• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

貸している建物が被災した時の解体等の費用

今回の西日本の水害で、貸している建物が土石流で被災しました。郵便局として使われている建物で、局長さんからは、浸水と土砂によって再起は困難で、解体せざるを得ないという連絡を受けました。(私は関東在住で、祖母の代から局舎として使われていた建物です。居住はしていません。) 今回のように自然災害でこのような事態になり、解体費用が必要になった場合、公的な救済措置や支援措置などはありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>解体せざるを得ないという連絡を受けました。 今後何をするにも罹災証明が必用です。 郵便局としても罹災証明書が必用なばずです。 まずは局長に罹災証明書を取得するようにさせて下さい。 解体した後では罹災証明は取得できません。 郵便局は公共機関としての性格がありますので個人商店のように簡単に閉鎖したり廃業できないはずです。 建物を解体した後どのような形で業務を続ける予定なのか確認して下さい。 >今回のように自然災害でこのような事態になり、解体費用が必要になった場合、公的な救済措置や支援措置などはありますか? 一般論として支援や補助はありますが内容や金額は各都道府県や市町村で異なります。 公共機関としての地方郵便局が罹災した場合、日本郵政がどのような対応を取ったかで公的救済や支援の内容や金額が変わってきます。 御質問の郵便局は別として日本郵政としては過去に経験があり方針も定められているはずです。 御質問の局長に確認してみて下さい。 一般論として賃貸物件が罹災した場合の物件の所有者(家主、大家)が受けることができる補償や支援については 全国賃貸住宅経営者協会連合会に聞いてみて下さい。 ちんたい協会|公益社団法人 全国賃貸住宅経営者協会連合会 公式サイト www.chintai.or.jp/ ホームページに問い合わせ用のメールが設定されています。 賃貸に関する法は原則的に借り主の保護が優先されていることから家主側の支援は後回しになっています。 災害の際にも居住者が優先されます。 これを家主側の立場で種々の問題を片付けてきているのが 全国賃貸住宅経営者協会連合会です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

大規模災害に認定されたら補助が出ます。 なので被災した建物は壊さずに審査を待ってください。 再建してしまってから申請したんでは補助は出ません。 (被災の証拠がないですから)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1

公的な補助は出ると思いますが、自治体によって対応に違いがあると思いますので、詳細は自治体にお問い合わせください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 現在新築を建築中です。

    現在新築を建築中です。 建てる土地の北側には小さい(300m程度)の山があります。 山あいのところを造成して作った土地ですので少し土砂災害が気になります。 (ハザードマップなどはみました。土砂崩れはないですが山のところは急傾斜地になってます) 豪雨の際の土砂災害が気になるので水災になると思いますが今一つ 保障の範囲がよくわかりません。 100%保障や段階保障などありますが30%以下の損害に関しては「床上浸水または45cm以上の浸水」 となっています。 高台なので水はたまりにくいのと土砂災害と床上浸水とは異なる可能性があると思いますが 実際のところはどうなんでしょうか?(土砂は押し寄せてきたが建物の中に入ってないなど) 高台などの場合土砂災害で中途半端な災害をうけたとき、30%未満だと保障されない可能性が高いということでしょうか・(床上浸水にはなりにくい・・・と思いますが?) 経験された方、詳しい方説明よろしくお願いいたします。 なお、保険としてはセ○ンやA○Uの水災でI型とII型(100%)を検討しております。

  • 地震に強い戸建て住宅ってあるんでしょうか?

    土砂災害などでは土砂にも流されない頑丈な家というのがありましたが、大震災に耐えられる戸建て住宅というのはあるんでしょうか? もちろん、どんな建物も直下型だと耐えられないというのは知っていますが、今回の熊本で起きたような地震で、平然と残っていた戸建て住宅というのは存在したんでしょうか? あるとしたらどんな住宅? それともやはり技術的に地震でヒビ一つは入らない戸建て住宅は建てられない? 被災したら諦めて、一度更地にして建て直すしかない?

  • 土石流などで田畑や住居地が埋まってしまった場合のこと

    今年も各地で災害がありましたが、先日の防府市での土石流のように街(村)の大半が土砂で埋まってしまったような場合は、行政としてはどのくらいのことをするのでしょうか。 道路の復旧はするでしょうが、田畑に積もった土砂の取り除きは? 境界線等わからなくなってしまった所有地のことは? 川の流れが変わってしまうほどの水害となった場合でも元の流れと同じ様子まで元に戻すのか?などです。 一律の答えでなく千差万別のケースバイケースかもしれませんが、その後どうなるのかと考えに及びました。 よろしくお願いします。

  • 広島市土砂災害被災者の体育館の避難生活について

    毎度毎度災害が起きるたびに、体育館で避難生活をさせられている被災者をテレビで見ます。 今回の広島市土砂災害の被災者も例によって、硬い体育館の床にゴザひいて寝泊まりしています。 広島市のような政令指定都市クラスの都会ならビジネスホテルくらいなんぼでもあると思うのですが、行政が一時的に借りきって被災者に無料で宿泊させるということは出来ないのでしょうか? ホテル業界としても協力する甲斐があるのではないでしょうか?

  • 石綿スレートの建物について

    アスベスト問題が拡大しているようですが、今回の法改正ではアスベストを1%以上含む建材を使用した建物を解体する場合について細かな対応をきめたようです。 私の職場は工場地帯ですが、周囲には石綿スレートを使用した建物が沢山あります。古いものが多いので劣化が著しいものも少なくありません。 これらの建物は当分解体することはないようですが、 アスベスト飛散の心配は無いのでしょうか?また、解体しない場合でも何らかの飛散防止措置をする必要はないのでしょうか?

  • 天災、自然災害。被災者たちの再起。

    今回の熊本地震を含めて、近年多発する自然災害は、規模や復旧期間を含めて年々大きなものとなっている印象があります。 東日本大震災は、想定をはるかに超えた津波による被害は想像を絶し、原発事故による放射能汚染は住民から全てを奪い去ってしまいました。 こうした状況を報道で知るたびに思うことは、格差の問題です。 多くの人たちを困難に追い込む自然災害という避けられない事態に際して、その後の問題として、個人として初めから再起可能な層と再起不能に陥る層とに完全に分離されてしまうのではないだろうかという問題です。 自由主義の中で、能力とは全く別の問題として発生する自然災害に対する対応能力に、異常なほどの差が生じる可能性がある現在の格差をどのようにお考えでしょうか? 今も揺れ続ける被災者の心の中にも、既に再起の分離が進んでいる筈ですが。

  • 災害報道でのレポーター逹

    テレビでの災害報道で思うことがあります 被災現場にレポーターが行き被災状況を レポートしているのをよく見ます それ自体は報道するのも重要だし それを見ている自分もいるわけだし いいのですが 被災地に大勢のテレビクルーや取材陣が 集まっているのだから少しは救助活動とか 手伝ったり出来ないのかなと疑問に思います 2次災害などの危険もあると思いますが たとえば水害などの場合浸水した家の 片づけなど手伝ったりくらいは出来るのではないかと 今年の大雪にしても雪かきの手伝いも出来るのではないかと 自分の勝手な思い違いかもしれませんが 大挙して押しかけ、住民の気持ちも考えず 「どういうお気持ちですか」などと聞いたりするのも 凄く違和感あります 制作側は何も考えないのでしょうか

  • 東北大震災で被災した者です。

    最近、友人に聞いたのですが被災してから、災害援護資金という制度があり家の半壊、一部損壊にかかわらず、役所にいって家財の損害があったと申請書にかいて1ヶ月ぐらいで、 お金が借りれたそうです。今でも、借りられるのですが、前に話を聞きにいったところ、 今は、一部損壊の建物はダメだといわれました。私の家は一部損壊だとおもいます。 なぜその当時はよくて今はダメなのでしょうか>? 言い方次第では借りられるでしょうか?いまだに震災の影響が大きくこの制度を利用して、 なんとか再起したいと思っているのでなにかアドバイスいただけたらとおもいます。 よろしくお願いいたします。当方仙台市なのですが、お隣の石巻ではどうやら半壊、一部損壊の ことは書いてないみたいです。

  • 火災保険 隣接する小さな山(3Mくらいの高さ)から、土砂崩れ・木の倒れ

    火災保険 隣接する小さな山(3Mくらいの高さ)から、土砂崩れ・木の倒れた場合の補償について プランが選べる火災保険についてお聞きしたいことがあります。 風災はどのコースもセットになっているのですが、水災は契約するか否か迷っています。 例えば、台風などで隣接する小さな山(3Mくらいの高さ)から、土砂崩れ・木の倒れた場合に 風災で対応できるのでしょうか? 新築分譲地で、山を削って造成したところに住んでいます。高台なので水害や床下浸水は ありえないのですが、隣接する小さな山が地盤がゆるんで土砂が押し寄せてきたり、木が 倒れてくる点が心配です。 台風がきた当日におきた災害と、数日後に台風(風災)による原因で地盤がゆるんで土砂ならびに木が 倒れた場合は経過日数によって、風災扱いと水災扱いと対応がわかれるのでしょうか?

  • 被害に遭われた方への応援メッセージを募集しています

    OKWAVEより、特別カテゴリー「OKちゃんねる」への投稿となります。 -------------- 2018年7月7日から8日頃にかけて、西日本での梅雨前線等による大雨にて、浸水・土砂崩れなど大規模な水害がありました。 被害に遭われた方やそのご家族の皆様へのお見舞いを申し上げ、一日も早く、日常の暮らしが戻ることをお祈りしています。 西日本での豪雨、災害時に役立つQ&Aまとめ http://blog.okwave.jp/staff/2018/07/09/6947.html また災害に遭われている方々のご無事と早期復旧を祈るとともに、災害に遭われた方々への応援のメッセージを募集しています。 皆様の想いを、災害に遭われた方々に少しでもお伝えし、いち早い復旧の一助となればと思っております。 ※こちらにいただいたメッセージにつきましては、ブログやSNSなどでご紹介させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。