• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

油圧警告灯の赤色点灯でエンジンストール

日産プレセア1500cc1995年登録車10万キロオーバーです。 先日、300km+翌日50km程走行後12時間駐車後、エンジンを掛けたところ、わずか10秒に満たない時間でエンジンが停止しました。 惰性で道路の隅に止めて、再度セルを回せば始動しましたが、やはり10秒に満たない時間でエンジン停止でした。 仕方がないので、これを4,5回繰り返して惰性を利用して戻りました。 ... 結果はオイルを約500ccから1リットル程度追加して、この問題は解消し、その直後50km 走行しましたが問題はありませんでした。 ... エンジン停止時バッテリー、エンジン、オイルの3つの赤色警告灯が点灯しました。 問題が解消したことから、オイル不足でオイル警告灯(油圧警告灯)が点灯した結果と解釈するのが妥当と考えましたが、 *但し、キーオンでは3つのこれらの警告灯はセルを回すまでは点灯していますので、今回のようなエンジンストール時は警告灯が点灯してストールしたのか、他の要因でストールした結果警告灯が点灯したかは判断不能なのです。 ... 1日静止状態後、オイルレベルを確認したところHレベルより2mm程度多めのレベルになっていました。つまりLからHレベルではおそらく推測ですが500ccから1リットル程度の差だと思いますので、異常時にはそれほど極端にオイルが減少していたとは考えずらいのです。 ... 以上の疑問より、質問内容は その1 油圧センサーの異常が内在してる可能性はないか? その2 エンジンストールは油圧センサーの”油圧がないよ!”との信号によるECUの強制保護動作なのか? * エンジン焼き付きの感触は無く、オイル追加後は50kmを正常に走行出来た。 その3 再度、同様の問題に対処するため、当分補充用オイルは積載しますが、油圧センサーのコネクタに手が届けば、これを引っこ抜くことで、焼き付き覚悟で数百メートルから数キロ走行可能かな?と考えております。 以上、3点についていずれでもよろしいのでヒントなど頂ければありがたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数362
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

質問者様も考えずらいと思っている通り、オイル補充前でも不具合が出るほど減っていたとは思えません、おそらくレベルゲージの下限付近位だと思います。 その様な状況からもオイル補充して直ったという事も考えづらく、偶然のタイミングで起きた事と思います。 油圧センサーは単純に油圧の有無でオンオフするだけのスイッチで警告灯を作動させるだけです。 現在正常になっているという事でエンスト原因を特定するのは難しいですが、再発する可能性もありますので注意して乗られた方が良いです、今度発生してもオイル補充で直るとは思えません。(既に規定量入っていますので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは 今日も酷暑の中50km程走行しましたが問題はありませんでした。 症状から言えば、例えばエンジンがもたつくとか、掛かりが悪いと行った日常ありがちな 起動不良とは異なり、1秒程度で、即起動はするのです。またストールは全くの迷いはなく?停止するのです。AACバルブも含め単なる燃料、気化関連では無いとの判断です。 取りあえず結論として 1.油圧センサーは寿命が近く、交換が必要。 2.1000m近くの高所に3日間放置後、150km走行後酷暑の平地に帰宅、1日おいて翌日50km走行、 その後36時間駐車場にてエンジン始動時に記載の症状が発生。 この環境の変化が上記1の寿命と合わせて油圧センサーの接点部のコジリ、溶着など動作不良に陥った ?と 3.そして、油圧センサーの油圧有りの接点オンの作動時間に遅延が生じ、ECUがエンジン始動を(発電器端子などから得て、)確認後、油圧センサーをECUが読み取る時点には、まだ油圧有りを検知していなかった為、ECUがエンジンをストールさせたと推察しました。 なお、明らかに走行中ではハンドルもブレーキーも重くなることから、厳密にはエンジン起動直後3秒から5秒程度の間にECUは油圧センサーを読み取り、この短時間では走行中ではないとの判断だと推察します。 つまり、油圧センサーは原理的にクランクシャフトが回転し始めて、油圧がセンサーにかかるまでは、おそらく1秒程度はかかるのではないかとの推察です。油圧機器のように常にオイルがラインに満たされてる場合は即応答すると考えますがエンジンのようにオイルの末端は密封ではなく開放に近いと考えますので圧力が上昇するには遅延が生ずるでしょう。 そして、悪いことに、始動性は良く、セル回転1秒以内にエンジンが始動し、せっかちに即走行状態になったため、走行中のエンジン停止になったとの推察です。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

#5です。 しつこいと言われそうですが、追記します。 その車のエンジンECUに、油圧センサー(構造的にはスイッチです)はつながれていますか。 油圧センサーの信号は、オイル警告灯を点灯・消灯させるためにメーターパネルに入力されているだけです。 点灯すれば「直ちにエンジンを停止してください」という意味で、”赤色”です。 現実には、点灯してもそのまま走行する場合が多いです。 ネットでもそんな事例が多数出てきます。 メーカーの考え方の基本は「リンプホーム」です。 エンジンを停止するのではなく、とにかく家に辿り着けること優先です。 寒冷地の厳冬時を想定しています。 エンジン停止は生死に関わるからです。 余談ですが、バッテリ警告灯も赤色です。 過充電の場合、最悪のケースでは、バッテリ破裂・液飛散、過電圧により電子部品破壊、そして走行不能になりますが、こんな場合でもリンプホームです。 どんな状況であっても、エンジンを停止させるという機能は、当時の車にはなかったと思います。(新しい技術は知りません) 農機や建設機械では、付属器具に挟まれた操作者が、緊急停止スイッチに手が届かず、大けがをする事例が出ており、「とまれ」「ストップ」と叫ぶと、エンジン停止という制御が検討されたことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは 再度の回答ありがとうございます。 ECUが強制的にエンジンを止める事は無いとの意向は充分理解出来ております。 ただ、問題提起は、ある症状が発生したとき、その現象の認識と解明と、一般的 理解には普通なぜ、どうしてという疑問が当然の如く生ずるものです。 この理解しがたい問題を解き明かすことに興味があるのです。 ... この回答にたいしては、油圧センサーのコネクターにアクセスが容易であれば、おそらく即 おっしゃってる油圧センサー異常ではエンジンは停止しない事は確認出来ます。コネクタをエンジン始動後に外せば、その確認ができるからです。 残念なことにそこにアクセスする事は容易ではなさそうです。 今回はこの辺りで終わりです。何らかの症状が再度発生した時に又一歩進めるつもりです。 貴重な回答を頂きありがとうございました。

  • 回答No.5

90年代の車、とりわけエンジン制御に関しては、ある程度のことは分かります。 おっしゃるような、油圧低下を検知したECUがエンジンを停止させるという制御は、どのメーカーでも採用していなかったと思います。 何らかの異常発生時にエンジンを緊急停止させると、大事故につながりますから、そんな時は、出力を抑制すればよいわけですね。 実際、油圧低下時にそういう制御を入れるという議論もなかったと思います。 エンジン保護機能としては、オーバーブーストカットやオーバーレボリューションカットがありましたが、これらは出力抑制で、停止ではありません。 その車には自己診断コネクタが付いていますね。 kuro804様の投稿記事を以前読んだ覚えがあります。 ご存知のように、コネクタの特定の端子を短絡することにより、ダイアグコードを読み取ることができます。 何かコードが出ていますか。 「出ていない」という情報も重要です。 自己診断機能というのは、電気信号に限るのですね。 燃料、空気量、混合気の状態、点火系二次電圧(高電圧)の不具合は診断できません。 燃料系で言えば、ECUがインジェクタに信号を送った(送れなかった)ということは検知できますが、インジェクタが正常に動作したのか、動作したとしてもホントに燃料が出たのか、ECUには分かりません。 さて対処法ですが、故障診断機を持っているディーラーか修理工場に持ち込んでダイアグコードを読みだしてもらうのが先決でしょうね。 その前に、AACバルブが関係しているかどうかをチェックするために、AACバルブのコネクタ部、ハーネス、リード線一本ずつを揺さぶって、エンジン回転の変化を見てみるのも大切です。 一時的な接触不良には当時泣かされた苦い経験があります。 アイドリングでストールし、再始動容易であるところから空燃比のミスの可能性大だと推測できるからです。 ダイアグ確認時、空燃比補正を見てもらうと、その値から空燃比の狂いの有無が分かります。 そこからAACバルブやインジェクタの状態も推測できます。 できればAACバルブの点検・清掃を依頼されたら如何ですか。 もちろん、DIYも可能ですが、私はそのような不具合に遭遇しなかったので、分解・清掃の経験はありません。 先ずはAACバルブではないということを確信してから、次のステップへ進みたいですね。 容易に再始動できていますから、プラグがかぶっていないと判断できるでしょう。 高温によるイグナイタの不具合も考えられますが、そうであれば、しょっちゅう再発しますからね。 また、エンジンストール直後は冷却風がなくなり、温度が急上昇しますから、再始動困難になることが多いです。 オイルの継ぎ足しという作業後、不具合が出ていないという現実ですが、何故そうなったのか、全く因果関係は分かりません。 不具合箇所が見つかれば、なんだこんなことかと、後で思うことが多いですが、なかなか気づかないものですね。 何かの参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは 詳細は回答者No4様に記しましたが その後も再発はせず、正常に動いています。 とにかく、症状が4,5回全く同じ症状、及び起動はセルが廻ると即始動、これが悪いと、点火系統や燃料系統と考えるのですが、あまりにも短時間の始動、ストールがぶれなく4回から5回見事に同一に繰り返されたので、考慮外に取りあえず致しました。 取りあえずの結論は 油圧センサーが寿命に近いのか劣化が進み、所定の応答時間内に油圧の検知が遅延した。 この結果、ECUはエンジン始動後の所定時間後に検知する油圧有りの信号を見逃し、油圧無しと判断した。 そして、このECUの油圧検出のタイミング時点では、設計者は始動時点であり、走行中とは考えなかった。 もし、せめて当方のエンジン始動が数秒かかる、始動性の悪さがあれば、停止状態で始動の出来ない症状となり、いまもって広い要因考えざるを得なくなっていただろうと思いました。 車の油圧センサーは油圧ラインの末端はほぼ開放状態で圧力の伝達は時間的遅延を生ずると、一方一般的な油圧機器と呼ばれる油圧を使用するラインは密封状態であり、油圧の伝達時間の遅れは無いと考えています。 以上、ドシロウトの現状の推察です。有意な回答を頂き感謝致します。

  • 回答No.3

オイルのプレッシャー検出センサーは リフトアップする必要があるのと、もしかすると 手が入らない(周りをはずさないと) ただ部品代は安いし簡単な作業です(電球を取り替えるのと さして変わらない) 一度やったことがあるけど、今は必要ないし体力が低下して、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは そうですね、ネットで情報をあさったのですが、場所はオイルフィルタの近くで場所は容易に分かりそうですが、 場所は分かっても、多くの場合は専用の、あるいは特殊はソケットとフレキシブル?、関節が2カ所程度のハンドルが必要なようで、場合によってはエンジンを降ろすほどの場合もあるとの認識です。 まあ、この点は車屋さんで交換の見積をすれば済むことなので、先の先の事と考えてます。

  • 回答No.2

オイル不足は焼きつくところは 点検してレベルゲージに付いてこない、程度までへって更に 走らないと起きないようにおもいます。 去年廃車したクルマは何度もLoまで減ってましたが焼きついていません 昔雑誌のチャレンジ記事でオイルなしでどれくらい走れるか?って のをやってましたが案外走れるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おはようございます。 早々の回答ありがとうございます。 そうなのです、私も長く現状の車以外にも車に乗ってきましたが、余り管理が良くなく、オイルなどLレベル以下まで乗り続けた事が幾度かありました。但しオイルランプ点灯までは行きませんでしたが。 しかし、今回のようなエンジンストールは初めての経験です。 以前、フローセンサー部のコネクタハンダ付け破断で、回転数が約3000rpm以上廻らなくなった経験が有りますが、これはECUが制限して修理屋まで低速で動ける配慮と思いました。 今回の症状は 油圧低下検知=>油圧警告灯点灯ー>ECUによるエンジンカットー>エンジン停止ー>油圧、エンジン、バッテリーの赤色警告灯全点灯 との経緯と推察しています。 この推察は、エンジン停止があまりにもキッパリと停止します。燃料不足などでは、途中あえぎなどの症状が出るかと思われますが、4回から5回の始動操作で、すべてキッパリとしたばらつきのない同一症状を呈しましたので、起因はセンサーの油圧低下信号と考えます。 ... そこで、現実にはそれほどオイルレベルが下がっていないのに...なぜ? との疑問がのこります。 思いたくはないのですが、油圧センサーの劣化による不具合...当たりが考えにうかびます。 しかも、このセンサーの交換には素人は難しそうです。

  • 回答No.1
  • zakogun
  • ベストアンサー率56% (69/123)

小さな自動車屋を営んでおります。 大切に乗ってこられたのですね。 中々そこまで思考を巡らせるオーナー様はいらっしゃいませんので、メカニックとしてとても嬉しい気持ちになります。 ストールの原因ですが、主に考えられる要因は点火不良か燃料がきていないかです。 質問者様の症状をお伺いしてまず疑わしいのはプラグかイグニッションコイルです。 燃料がきていないと、大抵始動不良を起こしたらそんなにすぐには回復しないと考えます。 エンジン停止時の警告灯に関してはあまり気にされる必要はないと思います。 走行中やアイドリング中につくならトラブルの可能性が高いのですが、今回の場合エンストという明確なトリガーがありますので。 また、通常ECUはエンジンを止めるという制御は行わないものですので、油圧センサーのトラブルの可能性は低いと思います。 イグニッションコイルもプラグも、やってみれば簡単に点検や交換が可能ですからもし気が向けばご自身で調べてみるのもありかなと思いますよ。 我々メカニックにご依頼された場合でも点検に要するのはかかってもせいぜい30分程度です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々にご回答ありがとうございます。 取りあえず、記しましたようにオイルの追加で正常になり50km程正常に走れましたので 目下、様子見です。 ただ不安は、明らかなオイル不足にしては、それほど過剰な減少では無かったので 不安が残ってるしだいです。

関連するQ&A

  • 突然のエンジンストール、油圧警告灯点灯について

    トヨタエスティマACR40Wに乗っています。 今朝エンジンを始動したら数十秒ほどで回転数がいきなり4千くらいまで上昇し、エンジンストールしてしましました。 油圧警告等がついたのでオイルゲージを確認したらFULLレベルまで入っており、再度セルを回してもエンジンが掛かりません。 感じとしては、ガソリンがまったくエンジンに送り出されていない感じです。 普段は通勤の足として使っているのですが、先日帰宅まで問題なかったのですが・・・・ どなたか似た症状や原因がお判りでしたら情報をお願いします。

  • エンジンが温まると油圧警告ランプが点きっぱなし

    一般的な意見をお聞きしたいと思い質問させていただきます。 以前より油圧警告ランプが、走行中に時々点くようになりまおにした。 点いたときは、数分した頃に信号などで一旦停止(アイドリング状態)し再度スタートしエンジンの回転を上げていくとランプは消えていました。 また、下り坂でよく点灯していました。 気になったので、オイルのゲージを見てみると、Fのラインより1mmほど上でしたので、少しオイルを抜き、FとEの中間くらいにしました。 オイルの量を調整した後、テスト走行したところエンジン始動から数分後にまた点灯し、今度は一旦停止しても消えなくなってしまいました。 エンジンを完全に切ったあと、再度エンジンをかけると数分は消灯しています。 重大な故障の症状でしょうか? 近々みてもらう予定です。 ちなみに、オイルとエレメントは交換してから2ヶ月で走行距離4000kmくらいです。 車は78プラドです。 それともう一つ気になることがありました。 エレメントは、ネットで購入した安物なんですが、若干太くてレンチが使えず、手締めしていました。 締めがあまくて、油圧が下がっているということは、ありますでしょうか?

  • オイル油圧警告灯が点灯するんです!

    めちゃめちゃ困っています。 長年放置12年間されていたバイクを買いました。 走行はわりと快調に走るのですが、エンジンが暖まってきた時にアイドリングをすると赤いオイル油圧警告灯が点灯して回転が900rpmとかになってきて(通常1200rpmくらい)エンジンが止まります。  自分でできる応急処置としてオイル交換はしましたが症状はなおりません。オイルは結構汚れてました。フィルターは交換してません。 やっぱりスラッジでオイル潤滑路のどこか詰まってるんでしょうか? フラッシングオイルすると直りそうでしょうか? エンジンのOHとかしないと直らないでしょうか? 

  • エンジン警告灯が点灯してしまいました

    平成4年式トヨタハイラックスサーフですが、3日前からエンジン警告灯が点灯してしまいました。毎日通勤(片道35キロ)していますが、行き帰りそれぞれ約20キロ程走行した頃に点灯します。 自宅と会社の駐車場に停車し、出勤と帰宅する場合は普通にエンジンもかかり走行に問題もない気がしますが、警告灯が点灯した後に信号で停車すると、アイドリング??が激しく、警告灯が点灯する前よりエンジンが震える気がします。 また、そのまま走行し会社のパーキングに停車する際、何度か切り返しを行いますが昨日と今日は車体から黒煙が出ました。 近日中に修理に出すよていですが、このまま低速で走行することは可能ですか?途中でエンジン停止や炎上すりのではないかと心配です。 また修理がどのくらい費用がかかるのでしょうか? 1週間前にオイル交換をし、その際に燃費がよくなるという何か缶に入った物を入れたのが原因でしょうか? オイル交換をした時はエンジンも調子が良いし、と言われたのですが・・・ どなたか、詳しい方回答をお願い致します。

  • 油圧警告灯の点灯について

    お世話になります。 エスティマルシーダ TCR20Gに乗っております。 105,000キロ走行。 エンジンをかけると5~10分の間、油圧警告灯が点灯します。 (ジョウロのようなマークから液体がポツンとたれている模様の赤ランプ) 走行中はぼや―ッと点灯することもあります。 (明るく点灯を100%としたら40%くらいの明るさ) 消灯することもあります。 現在はぼやーっと点灯したり、消灯したりという状態です。 (点灯時30%、消灯時70%くらいの割合でついたり消えたり。) エンジンオイル他、油量は通常レベル値にあります。 取説には「車を安全な場所に止め、toyotaに連絡を」と書いてありました。 どのような原因でこのような症状が出るのでしょうか。 整備士や経験者の方で、具体的にお答えいただける方からの ご解答をお待ちしております。

  • エレメントを交換したらエンジン警告灯が消えた

    お世話になります イプサム 走行距離17万キロの車ですが エンジン警告灯がしばらく点灯していました(名称があっているでしょいうか?  エンジンの形をした警告灯で 取説には「エンジン警告灯が点灯したら 走行を中止し ディラーに持ち込むように」 といった指示があったかと思います) 今日オイル交換をし、エレメントを交換しましたが、その後、 エンジン警告灯が点灯しなくなりました・・・・(オイル油圧の警告灯ではなくエンジン警告灯です  オイル交換前もオイル量も十分入っていました) 警告灯が消えたのは エレメント交換と関係があるのでしょうか?  または偶然でしょうか? 以前、 「エレメントが目詰まりをすると、プレッシャーバルブが閉じる」 との 書き込みを見たことがありますが もし プレッシャーバルブが閉じても警告灯は点灯しないとの説明があったかと思います・・・・・・プレッシャーバルブが閉じると 警告灯が点灯することがあるのでしょうか? 教えてください

  • JZ30 ソアラ エンジン警告灯点灯

     97式 JZ30GTTですが、たまにエンジン警告灯が点燈すます 点灯の傾向は、アイドリング不調(信号待ちでストールする事あり) その後気付くとエンジン警告灯点灯するような??  点灯中の走行は問題無しですが、やはり気になります!  点灯後10分程走行しているといつの間にか消灯しています  なぜこのような現象が起きるのでしょう???  対処法は有りますか?? やはりメーカではないと修復出来ないのでしょうか??

  • 油圧警告灯に詳しい方よろしくお願いします。

    2012年グレートウォール V240 4ドア ピックアップトラックの油圧警告灯についての質問です。 エンジンをつけで五分くらいすると油圧警告灯の赤いライトがつくので、私なりに調べ、エンジンオイル、オイルフィルター、オイルプレッシャースイッチを交換したのですが相変わらず油圧警告灯がついています。アクセルを踏むと警告灯は消えるのですが、それでも運転するのはエンジンが危ないでしょうか?? あとドアセンサー も調子が良くなく常に半ドアのライトがついています。簡単に直す方法はあるのでしょうか? P.S.中古でとても安く手に入れたので、状態はあまり良くないように思えます。 まえのオーナーさんは一度オーバーヒートし車屋さんでサーモスタットをとりかえたそうです。ラジエーターのキャップ部分からも水漏れしていたので、キャップを新しく交換しました。私が交換する前に前のオーナーさんはラジエーターの漏れ防止のキラキラするやつをラジエーターの水に混ぜていたあとがあります。 試せることは全て試したいのでどうぞみなさまご指導、ご指摘よろしくお願いします。

  • W221 エンジン警告灯点灯について

    詳しい方、同じ経験ある方、おみえでしたらご教授願います。  アイドリング時のちょっとした車体の振動(タコメーターでは変化が現れない、体に感じる瞬間的なエンジン回転のバラツキの繰り返し)が気になる時がたまにありました。それを感じるようになってしばらくしたある日走行中にエンジンの警告灯(黄色)が点灯しました。2,3日点灯したままになったかと思うと消灯し、また点灯するの繰り返しです。  個人の修理さんで汎用テスター(DASではない)に繋いで異常の履歴を見てもらうと、廃気側、カムポジションセンサーの異常と言うことで、自分で交換しました。 しかしいっこうに直らないのです。 カムカムポジションセンサーは、吸気側も含め4ケあるので、交換しても直らないため外した物を順次に未交換箇所に付け替えてみましたが、やはり直りません。購入品が不良ならともかく、他に何か原因は何が考えられますか?

  • エンジン油圧ってどういう意味?

    エンジン油圧について質問です!エンジン油圧とはどういう意味なんですか?エンジンの油温が低い時は油圧は高く、逆に油温が高い時は低くなるじゃないですか?って事はそれってオイルの硬さを計ってるんですか?油圧じゃなくてオイル硬度?っていう意味なんですかね?何か圧という漢字が使われているからオイルポンプか何かで吐出される時の圧力なんかなぁ~って思ってしまいます、更に言えば細かな決まりがあって1平方センチメートルに掛かる圧力とか細かな定義があるんでしょうか?いまいち分からないんで教えて下さい!ちなみに圧力の受感部って何処になるんでしょうか?一般的にはオイルフィルターのとこにアダプター噛ましてそこに油温のセンサーや油圧のセンサーを取り付けて測定してるじゃないですか?正直オイルのライン上ならどこで計ってもいいんでしょうか?