• 受付
  • 困ってます

自分が質問するときに

  • 質問No.9701057
  • 閲覧数110
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数7

お礼率 30% (128/417)

自分が質問するときに
「ご質問をしますが」の「ご」はおかしいでしょうか。
「質問をさせていただきますが」や
どういった言い方が正しいでしょうか

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 48% (3481/7174)

丁寧な印象を与えるために 「ご」 を付けているのだから、それはそれでいいと思う。人によっては、質問するのは自分の行為なのであるから、自分の行為に 「お」 や 「ご」 のような 「御」 という文字で表わされる語を付けるのは不自然である、と思う人もあるかもしれないと思います。私だったら付けません。

「ご回答をいただけましたら幸いでございます」 くらいなら 「御」 が付いてもいいと思いますが、過剰に馬鹿丁寧な印象を与える可能性はあると思います。

このようなサイトにおけるやりとりの場合、なれなれしすぎるのは好ましくないとはいえ、あまりに堅苦しいのもどうかと思います。そもそも 「質問・回答」 を前提とするサイトへの投稿なので、「質問」 か 「回答」 であるのは分かり切ったことで、ことさらに 「ご質問をします」 という前置きは不要ではないでしょうか。単刀直入に用件だけを記した方が読みやすかったりします。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 31% (657/2089)

おまけ
 主語だけでなく共同作業者の地位が尊敬の理由になっているという点を念を押しておきます。

 私がお客様にご質問致します、は正しい。
 私が父にご質問致します、は誤り。
 私が先生にご相談したい、は正しい。
 私が家内にご相談したい、は誤り。
 私が大佐殿に弁当をお渡しいたします、は正しい。
 私が弟に弁当をお渡しいたします、は誤り。

 こういうことですね。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 45% (418/914)

他カテゴリのカテゴリマスター
「お」とか「ご」には尊敬語で使う場合と、謙譲語で使う場合がありますので、自分が相手に質問する時に謙譲語の「ご」を使い「ご質問」とするのであれば、そのあとに続く動詞も謙譲語にしないとバランスが取れず、多少の違和感を覚えるように思います。

すなわち「ご質問をしますが」と言っているのは自分であり、相手を立てようとしているのですが、「ご質問を」で謙譲語を使い、「しますが」で謙譲語を使っていない言い方になっているのです。この場合の謙譲語として一貫した言い方としては「ご質問をいたしますが」「ご質問いたしますが」「ご質問させていただきますが」などという表現にすると、しっくりくるように思います。

私的には、この言い方をする場合は「を」は不要だと思います。「質問する」という言葉が通常使われるものだと思うからです。質問者ご自身「自分が質問するときに」と書かれていることからも「質問する」というのが普通の言い方でしょう。ですので、これを謙譲語表現する場合には「ご質問いたします」とすればいいと思うのです。尚、この場合絶対に「ご」をつけなければいけないのかと尋ねられると、絶対にと言うことは無いと思います。「質問いたします」で十分謙譲語になっているのです。時と場合により、更に丁寧に言うべき時に「ご」をつけて「ご質問いたします」とすればいいと思います。

最後に一言、基本的なことですが、動作を表す言葉の前につける「お」や「ご」を尊敬語しか無いという間違った固定観念を持っていると、変な答えを導き出すことになってしまいます。自分の動作の前に「お」や「ご」をつけて、謙譲語として使うこともあるということが正解へのカギだと思います。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 31% (657/2089)

 基本的には主語を付けてみれば謙譲すべきか尊敬すべきか判断できるはずです。私がご質問致します、と書けば、私がお召し上がり致しますと同様におかしいのは明らかです。ところが、ご質問致します、は変な感じがしない。それは、私があなた様にご質問致します、だからです。尊敬の対象との共同作業の場合は、尊敬語を使うことも間違いではありません。

 この件でご相談させてください。私がご相談するのはおかしいが、私がお客様にご相談するので違和感がない。相談とは半々の共同作業なのでご質問以上にこの傾向が顕著です。

 図面をお渡しいたします。渡す、渡されるという共同作業では、図面を渡させていただきます、ではおかしい。

 図面をご送付いたします。送付するのは当方だけで相手は受領する立場なので、図面を送付いたしますのほうがやや違和感がありません。すでに屁理屈の領域に入っております。

 明確には分けられず、ただ間違いではないと言ったところです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (1611/8275)

自分が質問をする場合は、つけません、

誰かほかの人に、質問していただくときに、ごを、つける場合があります。
他の人に、立場の偉い人、目上の人が、含まれている場合だけです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 100% (1/1)

http://nomad-salaryman.com/gositumon-myself
私は、おかしいと思いましたが、
上記サイトのように 場合によっては 適切な場合も
あるようです。

その場その場の雰囲気とかも少しあるかもしれません。
たとえば、同業他社の集まりの説明会などで
自分よりも年齢が上と思われる方 非常に尊敬されている方
また、その説明会での司会者として話すときとかなどでも
頭に[ご] をつけても自然だと思われる場合があります。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (14165/30053)

他カテゴリのカテゴリマスター
1。「ご質問をしますが」の「ご」はおかしいでしょうか。

 はい、おかしいです。

2。「お尋ねいたしますが」などはいかがでしょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ