• 締切済み
  • 困ってます

焼結合金 SMF5040の焼きなまし温度について

焼結合金 SMF5040について 浸炭焼き入れ焼き戻し後に焼きなましを行い硬度を下げたいのですが、焼きなましの最低温度は何度で何時間処理すれば宜しいでしょうか? ちなみに、浸炭焼き入れ焼き戻し後の硬度はロックウエル硬度計HRAスケール67です。また、この材料の変態点温度は何度ですか? 以上、よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数1
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

古い文献ですが、焼結合金の浸炭焼き入れについて記述された文献をみつけ ましたので貼っておきます。 浸炭材の焼入れ、焼戻し条件の例として、図1の説明に850℃から油中にて 焼入れ、200℃で焼戻しと記載されています。 温度的には、炭素鋼の焼入れ、焼戻し条件とほぼ近似しているものと思いま す。 完全に焼鈍しを行ったらば、浸炭、焼入れ、焼戻しの意味が無いと思います ので、焼鈍しではなく、高温焼戻しを行えば良さそうに思います。 炭素鋼と同じと考えれば、青熱脆性領域より上の温度 550℃ ~ A1点 の温 度条件で焼戻しを行えば良さそうに思います。 (A1点の温度は2番目のURLの図3.1を参照下さい)

参考URL:
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj1950/32/6/32_6_323/_pdf http://martens.pse.tut.ac.jp/z/class/H22-2-PPT.pdf#searc

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • 浸炭焼入れ焼戻しの硬度

    歯車(材質は焼結合金)を、浸炭焼入れ焼戻しにて硬度HRA50以上と図面に記載されています。 質問 ?浸炭焼入れ後は必ず焼戻しをするものでしょうか? ?焼戻しをしない場合、硬度は高いのでしょうか? ?HRA50ではあまり焼きが入っていないのではと考えます。  硬度としてはいくらくらいが普通でしょうか?

  • 形状記憶合金について

    Ni-Tiの形状記憶合金についてですが、焼きなましの温度について教えてください。450度で焼入れしました。 ご返答ありがとうございました。質問が分かりにくかったので、補足します。形状記憶合金の成分はニッケル56%で線材のNi-Ti合金です。これをばねの形状を記憶させるために350度~450度で複数回、焼入れを行ったのですが、焼入れを複数回行ったためか、形状記憶合金の温度を変態点以上に上げると記憶させた形状になるのですが、温度が下がると外力がかからなくても勝手にほかの形状に変化してしまい、2方向性の形状記憶合金のようになってしまいました。そこで質問なのですが、これを焼きなましして焼入れ前の状態に戻すことは可能でしょうか?またそのときの焼きなましの温度はどれくらいでしょうか?あと、焼きなましのときは空気雰囲気でいいのですか? ご存知の方おられましたらご返答お願いします。

  • 焼結金属に真空焼入れ処理可能?

    焼結金属(SMF5040)に真空焼入れは可能でしょうか? 【経緯】 SMF5040+浸炭焼入れを行ったところ、歪が発生し、 『真空焼入れなら歪は少ない』と聞いたことがあり、そもそも SMF5040に真空焼入れが可能なのか?から調査をスタート。 SMF5040に真空焼入れが『出来』『出来ない』? 『出来ない』場合はその理由もあわせて知りたい。 大変困っています。アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 窒化ガリウムの焼結

    焼結助剤を用いた窒化ガリウムの焼結を行いその硬度を測定するという研究を行っているのですが、その中でわからない点があったのでご教授お願いします。 現在は助剤としてフッ化アルミニウムを用いているのですが焼結時の保持温度(1000~1200℃)により硬度が変わっています。 なぜ硬度が変わるのでしょうか? この点について教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。

  • 焼結材の選定

    初めて質問をします。お願いします。 焼結によってφ2mm×t2mm程度の合金を試作します。 私自身焼結が初めてで勉強中なのですが、最も強度のある 材料とはどのようなものなのでしょうか? 但し、加工条件は900℃以下でのホットプレスとなります。 お願いします。

  • 純鉄の残留応力除去焼きなましについて

     鉄鋼の残留応力除去焼きなましはA1変態点以下の温度で行うとあります.例えばS45Cですと,600℃程度で行うことになります. しかし純鉄にはA1変態点がありません.この場合,純鉄は残留応力除去焼きなましは不可能ということでしょうか?  ご回答よろしくお願いいたします.

  • 自転車のギアの熱処理について

    はじめまして。初めて投稿させていただきます。自転車のギアの熱処理について教えてください。歯部の指定硬度がHRA66以上となっています。焼きいれ方法が浸炭焼入れとなっています。板厚2t、外径φ140mm材質はSPHCの酸洗い品です。 これで焼きいれをしたところ、全体がかなり反ってしまいました。このギアで浸炭焼入れは一般的なのでしょうか?ギアで、一般的に硬度を上げる場合、どのような方法なのでしょうか?わかる方いたましたら、よろしくお願いいたします。 ギアというかスプロケットです。よろしくお願いいたします。

  • 浸炭の前処理温度について

    SCM415の浸炭焼き入れをする前に、前処理で焼ならしを880℃空冷でしております。 浸炭温度は920℃です。 焼ならしは、JISでは850℃~900℃となっております。 焼ならし温度の高さによって、浸炭後の変形に影響があるのでしょうか?

  • 形状記憶合金について

     56%のTi-Ni合金の線材(Φ0.4mm)を変態温度30~50℃に熱処理したいですが、どうすればいいですか?教えてください。  今まで、400℃、420℃、450℃、500℃ずつ一時間熱処理して水冷しましたが、変態温度が全部室温より低い温度になってしまいました(形状記憶合金をねじ溝に沿ってまきました)。  困っています。

  • 浸炭焼入れ

    SCM415の材料に浸炭焼入れを実施したところ表面硬度がHv600650ぐらいになりました。 ただ、お客様からの要求は表面硬度Hv850程度必要と言われています。 材質を変更することも出来ません。 SCM415の材質に浸炭焼入れにて表面硬度をHv850程度にする方法を教えてください。