解決済み

it業界における転職エージェントについて

  • 困ってます
  • 質問No.9526797
  • 閲覧数117
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 18% (4/22)

教育業界から全くの未経験のit業界へのチャレンジがしたいと思い面接に挑んでいる最中ですが、個人名は伏せますがitの転職エージェントに半信半疑になっています。一般的に転職エージェントはどこまで信用できるのでしょうか。
不信感と不満を持つ理由は以下の5つです。
(1)企業の必須応募条件を満たない状態での書類選考通過となっていること
(2)アドバイスがいい加減で要するに当たって砕けろ、でも自信を持てとしか言われない
(3)紹介する企業全てが難関企業で本当に未経験の中途採用をしているのかというところばかり
(4)短期間で決めよう、貴方ならできるとでおだててきて電話勧誘がしつこい
(5)インフラエンジニアを勧めるのに、it専門のエージェントがインフラエンジニアの仕事を知らない

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (2775/7149)

他カテゴリのカテゴリマスター
何度か転職エージェントで話を聞いたことがありますが、私人身はあまり信用できないと思って利用していません。

転職エージェントは非公開求人情報を持っていますし、エージェントが薦めてくれる事を条件に採用企業は通常とは違う条件で受け入れることもあるので(1)や(3)はありえます。

転職エージェントは就職させることで採用企業から成功報酬を受け取れるので、なんとか貴方を就職させて利益を得ようとするので(4)は当然あり得ます。
今月何人就職させたかが担当者の成績なので、悠長な転職活動には付き合ってくれません。

貴方に付いた担当者次第では(2)や(5)はありえるでしょうね。
いい加減な担当者に当たるとそんなもんでしょう。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 39% (2494/6278)

転職 カテゴリマスター
ひとへの不審感を言うまえに自分がどういう立場にあって何を期待しているのかを整理してください。

私はべつにけなすつもりも否定するつもりもありませんけど、IT系という以上は最低でもコンピュータと触れる仕事をしたいという意味ですね。
つまり、自動車でいえば、運転あるいは整備の仕事をしたいんですね。

で、未経験ということと無知ということは違いますね。運転免許を持っていて運転経験がないのは未経験ですけど、無知じゃありませんね。免許がなかったら無知ですね。無知はどうしようもない、使い物にならないことですね。
整備士の資格もなくて修理とか車検の仕事をしたいと言ってもそれは無知だからできないのは理解できますね。
運転免許も整備士の資格もなく、工業高校もでていないようなものはタクシー会社とか自動車整備会社に転職できないか、というと必ずしもできないことはない。書類をまとめたり電話番をする程度はできますから。ただこういう仕事は決して「自動車の仕事をしている」とは表現できませんね。

IT業界でも、専門性が高い仕事をする場所と、お手伝いレベルの仕事、雑用の志登語をする人がいます。ITの仕事をしていると堂々というためには、未経験ではだめだし、ある程度の資格も必要になります。そこをご承知のうえで、この質問をなさっていますか。

(1)企業の必須応募条件を満たない状態での書類選考通過となっていること

これはありうることで、たとえば事務所の掃除の仕事を頼みたいと思う求人には、ネットワークスペシャリストが必要だなんていう必須応募条件は考慮しません。相手の会社には掃除夫として提案するんです。

(2)アドバイスがいい加減で要するに当たって砕けろ、でも自信を持てとしか言われない

これもおかしい話じゃなくて、たとえば掃除の仕事をするのにおどおどしなくたってやりまーす、と当たって砕けろでいいじゃないかと言うことです。

(3)紹介する企業全てが難関企業で本当に未経験の中途採用をしているのかというところばかり

そもそも未経験の中途採用なんかする企業は大手であろうが零細であろうが存在しません。中途で採用するというのは、すぐに役に立つ人間に限ります。20歳ぐらいの若手なら仕方がありませんが、年長者を会社でABCから教えようなんて考えるところはあり得ません。
その他大勢の募集にあなたが引っかかるだろうと考えられているだけです。
掃除夫の採用に難関企業もなにもありません。

(4)短期間で決めよう、貴方ならできるとでおだててきて電話勧誘がしつこい
そりゃ、一つ決めたら自分の成績になりますから、しつこく決めようとするんです。

(5)インフラエンジニアを勧めるのに、it専門のエージェントがインフラエンジニアの仕事を知らない

そもそもインフラエンジニアというのを掃除係だと思っていたら、何も悩まないで勧めるでしょう。インフラエンジニアの仕事には末端的なことがいろいろあり、猫の手も借りたいのだから、インフラエンジニア自身が自分のお手伝いを欲しいという求人はたっぷりあります。そのお手伝いはインフラエンジニア自体ではないから、インフラエンジニアのやる仕事を理解する必要なんてないんです。この書類をコピーしてくれ、とか、その辺に散らばっているケーブルのゴミをかたづけてくれ、とインフラエンジニアが指示したとして、そういう雑用仕事をインフラエンジニア仕事の一部だといえばいえないこともありませんから。

何も売るべきメリットも何もない人材を紹介するという仕事なら、当然スペシャリストが現実に悩んでいることを理解できるレベルにある必要はありません。
猫の手を貸すために、カゴに猫をたくさんいれて歩くだけのことです。

信用できるだろうか、じゃなく、彼は自分のやるべきことをやるべき範囲できっちりこなしていると思いますよ。

ど素人なのに、いままでセンセイと呼ばれていたから、突然ITのスペシャリスト仕事に転職できると考えるのが無謀です。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ