• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文内容の明らかな矛盾の解釈

In contrast, in the Veblenian double movement, a predominantly Darwinian evolutionary impulse toward marketization buckles under the weight of the institutions that protect the market from society—with society understood broadly to refer to the entire array of actually existing human limitations and idiosyncrasies. 以上の英文の以下の試訳がほぼ間違いないとすると,明らかに内容が矛盾しているように思われます。 「これとは対照的に,――実質的に全て出揃った一連の既存の人間的制約と独自性に係わるものとして広範に理解できる社会――〔その〕社会から市場を守ろうとする制度の圧力を受けて,主として,市場化〔市場構造は,不安定なDarwin的様式で生起する傾向がある 〕に向けたDarwin的な漸進的な推進力は,Veblen的な二重運動の中で歪む」 。 ここでは主部で,市場を守る制度の圧力を受けて,とありながら,述部で,市場化が歪む,とあります。試訳も含めて,この点を如何解釈すべきか,何方か,お教え下さい。出典は,Daniel Haberly, Dariusz Wójcik (2017), “Earth Incorporated: Centralization and Variegation in the Global Company Network,” Economic Geography, Volume 93, Number 3, pp.240-266.です。 以上,宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数71
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (7649/9446)

あまり自信ありませんが、以下のとおり、語句と添削案お答えします。 (bucklesの解釈が問題の中心だと思います。) (語句) *buckles:「褌(ふんどし)を締めて取りかかる/防御を固めて動き出す」。 *with society understood~:「を了解されている社会」。with+名詞+過去分詞で付帯状況「~して・しながら・している(ので)」を表す。 *the entire array of actually existing ~:「現に既存する~の全体(的存在)」。 (添削案) 《これとは対照的に、Veblen的な二重運動の中で、優れてDarwin的にして、かつ市場化に向かう発展的推進力が、社会から ―― 現に既存する人間的制約と特異性の全体的存在(状況)に係わることが広く了解されている社会から市場を守ろうとする制度の圧力のもとで、褌を締めて取りかかる/防御を固めて動き出す。》 ☆ということで、主部で「市場を守る制度の圧力を受けて」はおっしゃるとおりですが、述部では「市場化が歪む」のでなく、「褌を締める/防御を固める(そして、発進する)」といったニュアンスだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。

質問者からの補足

ご解答有難う存じます。お訳しをお借りし,問題の箇所は「社会から市場を守ろうとする制度の圧力のもとで首尾良く動き出す」としてみました。適切な御指摘を頂戴し,有難うございました。 感謝申しあげます。

関連するQ&A

  • 英文の邦訳の添削

    In the Polanyian double movement, the political impulse toward marketization ultimately buckles under the weight of the institutions that protect society from the market. In contrast, in the Veblenian double movement, a predominantly Darwinian evolutionary impulse toward marketization buckles under the weight of the institutions that protect the market from society—with society understood broadly to refer to the entire array of actually existing human limitations and idiosyncrasies. 以上の試訳は次の通りです。「Polanyiの二重運動では,市場化に向けた政治的推進力が,究極的に,市場から社会を守る制度の圧力で歪む。対照的に,Veblenの二重運動では,支配的に,Darwin的な市場化〔市場構造は,不安定なDarwin的様式で生起する傾向がある(Haberly & Wójcik, op.cit., p.248)〕に関する漸進的な推進力が,全て揃った実質的に既存の人間的な制約および独自性に係わる広く理解された社会と一体になった――社会から市場を守る制度の圧力を受けて歪む。」この試訳で,悩んでいる点は,Polanyiの二重運動とVeblenの二重運動が「対照的」なはずなのに,訳として,共に市場化が制度の圧力を受けて歪む,あるいは,屈する,となってしまう点です。どう解釈すれば宜しいでしょうか?ご指導お願い致します。

  • 英文の邦訳の添削を願います。

    As noted in Haberly (2011), this state-led global alliance capitalism is a characteristic compromise within industries under tension between the pressure for global integration and consolidation, and the desire of multiple governments to assert sovereignty over a sector seen as strategically important. 以上の英文の以下の試訳の添削をお願いします。 「Haberly (2011)が述べたように,この国家主導的なグローバルな連携で結ばれた資本主義は,グローバルな融合と統合への圧力と,戦略上重要視されている部門に対する支配権を主張する複数の政府の欲求との間の緊張関係下,産業内部での固有の妥協点である。」尚出典は,Daniel Haberly, Dariusz Wójcik (2017), “Earth Incorporated: Centralization and Variegation in the Global Company Network,” Economic Geography, Volume 93, Number 3, pp.240-266.です。

  • 英文を訳してください。

    And much of the lifestyle of "affluence" that we associate with that era rested on the employment of women who, in the past, had not held jobs and who were now reflecting both the economic pressures of their society and the social pressures of a culture that offered no sanction for sex quality or a life of independence and free choice for women. 少し長いのですがこちらの文を訳して欲しいです。 ・女性の雇用には経済的圧力、経済的圧力の両方が反映していた。 ・そして、文化の社会的圧力 ・女性のために自由と独立した生活を与えた。 わかる範囲で訳してみました。 だいぶ違うと思うので、わかる方訳して欲しいです。 よろしくお願いします。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

これはわたしの専門分野ではない、ということをもう一度お断りした上で、お答えします。わたしのできることは、英文の構造を取り、それに単語の意味を当てはめていくことです。その上に、大人としての(専門ではない)知識を用いて、意味を理解していくわけです。 この double movement というのは理論の名前なのではないのですか。わたしは文脈からそう読み取るわけです。 次に、この double movement が何を意味しているか、というと、 1。ダーウィン的自然淘汰 2。国家等の市場への社会からの保護政策 がお互いに働きあって、 さて、結果は、というと、 1の方が「負ける」結果になっている。 最初、国家が二酸化炭素排出量を規制することを使って説明できるかな、と思ってわたしのお友だちにもそんなことを言っていたんですが、その説明ではうまくいきませんね。 ですから、もちょっといい例はないかと・・・いや、わたしの専門外ですから・・・えと~~、えと~~~、あの~~~、日本だったら、日本銀行の金利なんかを操作することにより市場を操作しません? 金利とか、また、税制とか、そういうの。 金利の調節とかは、社会の動きに応じて、国家とかがその社会から企業を守ろうとするものではないか、と思うんです(他に、もっといい例があるんでしょうけど)? それが、国家等の自然経済への介入となり、経済の自然淘汰が働かなくなる、 と言っている、とわたしは字面だけから理解します。その理解が専門的に見て正しいかどうかは、わたしはまったくわかりません。 a predominantly Darwinian evolutionary impulse toward marketization は、「自然淘汰のある経済の動き」(A)のことです。 the weight of the institutions that protect the market from society は、「国家等の社会から市場を守る(ためにする)重圧」(B) A buckles under B 「AがBに負ける、AがBの圧力で崩れる」 「自由市場経済の自然淘汰が、社会から市場を守るために取った政策の元に働かなくなっている」 という意味に、わたしのような専門外の人間には取れます。 多分、まとまりのない回答になっていると思いますが、とにかく、わたしに専門知識がないので、これ以上はあまりあなたに貢献できないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

承知致しました。ご丁寧な解説を賜り,有難うございました。 これからもどうぞ宜しくお願いします。

  • 回答No.6

質問者さんは、私の回答を読み間違えたのかな? >但し,「市場化に向けた動きに対して社会を市場から守ろうとする >(相反する)動きがある事。」とありますが,原文では市場を社会から >守ろうとすること,です。ですから,矛盾するのではないかと考えた >次第です。 私が「市場化に向けた動きに対して社会を市場から守ろうとする(相反する)動きがある事。」と書いたのは、問題の英文の「前文」のthe Polanyian double movementではと書いたはずだか、、、それで、問題の英文は、については >the Veblenian double movementでは逆に市場化に向けた動きに対して、 >市場を社会から守ろうとする動きがある事。 と#3で回答しておりますが、、、。 ところで、なぜ矛盾すると思ってしまったのか、もう少し詳しく書いてもらえれば、疑問を解けると思いますが、質問者さんの短い文章からだけですと、どこが分からないのか分からない状況です。 市場を社会から守ろうとする事が、市場化にブレーキをかける理由に関しては#3で回答した通りです。 市場を社会に自由に開放する事によって、個人個人が自由に試行錯誤しながらよりよいサービスや製品を提供して経済が成長するが、あんまり自由にやらせると困る事があるので、#3で回答した通りにmonitoring and control systems、つまり「規制」を入れて市場を社会から守らないといけなくなる、そういうジレンマを抱えていると言う事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解説を賜り,有難う御座います。「「規制」を入れて市場を社会から守る」=守られるのは社会であるという解釈なら,私も同感です。

  • 回答No.5

#4さんのご解説には敵いませんねえ。 >under the weight of the ... <文末まで、場所の副詞句> なるほど、副詞句でありましたか! 私は、あんまり文法的な事は考えずに読解しておりますので、文法用語では間違えました。 また、#4さんの >専門外のわたしから見れば、全く矛盾していない内容ですが・・・ という発言を受けて、私の#1での日本語がおかしかったことに気が付きました、 #1での私の発言、 >「相反する二つの動き(double movement)」の話しなのだから、 >矛盾して当然なのに、と思ってしまいます。 を、このように訂正します。 「相反する二つの動き(double movement)」の話しなのだから、marketizationを推進したくなるだけではなくて、ブレーキをかけてしまいたくなるジレンマの話も出てきて当然なのにと思ってしまう。 そもそも、なんで矛盾という言葉を使ってしまったのかと思い、質問文を読みなおしました。 >ここでは主部で,市場を守る制度の圧力を受けて,とありながら, >述部で,市場化が歪む,とあります。 おそらく、そもそも「市場を守る」をmarketizationを進めるためにと思いこんでいることが矛盾と感じたんでしょうね。 ジレンマがある話なので、ついつい似た意味の「矛盾」を質問者さんにつられて使ってしまいました。 文法解説だけではなくて、お訳も#4さんのには流石だなあと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申しあげます。

質問者からの補足

御指摘有難うございました。

  • 回答No.4

出典をつけてくださり、ありがとうございます。 ただ、このような内容はわたしの専門とはかけ離れていますから、この短い引用だけからでは、文法構造はわかっても意味が取りにくいんです。ですから、わたし自身も検索してみました。 https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00130095.2016.1267561?scroll=top&needAccess=true に abstract がありましたが、本文は、有料なんでしょう、いくら Full Article をクリックしても見られませんでした。 よって、さらに検索しました。 http://docplayer.net/131219692-The-legacy-of-a-fractured-eurozone-the-greek-dra-ch-ma-1.html これの第9段落の最後の部分ですね。 <文の構造> In contrast, <接続的副詞表現> in a Veblenian "double movement", <場所の副詞句> a predominantly Darwinian evolutionary impulse toward marketization <主語> buckles <動詞> under the weight of the ... <文末まで、場所の副詞句> market https://en.wiktionary.org/wiki/marketize > 1. To convert to management by open-market principles. > 2. To bring to market. buckle https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/buckle/#ej-11675 2a「(膝、足などが)弱くなる」 4「重圧に負ける」 <前置詞 under の句の構造> under <前置詞> the weight of the institutions <名詞句> that protect the market ... <文末まで the institution だけを修飾する関係代名詞節> <関係代名詞節 that ... の句の構造> that <関係代名詞:主格> protect <動詞> the market <目的語> from society-with society understood ... <文末まで from の句> protect https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/protect/#ej-67329 protect A from B という文型をお確かめください。 <前置詞句 from の構造> from <前置詞> society <名詞> 文法的にはここで終わっていいのですが、どんな society か、ということを、 「with society understood ...」という付帯状況で説明が加えられています。 <付帯状況の前置詞句 with の構造> — <この記号も、以下が説明の付け加えであることを示します> with society「社会というものが~状態で、という場合に」 understood broadly to refer to ...「...を指すものだと広義で理解された」 <refer to の内容> the entire array of ...「... の総勢揃い」 actually existing human limitations and idiosyncrasies 「実際に存在している人間の限界や個々人の特異性」 array https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/array/#ej-4436 idiosyncrasy https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/idiosyncrasy/#ej-42615 ・・・・・ 全く専門内容に意味がわからないまま、構文と語彙から理解できる範囲内だけで、日本語で説明してみましょう。 「また、対照的に、Veblenian の double movement 理論においては、公開市場に向かって働く、主にダーウィン的な自然淘汰の原理の働く推進力が、社会から市場を保護する政府機関などの重圧の下に負ける。そして、ここで社会というのは、実際に存在している人間の諸処の限界や個々人の特異性の総和を指すものだ、と広義に理解された場合の社会である。」 専門外のわたしから見れば、全く矛盾していない内容ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

補足コメントの質問,どうぞ宜しくお願いします。

質問者からの補足

ご解答有難う存じます。「そして、ここで社会というのは、実際に存在している人間の諸処の限界や個々人の特異性の総和を指すものだ、と広義に理解された場合の社会である。」というお見事なお訳しを頂戴いたしますが,前半のダーヴィン的な推進力=市場化の推進ですから,社会から市場を保護する=市場化が歪む(弱められる)とは矢張り矛盾するように思われます。いかがでしょうか?

  • 回答No.3

問題の文のあるパラグラフの第一文は読みましたか? double movement-type patterns of market expansion and containment.と書いてあるでしょ! まあ、今回の文もごちゃごちゃした説明を簡略化すると、、、 in the Veblenian double movement (状況説明) impulse toward marketization (主語) buckles under  (動詞) *句動詞で、「屈する」 the weight of the institutions that protect the market from society (目的語) 前文のthe Polanyian double movementでは、市場化に向けた動きに対して社会を市場から守ろうとする(相反する)動きがある事。 the Veblenian double movementでは逆に市場化に向けた動きに対して、市場を社会から守ろうとする動きがある事。 お互いに拮抗しているので、buckles under the weight of ~(~に屈している)のだと述べているのです。 「市場を社会から守る」とはこれ如何に??と思えば、その次の次の行に、monitoring and control systemsの事だと説明されているわけです。それが、marketizationにブレーキをかけていると言う事です。 まあこれだけ説明しても、#2さんの訳が「コンテクスト上しっくりきます。」といういつものお礼文と共にBAにするのでしたら、今後とも無視しますのであしからず。 あと、#1であげたリンクですがどうやら1回しか無料で見られないようです。 この論文に限らず、職場が論文の購読料を払っている立場の人じゃないと前後を読んで回答できないかもですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメント,どうお考えなりますか?

質問者からの補足

ご解答有難うございました。但し,「市場化に向けた動きに対して社会を市場から守ろうとする(相反する)動きがある事。」とありますが,原文では市場を社会から守ろうとすること,です。ですから,矛盾するのではないかと考えた次第です。

  • 回答No.1

お助けしたいとは思うんですけど、毎回私が回答すると、無視されるか、「ご指摘の通りです。」で結局わたしがそうじゃないよと言った回答にBAがつきますよね? 私が毎回戸惑っていますのは、質問箇所がが論文中の中ほどだったり終盤だったりするわけですが、まるでそこまで何も読まずに進んできたような印象をうける訳というか解釈があるわけです。 今回も、 the Veblenian double movementの説明の箇所を読んでいたらそもそも「相反する二つの動き(double movement)」の話しなのだから、矛盾して当然なのに、と思ってしまいます。 とりあえず、図説されているfigure 1は見ましたか? また翻訳している理由はなんでしょうか? わざわざ読みにくい文体にされているのは、そういう風に訳すように練習されているから?それとも内容理解したいだけなのに、一語一語辞書を引いて言ったらそうなってしまったんですか? 目的をもうちょっとハッキリしてもらえますか? あと、出典を明記するようになったのはとても良い事だと思います。ただし、回答者が前後の文章を読んで回答できるようにするには、リンクも貼ったほうがいいでしょう。 https://poseidon01.ssrn.com/delivery.php?ID=375091000096113105079113070076070124060087060080003065108004064109064098104073083073057037122017121015000000074068003084100013029090059021059112011020091090025075100062061079027067079084111001087117096073112068079004117005078022066099029007090123088013&EXT=pdf まあ、あくまで私の回答はいらないなら今後は無視しときますけど、、、。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これからもどうぞ宜しくお願いします。

質問者からの補足

そんなことはございませんよ。lived_in_room13のお力は十分承知致しております。 出典はリンクでこれからは張ります。どうぞ宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 英文解釈について質問があります。

    インタビュアー:どんな変化をもたらしましたか? ミュージシャン:ライブに対しての俺の興味が高まっている。それが今のEarthと以前のEarthとの最大の違いだ。以前は、かなりレコーディングに重きを置いたバンドだった。コンセプトも存在していたしね。今はライブ重視だ。レコーディングも好きだが、ライブはもっと重要になってきている。(Q1)I see it as, as the major labels die and fall off – I don’t think it’s ever gonna return to how it used to be –。昔は、ライブミュージシャンは貴重な存在だったし、ライブをやること自体も貴重だった。レコーディングも今に比べて特別なものなんかじゃなかった。アルバムはライブをやるために作っていたんだよ。(Q2)and then somewhere along the way that changed into this whole differentiation between live musicians and recording artists.レコーディングアーティストは契約を交わして金を得る。彼らは市場で売られて然るべき曲を作ったわけだしな。だがライブってやつは少々厄介だ。オーディエンスと直接結びついているんで市場のコントロールが難しいんだ。(Q3)and I like to think that that’s what’s changing now, that bands in our realm of the woods メジャーレーベルに属しているバンドとは対極だ。ヤツらはライブで演奏なんか出来やしないしな。オートチューンでピッチを補正して、デジタル処理を加えて、その他にもごちゃごちゃやって…。もはや演奏どころじゃないな。みんな、「おい見ろよ! あいつら誤魔化し無しでプレイしているぜ」、そこに興味を持っているんだ。あと俺はオーディエンスとのやりとりも好きだしな。俺達のオーディエンスはライブに参加して空気を作っている。(Q4)as opposed to the thing of a recording artist delivering these messages from on high.そういうわけで、俺たちのレコーディングはライブに近づいているんだよ。(Q5)I’ve always kind of viewed recordings as these slices of time, like “Oh, this is what’s going on at this point,” as opposed to trying to create the perfect version of the song. Q1からQ5までの英文がわかりません。訳を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 英文の邦訳の添削

    Largest was Swiss UBS, which owned three of what had been the top-20 American investment banks in the 1980s (Haberly and Wójcik 2018); #2 was Barclays, which owed its size to its ownership of Wells Fargo’s former index fund division. 上記英文中,owed its size to its ownershipの部分がよく理解できません。 この点を含め,下記の試訳の添削をお願いします。 「最大の銀行はスイスUBSで,同行は,1980年代におけるアメリカの投資銀行上位20行の内の3行を所有し(Haberly and Wójcik 2018),第2位はBarclaysで,同行は,そのWells Fargoの従前のインデックス・ファンド部門の所有に匹敵する規模のアメリカの投資銀行を所有していた。」 以上どうぞ宜しくお願いします。

  • 英文の邦訳

    The described and attributed strategies of states as owners in the global network of state capital are a first step in this direction: we develop this contribution by distinguishing broadly between state strategies that show a clear interest in financial returns on investment (and thus more adaptation to transnational capitalism), and others that predominantly seek to control the firms they invest their state capital in (and thus carry the potential for a more state-controlled form of global expansion). Our results hence implicate that tackling the question of adaptation or challenge need to be answered at the level of state strategies. 上記英文のラストのOur以下を御訳しください。

  • 以下の英文の日本語訳お願いします

    The irony, Goleman feels,is that if he had written a book about women and emotions, school reform, emotion-based leadership in business,or child psychology,“the book would not have gotten much attention. As it happens this is a book about all those things, but women and children and school reform are marginalized in this society.So I come along with a lot of scientific data that says,`Hey,this stuff is consequential`;and maybe some doors are opening in our society” 上記の英文を日本語訳してほしいです。 少し長いですが、お願いします。 また the diversion of the Gulf Stream and the melting of polar ice caps may be among the leaset of the environmental problems ahead of us この文章の >the diversion of the Gulf Stream のところの意味を教えてください。

  • 英文の邦訳の添削と解釈

    Furthermore, BlackRock’s “brain,” Aladdin, is not housed in a stock exchange co-location center, but rather a server farm in Wenatchee, Washington, between two hydroelectric dams. Finally, BlackRock’s “paper” geography corresponds tenuously to employment, with Delaware and other offshore jurisdictions of hugely disproportionate importance. However, BlackRock also shows countervailing tendencies towards geographic centralization and functional diversification. BlackRock’s largest high-tech employment center is Manhattan, which has more software job openings than Gurgaon and Budapest combined, and is where BlackRock Solutions, which includes Aladdin, is based. BlackRock’s largest US offices—New York, San Francisco, and Wilmington, Delaware—also have strikingly diversified mixtures of software-intensive and “conventional” financial center functions. This is congruent with what can be dubbed the “cyborg” investment management approach of BlackRock. 以上の英訳の下記の試訳の添削とその後提示する若干の疑問への解答をお願い致します。 「さらに,BlackRockの「頭脳部」であるAladdinは,証券取引所という共同集中施設に格納されているのではなく,むしろ2つの水力発電ダム間のワシントン州ウェナチーにあるサーバー・ファームに格納されているのである。最後に,BlackRockの「ペーパー(紙の)上」の地勢は,雇用とは関係が薄く,デラウェア州および大きく不釣り合いな程重要なその他のオフショア管轄(区域)と符合している。BlackRockは,しかしながら,また,〔こうした「ペーパー(紙の)上」の〕地勢的集中と機能的多様化への傾向に関し,互いに相殺しあう関係を示す。BlackRockの最大のハイテク雇用センターはマンハッタンであり,同センターは,〔インドの〕グルガオンとブダペストを併せたソフトウェア求人数より数多い求人数を持ち,そこは,Aladdinを含むBlackRockソリューションズ(企業が抱えている問題をITシステムやビジネス・モデルで解決する施設)が基礎とする場所である。BlackRockの最大の合衆国事務所――ニュー・ヨーク,サン・フランシスコ,およびウィルミントン,デラウェア――はまた,ソフトウェア集約的および「伝統的」な金融センターの機能の顕著な多角化された混合を有する。これは,BlackRockの「サイボーグ」投資運用アプローチと呼ばれるものと一致している。」 以上が試訳ですが,「ペーパー上の」地勢とは具体的に何を意味しているのでしょうか? 以上よろしくお願いします。

  • 英文解釈(今日使うネタです!)

    6. Medical research is one area where there can be no rigid compartmentalization into pure and applied aspects. Developments of practical importance in cancer treatment and diagnosis, for example, have come from pure research with no objective other than to increase knowledge of how cells behave―’pure’ biology. On the other hand practical developments, and pressures from practical needs, can also require what would otherwise be indistinguishable from pure research programmes designed to increase fundamental knowledge. Between the two extremes, there is a continuous interplay. (訳例)practical developments, and~knowledgeまでの訳 応用的な面での発達と応用的な面からの必要から(生じる)圧力により、そういうものがなければ基礎的な知識の増加を目的とした純粋な研究計画と区別できないようなものが必要とされることもある。 (質問1)訳はあるのですが何が言いたいのか分かりません。分かりやすく説明をお願いできるでしょうか。(~発達や圧力がなければ~区別できないものが必要とされる???具体的には何でしょうか?) (質問2)whatの品詞は関係代名詞と問題集には書いてあるのですが、その根拠(疑問詞ではない)を論理的に説明していただけるでしょうか? (質問3)otherwiseは「そうでなければ」だと思うのですが、「別のやり方で・その他の点では【ジーニアスより】とは違う根拠を論理的に説明していただけないでしょうか? 以上、お忙しいとは思いますが本日必要な緊急のネタです。宜しくお願い致します!(分かるところだけでも結構です。あるいはご推測でも構いません)

  • 英文解釈(明日使うネタです!)

    In our society age is a major dimension of social oganization. Our school system, to name one example, is carefully arranged around the students’ages. Similarly, to a greater or lesser extent, families, corporations, even whole communities are organized by age. Age also plays an important part in how people relate to one another across the whole range of everyday experience. Age is also a major touchstone by which individuals organize and interpret their own lives. Both children and adults continually ask themselves, “How well am I doing for my age?” (質問1)across the whole range of everyday experience. 問題集には「日常生活の全域に渡って」と訳してあるのですが、「日常生活の全域を越えて」とは訳せないのでしょうか?また駄目な理由を教えていただけますか? (質問2)by which individuals organize and interpret their own lives. 問題集には「個人が自分の人生を組織化[設計]したり解釈したりする主な試金石」と書いてあり、この長文は説明問題なので、更に「組織化[設計]したり解釈したり」の部分を「考える」と意訳できるとも書いてあります。高校生に教える際に先ず、「人生を組織化する」というのはあまり頻繁に使われる表現ではないでしょうし、ある生徒は「人生を成り立たせる」とも言っておりました。高校生でも分かるように説明するにはどのように説明すべきでしょうか?ご助言をお願い致します。

  • 英文の和訳で困っています 和訳を助けてください

    英文の和訳で困っています 和訳を教えていただきたいです よろしくお願いします!! In naming the order he founded, Francis deliberately chose a word commonly used in his day to refer to the lower strata of society: Minores (or Friars Minor, Minorites), which carried pejorative connotations of dependency and legal incapacity. The impoverishment of the mendicant friar extended even to the loss of his name: Franciscans and Dominicans both used the names of their heavenly patrons and were identifiable only by the additional mention of their native towns. The friar lost himself in the anonymous crowd of the poor.

  • 英文の翻訳をお願いします!

    Nonetheless, in the Big Brother/It Could Be You society, great swaths of the population believe they can become rich and famous, and that it is highly desirable. (Oliver James "Selfish capitalism is bad for our mental health"より)

  • 英文和訳について、です。

    英文和訳についての質問です。 次の英文を和訳していただけないでしょうか? 宜しくお願い致します。 A sociologist named P. Townsend of England made an important discovery about poverty in a prosperous society. To summarize Townsend's argument in a very simple way: "There are people who can't do what everyone takes for granted, and that percentage rises rapidly below a certain income level." Will be. For example, let's say that there is a shared perception that having a bath at home is a matter of course for Japanese people. However, in rooms where households with incomes below a certain level live, the bathroom installation rate drops rapidly. Then, people with less than this income are "poor" in the sense that they are not enjoying what is taken for granted in society. Townsend called this relative deprivation (Relative Deprivation) and positioned it as an important feature of poverty in modern society.

専門家に質問してみよう