解決済み

生活保護について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9536794
  • 閲覧数122
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (1249/1249)

80代の高齢(年金)・60代男性(無職)・50代後半(障害者手帳1級)にて暮らしていましたが、80代の方がお亡くなりました。家賃は6~7万?

今後は60代男性(無職)・50代後半(障害者手帳1級)2名で生活していくことになるようなので生活保護を申請中のようです。このような状況で生活保護は通るものでしょうか?

よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 19% (45/226)

補足に対して

>世帯年収の基準値は、どこかでご確認できるものでしょうか?
役所の生活保護担当の部署で教えてくれますよ。
申請するのはあとにして、ひとまず相談だけしてみれば?
あくまで当方の地元での感触ですが、高齢者の門前払いはありません。むしろ孤独死されたら怖いので、生活保護を受給させる方向で相談に乗ってくれるようです。
お礼コメント
ryoryu2002

お礼率 100% (1249/1249)

ありがとうございます。本人に伝えてみます。
投稿日時 - 2018-09-13 09:01:16
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 30% (888/2890)

60代の男性は無年金で収入は無し、ではこの50代後半の方、障害者手帳1級という事は、「障害年金」をもらっているのではないですか?通常、年金をもらっていると「生活保護」は通りませんが、2名合わせての所帯の収入が、障害者年金をもらっているとして、この年金のみになります。そうしますと月の計算に直しますといくらになるか?が問題になります。各市町村の月の最低限の生活費の基準があって、この基準が12万円であると、50代の方の障害年金を月額に換算すると6万円であった、そうしますと差額の6万円が「生活保護」として支給されます。もう一つは、この60代の無年金の男性と50代の方との関係性についても関わって来ると思います。
お礼コメント
ryoryu2002

お礼率 100% (1249/1249)

詳しくご説明ありがとうございます。50代と60代の関係は兄弟です。障害年金は支給されていると思います。月額8万も支給されていないのではないか?ということで、この先、家賃を含めるとやっていけないであろうと考えています。色々とありがとうございます。
投稿日時 - 2018-09-13 08:05:22
  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (11/61)

60代男性(無職)が働ける人であれば仕事が見つかるまでの
一時的な方法として生活保護を請求することはできますね。
年金は65歳になれば支給されるでしょうからそれまでの
繋ぎ支給の意味合いでも請求はできるでしょう。
貰えるかどうかは役所の決めることです。
50代後半(障害者手帳1級)は障害年金の請求もできるでしょうから
それがダメであれば生活保護も請求できるでしょうね
お礼コメント
ryoryu2002

お礼率 100% (1249/1249)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-09-13 07:26:54
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (45/226)

世帯年収が基準以下ならば申請できますよ。
60代男性は年金を受けていないのですか。
補足コメント
ryoryu2002

お礼率 100% (1249/1249)

世帯年収の基準値は、どこかでご確認できるものでしょうか?
その方々は携帯を持っておらずネットも利用していないので自分たちでは何も出来ない状況なので、当方で調べています。
投稿日時 - 2018-09-13 07:11:51
お礼コメント
ryoryu2002

お礼率 100% (1249/1249)

ご回答ありがとうございます。
60代男性は年金を受けていないです(これまでも無職だったと思います)
投稿日時 - 2018-09-13 07:10:30
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ