• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関係代名詞なのに文の要素にならない?

関係代名詞は名詞の役割になり、文の要素SOCになりますよね? 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど文の要素にならないんですよね? 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、前の文を修飾する形容詞の役割なんですよね? 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、文の要素にならない修飾語句Mなんですよね? あっておりますか? もしも全部あってるとしたら、関係代名詞という名前と機能がめちゃくちゃじゃないですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数280
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (7798/9632)

以下のとおりお答えします。 >関係代名詞は名詞の役割になり、文の要素SOCになりますよね? ⇒関係代名詞は、「名詞を受ける役割」を担うので代名詞と呼ばれますが、一般の「代名詞が持つ機能のすべて」を担うわけではありません。一般の名詞や代名詞は文中でSOCのいずれにもなりますが、thatによる関係代名詞(という代名詞)はそのいずれにもなりません。 >関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど文の要素にならないんですよね? ⇒はい、関係代名詞thatは、常に文の従要素であって、主要素であるSOCを担うことはありません。そもそも関係代名詞とは、2つの節を結びつける働きをするので「関係」詞なのであり、先行の名詞や代名詞を受けるので「代」名詞なのです。そして、その2つの働きを同時に果すので「関係・代名詞」と言われるわけです。 >関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、前の文を修飾する形容詞の役割なんですよね? ⇒関係代名詞thatは関係節を導き、その節が前の節の中の名詞や代名詞を修飾する形容詞の役割をするので、この関係節は形容詞節の一種ということになります。(形容詞の役割をするのは、関係代名詞それ自体でなく、その関係代名詞の導く「節全体」が果す役割を言います。) >関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、文の要素にならない修飾語句Mなんですよね? ⇒関係代名詞によって導かれる節(関係節)が、先行詞を限定修飾または説明修飾する修飾語句Mである、ということです。関係代名詞thatはあくまでも代名詞の一種であって、それが単独で修飾語句Mになるわけではありません。 >あっておりますか? もしも全部あってるとしたら、関係代名詞という名前と機能がめちゃくちゃじゃないですか? ⇒めちゃくちゃではありません(めちゃくちゃなのは、失礼ながら、あなたの理解の仕方です!)。上述のとおり、2つの節を関係させるから関係詞であり、先行詞を受けるから代名詞であり、合わせて関係代名詞という名に見合った機能を果します。このように、関係代名詞は、その名称も機能も整然としています。 混乱を整理するために次の事柄を確認しておきましょう。 ☆形容詞の用法:限定用法と叙述用法 すでに触れたことがありますが、形容詞には2つの用法があります。名詞類を修飾する場合を限定用法、補語になる場合を叙述用法と言います。限定用法の形容詞は文の従要素(M)であって文型の構成要素にはならず、叙述用法の形容詞は文の主要素(C)であって、かつ文型の構成要素になります。 *関係節は限定用法にのみ用いられますが、それより広い概念の形容詞節は、多く限定用法に用いられますが、叙述用法に用いられることもあります。 ☆関係代名詞の用法:制限用法と継続用法 制限用法(限定用法)は、文字通り先行詞を限定修飾する用法で、直訳すれば「~するところの―」となります。継続用法(説明用法・非制限用法)は、カンマを介して先行詞を説明します。「そして、~する」とか「なぜなら~する」のように訳されることが多いようです。どちらの関係節も限定用法の形容詞節です。なお、thatはもっぱら制限用法で用いられ、whichはwhoどちらの用法でも用いられます(thatには継続用法がありません)。 例:There were few passengers that could escape without being injured.  「けがをせずに逃げることができた乗客はほとんどいなかった」。 There were few passengers, who could escape without being injured. 「乗客はほとんどいなかったので、(その乗客は)けがをせずに逃げることができた」。 *ここでは制限用法と継続用法とでかなり意味の異なる例を示しましたが、通常はそれほど大きく意味が違ってくることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 自分なりに一旦整理します 制限用法と継続用法 すこしずつ範囲がひろがってきていますね

関連するQ&A

  • 名詞節なのに接続詞形容詞節なのに関係代名詞that

    that節について 関係代名詞のthatは代名詞という名前なのに形容詞節で、 逆に 名詞節のthatは関係代名詞ではなく、接続詞のthatと呼ばれますよね? 形容詞節のthatは形容詞なのだから関係形容詞と呼ぶべきではないですか? 名詞節のthatの方を関係代名詞と呼ぶべきではないですか?

  • 補語(?)の関係代名詞

    関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

  • 関係代名詞と関係副詞の代名詞と副詞にあたる部分

    形容詞が名詞を修飾します。 副詞は動詞や形容詞、副詞、あるいは文全体を修飾します。 関係代名詞は接続詞の役割を兼ねる"代名詞"で先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 関係副詞は接続詞の役割を兼ねる"副詞"で、同様に先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 との説明があります。 関係代名詞の例としては、 Mr.Brown is the man who is in charge of the project. 関係副詞の例としては、 This is the place where we first met. との事です。 このwhoが代名詞で、whereが副詞にあたる部分なのでしょうか?いまいち理解できません。かなり低レベルですが真剣に悩んでいます。ご存知の方、ご教授ください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

「上位の文」の中にどんどん「下位の文」を埋め込んでいけますね。その「上位の文」を「主節」、「下位の文」を「従属節」と言います。 「節」というのは、「文」の中にある「文みたいなもの」です。ですから、「節」も五文型に分類できるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

  • 回答No.2

「関係代名詞」という用語は、学習者にとっては有用な用語ではありませんよね。わたしも目をパチクリさせておりました。でも、わたしは、代案があります。「修飾詞」と呼ぶのはいかが? 「関係代名詞」が「代名詞」と呼ばれるのは、そこから後の「節」内で、主語や目的語の役割を果たしているからです。「関係」と呼ばれるのは、英語での用語がそうだからで、直訳しただけのことです。 > 関係代名詞は名詞の役割になり、文の要素SOCになりますよね? なりません。なるのは、「文」の要素ではなく、「節」の要素です。 > 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど文の要素にならないんですよね? そのとおりです。「節」の要素になりますが、「文」の要素にはなりません。 > 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、 > 前の文を修飾する形容詞の役割なんですよね? 関係代名詞 that の用法のひとつは、前にある「名詞」を修飾することです。前の「文」を修飾することはありません。「名詞」を修飾するので、「形容詞用法」といいます。わたしの代替え案の名称は、ですから、「修飾詞」あるいは「連体修飾詞」です。「連体」と言うのは、「名詞を修飾する」という意味です。 > 関係代名詞thatは代名詞という言葉だけど、 > 文の要素にならない修飾語句Mなんですよね? 「文の要素」である「M」は、通常は、他の文の要素を形容詞修飾する語句は含まず、文の中で副詞の役割をして文の要素である動詞を修飾する要素をいいます。その「定義」で言うと、関係代名詞 that は「M」ではありません。 > もしも全部あってるとしたら、 > 関係代名詞という名前と機能がめちゃくちゃじゃないですか? あなたのご主張は、大体のところであっていますが、文法の正確なところではあっていません。でも、「名称」と「機能」が一致しないのは、言語ではごく普通のことです。それにあなたが気づかれたのは、学習が進んでいる、ということです。 例えば、「前置詞句」を、それが「副詞的」に働いていれば「副詞句」と呼び、「形容詞的」に働いていれば「形容詞句」と呼びます。名称の示唆する「形」と「機能」とが一致していない例ですね。 学習者用に、用語はなるべく分かりやすくする必要がある、とわたしは思います。実際、用語が多すぎると思います。 いかがでしょう? 関係代名詞と関係副詞を「修飾詞」と考えるのは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 節の要素とはなんですか?

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15058/32172)

 全部あっています。理由は、品詞と機能は違うからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 対応していないものもあるということですね

関連するQ&A

  • 関係代名詞に関する誤文指定問題について

    関係代名詞に関する誤文指摘問題です。 ○ 問題文   The report doesn't change the fact which we have an economy      that's expanding. ○ 選択肢と正解   (a) The   (b) which →正解は that   (c) an   (d) that's ○ 疑問点   関係代名詞にthatが使われる場合   ・ 関係代名詞が疑問代名詞を修飾する場合   ・ 先行詞が「人+物・事」の場合   ・ all,the first,the onlyなどに先行詞が修飾されている場合   と認識していますが、上記問題文の場合上のいずれも当てはまらないにも関わ  らず、正解が「関係代名詞はwhichではなくthatの(b)」となっていました。    thatが正解の理由がよくわかりません。   どなたか、わかりやすく説明してください。御願いします。

  • 関係代名詞が使われた文の a / the について

    質問させていただきます、よろしくお願いします。 関係代名詞が使われた文の a / the についてです。 私が使っているテキストに、 1.I know a girl who can speak French. とあるのですが、関係代名詞とは、関係代名詞のwho以降は前の先行詞girlの説明をしているんですよね。 ということは、a よりも the のほうが正しいのではないですか? 【フランス語を話せる女の子】と限定されていると思うのです。 関係代名詞が使われている文にはこういった説明ができるのでaは使われないのかな、と思っていたのですが、aが使われる場合はどのような場合なのでしょうか?m(__)m それとも、【フランス語を話せる女の子】が何人かいて、その中の一人のことをさしているのでしょうか・・・? あと、関係代名詞は人の名前(固有名詞)やmy, yourがついている名詞を先行詞にすることはできないと書いてあるのですが、たとえば曲のタイトルなんかもそうですか? 2."Natsuiro" is the song which I like the best. "Natsuiro" which I like the best is the song. (は間違い?) よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞と分詞

    名詞を修飾する際に使う関係代名詞と分詞の使い分けがテキストを読んでも分かりません。 混乱しています・・・ また、私の中では迷ったら関係代名詞を使えば間違いないのでは・・?と思うのですがどうでしょうか? ご教授下さい! よろしくお願いします。

  • 関係代名詞thatは接続詞ではない?

    関係代名詞thatは結局は接続詞ではないんですか? なんか接続詞に見えるんですが見えるだけであれは名詞、代名詞、関係代名詞ということですか?つまり名詞ですか? 接続詞と名詞が合体しているわけでもないんですよね?接続詞ではないんですよね?

  • 関係代名詞のthatは接続詞ではない?

    that節には、名詞節、形容詞節、副詞節がありますが https://www.makocho0828.net/entry/2016-09-22-%E3%81%93%E3%81%AEthat%E7%AF%80%E3%81%AF%E5%90%8D%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E5%89%AF%E8%A9%9E%E7%AF%80%EF%BC%9F%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91 こちらのサイトでは 名詞節と副詞節のthat節は接続詞ですと書いてあり、 形容詞節は関係代名詞と書いてあります しかしそもそも、関係代名詞自体はが代名詞+接続詞ですよね? 接続詞ではないという考え自体がおかしくないでしょうか?

  • 名詞が欠けていない関係代名詞節

    おはようございます、こんにちは、こんばんは。一つ質問をさせて下さい。  今使っている問題集の中で、関係代名詞の後で名詞が一つも欠けていないセンテンスにぶつかりました。  ちなみに前置詞+関係代名詞の場合、名詞が欠けている(ように見える)ことはありませんが、その文章は非制限用法の"which"というだけで、前置詞+関係代名詞ではありません。  問題文を引用できればよいのですが著作権の問題があるのでできません。そのため質問が相当わかりづらくなってしまいましたが、こういうこと(関係代名詞の後ろで名詞が欠けていない)は起こりうるのでしょうか?おわかりになる方よろしくお願いします。長い文章ですいません。

  • 関係代名詞

    関係代名詞を使って一つの文にしなさいという問題について Mr White is a teacher. I respect him. 1. Mr White is a teacher that I respect. となりますが、なぜ 2. Mr White that I respect is a teacher. ではだめなのでしょうか。 この場合先行詞がteacherなので、関係代名詞は先行詞の後において修飾するため 1の文章になるのでしょうか。 2の文章にするためにの 元の二つの文章はどうなりますか。 何となくイメージで理解しているため、的確に説明できません。 よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞の文ではなく最上級の文では?

    昔使っていた中三の英語の教科書の関係代名詞の説明では「先行詞が最上級などの場合関係代名詞はthatを用いる」 例文:This is the best book that I have ever read. と書かれており上の英文は先行詞が最上級でthatを用いた関係代名詞の例文として書かれていました ですが英検準2級の参考書に書かれている最上級の項目の文説明に 最上級+that+S+have ever+過去分詞「Sがしてきた中で一番・・・」 例文:This is the worst music that I have ever heard. このように最上級の応用表現として説明されておりました 思ったのですが中三の教科書の関係代名詞の説明で「先行詞が最上級などの場合関係代名詞はthatを用いる」という文の例文の This is the best book that I have ever read. という例文は 最上級+that+S+have ever+過去分詞「Sがしてきた中で一番・・・」 という最上級の応用表現ではないのか? と自分は思いました 実際のところ関係代名詞の例文として説明された文は関係代名詞ではない偽者の情報ですよね? わかる方いましたら教えてくれませんでしょうか?

  • thatの関係代名詞について

    thatって同格、名詞節、関係代名詞を作ると思うんですが 関係代名詞の場合、who/whom/whoseと置き換えるところを thatはすべてthat/that/thatにするんですか? その場合、who/whom/whoseと同様に目的格として使われている thatのみ省略できるんですか?