• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

破産手続き準備状態と貸倒引当金

取引先から破産手続きの準備中となったとの旨連絡がありました。 これから破産手続開始の申立を行うということですが、その間に 決算を迎えました。 色々Webを見ていると法律上破産手続開始が行われてから、預け資産 から50%を引当として計上できるという情報がありました。 ただ私の場合、厳密な話としては、まだ裁判所への申立が行われていないので、 事実上は破産ということは把握できているのですが引当金には計上しないのが正しい税務処理でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数342
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

取引先の代理弁護士からの申立により裁判所からの破産開始決定後、通知書が届くと思います。 その決定日において個別評価金銭債権に係る貸倒引当金の法的事由を満たします。 それまでは一般評価金銭債権に係る貸倒引当金の計上となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シンプルにわかりやすい回答大変助かりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 貸倒損失と貸倒引当金

    裁判所から取引先の「破産手続開始等の通知書」が送られてきました。 この取引先には受取手形が200万円ほどあります。 この時点では債権金額の50%を貸倒引当金に設定すればいいのでしょうか? 破産手続開始等の通知というのは、破産手続き開始の申立てとどうちがいますか? いまいち、言葉の違いが分からず、貸倒損失にするのか、貸倒引当金にするのか分からず困っております。 また、50%を貸倒引当金にした場合、翌期になっても返済金額が決まらない場合でも、1年以上取引がないことになるので、残りの50%を貸倒損失に落としてもいいのでしょうか? 貸倒引当金と貸倒損失の使い分けが分かりません。 よろしくお願いいたします。

  • 貸倒引当金について

    貸倒引当金に関して、法人税基本通達では 9-6-1 法律上の貸倒れ 9-6-2 事実上の貸倒れ 9-6-3 形式上の貸倒れ となっています。 形式上の貸倒では売掛債権から備忘価格1円を控除した全額が引当金となる場合と、×50%した 額が引当金になる場合があるようですが、これら2つはどのように使い分けるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 貸倒引当金設定後、貸倒れた場合の処理

    ものすごく基本的なことなんですが、教えてください。 例題です。 前期、破産申立てしたA社に対して、1,050万円の売掛債権がある。 今期、破産手続が完了し、配当なしの旨の通知がきた。 <前期>    貸倒引当金繰入  525万円  /  貸倒引当金  525万円 <今期>(1)    貸倒損失  1,000万円  /  売掛金  1,050万円    仮払消費税    50万円 とするのかなと思っていたんですが、 中小企業の会計に関する指針を眺めていましたら、 <今期>(2)    貸倒引当金 525万円   /   売掛金   1,050万円    貸倒損失  500万円     仮払消費税  25万円 となっていました。 でも、(2)のようにすると、 消費税自動税抜きのシステムに入力すると、25万円、仮払消費税の金額が変わってくるかと思うのですが…。 結局、会計上の処理は、(2)の処理で、 税法上の処理(別表調整はしません)は、(1)になると思うんですが、 どうなんでしょうか? ご回答、よろしくお願いいたします。 

  • 賞与引当金の処理

    弊社で賞与引当金繰入 10万 賞与引当金10万という会計処理をしていましたが実はその内、給料手当に計上すべきものが1万入っていました、また給料手当でその1万分を計上していたということが弊社の担当から連絡がありました。その際下記の仕訳をするということなのですが ↓ 賞与引当金 1万 給与手当 1万 この仕訳は成り立つものなのでしょうか? 私としては 賞与引当金 1万 賞与引当金戻入 1万するなかなと思うのですが。。。。 会計上・税務上でなにかアドバイスを頂けないでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 賞与引当金

    2007年末で社長が交代し、2008年以降前社長は一般の従業員扱いで勤務しています。 2008年中の前社長の賞与を、海外本社(外資の親会社)への旅行(2009年実施)というかたちで支給することになり、2008年に賞与引当金を計上しました。 その際の仕訳は以下の通り。 賞与引当金繰入 100 / 賞与引当金 100 2009年4月に実際の旅行が行われ、80の支出があった場合の仕訳を教えていただけますでしょうか。 以下の2通りのどちらかが良いかとは考えているのですが、それ以外に適切なものがあれば、それも含めてアドバイスいただければ助かります。 (1) 引当金を全額取り崩し、差額をPL計上   賞与引当金 100 / 現金        80                賞与引当金繰入 20               (または、賞与引当金戻入?) (2) 前年の逆仕訳をして、実際にかかった分を当該科目で費用計上   賞与引当金 100  / 賞与引当金繰入 100               (または、賞与引当金戻入?)   旅費    40  / 現金80   交際費   20     ○○費   20 また、これらの仕訳の違いによる税務上の扱いの違いがあれば、教えてください。

  • 貸倒引当金繰入額の計上について

    決算月が6月で、今期の12月に受取手形1,000,000円受け取りましたが、その振出人である得意先が11月に会社更生法を申し立て、裁判所から更正手続き開始の決定を受けた段階です。 現在は、不渡手形100万/受取手形100万、の仕訳をしています。 個別評価金銭債権は50%貸倒引当金繰入額に計上できる、との事ですが、不渡手形勘定はそのままで、単純に 貸倒引当金繰入額50万/貸倒引当金50万の仕訳を追加するだけでよいのでしょうか? 「破産更正債権」勘定を使用する必要があるのでしょうか? 個別評価金銭債権の貸倒引当金と、前期で計上した一括評価金銭債権の貸倒引当金と勘定科目を区別して計上する必要があるのでしょうか? 貸倒引当金繰入額の計上は会社更生手続開始の決定を受けた時点で50%計上しても構わないのでしょうか?それとも期末で計上するべきでしょうか?

  • 債務者が破産したときの、遅延損害金の計算期間について

    私は給与債権を持っているのですが、勤めていた会社(債務者)の、破産手続きが開始されるようで、「破産手続開始通知書」が送られてきました。 そのため「破産債権届出書」を書いているのですが、その中に 遅延損害金 を書く欄がありました。 この遅延損害金なのですが、破産手続が開始されると、「支払日」までではなく、「破産手続開始前日」までの期間についてだけしか請求する(届け出る)ことができない、となんとなく聞いたことがあるのですが、その理解は正しいでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

  • 破産できない会社からの債権回収について

    取引を行っていた会社(株式会社です)が営業停止し、代表だけが破産申請しました。会社は事実上倒産ですが、破産手続きできない状態です。ただ、代表者の「破産手続開始通知書」はこちらには着ました。少なくてもよいのでどうにか回収できないでしょうか?

  • 破産手続開始について

    根抵当権の被担保債権の範囲の中で民法398-3II、回り手形、回り小切手の制限について教えてください。 ”債務者の破産手続き開始”というのがありますが、破産手続開始決定と破産手続申し立てというのは具体的にどうちがうのでしょうか? ある本では、”破産手続開始したとき”というのと”破産手続開始決定”というのも意味が違うようなのですが、破産について意味がわからず、困っています。 よろしくお願いします。

  • 貸倒償却について

    取引会社(売掛金残有)が当社の決算日の1週間後に破産手続の申請をした事が判明しました。その後受理されました。その会社とは1年以下で、5回程の取引があり、ここ2年は取引のないまま請求だけしてました。 この場合決算後に申請していても、全額貸倒償却しても良いのでしょうか?それとも貸倒懸念債権として、半分までを引当金処理するべきなのでしょうか? 取引が1年以下で、取引自体も少ないので、継続的取引と判断できるかどうかも問題と思われます。 拙い文章ですが、よろしくお願いします。