解決済み

収穫可能期間について

  • 困ってます
  • 質問No.9576714
  • 閲覧数153
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 41% (276/659)

添付画像の作型表で

たとえば中間値で9月半ばに種まきした場合、収穫可能期間は12月下旬~1月末
となっています。

収穫可能期間とは
・この期間のいずれかまでに収穫できるくらいの大きさに育つけど、12月の下旬かには収穫できるくらいになっているかもしれないし、1月半ばまでかかるかもしれないし、もっと遅かったら1月末までかかるかもしれない。でも少なくとも2月にはいるまではかからないと思うよ

ということなのか

・12月の下旬あたり頃までには、収穫できるくらいまでに育って、その後1月末までは収穫しないで土のなかに残しておいても大丈夫だよ。でも1月末を過ぎると(大根なのでスが入るとかかな)まずくなるので、1月末までには収穫してね

ということなのか、どっちなのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 19% (1526/7648)

大根ですね、秋に植える作物は、1週間種まきが遅くなると、取り入れは、1か月遅くなるといわれています。
中間地、暖地、部分を見ればわかると思います。
しかし、天候により、上記のことが1か月、前後にずれる場合もあります。

表は、その上に書いている、根径が8cm、根長が38cmになるのが、四角の範囲です、と書いているのです。
家庭菜園では、それよりも小さくても、食べることができますし、
大きくても食べることができます。

種をまく感覚を狭くして、まいていると、芽が出て、少し大きくなれば、本数を減らさねばなりません。間引くと言いますが、間引いたものを、湯がいて食べることもできます。
春になり、花が咲くと、大根の中に隙間ができるようになります。
その時期まで食べることができます。
花を咲かさないように、1月末に、葉の部分を、切り取っていれば、少し遅くまで食べることもできます。


大根は作りやすいものです、
実際に、植えてみないと、どのようになるか理解できないでしょう。
みんな失敗しながら、少しずつ、上手に作れるようになるのです。


おいしい野菜を育てるのは、土作りが、一番大事です。
感謝経済

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 77% (275/356)

園芸・ガーデニング・観葉植物 カテゴリマスター
表はあくまでも目安であり実際の土地の所在地や地形・標高やその年の気候によっては必ずしもその通りに採れるとは限りませんなのであまりお気になさらずに・・・。種子蒔きは大抵地域により最適な頃が違いますし(100キロメートル離れていれば1週間から10日ずれる)、収穫適期は最終的には収穫する人自身の眼での見極め(判断とか勘)ですから。

種子蒔きに関しては基本的に、お住いの地域で八重桜が咲きだす頃とか種類によってはカッコウが鳴き出す頃が適していると言われ(雪国だと山の残雪の形を何かの形に見なして目安にするところも)昔から農家は自然から受けるサインを目安にして作業してきました。この方法は他の情報よりも大抵は正確ですので、もし地元に農家のお知り合い(お年寄りの居る家)があれば聞いてみると大体いつくらいか教えていただけます。

収穫頃については種子袋の情報は目安にしない方が良いです。野菜の品種ごとの平均的な大きさや色に達したかとか見た目など(品種ごとの採り頃の大きさや色はインターネットでも確認でき、市販のものに近い状態かも目安になります)、最終的な判断は収穫直後にすぐ食べられる野菜なら少し試しに採って加熱し(味を付けずに茹でて)食べてみて自分で判断しましょう。不確実な情報を信じてしまうと今までの苦労しての作業・収穫が散々になってしまう可能性さえあります・・・。家庭菜園の場合はジャガイモや玉ねぎや普通のゴボウの様に一斉収穫できる野菜と、多い収穫は無理して行わない方が良い物があります。農家は農協の受け入れなどの関係から同一品種は一斉収穫しがちですが(その分肥料や栽培の工夫でできる限り同じ大きさに育ち食味も平均化している)家庭菜園で美味しく食べるには貯蔵野菜でない限りは一株や実一つの食べごろの方を優先し少しづつ収穫した方ができるだけ多くが美味しく食べられます。農家でさえ自家用のは毎日見回り美味しく食べられる採り頃のだけを収穫しています。そしてそういう採り方だと種子袋の情報と言うのは全くあてにできません・・・。

種子袋からの情報よりも地元から得られる情報をできる限り優先して下さい。もし身近に詳しい知り合いが居なくてもインターネットで探してみればおそらく近くの街に住んでいるであろう人の栽培記録が見つけられ過去の作業時期が分かりますし、私は種子を買うときは隣町の種子を自家製産したり農家向け大袋のを小分けして販売している種屋さん(農資材も扱う)を利用します。その時にその野菜について疑問があれば聞いてみると快く教えてくださるのですが、その時に収穫するまでの日数をこちらが気付かず聞いてなくても必ず念を押すようにして教えて下さいます。例えばニンジンなら「種子を蒔いてから100日で収穫で、ずれても数日前後だからね。遅くなると糖度の高い品種は土の中ですぐ腐ってしまうから」と教わりました。この「蒔いてから何日で収穫」という判断法なら大抵の野菜、収穫後に追熟してから食べる物であっても(収穫後の追熟期間はまた別)大丈夫なことが多いです。各野菜の種類ごとの種子蒔きから収穫までの期間の日数は品種名をキーワードにインターネットで調べると見つけられますし、種屋さんや農資材屋さんで種子を買うなら聞いてみると親切に教えていただけると思います。専門店で買うとアドバイスが得られやすく、野菜の栽培について地元ならではの地質や気候なども考慮済みで適切な回答がいただけるので(しかも無料)種子から育てる植物や初めて買う植物の場合はホームセンターで買わず早く顔なじみに成れるようにできるだけ専門の店で買うように心がけています。

収穫時期が近く成れば天候を考慮し少し早いうちから試食して収穫適期を見極める事を必ず行って下さい。雨が降れば株が倒れたり根や実が水分を過剰に含んで割れてしまう事もあるので週間天気予報の内容によっては少し早そうでも収穫しないとならないことが有ります。これの見極めを間違えるとたくさんの量がダメになったり採れても日にちが持たず腐れる事が・・・。
私の家族が転職前に農協の青果物センターに居たことがあるのですが、収穫スケジュール(ハーベスターなど農協からの収穫機械の貸し出しや貯蔵庫への受け入れ順位)の関係で、収穫頃になれば組合員の畑から各品種のニンジンを試食サンプルとして持ち帰り家で茹でて食べてみて、その週の天気予報も考慮しながら「〇〇さんのところのこの品種はもう収穫できるからできるだけ早めの順番に」「✖✖さんのところのあの品種はまだ早いので来週」などと順番づけをしてました。農協の組合員の農家だと農協指定の品種を農協推奨の作業時期に肥料・農薬の種類と回数で栽培しなければ品質が変わってしまい、平均値より劣れば収穫時に農協が買い取ってくれないので、私の家族の仕事は各農家の畑を時期時期に見回りちゃんと守っているかのお目付け役でもあった様です。
余談ですがその時に食味についての消費者目線での意見を求められ私も一緒に食べ比べてみたので、いまだに品種ごとの風味や形状の特徴を覚えその頃の農協経営のスーパー(収穫時期には地元産しか並べない)のニンジンは品種名が書かれてなくても形状や色で自分好みの味の品種を選んで買えるまでになりましたし、その店が無くなっても他所の店で買う時は同じ品種らしいものか、少なくともその品種と同じ系統らしい似た特徴を持つ物しか選びません。

野菜は採り頃を逃すと、熟したものが雨に当たれば食べる部分が割れたり腐ったりしやすい物も多く出てきます。なのでできるだけ遅くなることは避けたいところで、多少早く採ってしまっても美味しくいただけます。もし細かく地域が区切ってある情報であっても各都道府県の県庁所在地あたり(大抵平地が多い)までが目安の種子袋の情報は標高など地域的に考慮しないとならない部分までは書かれていないので、山などの関係で冷たい風が通り易い土地だったり地元は雨が降っても隣町は降らないなどある様な地域ではあまりあてにはできないです・・・。もしお住いの地域が県庁所在地より北だったり標高が高めだったり山裾・盆地など地形が違う場合作業内容が1週間から10日遅れる事も珍しくありません・・・。

ジャガイモを掘ったのが早すぎるとガスガスして美味しくなかったり、カボチャが茹でてもホクホクしない水っぽい物である事もありえますが(水っぽいカボチャはレンジで加熱し水分を飛ばしてから焼いたり炒めれば美味しく食べられる)他の野菜には採ってみてまだ早くて生での食味が硬めとかあまり良く感じなくても切る形を小さくか細かくする・加熱したり味付けに工夫すればあまり気にならなくなるものも多いですしズッキーニの様に早い方が確実に食味が良く遅くなるほど味が悪く成るものも。また、トマトの様に必ずしも熟してから収穫しなくとも農家でのトマト収穫の様にまだまだ実が未熟なようやくほんのりピンク色になった時に早採りし、それが輸送中に徐々に追熟していき市場に着いたとき熟す様にと出荷日数も調整される様な早すぎても問題ない物も(外国にはトマトの青いのをフライにして食べる料理も)。
かぼちゃなどの様に収穫は予定日に行なえる物ではなく軸の色や状態を見極め、その状態にならないうちは茎から切り離せないものもあります。

始めて栽培する土地や野菜の種類だと不安になりがちだと思いますが初めて2~3年はその土地や野菜の種類の栽培お試し期間。畑を使用する人により土環境が変わり易いので畑の前の使用者が窒素を土中に残留させてしまっていたり土壌中の有用微細生物などがまだ適度に定着していないうちは特に根菜類には定着している土と比べ割と育ちに差が出てしまう(根が育たず葉ばかり大きくなる・あまり育ちが良くないなど)と思います。地域によっては耐寒性・耐暑性や水持ち・水はけが合わずに途中で株が弱って収穫までこぎつけないものが出る可能性さえもありますので、少なくとも一年目は「ダメで元々」と言う気軽な気持ちで野菜作りを初めて見て下さい。そしてできるだけ栽培期間中の日々の天候や気温などの記録と、作業の記録や育ち具合などで気がついた事などをこまめに記録して下さい。それを参考にして翌年の作業の日にちを大体決め、肥料を与える時期や種類や量を調整してみてまた同じものを作ってみて下さい。3年連続して育ててみればお住いの土地や使用している畑に合う作業日程も大体把握できてきますので、そうなれば経験から来る勘で判断できる様になれると思います。作りたい作物に合った土質に土壌改良すると効果が出始めるのが3年くらいで5年で大体出来上がり、その後は堆肥など補い地力を維持していきます。

土の環境が整わないうちは作物も満足のいくものは得られにくいです。そのことも考慮し最初の1~2年はあまり気張らずに初心者なりの栽培から徐々に経験を積んでいってみて下さいね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (3385/7765)

園芸・ガーデニング・観葉植物 カテゴリマスター
>たとえば中間値で9月半ばに種まきした場合、収穫可能期間は12月下旬~1月末となっています。
>収穫可能期間とは・・・・中略・・・・ということなのか
そのようなことは神経質に考える必要はありません。
9月初旬に種を蒔くと11月の初旬には収穫適期になるでしょう。
9月中旬に種を蒔くと12月中旬頃まで掛かるのは気温が下がるので生育が遅くなるためです。
収穫適期が1月下旬までになっているのも気温が低いため生育が止まり適度な大きさが保たれていることが予想されるためです。
9月初旬に蒔いた場合は11月初旬から中旬までの短期間になっているのは11月下旬には大きすぎて商品価値が下がることを意味していると思います。
農作物は天候に左右されますので予想通りに収穫適期にならないこともありますので神経質に考えないで育ち具合を見て収穫適期を判断します。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ