• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

研削加工の傷等の名称について

  • 質問No.9715724
  • 閲覧数243
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 100% (1/1)

仕事で研削加工をしているのですが、クラック、スクラッチ、スパークアウトなど聞くんですが他には何の傷の名称があるのか知りたいです。
研削してる方々は当たり前に言うのですが、いまいち意味とかもわからず、研削加工始めたばっかで聞きにくくこちらで質問致しました。かなり大雑把な質問ですいません。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 18% (6/32)

クラック
普通に多く使う事はほとんどありません。通常加工をしている場合は気にする事はほぼないが、材料の品質が悪いならありえるかもしれない。次工程や製品の求める制度によって再加工か不良で新規に作り直す場合もある。
砥石が切れないまま加工して材料に斜めなどの深いすじが入る場合もある。

スクラッチ
通常使われる。簡単にいえば研磨カスが砥石や加工中の面で食い込んでしまう。
加工精度や加工面相度や次工程などで取り切れないと不良品になる場合もある。

スパークアウト
平面や円筒など機械的な機能で使われる言葉。
指定数値に加工後、その状態のまま片側や両側で1~指定回繰り返す。

他だと焼けが一番多く使われる
焼け
そのままだけど、研磨焼けとかもいわれる。砥石が切れる状態ではない事や切込み量が多すぎるなどが一般的になる。
研磨焼けでも難しい材料の場合をのぞき、通常の材料でこんなのだしたら製品価値がない。
加工精度によって次工程で仕上げ工程がある場合取り切れないスジやシマシマになるので不良品。
製品の硬さも細かく変わるので普通の製品でこんなのが出てくるの加工者レベルの低さが物語る。
お礼コメント
you07ch

お礼率 100% (1/1)

詳しく丁寧な回答ありがとうございます。
加工する時は加工条件等気にしながらやってみたいと思います。
投稿日時:2020/02/24 08:43
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ