• 締切済み
  • 困ってます

相続対策として贈与はどれくらい良いのでしょうか?

相続対策を考えているのですが、よく相続対策としては贈与が良いと聞くことがあります。 相続対策で贈与はどれくらい節税できるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数103
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3

贈与は相続対策として効果があるのは事実です。 どれくらい効果があるかは、相続財産の規模や贈与の仕方などによって異なるのでシミュレーションすることをお勧めします。 また贈与税も誰に贈与するかによって税額が異なることがありますので、事前に試算した方が良いです。 計算例はリンク先が参考になると思います。 https://sozoku.co/?p=15

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 贈与と相続

    贈与と相続では、税金的には相続の方がお得なのですか? 親から遺産をもらう場合、 死んでから相続するよりも 生前贈与してもらった方が 節税になるのでしょうか?

  • 相続対策の贈与

    相続対策を検討しています。 次のような仕組みは問題があるでしょうか? 1.基礎控除額110万円未満の100万円を、毎年、家内と子供にそれぞれ贈与する。 2.基礎控除額110万円以上の120万円を、毎年、家内と子供にそれぞれ贈与し、各人が贈与税を払う。 ご回答よろしくお願いします。

  • 贈与か、相続か?

    下記の状態の場合に、贈与税と相続税、どちらが節税になるか、 またその理由について、詳しく教えて下さい。 ・妻(71)に1000万、長男(50)に1500万、長女(32)に2000万  相当の評価額の土地・建物を相続したい。  (現預金4000万はすべて妻に残す) ・長男と長女は異母兄弟で、長男のほうの母親は死別している。 ・本人(75)は病弱なので一年以上かけての贈与の仕方は  考えていない。 念のため上記の相続をする予定で遺言書の下書きをしているが 本人が少しでも節税したいとのことで、どちらが節税になるか 納得いく説明がつくまで作成を保留する事になっています。 いろいろ調べようと思ったのですが時間が無くて困っております。 ぜひご回答のほどよろしくお願いいたします。

  • 回答No.2

贈与税の基礎控除額は200万円ですから、毎年200万円以内を贈与しておけば相続財産がその分目減りするので相続時の節税効果はあります。200万円以上だと額によります。毎年の贈与額が大きい場合は、生前贈与の受け取り方として相続時精算課税にした方がいいです。詳細は下記を参考にして下さい。 https://souzoku-satou.com/living-donation#1-2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5099/11320)

それは相続財産がどのくらいであるか,法定相続人の数,贈与対象者が20歳以上の直系卑属であるかどうか,贈与する額,贈与する時期によって変わりますので,実際に計算してみるとよいでしょう。 例:相続財産=1億円,法定相続人の数=2人,20歳以上の子1人に贈与する,贈与額=710万円,贈与する時期=相続開始の3年以上前のとき 贈与した場合 贈与税=(710万円-110万円)*0.2-30万円=90万円 相続税=(10000万円-710万円-4200万円)*0.3-700万円=827万円 贈与しない場合 相続税=(10000万円-4200万円)*0.3-700万円=1040万円

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 贈与?相続?

    先日、祖父が亡くなりました。 母が相続することになりますが、昨年、家をリフォームしました。 そこで母は祖父より400万円を補助してもらいましたが、このお金 の税金はどのようにしたほうがよいのでしょうか? 相続税として処理をするのが良いのか、もしくは贈与として処理をするのがよいのか?私は税金について無知ですので、節税を含めアドバイスをいただけると助かります。

  • 3親等離れている者への遺言は、相続?贈与?

    別居しているAの祖母の妹が、 遺言によって全財産(3千万円以下の土地家屋)を Aへ渡す旨を書いた場合、これは相続になりますか? 遺贈になりますか?それとも贈与になりますか? 一番気になっているのは、税金です。節税をしたいです。 この場合は、どの税金が課せられるのでしょうか? 贈与税より、相続税の方が安いのは認識しているのですが、 3親等離れた遺言による場合では、 相続税の算定方法も通常と変わってくるのでしょうか? それとも生前贈与などを活用した方が節税になるでしょうか? 税金について色々と調べてみましたが、ちょっと混乱してしまい、 どなたかアドバイスを頂けたらと思います。 この場合で、他に何か良い方法があれば教えて頂きたいです。

  • 相続税の節税対策を教えてください

    相続税の節税対策を教えてください 父が相続税がかかってくる貯金を持っています 子供は3人です。 このままだと相続税がかかることになるので贈与などで資産を減らすことを考えています 現在は23年住宅取得資金贈与の免除で1000万、毎年110万×3=330万を子供に贈与することを考えています 問題ありますか? 110万は孫(年齢関係なく)にも贈与しても良いですか? いいのならかなり減らせますが、・・・ 総額いくらまでとかありますか? 毎年のように贈与すれば相続税逃れとみなされ罰則があるとかありませんか? よろしくお願いします

  • 相続税の節税対策について>>

    相続税の節税対策について>> 亡父の遺産の土地が850万円で売却できそうです。 それで数点、教えてください。 実子4名です。 1)遺産分割協議書で三男1人が相続して売却した場合の税額は幾らになりますか。 2)4人全員が相続人となって売却後に、等分に850万円を分配した場合の合計税額と、相続人1人が相続した場合の税額はどちらが多額になりますか。 3)相続人1人で売却処分し、各自へ200万円づつ贈与した場合の各自の贈与税は幾らになりますか。 4)その他の方法で節税方法がありますか・・・ 以上です。よろしくお願いします。

  • 贈与について 相続にみなされるか?

    親から子に贈与を行おうと思っています。 もちろん控除以上の金額については、贈与税を払うつもりです。 最初から贈与にする予定で、相続にするつもりはありません。 しかし生前贈与とみなされ、相続になる可能性はあるのでしょうか? 逆に相続にみなされない贈与の仕方はあるのでしょうか? 贈与性を払っても贈与を受けたいのですが、相続は負債の関係でしたくないのです。 教えてください。よろしくお願い致します。

  • 贈与と相続の違いは

    贈与と相続の違いは、簡単にいうと お父さんが生きているうちに子供に自分のお金をあげるのが贈与で 死んでからあげるのが相続と言う認識で合ってますか? 生きてるうちに相続はないし 死んでから贈与はないですか? ご回答よろしくお願いします。

  • 贈与と相続の違いについて

    相続財産の事で以前質問した事があるのですが、よく理解できず、 過去スレを見ながら纏めてみました。以下の認識で合ってますか? 相続時精算課税制度を利用して贈与を受けると、2500万までは相続税を払わなくて良いが、 被相続人が亡くなった場合、先の贈与を相続財産に合算して相続人全員で分ける。 上記制度を利用しないで贈与を受けると、通常の贈与税を払わなければならないが、 被相続人が亡くなった場合、先に受けた贈与は自分のものとし、残った相続財産を自分も含めた 相続人で分ける。 宜しくお願いします。

  • 相続税法24条改正に対する対策

    相続税法24条改正に対する対策 はじめまして。いつも皆様の投稿を楽しく拝見しております小町ファンです。 さて、相続税法24条が改正される見通しで、年金受給権の評価減が出来なくなるとのことですが、対策があれば教えて下さい。 実は、私の父が相続税の節税対策としてマスミューチアルの年金保険を契約しているのですが、この改正により節税効果が無くなってしまいそうです。 既に相続税の節税対策として個人年金保険を契約している場合の対策があればご教授願います。保険を利用する以外の対策でも構いません。 よろしくお願いいたします。

  • 相続税と生前贈与の税率を変える景気対策

    現在の不景気は消費の冷えこみが原因でデフレになっていると聞きました。 そこで大胆な景気対策が必要と考えました。 本来なら公共事業にお金をばらまけば景気が回復するといった事実がありました。 ところが最近では効果は限定的で長続きしなくなりました。 ここは過去にない大胆な対策が必要になります。 私が考えた対策が相続税と生前贈与の税率を変える景気対策です。 ある程度の財産であれば死亡後の相続税はかからないみたいですが、これが生前贈与となると50%が税金で持っていかれると聞いています。 それならいっそのこと死亡後の相続税を50~100%にして生前贈与の税率を下げれば若者にお金が回ることになり消費の冷えこみが解消されると思うのですが・・・・ ど素人の考えで恐縮ですが実現性はあると思いますか?

  • 相続開始前三年以内の贈与について

    相続人や受遺者以外の者(法定相続人とならない孫や、施設への寄附など)に生前贈与した財産でも、相続開始前三年以内に贈与されたものについては相続財産に組み込まれるのでしょうか? Q&Aサイトで見つけた回答は下記のように諸説あって、どれが正しいのか解かりません 1.相続開始前三年以内に贈与を受けた者は、相続人や受遺者でなくても相続税の納付義務を負う。しかも、法定相続人でない者は2割加算の対象にもなる。 2.相続開始前三年以内に贈与されたものうち、相続財産に組み込まれるのは相続人や受遺者が贈与を受けた分だけである。 3.法定相続人であっても、相続放棄等により相続税の納付義務を負わないことになれば、その者に対する三年以内贈与分は相続財産に算入しない。 どれももっともらしくて‥よろしくお願いいたします。