• 受付
  • 暇なときにでも

赤ちゃんの絵

  • 質問No.9727931
  • 閲覧数51
  • ありがとう数2
  • 回答数4

お礼率 19% (687/3612)

西洋画を見て気が付いたのですが、ヌードは圧倒的に裸婦画が多いのに対し、赤ちゃんの絵はほぼ100パーセント「おちんちん」がある、つまり男児なのはなぜなのでしょうか。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (4148/12421)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
女性と女児という言葉を比べると 年齢に違いがあるのがわかります。

神と人が違うところは 神は生まれたときから 男性 女性の神であり 男児 女児として生まれて 成長していくのではないというところです。
ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」
  • 回答No.3

ベストアンサー率 33% (4148/12421)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
ヌードが描かれたのは時代によって違ってきます。大雑把に分けると 古典 近代 現代です。近代は女性の裸体はタブーでした。古典ではエロではないものとして神様を描くのです。神様だから裸体でもエロではないのです。そして神様の中に女児はいないのです。
お礼コメント
tzd78886

お礼率 19% (687/3612)

アフロディーテや、ガイア、アテナは女性の神だと思いますけど。
投稿日時:2020/03/27 13:54
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (6197/20567)

他カテゴリのカテゴリマスター
西洋画で赤ちゃんが描かれるパターンは二つです。

ひとつは、幼少期のイエス・キリストを描いている場合「聖母子像」とかになっているやつがそれですね。イエス様だからおちんちんがあります。

もうひとつが日本ではキューピットの名前で知られる愛くるしい姿の神様エロスを描いている場合です。
エロスの姿は、古代ギリシャでは少年や青年の姿で描かれることもありました。今「少年」「青年」と書いたように、エロスは男の神様です。お約束として「羽根が生えている」「弓矢を持っている」「まだ成熟していない男の子である」というのがあります。
ルネサンス期の絵画では、だいたい赤子の姿で描かれるのがお約束ですね。男の神様だから、おちんちんがあるのです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (813/2348)

西洋の古い絵画は、宗教画としての役割も持っていたと聞きます。
男の子単体の絵があるのかどうか私は知りませんが、おそらく、一緒に聖母マリアとなる女性が描かれていると思います。
聖母マリアの子どもは、イエス・キリスト。だから男の子なんだと思いますよ。

詳しく知りたいなら「西洋画 約束事」で検索してみると、いろいろと解説してくれるサイトが見つかると思います。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ