解決済み

税理士から銀行通帳の開示を要求されています?

  • 困ってます
  • 質問No.9609409
  • 閲覧数101
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 79% (126/159)

おおきな家賃収入があります。
税理士に確定申告をお願いしています。
家賃収入や生活費の出し入れ等の銀行通帳は一つにして有ります・
税理士より確定申告の手続き(書類作成)をする際、銀行通帳のコピーを要求されました。
銀行通帳のコピーを渡すとこまごまな生活内容が分かりいやな気分になります。
そこでお尋ねしたいです。
1.税理士はお金の流れを知りたいので通帳のコピーを要求しているとのことです。税理士は銀行通帳のコピーを要求するのは当たり前ですか?
2.お金の流れを知りたいならば、家賃収入や税金の支払いの記録を別に報告すれば良いと思いますが。
3.収入と税金支払い記録の通帳と、生活費の記録の通帳の2冊(銀行は異なる)を持ち、税理士には収入と税金の支払い記録の通帳のコピーを提出する方法でもよいですか。もちろん生活費は月1に何十万と下ろします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 32% (5812/17615)

他カテゴリのカテゴリマスター
非常に単純な話です。

>1.税理士はお金の流れを知りたいので通帳のコピーを要求しているとのことです。税理士は銀行通帳のコピーを要求するのは当たり前ですか?

ごく一般的です。

>2.お金の流れを知りたいならば、家賃収入や税金の支払いの記録を別に報告すれば良いと思いますが。

その記録が正しい事は、どのように担保(証明)しますか?
通帳のコピーであれば、それが正しい記録としての証明になります。
そのコピーが正しいのかどうかの証明を税務署から求められた時、通帳原本をその時に見せれば良いだけの話にないmす。
別の内容で記録したのなら、その記録をしたものとデータがある入金記録(つまり通帳)から再度抽出して確認しなければなりません。
なので、通帳のコピーを入金記録の証拠品とする方が良い訳です。


>3.収入と税金支払い記録の通帳と、生活費の記録の通帳の2冊(銀行は異なる)を持ち、税理士には収入と税金の支払い記録の通帳のコピーを提出する方法でもよいですか。

基本的に、事業としてのお金の出入りと個人としてのお金の出入りは、別にした方が良いという話です。

生活費は、生活費用の口座を用意して、月に一回など、事業用の口座柄一括移して(全額だって構わないですが)、自分の生活用の口座で生活関係のものは行えば良い訳です。

税務署は金額とお金の流れをかくにんしたいわけで、あなたの生活費が何に使っているのかなどを見ている訳ではありません。
ですが、何に対していつどこから、いくら入金があったなどの事業で動いたお金。というのであればその内容を確認する訳です。

なのだから、義業として入ってくる口座、出て行く口座は、個人の生活のものとは分けた方が良い訳です。
お礼コメント
39116859

お礼率 79% (126/159)

ご教示頂きありがとうございます。
貴兄の案(特に>3.)に従いますので一番にしました。
投稿日時 - 2019-04-23 10:14:29

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (3261/7556)

他カテゴリのカテゴリマスター
1の要求は当然のことでしょう。
大家をしていると生活費と按分する費用が多くそこをプロとして判断してくれるのが税理士で、さらにチェックするのが税務署です。
きちんと理由を知りたいのであれば税理士に説明を求めてください。

税理士には守秘義務がありますから個人的な生活内容を知られたところで不都合はありません。税理士に依頼していると長年の信頼関係もあり諸々のアドバイスが頼りになりますし、税務調査が入っても立ち会いや同席してくれて税務署とのやりとりもスムーズにできました。

腹の内を探られて嫌な気分になるのでしたらご自身ですべての申告業務をすることをお勧めします。いずれにせよ税務署から調査が入った場合はすべて開示しなければなりません。
お礼コメント
39116859

お礼率 79% (126/159)

早速のご返事ありがとうございます。
これからも教えてください。
投稿日時 - 2019-04-23 10:18:03
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (3923/14121)

他カテゴリのカテゴリマスター
1 当たり前です。
2 それでも構いませんが、その記録は正式なものですか?第三者の証明する書類でない限り、疑われた場合に反論できません。
3 それでも構いませんが、確実に分離できますか?
大きな家賃収入なので事業所得となるでしょうから、あれやこれや、生活費と思えるようなものまで経費として落とす事も可能です。あなたが勝手に判断する事で税額がかなり増える可能性もありますが、構いませんね?
また、酷税から調査が入った場合は、全ての通帳その他、不審と思われれば天井裏から床下も調べられる事になります。その時に、妙な入金があったりしてきちんと釈明できない場合は脱税として摘発されかねません。税理士は把握していない通帳の責任など持ちません。よろしいですね?
お礼コメント
39116859

お礼率 79% (126/159)

早速のご返事ありがとうございます。
これからも教えてください。

No.2かNo.4のどちらをベストアンサーにするか迷いましたが、No.4にしました。
申し訳ない。
投稿日時 - 2019-04-23 10:20:05
  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (3842/12143)

嫌なら自分でやる。

個人口座と事業口座が一緒でも別でも、
「質問者様の収入」の確定申告をするのであれば、
当然収入と支出が明確にわかるものが求められます。

リスト作って渡しても、それがあっているか確認する必要もあります。
お礼コメント
39116859

お礼率 79% (126/159)

早速のご返事ありがとうございます。
これからも教えてください。
投稿日時 - 2019-04-23 10:16:58
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ