• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

自転車のサドルの高低と、股ズレについてご助言を

  • 質問No.9727975
  • 閲覧数113
  • ありがとう数7
  • 回答数9

お礼率 16% (257/1582)

クロスバイクを購入し、通勤に利用しています。

快適な自転車ライフを楽しんでいたのですが、知人より
「自転車は、スーツのズボンに穴が空くよ」と言われて心配しています。

そこで
「サドルの高さを調整すると、マシになる」と聞き調べています。

ところが、

高めのほうが股が擦れずズボンが痛まない、
低めのほうが股が擦れずズボンが痛まない、

と正反対の意見があり、よくわかりません。

サドル高低とズボンの股下のダメージについて、ご助言いただけると幸いです。


ps
なお、現在は最も低くしています。

また、スピードなどには興味がなく、ゆっくり走る目的と通勤です。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.9
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 43% (2850/6600)

他カテゴリのカテゴリマスター
私自身が仲間内の中でズボンに穴を開けたと聞いた事がないですし スーツで乗るような仲間も居なかったので

もしかしたら 当然の事や恥ずかしい事として言われなかっただけかも知れませんが

私自身は腰を使わない漕ぎ方と言われた事があります 脚力だけで漕いでいる という点がお尻とサドルの摩擦を少なくしている点かな? 巡航用
踏む力が必要なダンシングはサドルから腰を浮かせています ヒルクライム用
https://lovecyclist.me/3ways-of-pedaling/

摩擦を減らすサドルの使い方 それはそれでお尻の痛みが出やすい乗り方でもあるかも知れません
クッションのある椅子でも長い間同じ姿勢だとお尻が痛くなりますから
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

ありがとうございます!

実に参考になります。

腰を使わない漕ぎ ですね。研究してみます!

お付き合いいただきありがとうございました
投稿日時:2020/03/29 09:15

その他の回答 (全8件)

  • 回答No.8

ベストアンサー率 43% (2850/6600)

他カテゴリのカテゴリマスター
見落とした 前の回答と一緒に書けば良かった

路面が濡れていない時の通勤(往復15km)で市販の作業ズボンを1年半ほどですが お尻の生地が傷んでる様子は無いです
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

なんと、ご丁寧にありがとうございます。感謝しかないです!!!

しかも現在のズボンの様子まで!

ぜんぜん痛んでないですね!

希望が湧きました!



ぜひ、お聞きしたいのですが、

「お尻が破れてしまう人は、なぜ破れるのだと思いますか?」

また

「普通は、破れるだろうとされる条件で、ズボンにダメージを与えないコツなどはありますか?」


ご回答いただけると非常に嬉しいです。
投稿日時:2020/03/28 20:35
  • 回答No.7

ベストアンサー率 43% (2850/6600)

他カテゴリのカテゴリマスター
大昔なので記憶は定かではないですが 今ほど豊富な種類も無く硬めだったように記憶しています

表面はレザー張りだったように記憶しています

今はメリダ製クロスバイクですが
https://mitilu2525dorutie.blog.fc2.com/blog-entry-3489.html

ノーマルサドルはお尻が痛いので ゲル入りに交換しています
https://ec.cb-asahi.co.jp/catalog/products/7F55323DE1F64D7492375C214B98BD5C

比較的滑りやすい素材です
  • 回答No.6

ベストアンサー率 43% (2850/6600)

他カテゴリのカテゴリマスター
大昔ですが ロードバイクです ドロップハンドル仕様

サドルの高さは漕ぐ高さで調整しますので ノーマルセッティング?です
https://pedalista.net/maintenance/2530

サドルにお尻を乗せたままでは地面に足が届かない 止まる時はフレームを跨ぐようにサドルの前に降りる

今はクロスバイクで スーツを着る事はないですが サドルセッティングは同じです
補足コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

追加の質問で、恐縮です。

今、現在、自転車にのっていてズボンは破れやすいですか?
投稿日時:2020/03/28 15:01
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

ありがとうございます。

なるほど、その条件で学ランが破れなかったということは、不思議です。


そこでもう一つ、質問です。

その当時の サドル は 

硬めでしたか?

それとも、柔らか目でしたか?

サドルの素材 なども 回答いただけると幸いです。

お手数をおかけしますが、どうかご回答を!
投稿日時:2020/03/28 15:00
  • 回答No.5

ベストアンサー率 43% (2850/6600)

他カテゴリのカテゴリマスター
生地しだい? 高校時代に学ランで自転車通学でしたが お尻がテカテカになっても穴が開くほど擦り切れるような事は無かったです

高過ぎても腰が左右に揺れるようであれば擦れの原因になりますし 内股で漕ぐと内腿が擦れる

サドルの材質でも関係するもの 硬い=滑りやすい 柔らかい=粘着性が高い という傾向はあるかも知れません

同じ通学者の中に前掛けを後向きに付けて 生地を挟んで座る という奴もいました
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

貴重なご意見感謝です!

質問です。回答いただける幸いです。

高校生時代に乗っていた自転車は、どのようなタイプでしたか?

ママチャリですか? それともMTB?、またはクロスバイクでしたか?

それから、そのときの、サドルの高さを教えてください。


お手数ですが、参考にさせて頂きたいので、回答をお待ちしております
投稿日時:2020/03/28 12:02
  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (4166/12481)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
そうなんですよね。だから黒いビニール袋があれば目立ちません。スーパーじゃなくて本屋とか。
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

いや、それもかなりダサそうです…

専用のサドルカバーもあるようですね…これもダサいのですが…

私のサドルは、前が細くて、合皮ですがツルツルして、縫い目が無いタイプなので、もともと摩擦は少ないほうかとは思いますが…、ちょっと様子みてみますね、ありがとうございます。
投稿日時:2020/03/27 13:32
  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (1966/13296)

サドルとの相性は人それぞれなので、経験談などは当てになりません。試行錯誤しながら自分に合うものを探していくしかないのが現実です。高ければ高いほどいいというものでもなく、自分に合ったものであれば安いものでもそれがあなたと相性がいいということです。
高さをやたら下げるというのは考え物で、初心者であれば跨いだ時に片足がぺたんとついて、もう片方の足は爪先がつくくらいがいいでしょう。慣れたら少しずつ上げていって、最終的には両端の指先がつくくらいが理想的です。信号などで止まるときには(普通は左側に)傾けて斜めにするので、特に問題は無いはずです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (4166/12481)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
見た目を気にしないのであれば レジ袋をかぶせるだけで摩擦が減るので長持ちします。雨が降った日にも
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

なるほど、でもちょっとダサそうです。
投稿日時:2020/03/27 12:47
  • 回答No.1

ベストアンサー率 27% (106/383)

通勤にのんびり利用している程度なら、気にしなくていいのではないでしょうか。高くしても低くしても、漕ぎ方にもよるでしょうし、大差ないと思いますよ。
スポーツタイプならサドルは細身で内またの擦れが少なくなってはいます。
普通よりはズボンの痛みが早そうですが、それは、何より、良く動かすからでしょう。

サドルは長距離乗ると明らかに差が現れます。(数十キロとか数百キロ以上の話です)でも、それは衣服でなく、お尻などの痛みとなってです。
これは人の体形も関わってきますので、簡単な解決策はありません。
足の太さなど筋肉の付き方、漕ぎ方でも変わるということです。
1~3万円くらいのサドルをいくつも試す方はいますが、こちらのお悩みではそこまですることでもなさそうに思われます。

ちなみに普通は、一番漕ぎやすい位置(力が発揮しやすい位置)に高さは固定しています。

自転車によく乗る人用に内股に補強のあるスーツとかを販売しているところはありますよ。サイトでいうと Tokyo Wheelsとかですね。
お礼コメント
queeeeen

お礼率 16% (257/1582)

ありがとうございます。

いま、実害があるわけではないので、とりあえず様子見てみます。
投稿日時:2020/03/27 11:26
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ