• 締切済み
  • 困ってます

中学数学の図形の問題です

教えてください 図のようにAB=6 AC=3 ∠ACB=90°の直角三角形ABCがあり、∠BACの二等分線と辺BCとの交点をDとする。また∠BCG=90°の直角三角形BCGがある。円Oは辺BC、CG、BGとそれぞれ点D、E、Fで接している。 (1)円の半径はいくつか (2)FGの長さはいくつか (3)△BFCの面積はいくつか よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数351
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5
  • bunjii
  • ベストアンサー率43% (3576/8207)

回答No.4に誤りがありましたので訂正します。 点Fから線ABへ垂線を引いてその長さを算出するには      ↓ 点Fから線BCへ垂線を引いてその長さを算出するには また、(2)のFGの長さは回答No.3の求め方で良いようです。 当方で∠DBFを求めて三角関数から線BG-線BFで求めた値が一致しました。 (3)の△BFCの値の求め方は省略します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • bunjii
  • ベストアンサー率43% (3576/8207)

>(1)円の半径はいくつか 正解が出ているようです。 ∠BACが60°になることは理解てきていますか? ∠CADは∠BACの半分ですから30°です。 線DCが△BCGの内接円の半径と同じになりますので三角関数で求めます。 線OE=線DC=3×tan30°=√3 >(2)FGの長さはいくつか 設問では∠CBGが60°にならないので筆算では算出できません。 また、(3)の面積計算と無関係なので何のための設問なのでしょう? >(3)△BFCの面積はいくつか 線FC上に内接円の中心(O)が重なりません。 設問に誤りはないですか? (2)と同様に∠FBDの角度を逆三角関数で求めなければならないので筆算では算出できません。 当方での算出結果では約53°になりました。 ∠FBD=atan(線FO÷線BF)×2≒53° 点Fから線ABへ垂線を引いてその長さを算出するには三角関数を使う必要があります。 今回の回答はここまでにします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

(1) 直角三角形ABCにおいて、BC=3×√3=3√3、∠ABC=30°、∠BAC=60° 直角三角形DACにおいて、∠DAC=60°/2=30° よって、直角三角形ABCと直角三角形DACは相似であるから、 CD=AC×AC/BC=3×3/3√3=√3(半径) (2) BD=BF=BC-CD=3√(3)-√3=2√3 直角三角形BCGの面積をSとすると、 2S =CG×BC =(CE+EG)×BC =(FG+√3)×3√3 =3√(3)FG+9-(a) また、 2S =(△OBCの面積+△OBGの面積+△OCGの面積)×2 =(BC+BG+CG)×√3 =(BC+BF+FG+CE+EG)×√3 =(2FG+6√3) ×√3 =2√(3)FG+18-(b) (a)=(b)であるから、 3√(3)FG+9=2√(3)FG+18 √(3)FG=9 FG=9/√3=3√3 (3) △BFCにおいて、底辺をBFとしたときの高さhは、 直角三角形BCGの面積の2倍から、 BG×h=CG×BCの関係が成り立つので、 (BF+FG)×h=(CE+EG)×BC {2√(3)+ 3√3}×h={√(3)+ 3√3}×3√3 5√(3)×h=36 h=36/5√3=12√(3)/5 よって、△BFCの面積は、 BF×h×1/2=2√(3)×12√(3)/5×1/2=36/5

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

△ABCにおいて三平方の定理を使ってBCの長さを求めます。 ADは∠BACの二等分線だから AB:AC=BD:CD=6:3 となります。 BCの長さを6:3に分けたのがBDとCDの長さとなります。 ここで点Cに着目すると点から円に向かう2本の線は円の接線になるのでCOは∠DCEを二等分する。よって△CDOは底角45度の直角二等辺三角形となりDC=DOより円の半径を求めます。 同じく、点B,点Gから円に向かうそれぞれの線は円の接線になることと、△BCGが直角三角形であることから三平方の定理を使ってFGの長さを求めます。 同様CFの長さも求め、△BFCの面積を求めます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

(1) |AB|=6 |AC|=3 ∠ACB=90° だから cos∠BAC=|AC|/|AB|=3/6=1/2 だから ∠BAC=π/3=60° ADは∠BACの二等分線だから ∠BAD=∠CAD=π/3/2=π/6=30° |CD|=|AC|tan∠CAD=3tan(π/6)=3tan(30°)=3/√3=√3 ∴円の半径は √3 (2) |BC|=|AB|sin∠BAC=6sin(π/3)=6sin(60°)=6(√3)/2=3√3 |BF|=|BD|=|BC|-|CD|=3√3-√3=2√3 |DO|=|CD|=√3 tan∠DBO=|DO|/|BD|=(√3)/(2√3)=1/2 cos∠CBG =cos(2∠DBO) =2(cos∠DBO)^2-1 =[2/{1+(tan∠DBO)^2}]-1 =[2/{1+(1/2)^2}]-1 ={2/(1+1/4)}-1 =8/5-1 =3/5 |BG| =|BC|/cos∠CBG =(3√3)/(3/5) =5√3 |FG|=|BG|-|BF| |FG|=5√3-2√3 ∴ |FG|=3√3 (3) sin∠CBF =√{1-(cos∠CBG)^2} =√{1-(3/5)^2} =4/5 |△BFC|=(1/2)|BC||BF|sin∠CBF |△BFC|=(1/2)(3√3)(2√3)(4/5) ∴△BFCの面積は |△BFC|=36/5

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中学の数学

    AB=5cm BC=3cm ∠C=90°の直角三角形ABCにおいて∠Bの二等分線と辺ACとの交点をDとする。2点C、Dから辺ABにそれぞれ垂線CE、DFを引く。 CEの長さとEFの長さを教えて下さい。 ※ AB:AC:BC=5;4;3になってるところまで分かりました。 たぶん三平方の定理をつかうと思うのですが、ここからよく分からなくなってしまいました。 教えて下さい!!

  • 中学の数学の問題です!

    兄弟に聞かれたのですが、もう忘れてしまっていて解けなかったので、お恥ずかしながら質問させて頂きます。 大至急お願いします! 画像のような、 ∠BAC=90°の直角三角形ABCがある。 点Aから辺BCに垂直な直線をひき、 辺BCとの交点をDとする。 また、∠ABCの二等分線をひき、 線分ADとの交点をE、辺ACとの交点をFとする。 (問題) AE=4cm、ED=3cm、BE=10cmのとき、AF、EFは何センチか。 また、△AEFの面積は、△DBEの面積の何倍か。

  • 三角比

    AB=5,BC=4,CA=3の直角三角形ABCにおいて、∠Aの二等分線と辺BCの交点をDとする。 問、CDの長さを求めよ。 私が思うに,二等分線でAB:AC=5:3だからBD:CD=5:3になりますよね? このときBC=4なので4*3/8で答えは3/2となりました。 なのに模範解答は(√3)/2となっています。 なんでですか?直角三角形だから考え方がちがうんですか? わかる方、ぜひ解き方を教えてください。 お願いします。

  • 数1

    AB=4、角BAC=60°、角ACB=45°である三角形において角BACの二等分線と辺BCとの交点をDとすると、AD=4となった。このときCDと三角形の面積、ACを求めなさい。 どなたか教えてください。

  • 三角形をθで表す。

    半径1の円に外接する角BAC=π/2である直角三角形において 角ABC=θ、辺BCの長さをLとする。 Lをθを用いて表せ。 (解説) 半径1の直角三角形なのでL=2/sinθ+cosθ-1 ってこれだけじゃわかんないです。 詳しく解説お願いします。

  • 点と直線

    xy平面上に3点A(-5、-1)、B(2,13)、C(6,1)がある。 (1)∠ABCの大きさを求めよ。 (2)∠BACの二等分線と線分BCとの交点Dの座標を求めよ。 私が求めた所AB=7√5、BC=4√10、CA=5√5になったのですが、三平方の定理を使ってみるときれいな直角三角形にならないですよね? (2)はまず、線分ABとACの方程式を求めました。そして∠BAC上にある点を(X、Y)とおいて、(X、Y)と2直線の距離が等しいという事を使って解いていきました。が、途中で混乱してしまいました。 もっと簡単な解き方があれば教えて下さい。

  • 図形と計算 解けません(´・ω・`)

    問)AB=2,BC=6,CA=7,の△ABCがある。 ∠BACの二等分線と辺BCの交点をD, △ABDの外接円と辺CAのAと異なる交点をEとする。 このときBDとAEを求めよ。 ある大学の過去問なんですが 分からないのでよかったら 解き方を教えて下さい。 お願いします(´・ω・`)

  • 中3図形

    図のように、AB=6cm、AC=10cm、∠ABCが直角の直角三角形ABCがあり、それぞれの辺に点P、Q、Rで接する円Oを描いた。また点Aから点Oを通る直線を引き、BCとの交点をDとし、点Dから∠ADEが垂直となるようにAC上に点Eをおいた。 四角形RODEの面積は、△EDCの面積の何倍かの求め方を教えてください。

  • 高校 数学 円の性質 三角形と比 の問題

    高校 数学 円の性質 三角形と比 の問題 ニ十分ほど考えていますが、以下の二題が全く分かりません。入試とか模試の問題だと思います。わかる方御解答の方よろしくお願いします。 □1 図のようなBA=BCの二等辺三角形ABCと点Cを通り点Bで直線ABに接する円Oがある。また、円Oと辺ACとの交点のうちCでない方の点をDとするとき、AD=4,CD=5である。 (1)辺ABの長さを求めよ。 (2)線分BDの長さを求めよ。また、直線BCと△ADBの外接円O'との交点のうち、Bでない方の点をEとするとき、線分BEの長さを求めよ。 (3)(2)のとき、線分AEの長さを求めよ。また、線分ABと線分DEの交点をFとするとき、△BEFの面積を求めよ。 □2 AB=8、AC=6、角A=90°である直角三角形ABCがある。角ACBの二等分線と、辺ABの交点をP,直線CPと△ABCの外接円の交点のうち点Cでない方の点をQとする。 (1)線分AFの長さを求めよ。 (2)線分CPの長さを求めよ。また、線分PQの長さを求めよ。 (3)△ABCの内心をIとするとき、線分PIの長さを求めよ。また辺BCの中点をM,△AQIの重心をGとするとき、線分GMの長さを求めよ。 一気に質問してすみません。数学はかなり厳しい状況なので、よろしくお願いします。

  • 図形

    (1)L//AB、CA=CB、AB=DE、∠ACB=50°、∠CAD=14°のとき、∠BEDの大きさを求めなさい。 (2)4点A、B、C、Dは円Oの周上にあり、ABは円Oの直径である。∠ABD=a°とするとき、∠BCDの大きさをaを使って表しなさい。 (3)△ABCはAB=6cm、BC=8cm、CA=10cm、∠B=90°の直角三角形である。この△ABCを辺ABが辺ACに重なるように折ったときの折り目をADとする。このとき、△ABDと△ADCの面積の比を求めなさい。 答えは(1)51 (2)90+a (3)3:5 求め方を教えてください(*- -)(*_ _)ペコリ