• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

『芸術』なら破廉恥でも許される?

よく、電車の吊り広告で、週刊誌にヌード写真が載っていることが書いてありますが、その広告にはヌード写真は絶対に載せられませんよね。法規制なのか自主規制なのかはしりませんが。。。 新聞広告でも、掲載はありましたが、乳首が露出しないような配慮がありましたね。 ところが、おなじ吊り広告でも、美術館の広告では裸婦画が堂々と載せられています。どこも隠そうともせず、本当に堂々としています。 私には、この違いがどうしても理解できません。 どなたか、納得できるように説明していただけませんでしょうか。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数279
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.9
  • alchera
  • ベストアンサー率45% (209/457)

#8です。 数ある質問の中には、タイトルと本文で微妙に違うことを書かれている場合があるので(わたしもやります)「タイトルのみに回答するようなおっちょこちょいはやめよう」と常々自戒しているつもりだったのですが、先の回答はタイトルにしか答えていませんね。失礼しました。 もちろん突き詰めていけばご質問は「芸術とは?」ということになると思いますが、とりあえずは 「車内吊りなどで裸体画は許されているのに、ヌード写真はなぜないのか?」 が具体的な問いですね。ではそちらに(なるべく)直球で…… 一番簡単な答えは「生々しすぎるから」だと思います。 写真は絵画よりもはるかに直接的で、ダイレクトに「テーマ(この場合裸体)」を表します。そこに芸術性があるかないかを問題にしないほど「直接的」です。そして、車内吊りを見るのにかける時間はほんの数秒。数秒というわずかな時間では、裸は単に裸という記号の役割しか果たせないのではないでしょうか。 そのヌード写真が芸術か否かというのは、その直接性をひとまず消化したあとに来るもので、そこまで行くには、受け手の「咀嚼力」が大なり小なり必要とされるように思います。それは車内吊りで一般的に必要とされる「一瞬の伝達」「万人向け」とはそぐわないものではないかと思うのです。 「芸術であるかないか」というのは、この場合決め手ではないように感じます。 うーん、直球になっていないかもしれない……。 >裸婦画が芸術なら、ヌード写真も芸術と言えるのではないか そうです。(基本大前提でそうなっていると思います。) 美術展のポスターくらいでいいのであれば、多分今でもヌード写真はないわけじゃないと思うんだけどなー。車内吊りには車内吊りの性質上、登場しにくいと思いますが、ヌード専門の写真家の写真展のポスターなんかだと、他に何を使えっちゅうねん、という話になりますしねー。 ……数百年も待たなくても、篠山紀信、荒木経惟、他にも色々……はもうとっくに(どこかでは)芸術という名がついていると思いますが? ただ、自分がそれを芸術だと思うかはまた別の話です。 芸術は「これは芸術だ」と思う人が一人でもいれば(ある意味では)すでに芸術なのです。 以前「芸術の定義って?」というような質問に回答したことがあるのですが、わたしはそこで「千差万別、人それぞれです!」と回答したことがあります。……ほんとに、そうとしか言えないと思うんですよ。 だから「自分の思う芸術とは」ということは言えますが、皆で芸術の定義を共有するというのは無理だと思いますねー。 なので、 >経年にともなって付加される価値なのではないか と質問者さまが思うことも尊重されるべきものです。……わたしの意見とはかなり違いますが(^_^;)。(すまぬ……)まあわたしの「芸術」の範囲はこれまたかなり狭いので、自分を基準にはできませんけれども。 ところで、(余所の人の領分にまで出張して差し出口を申し上げますが) >芸術といわれている裸婦画を描いた画家は本当に『男の性的欲望』を意識せずに描いたのでしょうか? これは、意識しても(わたしは)問題ないと思います。 芸術作品には官能性が含まれ得ると思うからです。必要条件ではないと思いますが。 ただ、 >本当は『裸の女を描けば民衆を惹き付けやすい』などの考えがあったのではないでしょうか? これ「だけ」が動機で作った作品なら(わたしは)芸術作品ではないと思いますね。 でもそもそも「だけ」ってあり得るのか、疑問ですけれどね。何かを生み出す立場の人間は、自分が作る作品に自分を反映させようとするものでしょうし、その自分が「裸の女を描けば民衆を惹き付けられるだろう!」という考えで埋め尽くされているという状況も……考えにくいし……。人間は雑多な思考をしながら生きています。 とまあ、色々書きましたが、的を外した回答だったらご容赦を。わたしは既に自分のために書いています(^o^)。 では失礼します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度ありがとうございます。 、、、私の感じていたもやもやのすべてに対する解答ですね。文句なしに納得です。 もちろん、納得しただけであって、絵心が芽生えたりはしませんが^-^; 長々とありがとうございました。

関連するQ&A

  • 玉山鉄二が出自を明らかにしたって…何ですか?

    週刊誌の新聞広告で見出しが気になりました。 「玉山鉄二が出自を明らかにした」と書いてあったのですが 内容はどんなものだったのでしょうか? 週刊誌の見出しなので、少々大げさに書いてあったとは思うのですが 気になります。 何かご存知の方、教えてください。

  • ジェンダーフリーで高校生も男女同室で着替えって嘘でしょ?

    男性向け週刊誌の新聞広告に「ジェンダーフリーで高校生も男女同室で着替え」という見出しがあったのですが、いくらなんでもこれは暴言ですよね。それとも何か根拠があるんでしょうか?

  • 春画掲載の週刊誌4誌に警視庁が指導

    春画掲載の週刊誌4誌に警視庁が指導 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151019/k10010275101000.html >このうち、「週刊ポスト」「週刊現代」「週刊大衆」「週刊アサヒ芸能」の4誌は、春画と女性のヌード写真などを同じ号で掲載しています。 >これらを同時に掲載したことがわいせつな画像の掲載を禁じた法律に触れる可能性があるとして、警視庁は、この4誌の編集長らを呼んで、今後掲載する際には配慮するよう、口頭で指導したということです。 >また、同様に春画を掲載した「週刊文春」は、ヌード写真と一緒には載せなかったとして、警視庁の指導の対象にはなりませんでしたが、「編集上の配慮を欠き、読者の信頼を裏切った」などとして、編集長を休養させる対応を取ったということです。 ヌードと一緒に載せたら春画も猥褻で、一緒に載せなければ春画は猥褻ではないという論理が分かりません。 これは法律的な根拠が本当にあるのでしょうか?

その他の回答 (8)

  • 回答No.8
  • alchera
  • ベストアンサー率45% (209/457)

「破廉恥」なものは芸術ではないと思います。つまり、 >『芸術』なら破廉恥でも許される? は否。 ただどれが破廉恥か、というのが問題なわけです。 その基準は人によって違い、明確な区分が出来ません。主観(その状況での独断)と割合(アンケートをとるわけではないので、これも主観に左右される)の問題ですので、当然同じ絵・写真・その他に対して 「これは芸術だ」「いや違う」という論争は無限に起こりうるのです。 その論争に決着をつける、絶対的な根拠はありません。 芸術かそうでないかを言葉でシンプルに言うなら、煽情性が美を超えるか超えないか……うーん、これでは言葉として非常にあやふやですね(^_^;)。ぶっちゃけていえば、「その絵を見て、心の大部分がイヤラシイ気分に占められるかどうか」ということでしょう。 「ちょっとエッチくさいけど、でもきれいだ」というのは芸術の範囲。官能性は美に内包され得ます。 が、「きれいだけどエッチくさいな」と感じたら、そこからは違うもの、……この区分けはちょっと乱暴だろうか。でもまあ私見ではこんな感じになります。 つまりは受け取り手の意識の問題ですね。その作品に何をどのくらい見るか、ということです。 ただ裸=破廉恥、裸「だから」破廉恥、という記号での結びつけは、わたしは違うと思います。この辺りに関しては、以前別な質問で長広舌をふるったことがあるので、とっても暇なお時間がありましたら見てみてください。一応貼らせていただきます。参考になるかどうかは今ひとつですが…… 以前雑誌で、荒木何某という写真家のヌード写真を見て、衝撃を受けたことがありました。 わたしはこの人を「扇情的なヌードを撮る写真家」というイメージで捉えておりますので(詳しくは知らないので是非はともかく)ほとんど興味がないのですが、その写真は美しかった! モデルの人が非常に整った裸体の持ち主で、写真自体もすっきりシンプルに撮ってます。全体が青みがかった白、ポーズもほんのちょっと動きがあるだけ、目付きが多少色っぽすぎるのが気になりましたが、これは美しいと思った。 「(芸術であるにせよ)ヌード写真をわざわざ切り取るなんてどんなもんだろう」と自問しつつ、捨てられないと思い未だに手元にあります。まあこの場合、テガラは写真家の方じゃなくて、カラダの方にこそあるのではないかと思いましたが(^_^;)。あれだけ美しい体だからこそああいう風にシンプルに撮ろうと思ったのでは、と考えているので。 この経験があるので、ヌード写真も芸術になり得ると思っています。 とか何とか長々と書きつつ、違いをわかろうと思うのでしたら、その方法は色々な良い絵を見ていくのが一番近道だと思いますよ。客観的な基準がないに等しいものですから、言葉で説明されても実は全く意味がありません。 ハダカも見慣れれば単に一要素でしかありませんから。それほど裸を特別視せずにすむようになると思います。 ではこんなところで失礼します。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=900382

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 挙げていただいた質問もざっと拝見しましたが、これは質問者の方が少々意見が乱暴のようですね。私はさすがに、自分の理解を越えるからといってそれを否定するつもりはありませんので。。。 裸婦画が芸術なら、ヌード写真も芸術と言えるのではないか。。。それはまさに私も考えていたことでした。違いがわからないとはまさにこの扱いの違いです。 荒木氏のはさすがに、本当に煽情的なので意見がわかれるところだと思いますが、たとえば篠山紀信氏などは過剰な色気のない、掛け値無しの『芸術的な』ヌード写真を撮られますよね。 ところが、篠山氏の写真であっても、広告には載りません。 芸術とは、経年にともなって付加される価値なのではないか、とも思ったことがあります。芸術と言われる裸婦画を描いた人ってみな故人ではないですか?(私がそう思い込んでるだけかもしれませんが) 篠山氏や荒木氏の写真も数百年後には芸術として美術館の広告を飾るのではないでしょうか。。。

  • 回答No.7
noname#161731

美術の時間と専門(イラスト関連)で習った事の受け売りなんですが… 「週刊誌やスポーツ新聞のヌード写真はセクシーで「いかにも男の性的欲望を掻き立てるように写ってるから」」と言う事です。 自分もちょっと納得。 おじさんは電車の中で目を見開いて 見てますからね…^^; いかにも、顔つきとかポーズとか見るからにセクチィじゃないですか? アシスタントに行った先の漫画家の先生も同じような事を言ってました。 バイセクシャル、同性愛の方は分らないですよ。そそられるかどうか…。 絵には「「裸」は体の動きの全てが見えるから、芸術の基本!」との事。 お風呂に入ったときにでも確認していただけると分るのですが、服を着たときと違う「体の曲がり具合、腕や足の伸び方、手がどの位置にあるのか…等」よく分かるかと思われます。 漫画やイラスト、美術画の見方が少しでも変わると思います。 ちなみに余談ですが… 漫画とか見てて 「コイツはちょっと手の書き方おかしい…」とかよくある話です。プロのクセに

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 たしかにそうですね。同じ絵でもエロ漫画は芸術として認められていませんものね。 ああなるほど、といいたいところですけど。。。 じゃあ、芸術といわれている裸婦画を描いた画家は本当に『男の性的欲望』を意識せずに描いたのでしょうか? 本当は『裸の女を描けば民衆を惹き付けやすい』などの考えがあったのではないでしょうか? そう思わずにはいられません。

  • 回答No.6

「わいせつ」と「芸術」の線引きって難しい論題です。 >私には、この違いがどうしても理解できません。 「裸」だからと言って即「卑猥」に結びつけるご質問者様のような方もいれば、ちゃんと週刊誌のヌードと美術の裸体画の「芸術的価値」を分けて考えることの出来る方もいるし。 人によって判断基準がそれぞれ違うので、一概に線引きするのは難しい論題と思われます。 以前広告代理店に勤めており、車内吊り広告も扱っていたのですが、週刊誌の吊り広告のゲラが上がってくるたびに「わいせつすぎるから表現を緩和して欲しい」と出版社にクレームを入れることも度々ありました。 特に、代理店側が猥褻かそうでないかのガイドラインを設けていたわけではないのですが、そういう内容の吊り広告を掲出すると、ご質問者様のような方が「電鉄会社に」クレームを入れてくるわけです。 こちらとしては、クレームは直接出版社に入れて欲しいんですが、一般の方にとっては、電車の中で見たものは電鉄会社の責任だという理解になります。 そうなると、吊り広告を持ち込んで掲出してねと頼んでいるのは代理店側なので、電鉄会社からはあんた達の持ち込んだ広告のせいで我々がクレームを受けた、どーしてくれるんだ、と代理店が電鉄会社から怒られてしまいます。 場合によっては、もうあんた達の広告なんか扱わないよ、とへそを曲げられてしまい、ビジネスに響きます。 とゆーわけで、電車の中吊り広告に関する判断基準となるのは「広告代理店の見解」とゆーわけです。 たいていの場合、過去の事例に基づいて掲出の可否を決めるらしいのですが、正直細かいことになると私も分かりません。 まぁ、一般的に見て「クレームが来るか・来ないか、来るとしてもどの程度来るか」を、過去の実績から見てくれで判断するしかないのです。ただ、現在車内吊りに関しては広告の取り扱いが減っており、そういう意味では審査が甘くなる傾向が強くなっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私は別にクレームをつけるつもりではなく、単に本質的な違いがわからないというだけなんですけど。。。 とはいえ、その見解というのも結構いい加減なもののようですね。たとえば、悪徳商法の会社が出しているいんちきのパチンコ・パチスロ攻略雑誌の吊り広告をよく見かけます。あれも見る人が見ればすぐわかるのに苦情がまったくこないのでしょうか。不思議なものです。

  • 回答No.5
noname#11844

社会常識とか社会規範ってやつでしょうね。 みんなが猥褻だと思うものが、猥褻だと。 「みんな」って誰って問題もありますが(笑) とりあえず、裸婦画が猥褻である、電車の吊り広告から撤去せよという市民運動もないし。 その意味で社会的に認められているからOKって事でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 芸術という大義名分は社会全体に認められる力をもっているということでしょうか。 絵心のない私には良くわかりませんが。。。まあ、皆が良いと思うのなら良いのかもしれませんね。私も良くないと思っているのではなくて単にわからないだけですので。。。

  • 回答No.4
noname#8227

追加ですが パンツが見えたらやばいですが プールで水泳パンツはなんでもありませんよね。 合理的な説明なんてないんです。 なぜって人間も社会も矛盾や非合理に出来て いますから。 それを受け入れるのが大人かな・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.3
  • yasya
  • ベストアンサー率29% (842/2899)

法律的なことは分かりませんが。 雑誌類は「買わせるため」に見せていないんだと思ってました。 だって、広告にしっかり写真載せちゃったら買う必要ないじゃないですか(^^; でも、以前はテレビでも女性の乳首はわりと普通にでていたのに最近は乳首だけ隠していてすごく変に思います。乳房はでているのに・・・。 芸術品に関しては、隠す必要ないんでしょうね。 やはりどんな作品が来ているかによってもその展覧会を見に行くかどうか分れますし、裸体で興味を引く必要もないですから。 しかも、大体絵画的なものは「淫乱」な感じはないですよね。 裸のオバサンが寝そべっているとか(笑)。 まあ、これが正解とは思いませんが、一つの参考として。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど。買わせるためですか。それもあるのかもしれませんね。見たきゃ買ってね~ということですね。袋とじなんてのもありますしね。

  • 回答No.2
noname#8227

違いが分かりませんか? 裸婦画のどこが破廉恥なんでしょう。 週刊誌のヌードはまあ破廉恥といえば 破廉恥でしょう。 まあ、簡単に言えば日本社会では 暗黙に芸術であれば破廉恥とは言わない ということです。 小学校時代から学校でも暗黙に 習ってきたと思いますよ。 社会って、そんなもんですよ。 別に理解できなくてもいいんです。 理解できなくても、現実の社会は そこにそうやって存在してますからね。 もし、不愉快で許せないとすれば 積極的に行動に移されたらいかがですか。 電車を経営している会社にどうにかしてくれって。 そういう声がたくさん出てくれば 目に付かなくなると思いますよ。 それもまた社会でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.1
noname#113260

刑法175条により 「わいせつな文書、図画その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれを所持した者も同様とする。」となっており 猥褻とは 1.性欲を興奮又は刺激させ 2.普通人の正常な性的羞恥心を害し 3.善良な性的道義観念に反すること と定義されます。 だだ猥褻か芸術かは時代により意見が分かれるところで、ヨーロッパでも古代ギリシアではオリンピックでは男性が一物を晒して素肌で競技を行い、未婚の女性はそれを見学する事を許されてましたし、ルネサンス期と共にあるがままの肉体美を晒す事を容認してました。 美術館のギリシア彫刻をご覧になると。 (ミケランジェロのダビデ) http://art.pro.tok2.com/M/Michelangelo/mich03.jpg ところがキリスト教の影響が強まると、そうしたルネサンスの名画に腰布を描く「フンドシ画家」(ダニエレが有名)なる者が現れ、加筆修正されます。 http://artchive.com/artchive/M/michelangelo/lstjudge.jpg.html この「最後の審判」など、35箇所もフンドシを書き加えたとか 現代ではその腰布をまた剥ぎ取り、原作者が意図した人間らしい裸体に戻す事が行なわれております。 このように芸術か猥褻かは議論の分かれるところであり、個々の人間の感情は分かりませんから、権威のある方が「これは芸術だ!!」といえば、当局もそんな物かとなるのではないでしょうか。 個人的には全裸より薄めの布を付けた方が欲情します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど、芸術といわれている分野でもそのような修正があったのですか。 それはとても納得です。 たいへん参考になりました。

関連するQ&A

  • 倫理規定について見ることができるサイトを教えて下さい。

    こんにちは、 早速ですが、雑誌などの広告の倫理規定を知りたいのです。 広告倫理規定(新聞広告倫理規定や雑誌の広告倫理規定など)について見ることが出来るサイトなどありますでしょうか。 新聞、雑誌社や週刊誌などの広告に関する規定を知りたいのですが、ネット以外で何らかの方法(紙媒体等)でも取寄せる方法があれば教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 週刊誌・新聞・等々に広告をのせたい

    週刊誌・新聞・等に広告を載せたいと考えているのですが、いくらくらいかかるものなのでしょうか?(週刊誌にもよるのでしょうが、平均的なところをお教えください) また、どういったところへ問い合わせればよいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 秋天に天皇陛下が来る?

    週刊新潮の新聞広告に、それらしいこと書いてありましたが、確定なんでしょうか? 実際に記事読んでないのでわかりません。 もしそうならうれしいですね。

  • 「朝日新聞を1000円で読む方法」という週刊誌の記事を読みたい

    今年になってから、何月かに 週刊誌の見出し記事で、「朝日新聞を1000円で読む方法」といったような タイトルが付いた週刊誌の広告記事を新聞で、読んだ記憶があります。どんな内容の記事であったのか 読んでみたいと思っていますので、週刊誌名と何月何日号かを、ご存知の方は、教えてください。

  • 週刊誌に掲載のスッチー

    先週の週刊誌に、ANA現役国際線スッチーの顔だし完全ヌード、ということでヌード写真が掲載されていたのですが、掲載の女性が本物のCAであるにしろ、そうでないにしろ、ANA自体の承諾がないとこういうのは掲載できないですよね?しかしこういうヌード写真はANA自体の会社のイメージを大きく変えてしまうのではないかと思いますが、みなさんはどう思いますか?本物のCAのヌードを掲載するということはできるのでしょうか?みなさんはどう思うか教えてください。

  • 週刊誌の論調

    週刊誌について3点ほど教えて下さい。 (1)週刊誌にも右・中・左の論調があるのでしょうか。 (2)各週刊誌の経営母体は、新聞社や大手放送局なのでしょうか。(週刊アサヒ芸能の経営母体は朝日新聞、朝日放送系列だとか) (3)各週刊誌の記事掲載の傾向、特徴など よろしくご教授願います。

  • 高橋尚子と小出監督の別離はニュースバリューがあるのですか

    数日前の新聞で見て、きょうまた週刊誌の広告で見かけたのですが、Qちゃんと小出監督が別々に活動することになったって、ニュースになるほどのことなんでしょうか。 どうしてわざわざ新聞で取り上げたり、週刊誌が悪意をもって追いかけたりするのかなあと、素朴に不思議です。 Qちゃんって、もはや過去の選手ではないのかな? と思う私の感覚はおかしいですか? 背景などご存知の方は教えて下さい。お願いします。 

  • 去年の「新聞広告を広告する大会」の作品について。

    去年、行われた「新聞広告を広告する大会」で、 優秀作品は、実際に新聞に掲載されるのですが、 いつ掲載されたのか、知ってる人がいたら、教えてください。実物大で見たいのです。

  • 伊集院静氏の震災体験記事について

    東日本大震災後に週刊誌(雑誌名は忘れてしまいました)に掲載された伊集院静氏の震災体験記は、今ならどの媒体で読むことができますか? 確か、「震災後2週間」という言葉が雑誌の表紙に書かれていたと思います。震災後2週間の記録なのか、震災後2週間で寄せられた手記なのか、もうそこからうろ覚えなのですが。 週刊誌に掲載された時は、「作家の震災体験記事がもう載るんだ」と思って立ち読みしたものの、手記の内容に違和感を感じて結局その雑誌は買いませんでした。 それから折に触れてはふと思い出すものの、何しろ一度しか読んでないので、色々な所があいまいとしております。あいまいな部分を思い出しては「何か腹立つ」と思って、またイライラするの繰り返しです。 自分の記憶に間違いがあれば訂正したいので、もう一度きちんと読みたいと思っていたところ、少し前に伊集院静氏のエッセイの単行本が出版されました。 ただ、新聞広告の文言を見た限り、収録されていないような雰囲気なのですが、ここ最近は忙しくて確認のために本屋に赴く暇もありません。 どなたかご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 雑誌や新聞の書評で扱っている本をまとめたサイトは?

    週刊誌や新聞の書評で取り扱われている書籍を、まとめて掲載しているようなサイトはありませんか? よろしくお願いします!