回答 受付中

低中炭素鋼の高周波焼きなましについて

  • 困ってます
  • 質問No.9579251
  • 閲覧数186
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2

お礼率 66% (4/6)

誘導加熱の素人です。教えてください。
一般論になりますが、通常の熱処理炉を使用する場合、焼きなましや歪み取り焼鈍では冷却速度が処理後の硬度を決める重要な要素となり、一定の炉冷時間が不可欠ですよね。最近弊社にて、とある部品で一部のみを高周波焼きなまししようとしておりますが、当然炉冷時間などなく、そのまま空冷すればよいと設備メーカーから言われています。これって「焼きならし」に過ぎず「焼きなまし」の本来の目的である「鋼を柔らかくする」という目的とズレているのでは?と感じるのですが、私の理解は正しいのでしょうか?教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 52% (651/1235)

製造業・ものづくり カテゴリマスター
誘導加熱の用途別適用事例:焼鈍(アニーリング)
http://www.inductionheating.jp/application/use/annealing/

>当然炉冷時間などなく
高周波発信器をイキナリ停止されれば炉冷時間ゼロですが
例えば高周波発信器出力が10kwだとして
10時間掛けて10kwから徐々にゼロkwまで減らせば
炉冷時間は10時間となりますね

温度プロファイル
https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/machine_design/md10/c1109.html
https://www.noritake.co.jp/products/eeg/subs/detail/127/
たいせつな将来のこと。あえて、知らない人に聞いてみよう。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (156/787)

高周波加熱では云われるとおり冷却時間をかけないと「焼きなまし」にはならないと思います。
なお、空気中で加熱すると、綱表面の僅かな炭素は逃げ、熱処理後の硬度が落ちる恐れは有ると思います。(浸炭処理の反対)

私の様に素人でも判るのに「設備メ-カ-」の人の常識を疑います。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ