• ベストアンサー
  • 困ってます

年金受給者なので5000円支給されるようですが!

障害基礎年金を受給しているため 消費税増税に伴い5000円の給付が国からあるようです。 これは老齢基礎年金受給の70代ぐらいの年齢の自分の両親の世代も 対象なのでしょうか? その場合、その世帯に配られるのですか?それとも年金受給者一人一人 年金受給者 父5000円、母5000円 のように受給できるのですか? その場合、受給要件にどのようなことがあるか教えてくださいよろしくお願いします。 (`・ω・´)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数192
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

他の回答にもありますが (1)65歳以上の老齢基礎年金の受給者である。 (2)同一世帯の全員が市町村民税非課税である。 (3)前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,300円以下である。 この全ての条件を満たさなければ、老齢年金生活者支援給付金が給付されません。恐らく(1)はクリアされていると思います。問題は、(2)と(3)です。 (3)は簡単な話で、年金受給額が月額73,275円を超えていれば対象外です。仮に少なくても、確定申告等で月額879,300円以上の所得を申告しているのなら対象外になります。 (2)は、ご両親と質問者様を含めて世帯の中で1人でも市・県民税を納付しているのなら対象外と言うことになります。例えば、ご両親と質問者様とサラリーマンである弟さんが一緒(同一世帯)で暮らしている場合は、老齢年金生活者支援給付金は対象外となります。※障害年金生活者支援給付金は関係ありません。 仮に対象となるならば、世帯単位ではなく個人に給付されます。しかし、年金受給(障害年金・遺族年金を含め)が今年4月2日以降に初給付の場合は、市区町村役場に年金情報が伝わっていないため、自力で年金事務局(要電話予約)へ申し込みする必要があります。今年12月までに申し込みをしなければ、10月・11月分の給付はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 国民年金の寡婦年金について教えてください

    こんばんは。2点お尋ねします。 1)寡婦年金の夫の要件として、 ●障害基礎年金の受給権者であったことがない ●老齢基礎年金の支給を受けたことがない というものがあるかと思います。 なぜ、障害の方は受給権者であっただけで要件外になり、老齢の方は支給を受けていなければ要件内なのでしょうか? 両者の規定が異なる理由を教えてください。 2)一方、死亡一時金では同様の要件として、 ●死亡者が老齢基礎年金・障害基礎年金の支給を受けたことがない となっており、今度は障害も受給権者になっただけでは要件外にはなりません。 寡婦年金とはなぜ異なるのかご解説いただきたく存じます。 お手数ですが宜しくお願い致します。

  • 老齢基礎年金の受給権者とは?

    国民年金の遺族基礎年金についておたずねします。 死亡した者の要件として、以下のものがあります。 1.被保険者が、死亡したとき 2.被保険者であった者で、日本国内に住居を有し、かつ、60歳以上65歳未満であるものが、死亡したとき 3.老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき 4.老齢基礎年金の受給資格期間を満たした者が死亡したとき 3の『老齢基礎年金の受給権者』とは、具体的にどのような人が該当するのでしょうか? 保険料納付済期間や年齢によって判断されるのでしょうか? (保険料納付済期間が40年であり、かつ、65歳以上の人? 老齢基礎年金の支給を受けていない人?) また、既に老齢基礎年金の支給を受けている人については、この死亡した者の要件に該当するのでしょうか? (老齢基礎年金の支給を受けている人が死亡しても、遺族基礎年金は支給されない?) よろしくお願いいたします。

  • 年金受給の繰下げ

    もうすぐ65歳になり、老齢厚生年金・老齢基礎年金を受給するようになります。 現在働いていて、64歳から加給年金ももらっています。 老齢厚生年金を繰下げ受給すると加給年金は受給出来ないそうですけど、老齢厚生年金齢を繰下げずに、基礎年金のみ繰下げた場合は加給年金はもらえますか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

老齢基礎年金のほかに老齢厚生年金も受給されているなら、下記どちらか(あるいは両方)の要件を満たしていないと思われます。 (2)同一世帯の全員が市町村民税非課税である。 (3)前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,300円以下である。 そのため、対象にならなかったのだと考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。 父は住民税非課税ではなかったと思います。

  • 回答No.3

「年金生活者支援給付金」は年金受給者一人一人に支給されます。 一人一人が条件を満たしているかどうかで判定します。 下記URLをご参照ください。 おそらく(2)(3)の条件で非対象になっているのだと思われます。 https://www.mhlw.go.jp/nenkinkyuufukin/system.html 老齢年金を受給されている対象者には、「老齢年金生活者支援給付金」が支給されます。 【支給要件】 以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。 (1)65歳以上の老齢基礎年金の受給者である。 (2)同一世帯の全員が市町村民税非課税である。 (3)前年の公的年金等の収入金額※とその他の所得との合計額が879,300円以下である。  ※障害年金・遺族年金等の非課税収入は含まれません。 なお、質問者さんのような障害年金受給者の場合とは条件が異なります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。 老齢年金を受給している以外に老齢厚生年金とかを受給している場合は対象外なのでしょうか? (`・ω・´) よくわからないですが、父も母も厚生年金に加入していたからそのせいかなぁとも考えているのですが、違いますかね?

  • 回答No.2

リーフレットには、「世帯」という表現がありませんでした。 なので、受給者が対象になると思います。 詳しくは、0570-05-4092(ナビダイヤル) 050から始まる電話からは、03-5539-2216 月曜日:8:30~19:00 火曜~金曜日:8:30~17:15 第2土曜日:9:30~16:00 という案内になっています。 私のハガキの画像を参考に添付します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
noname#239212

通知が届いているはずだがな

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 年金生活者のはずの父と母には来ていないようです。 理由が良くわかりません。 もしかすると収入額の関係なのか?なぞです。勘違いかも知れませんのでも一度よくしらべてみます。

関連するQ&A

  • 年金受給について

    すみません。年金について、詳しいことがわかりませんのでどなたかご教授お願いします。 年金の受給について教えて下さい。 ▽仮定ですが、70歳夫(以後夫)と68歳妻(以後妻)がいます。  (1)夫と妻二人とも年金を受給しています。  (2)年金額ですが、夫150,000円(月額) 妻55,000円(月額)  (3)夫は、老齢基礎年金と、老齢厚生年金を受給しています。  (4)妻は、老齢基礎年金のみ受給しています。 上記の状況の場合に、夫が亡くなったと仮定します。 そうなった場合、  (1)夫の年金を、妻は給付されないのでしょうか。  (2)妻の年金額はどうなるのでしょうか。  (3)なんらかの遺族年金が給付されるのでしょうか。  (4)上記以外で、なにか変わることございませんか。 以上ですが、もし上記に関わるようなケース等もあればで結構ですので教えて下さい。

  • 障害基礎年金の支給期間について

    現在、国民障害基礎年金・共済障害基礎年金を受給していますが、これには年齢制限はなく一生涯受給出来るのでしょうか? 老齢基礎年金の受給資格の得られる65歳となった時、老齢国民基礎年金と老齢共済基礎年金へと切り替わるのでしょうか?

  • 年金受給者を被扶養者にすると、年金はどうなる

    老齢基礎年金(年400千円)程度+遺族年金(年1,000千円)を受給している母親を息子の私が同居老人扶養者にしたら、年金は減額されたりしませんでしょうか?多分減額されないと思うのですが確認したいもので。よろしくお願いします。

  • 年金の受給について

    両親と私、3人家族です。 両親は共に老齢年金受給者で、私は障害基礎年金受給者です。 父親は定年までサラリーマン、母親は殆ど専業主婦でした。 父親が死亡した場合、残された家族に老齢年金は支払われる のでしょうか。支払われる場合、現在受給している老齢年金 の何割受給できるのでしょうか。 ググってみましたが、分かりにくくて質問させて頂きました。

  • 年金の繰り下げ受給について

    日本年金機構のホームページには「老齢基礎年金と老齢厚生年金は別々に繰り下げ受給を設定出来る」とあり、老齢厚生年金を繰り下げした場合は、加給年金や企業年金連合会の企業年金も繰り下げ受給になる(ただし増額は無し)という記述があります。 では、例えば老齢基礎年金だけを繰り下げ受給の設定にし、老齢厚生年金だけを通常の65歳からの受給にすれば、厚生年金+加給年金+企業年金だけの受給という事になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 特別支給の老齢厚生年金と老齢基礎年金の繰上げ受給

    特別支給の老齢厚生年金と老齢基礎年金の繰上げ受給 の違いを教えてください。 基礎年金の繰上げとは? 早く受給ことになりますが、 定額部分のみを受給するということなのでしょうか? それとも、国民年金被保険者のみの対象なのでしょうか? 質問の追加部分が、めちゃくちゃで申し訳ございません。 僕の頭の中がこんな感じです。 ご回答お願いいたします。

  • 老齢基礎年金の受給開始後に

    老齢基礎年金についてですが、 A)老齢基礎年金の受給開始後に、本人が障害者となった時はどうなるのですか? B)老齢基礎年金の受給開始後に、本人が寡婦(寡夫)となった時はどうなるのですか? 上記A)及びB)について 以下の条件時ではそれぞれどうなるのかが知りたいです。 (1)年金を早めに(60~64歳で)受け取るようにしたとき (2)通常通り(65歳で)受け取るようにしたとき (3)通常よりも遅めに(66~70歳で)受け取るようにしたとき  ※ なんか、老齢基礎年金を早めに受給するようにしたら(60歳から)障害年金が    もらえなくなるとか聞いたので質問しました。    逆に、65歳とか70歳とかで老齢基礎年金を受給して障害者になったらどうなるのかなとか    障害者でなく寡婦(寡夫)になった場合ではどうなるのかよくわからなくなったもので・・・

  • 年金受給者の給与

    現在老齢基礎年金の支給を受けている者が、この度弊社に入社する事になったのですが、 給与はいくらまでなら年金の支給をストップまたは減額されずに済むのでしょうか?

  • 寡婦年金の要件について

    寡婦年金の要件について 以下の箇所が引っかかります。 死亡した夫が障害基礎年金の受給権者であったことがなく、老 齢基礎年金の支給を受けていなかったことが要件にあります。 ここからが質問です。 簡単に申すと障害基礎年金の場合、受給権(実際にもらうもらわないに関わらずNG)が 発生すると駄目なのに対し、老齢基礎年金の場合、受給権が発生(実際にもらっていなかったらOK) しても要件に該当するのですが、双方に違いがあるのはなぜでしょうか。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願い申し上げます。

  • 年金 種類 受給方法について

    父がH9年2月6日59歳で死亡し、現在まで母が遺族厚生年金をもらっています 家族構成 母 61歳 S21年10月5日  年金受給者 息子 31歳 S51年7月14日 今回の質問者です  会社員 嫁 31歳 S51年8月4日  公務員 母は中卒で16から働いて 厚生年金、結婚して父、会社員の妻 第3号被保険者になり国民年金をはらって、60で終了しました (1)今後、もらえる選択肢、種類はどんなものがありますか (2)65歳からもらえる年金 老齢基礎年金と遺族厚生年金はダブルで受給はできないと聞いてます  老齢基礎年金を受給がいいのか 遺族厚生年金は65以降も受給できるのか 受給できるのであれば、老齢基礎年金は繰り下げ受給したほうがいいのか  (3)今後、トータルで一番多くもらう方法 (4)厚生年金や国民年金を納めていない年があります。今問題になってる受給もれに該当する可能性もありますが、本人は覚えていないし、証拠となる物もありません 証拠となる物をみつけるしかないでしょうか (5)国民年金を納めてましたが、控え等は捨てずにもっていたほうがいいでしょうか (6)嫁が現在、働いてますが、出産の為8月に退職予定です。扶養になるのですが、国民年金に加入しないと老齢基礎年金がもらえないので入るべき?また老齢厚生年金は受給できますか 年金センターで以前聞いたのですが、ようく分かりませんでした。 教えてください。