• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文の邦訳の添削を願います。

As noted in Haberly (2011), this state-led global alliance capitalism is a characteristic compromise within industries under tension between the pressure for global integration and consolidation, and the desire of multiple governments to assert sovereignty over a sector seen as strategically important. 以上の英文の以下の試訳の添削をお願いします。 「Haberly (2011)が述べたように,この国家主導的なグローバルな連携で結ばれた資本主義は,グローバルな融合と統合への圧力と,戦略上重要視されている部門に対する支配権を主張する複数の政府の欲求との間の緊張関係下,産業内部での固有の妥協点である。」尚出典は,Daniel Haberly, Dariusz Wójcik (2017), “Earth Incorporated: Centralization and Variegation in the Global Company Network,” Economic Geography, Volume 93, Number 3, pp.240-266.です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数42
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7640/9432)

完璧なお訳と拝見しました! ほとんど不要ながら、ひと言だけ述べること、というか、探すことがあるとすれば、compromise「妥協点」を「妥協の結果」または「妥協の産物」とすれば、ほんの少しだけ良くなるかも知れません。 (添削文) 《Haberly (2011) が指摘したように、このグローバルな国家主導の連携で結ばれた資本主義は、グローバルな融合と統合への圧力と、戦略上重要視されている部門に対する支配権を主張する複数の政府の欲求との間の緊張関係下における、産業内部特有の妥協の産物である。》

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

質問者からの補足

いつも有難う存じます。安心致しました。確かに妥協点よりは妥協の産物の方が適訳ですね。 感謝申しあげます。

関連するQ&A

  • 英文の邦訳

    Specifically, ever-larger fund managers are increasingly trapped in a paradox between the need to play an active corporate governance role commensurate with their size and the potential abyss of antitrust action. In this respect, managers, such as BlackRock and Vanguard, are at risk of following in the footsteps of JP Morgan’s Money Trust. This conflict may not come to a head given the paradoxical dependence of passive funds on a surrounding ecosystem of market fluidity and speculation (although Morgan, notably, had a similar ecological dependence; see De Long 1992). 以上の英文の後半の,This conflict may not 以降の邦訳をお願い致します。 原典は,ISSN: 0013-0095 (Print) 1944-8287 (Online) Journal homepage: https://www.tandfonline.com/loi/recg20 Earth Incorporated: Centralization and Variegation in the Global Company Network Daniel Haberly & Dariusz Wójcik To cite this article: Daniel Haberly & Dariusz Wójcik (2017) Earth Incorporated: Centralization and Variegation in the Global Company Network, Economic Geography, 93:3, 241-266, DOI: 10.1080/00130095.2016.1267561 To link to this article: https://doi.org/10.1080/00130095.2016.1267561 です。 以上どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 英文の邦訳

    As noted in Haberly (2011, 2014), these double movements operate at not only a national but also a transnational level, with the latter epitomized by the role of the global financial crisis in driving an expansion of the small state SWF-centered networks. 上記英文のwith以下の邦訳で苦慮しています。ご指導願います。出典は,以下のサイトの論文です。 http://sro.sussex.ac.uk/id/eprint/66532/1/Haberly%20and%20Wojcik%202016%20Earth%20Incorporated%20-%20Archive%20Dec%2022.pdf 宜しくお願い申し上げます。

  • 英文の邦訳

    The described and attributed strategies of states as owners in the global network of state capital are a first step in this direction: we develop this contribution by distinguishing broadly between state strategies that show a clear interest in financial returns on investment (and thus more adaptation to transnational capitalism), and others that predominantly seek to control the firms they invest their state capital in (and thus carry the potential for a more state-controlled form of global expansion). Our results hence implicate that tackling the question of adaptation or challenge need to be answered at the level of state strategies. 上記英文のラストのOur以下を御訳しください。

  • 英文の邦訳の添削

    Directly catalyzing these politically sensitive investments was a complementarity between the desire of host states to attract foreign support for crisis-stricken firms, and the desire of investing states to both take advantage of steep share discounts and build political capital with host states and developmental partner firms (Haberly 2011, 2014; Hatton and Pistor 2011; Yeung 2011). Many of these recapitalizations established durable relationships—notably with Citigroup; Unicredit; UBS; Barclays; Volkswagen; BlackRock (via bank asset sales); and, more recently, Deutsche Bank (Figure 5)— which have blurred the boundary between state capitalist periphery and global network core. 上記英文の下記の試訳の添削を願います。 「これらの政治的に影響を受けやすい投資の直接的な触媒作用(catalyzing)は,危機に見舞われた企業に対する外国の支援を引きつけるホスト国側での欲求と,大きく傾斜した分担の請け負いの利点活用とホスト国および発展するパートナー企業と政治資金上の関係構築の両方に向けた投資国側での欲求の間の相補関係にあった 。これら多くの資本再構成が,持続的な――特に,Citigroup; Unicredit; UBS; Barclays; Volkswagen; (銀行資産の売却を通じた)BlackRock;および,もっと最近では,Deutsche Bank(上図8-1:原典図5「グローバルな会社ネットワークにおける国家資本」)との――関係を確立し,それは,周辺の国家資本主義とグローバル・ネットワーク中枢との間の境界線を不明確にした。」 以上宜しくお願い致します。

  • 英文の邦訳

    Long an object of managerial discretion, corporate philanthropy has been used as a form of public relations similar to advertising, an attempt to invest strategically in areas that will benefit the firm (such as schools), a response to social pressures within the business community, and even a reflection of the company's values. この文章の冒頭のLong an object of managerial discretionの一節の意味が分かりません。お分かりの方,邦訳を宜しくお願いします。

  • 英文の邦訳

    In this vein, it is argued that the idea of a GFN(grobal financial network) is compelling as finance is just as global and networked as production, if not more so, due to the interlocking structures and interdependent nature of financial systems and institutions. 上記英文の邦訳が以下の拙訳で適切かどうか,添削願います。 「こうした具合で,GFNが金融として抗しがたいという見方が,さらにそうかは分からないが,連結構造と金融システムと制度の相互関係に起因して,まさに生産として,グローバルで,ネットワーク化されていと主張されている。」 以上宜しくお願いします。

  • 英文の邦訳

    The Chinese strategy should be interpreted in the light of its larger ‘going global’- strategy (Shambaugh, 2013) that crucially involves overseas investment in order to become the FDI-superpower that it is already regarding other economic indicators such as trade volume, FDI-inflows, and its spectacular growth-numbers in general. 上記英文の邦訳をお願い致します。 原典は,REVIEW OF INTERNATIONAL POLITICAL ECONOMY https://doi.org/10.1080/09692290.2019.1665084 です。

  • 英文の邦訳の添削

    Even while “taking the democratization of investing to a whole new level” (Bernard 2018), this final evolution of asset management into a free service, provided through cross-subsidized platforms, is expected to intensify an already-ongoing industry shake-out and consolidation—with only a handful of the largest providers seen as likely to survive (at least in the retail market; Kaissar 2018). One potential precedent for the evolution of asset management may be the news industry, which has become bifurcated between elite outlets—who can convince customers to pay a premium for original content—and free online sites which aggregate and re-digest information from other sources. 以上の英文の下記の試訳の添削をお願いします。 「「新しいレベル全体への投資の一端を担う」(Bernard 2018)他方,アセット・マネジメントのサービス自由化へのこの最終発展は,赤字部門に採算部門の利益を投じるプラットフォームによって生み出され,それは,すでに続いている産業の統廃合を強化するよう期待され,(少なくとも,小売り市場では;Kaissar 2018)ほんの一握りの最大級の供給者だけが存続する可能性が高い。アセット・マネジメントの発展に関する潜在的な先例のひとつは,選りすぐりの分岐間に分かれるようになった(エリート間に分かれた)新規産業であるかも知れず,彼らは,本来の内容に即したプレミアムを顧客に支払うよう納得しうるであろう。」

  • 英文の邦訳の添削と解釈

    Furthermore, BlackRock’s “brain,” Aladdin, is not housed in a stock exchange co-location center, but rather a server farm in Wenatchee, Washington, between two hydroelectric dams. Finally, BlackRock’s “paper” geography corresponds tenuously to employment, with Delaware and other offshore jurisdictions of hugely disproportionate importance. However, BlackRock also shows countervailing tendencies towards geographic centralization and functional diversification. BlackRock’s largest high-tech employment center is Manhattan, which has more software job openings than Gurgaon and Budapest combined, and is where BlackRock Solutions, which includes Aladdin, is based. BlackRock’s largest US offices—New York, San Francisco, and Wilmington, Delaware—also have strikingly diversified mixtures of software-intensive and “conventional” financial center functions. This is congruent with what can be dubbed the “cyborg” investment management approach of BlackRock. 以上の英訳の下記の試訳の添削とその後提示する若干の疑問への解答をお願い致します。 「さらに,BlackRockの「頭脳部」であるAladdinは,証券取引所という共同集中施設に格納されているのではなく,むしろ2つの水力発電ダム間のワシントン州ウェナチーにあるサーバー・ファームに格納されているのである。最後に,BlackRockの「ペーパー(紙の)上」の地勢は,雇用とは関係が薄く,デラウェア州および大きく不釣り合いな程重要なその他のオフショア管轄(区域)と符合している。BlackRockは,しかしながら,また,〔こうした「ペーパー(紙の)上」の〕地勢的集中と機能的多様化への傾向に関し,互いに相殺しあう関係を示す。BlackRockの最大のハイテク雇用センターはマンハッタンであり,同センターは,〔インドの〕グルガオンとブダペストを併せたソフトウェア求人数より数多い求人数を持ち,そこは,Aladdinを含むBlackRockソリューションズ(企業が抱えている問題をITシステムやビジネス・モデルで解決する施設)が基礎とする場所である。BlackRockの最大の合衆国事務所――ニュー・ヨーク,サン・フランシスコ,およびウィルミントン,デラウェア――はまた,ソフトウェア集約的および「伝統的」な金融センターの機能の顕著な多角化された混合を有する。これは,BlackRockの「サイボーグ」投資運用アプローチと呼ばれるものと一致している。」 以上が試訳ですが,「ペーパー上の」地勢とは具体的に何を意味しているのでしょうか? 以上よろしくお願いします。

  • 英文の邦訳の添削をお願いします。

    The so-called rich club phenomenon [20, 21] refers to the fact that in some complex networks the nodes with the highest degree tend to be connected among each other. Being based solely on node degree, rich club indices are not suitable for ownership networks, in which indirect and weighted paths matter. Moreover, in order to benchmark the resulting value of rich club indices, it is usually necessary to reshuffle the links in the network. This would be a problem in our network because it would lead to economically unviable ownership networks. Notice, however, that the core of the TNC network could be seen as a generalization of the rich club phenomenon with control in the role of degree. Thus, future work should look into this issue more in depth. 上記英文の下記の試訳の添削をお願い申し上げます。 「いわゆる富裕クラブ現象(リッチ・クラブ現象)[20:Colizza, V, Flammini, A, Serrano, M, Vespignani, A (2006) Detecting rich-club ordering in complex networks. Nat. Phy. 2:110–115.][21:Fagiolo, G, Reyes, J, Schiavo, S (2009) World-trade web: Topological properties, dynamics, and evolution. Phys. Rev. E 79:36115. ]は,一部の複雑なネットワークにおいて,最高級の次数を伴うノードは相互に連結する傾向を持つという事実に係わる。ノードの次数のみを基礎とするものとして富裕クラブ指数は,間接的かつ重み付きの道〔パス;※重み付きグラフは各辺に値(重み)が対応しているグラフである。この場合「道の重み」は,道に属する辺の重みの総和である。重み (weight) ではなく,コスト (cost) とか長さ (length) と呼ぶこともある。〕が重要となる所有のネットワークには適していない〔※傍点はノート作成者〕。その上,結果として現われるリッチ・クラブの指数の値を評価するためには,通常ネットワーク内のリンクを入れ替えることが必要である。それは,経済的に実行不可能な所有のネットワークの原因となるため,われわれのネットワークでは問題になろう。同指数は,それが経済的に成長しない所有のネットワークを導くであろうから,われわれのネットワークでは問題になろう。しかしながら,TNCネットワークの中枢は次数の役割における支配を伴う富裕クラブ現象について一般化したものとして見なすことができるかも知れない点に気付いてほしい。それゆえ,将来の研究はこの問題をいっそう深く調べるべきである。」 原典は,Supporting Information: The Network of Global Corporate Control Stefania Vitali, James B. Glattfelder and Stefano Battiston Chair of Systems Design, ETH Zurich, Kreuzplatz 5, 8032 Zurich, Switzerland 以上よろしくお願い申し上げます。