(X≧2)を引いて求める。 P(X≧2)はX=0,1,2となる時の確率の総和より, 求める確率P(X≧3)は P(X≧3)=1-P(X≧2)=1-(P_p(0)+P_p(1)+P_p(2))=1-(e^-2・2^0/0!+e^-2・2^1/1!+e^-2・2^2/2!) =1-e^-2(1+2+2)=1-5/e^2』 を参考にしてみました。"一時間当たりλ=3"が"1日平均2件"に相当すると考えまして ポアソン分布P_o(μ)の確率関数P_p(x)はP_p(x)=e^-λ・λ^x/x!より λ=3のポアソン分布P_o(3)の確率変数P_p(x)はP_p(x)=e^-3・3^x/x! …(1) 1時間に何回かのメッセージが届く確率は1 1時間に0回のメッセージが届く確率は(1)からP(X≦0)=P_p(0)=e^-3・3^0/0!=1/e^3 だから午前8:00から午前10:00までにメッセージが届かない確率は P(X≦0)・P(X≦0)=1/e^3・1/e^3=1/e^6 …(2) 午前0時から午前8時までに何回かのメッセージが届く確率は1・1・1・1・1・1・1・1 …(3) よって(2)と(3)から1・1・1・1・1・1・1・1・1/e^3・1/e^3=1/e^6 [(1)の解] 午前8:00から午前10:00までにメッセージが0回の確率は1/e^3・1/e^3 午前8:00から午前10:00までにメッセージが1回の確率は3/e^3・3/e^3 午前8:00から午前10:00までにメッセージが2回の確率は9/e^3・9/e^3 … なので 0(1/e^3・1/e^3)+1(3/e^3・3/e^3)+2(9/e^3・9/e^3)+… =Σ[n=0..∞]n・3^n/n!・1/e^3=1/e^3Σ[n=0..∞]3^n/(n-1)! [(2)の解] 午前0時から午後1時までに1件/hずつ計2件のメッセージが届く確率は(13C1)・3/e^3・×(13C1)・3/e^3 午前0時から午後1時までに2件/hのメッセージが届く確率は(13C1)・9/e^3 そして午後2時に3件目のメッセージが届く確率は3/e^3 以上の事から (13C1)・3/e^3・×(13C1)・3/e^3+(13C1)・9/e^3+3/e^3 ここから確率密度関数はどのようにして求めれるのでしょうか?

  • 問題の解説お願いします(英文)

    答えを見てもどうもすっきりしない問題があるので、解説していただけると嬉しいです。 問題は: オリジナル(英文) The table shows the numbers of goods X and Y which two countries produce. Each country uses half of its resources to make each good.(表は下に同じ) Later, each country specialises in the product in which it has a comparative advantage. Which rate of exchange would be suitable so each country gains from trade? (和訳) 下の表は2つの国がそれぞれ生産している商品XとYの数量をあらわしています。それぞれの国は、2つの商品に半分ずつ資源を使います。      Country 1    Country 2 good X    100      300 good Y    200      400   後にそれぞれの国はお互いに比較優位?(comparative advantage) にある商品に特化?(specialise)することにしました。このとき次のうちのどのレートで取引すると両国にとってよい結果が得られますか? 選択肢が; A 1X=1Y B 1X=1.5Y C 1X=2Y D 1X=3Y 答えは Bです。 Specialiseするときの資源の分配の割合などが提示されていないので、完全に特化するのかなと仮定すると、Contry1がgoodYに特化して、Yを400作り、Contry2がgoodXを600作るとするとYがトレード前よりも少なく生産されるようになってしまうと思うのですが。 また、このような場合に両国にとって利益があるようにするexchange rateは、"mid-point of the opportunity cost ratios"にすればよいと参考書に書いてあるのですが、それは1X=1.5Yになるのでしょうか? オリジナルが英文の問題なので、分かりづらい訳かとは思いますが、解説お願いいたします。

  • 国際貿易ルール

    環境税を導入したら製造業の国際競争力が低下します。そしてその対応策として『国境税調整』という製品を輸出する水際で税を払い戻す方法があります。しかし国際貿易ルールとの整合性の問題がありこの対応策は実現が難しいといわれます。この国際貿易ルールとの整合性とは一体なんのことをいってるんでしょうか?意味がつかめません。詳しく教えていただきたいです。

  • 国際貿易におけるD/P決済

    国際貿易におけるD/P決済 お世話になります。いつもここで色んな方々の知識によって助けられております。 今回は国際貿易におけるD/P決済に関して質問したく投稿させて頂きました。 私が勤めております会社は海外との取引がありまして、そのほとんどをT/Tの前払いが90パーセント 8パーセントほどがL/C決済 そして稀にD/P決済があります。 そのD/P決済ですが、当社ではそのD/P決済を行っている企業が 信頼と取引歴史のある企業であることから、お客様が貨物を引き取ってから2週間以内の支払いに なっております。お客様が貨物を引き取ってから、当社が国内銀行に必要書類を提出し、国内銀行が お客様国銀行に連絡、そしてお客様銀行がお客様から支払いを受けて決済されます。 ただ、それではD/P決済の本来の意味が薄れるといいますか お客様が商品代金を支払ってはじめて貨物を受け取れるようにするのが D/P決済の醍醐味かと思うのですが、お客様が銀行に支払ってから貨物を受け取るには どのようにすればいいでしょうか よろしくお願い致します。