• 締切
  • 暇なときにでも

「著作」は副業として認められやすいものか?

  • 質問No.9617817
  • 閲覧数69
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 28% (153/542)

副業が禁じられている職業は多いですが、
「著作」は例外的に副業として認められることが多いですか?
本を書いたり、雑誌等に投稿したりするのは、ほとんどの職業の人で認められている行為だと思っていますが。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 27% (4036/14638)

他カテゴリのカテゴリマスター
そもそもそも、、憲法において職業選択の自由が規定され、つまりはどんな職業をいくつやろうが憲法上の権利であ~る。
従って、副業を禁じる事自体が憲法違反なのであ~る。
ergo 副業は自由にできるのであ~る。
but 本業との雇用契約も有効であるからにして、その契約が正常に履行できないような副業はマズイのであ~る。しかし、あくまで雇用契約の履行の問題であって、副業そのものを禁じている訳ではないのでR。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 22% (4171/18644)

他カテゴリのカテゴリマスター
 
認めるかどうかは会社が判断します。
当社のケースですが夜間にクラブで接客してる従業員が居ましたが、母親が経営者でありその手伝いとの事で副業禁止の会社ですが問題なしとなった。
(節税対策で母親は娘(当社社員)を従業員として給料を支払ってた)

 
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (241/1457)

認められやすい手軽な副業でNet投稿でも”人生相談でも”収入になりますから
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ