解決済み

ハロワ一本頼みの妻

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9537173
  • 閲覧数144
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 72% (36/50)

この度結婚による遠方から首都圏への転居のため、妻(事務系正社員・23歳)が退職することになりました。
現在はハローワークに通い始めたばかりで応募する企業を探している段階なのですが、
めぼしい募集要項であってもいわゆる空求人と思われるものが多く、個人的にはハロワ一本頼みではなく転職エージェント(転職サイト)の並行利用も勧めたいと考えています。
実際私も転職サイトを利用して転職したことがあり、ハロワよりもそういったサービスの方が信頼感があると思います。

そこで、さりげなく妻にエージェントについて勧めてみました。
私の言い分としては、
・ハロワは掲載費が無料のため空求人が多いと聞く
・ハロワで応募するには毎回履歴書を手書きで提出しなければならない
・転職サイトでは経歴書と履歴書を預けておくだけで、基本的にはエージェントがマッチングする企業を探してくれるため毎回書く必要がない
・顔写真代と書類を手書きする手間を考えたら転職サイトの方が楽
・マッチングした企業の中から探すのが手っ取り早いのでは
・ハロワと転職サイトの並行利用が良い

焦りを感じている私とは対照的に妻はどこかのんびりとしており、
・自分が応募したいと思う企業に応募したい
・履歴書を書くのは手間とは思わない
・自分のペースで進めたいので急かさないでほしい
・ハロワを否定されると自分のやり方を否定されているように感じて不愉快
と主張し、最終的にはケンカになりました。

妻は土日祝休みの事務系職種(正社員)で仕事を探していますが、売り手市場の昨今でも事務職の倍率は非常に高いと聞いており、私はのんびりしていたのでは決まらない可能性もあると考えています。
元々の職を捨てて私と結婚してくれた妻には感謝していますが、正直なところ私の給料だけでは生活が厳しく、失業手当の給付が終わる前には職を見つけて欲しい気持ちもあります。

妻の自尊心を傷付けないようにやる気を引き出し、転職サイト等を利用して視野を広げてもらうにはどうしたら良いでしょうか。
よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (11/51)

貴方って夫としては最低だよ。妻との結婚生活を自分の給料で
遣り繰りもできないなら何故結婚を急いだり、奥さんを退職させたのですか。
自分の給料では普通に生活ができないから奥さんにも早く仕事をしろと
言うのは夫としてあまりにも無責任すぎますよ。
自分の給料が少ないのが分かっているなら休みの日の短時間の
アルバイトでもすればよいこと。
奥さんに働けというのも可笑しい。知らない土地に来て奥さんも
いろいろと大変なのに自分の都合でさっさと働けなんて
貴方には男としてプライドはないのですか?

幸せにすると誓って結婚したのであれば、もっと自分に責任を
持ちなさい。子供が生まれたら奥さんは働けなくなるんだよ。

転職して安月給と悩むなら、あなた自身がもう一度転職を考えた
方がよっぽどいいですよ。
お礼コメント
everydayhero

お礼率 72% (36/50)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-09-14 12:41:26
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 31% (1271/3991)

他カテゴリのカテゴリマスター
収入が少なければ その少ない収入の枠に収まるような生活をする。
それで足りなければ 時間の短いパートの仕事をしながら仕事を探す。
初めから共働きを前提とした生活設計では 出産 子育て 等はなしという生涯二人だけの家庭を営まれるということでしょうか。
それはそれで別にいいのですが そうだったら希望通りの仕事をされたほうが長続きもするし ストレスもたまらない生活ができると思います。
お礼コメント
everydayhero

お礼率 72% (36/50)

ありがとうございます
投稿日時 - 2018-09-14 12:41:40
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ