• 受付
  • すぐに回答を!

バドミントンのラリーポイント制について

  • 質問No.9727793
  • 閲覧数42
  • ありがとう数0
  • 回答数1

お礼率 94% (293/311)

下記について、御教授頂けないでしょうか

1、バドミントンのラリーポイント制について、サーブ権、点数等の語句を用いて、かみくだいて御説明頂けないでしょうか

2、バドミントンでは、サーブ権=サービス権でしょうか

3、バドミントンでは、自得点が0点か偶数点の際には自陣のコート右側からサーブして、自得点が奇数点の際には、自陣のコート左側からサーブするで正しいでしょうか

4、サーブ権の有無に限らず、自分のスマッシュ(シャトルを打つこと)が決まるか、相手がミスしたときにのみ、自得点になる得点制をラリーポイント制と言うのでしょうか?

5、バドミントンでは、サーブ権が移行するのは、相手がミスした場合だけでしょうか


宜しく御願い致します。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 37% (47/126)

1. ラリーポイント制では、常に、ラリーに勝った方に得点が入ります。
 (昔は、サービス権を持つ方がラリーに勝った場合のみ、得点がはいりました。そのため、試合時間が長く、かつ、対戦相手のレベル差によっては、15分程度~2時間越えと試合時間が大幅に変わるので、TV放送になじみませんでした。)
2. 正式にはサービス権という言い方をしますが、サーブ権も一般に使われています。
3. そのとおりです。
4. 5.  概略では、そのとおりですが、ラリーが終わる原因には、イロイロとあります。(各種フォルトなど)。
 競技規則が日本バドミントン協会のWEBページでご覧になれますので、一度、読んでみてください。(http://www.badminton.or.jp/rule/ )
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ