• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

私人逮捕した者は犯人の情報をどこまで公開できるか?

「常人逮捕」という言葉が西日本新聞などでよく使われます。 (他のメディアでは「取り押さえ」という言葉が通常使われます。) 私人による現行犯人逮捕のことです。 さて、私人逮捕した者は、捕まえた犯人の情報をどこまで公開できますか? マスコミが行なっているような、 犯人の住所・氏名や犯行現場の映像(証拠)は、 一般人でも合法的に公開できますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数325
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

>一般人が行っても、公益目的だと認められるような公表の方法は、何かありませんかね? 私人逮捕の場に居合わせ確かに犯罪を目撃し再犯の恐れがあるなら、見たことも情報もすべてどうどうと公開すればいいでしょう。 再犯に対する警告で十分公益目的ですよ。 逆にそれ以外何があるんですか?どこをどう悩んでるんですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#230581
noname#230581

そうですよ、報道の自由は名誉毀損罪を退ける効力はありません。 が、それを根拠に「報道する」行為が認められています。 ご理解出来ないのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何をバカなことを言っているんだ。 警察発表以外の事実の公開は、マスコミであっても名誉毀損だ。 マスコミは市民と同じ私人だ。

  • 回答No.5
noname#230581
noname#230581

では「報道の自由」について、説明して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「報道の自由」は憲法で保障されるとする権利であり、 国家権力(主に行政)の不当な介入から報道・知る権利を守るための趣旨であり、 刑法の名誉毀損罪の成否とは関係ない。 そんなことも分からないのかね。君は。

  • 回答No.4

犯罪などの公益に関する事実は、公益目的からならば、そして真実であると信じるだけの証拠がある場合は、公開しても名誉棄損としては無罪です。刑法230条の2。マスコミの場合は、報道目的=公益目的が明確なので、一般私人と比較して、この刑法230条の2により無罪となる可能性は高いといえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

質問者からの補足

一般人が行っても、公益目的だと認められるような公表の方法は、何かありませんかね? 外国のメディアが公開した日本人の顔を、 日本国内にサーバーのある影響力の強いサイトにURLリンクしても、 名誉毀損罪に問われる可能性があるそうです。 https://okwave.jp/qa/q9416582.html

  • 回答No.3
noname#230581
noname#230581

マスコミと一般人は違います。 貴方はご存じないようですが、マスコミには「報道の自由」が認められています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

質問者からの補足

あなたは「報道の自由」の意味を間違えています。

  • 回答No.2
  • weeeho
  • ベストアンサー率22% (27/119)

一般人がある特定の人物の個人情報を公開する必要性がありますか? 先ず切迫した必要性は無いでしょう、あるとすればそれはその人物の情報を世間に「晒したい」目的です。 となると、それは名誉棄損や逮捕によって知り得た個人情報の漏洩に当たるかもしれません。 それでもというなら、どうぞお好きに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

質問者からの補足

それを言ったら、マスコミの報道も犯罪になりますよ?

  • 回答No.1

そもそも私人の場合守秘義務がないので、公開を遮る法律はないですよ? ただ名誉毀損にならないように気をつけてねってだけです。 あとは警察・検察の要請に答えるかどうかの問題はありますが、そんなものは法律とは関係ないので本人の自由です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「私人逮捕」に関するイメージ調査

    ネットで話題の「私人逮捕」。 日本国内では現行犯人のみ「私人逮捕」が可能です。 「私人逮捕」という言葉を聞くと、あなたはどんなものを連想しますか?

  • 私人逮捕にも警察比例の原則は適用されますか?

    私人逮捕にも警察比例の原則は適用されると考えるべきでしょうか? たとえば、逃走している放火の現行犯人を常人逮捕する場合に、車で体当たりしても、殺人未遂罪には問われないでしょうか?

  • 私人逮捕後の「道連れ被害届」を防ぐためには?

    現行犯人の場合、一般人でも犯人を逮捕して警察に引き渡すことができますが、 このような私人逮捕(常人逮捕)をめぐるトラブルは多いようです。 私人逮捕が行われた場合、逮捕された犯人の側が、 「逮捕時の取り押さえ行為が暴行罪に当たる」 と、 私人逮捕した一般人の側を、逆に警察に訴える事例が多いそうです。 捕まえた側も道連れにして、留置所行きにしようとする卑劣な行為です。 (警察がそう簡単に犯人からの被害届を受理するとは思えないが。) このような「道連れ被害届」が出されるを防ぐためには、 どのような策を講じるのが良いと皆さまは思いますか? 私はやはり、 逮捕時に犯人の身体検査をして身分証を一時取り上げして、 犯人の住所氏名を確認・記録することが、 一番の防御策になると思います。 現行犯逮捕時の身体検査は、司法警察職員にしか許されておらず、 一般人が行うと、窃盗や強盗の罪に問われるなどと言う人がいますが、 (私人逮捕時の取り押さえ行為を暴行で警察に訴えたり、 身分証を一時取り上げした行為を窃盗や強盗で訴えたりしたら、) 「住所氏名をネットで公表するぞ!」 と犯人に警告してしまえば、犯人は逆らえないはずです。 (失敗すれば、こちらが脅迫罪に問われるリスクもある訳だが。)

  • 私人逮捕の際に犯人の車の窓を割るのは合法ですか?

    現行犯人が車の中に籠城した場合、私人逮捕の一環として窓ガラスを割って犯人の身柄を確保することは出来ますか?

  • 私人逮捕が「有効」でも犯人への傷害罪は成立するか?

    常人逮捕(私人による現行犯逮捕)が「有効として成立」しても、 逮捕する際の有形力行使(実力行使)について、 犯人に対する傷害の罪が成立することはあるのでしょうか?

  • 私人逮捕時の制圧死で死刑になることはありますか?

    私人逮捕を行う際の実力行使で犯人を死亡させた場合、 逮捕行為に行き過ぎがあり、かつ死亡した現行犯人が二人以上だと、 相手が強盗や傷害などの重罪犯であっても、 私人逮捕を行った側が死刑に処せられる可能性はありますか? 誤認逮捕ではないものとし、私人による現行犯逮捕が有効である前提とします。 また、私人逮捕を行う側に殺意はないものの、 万が一の際には犯人が死ぬ可能性を認識していたものとします。

  • 私人逮捕での身分証取り上げは窃盗罪というのは本当か

    私人(一般人)には、 現行犯人逮捕に伴う捜索・押収(刑訴法220条)は認められていないため、 常人逮捕の段階で犯人から身分証を取り上げると、 窃盗罪になると解説されることがあります。 これは本当でしょうか? そもそも、身分証の取り上げが搜索・押収に当たるのか、疑問が残ります。

  • 私人逮捕で暴行罪に問われることは本当にありますか?

    私人逮捕を行う際に、犯人の扱い方を間違えると、 私人逮捕した側が暴行罪に問われることがある、 と解説するサイトが散見されます。 しかし私人逮捕が「有効に成立」し、かつ、犯人が「怪我をしていない」のに、 私人逮捕した側に暴行罪が成立することなど、 実際にあり得えるのでしょうか? (暴行罪ということは、犯人が怪我をしていないことが前提です。) これでは犯人を押さえつけることすら出来ません。

  • 私人逮捕の基準や権限は国際統一すべきだと思いますか

    指名手配犯を私人が逮捕することが出来る国があります。 一方で、日本のように、私人には現行犯人しか逮捕を許されていない国が大半です。 また、ベトナムでは、私人が常人逮捕した犯人を、 自ら警察署などに連行することが認められています。 他方、日本では、私人による警察署などへの連行については、 法律で明確な定めはないものの、学説では許されないとされています。 私人逮捕は国籍問わず行えるものなので、 これでは旅行者が混乱するばかりです。 これからはグローバルの時代です。 私人逮捕の基準は国際統一すべきだと私は考えます。 皆様はどう思われますか?

  • 私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか?

    私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか? 法律上は一般市民も現行犯を逮捕できます。 でも実際のところ、司法警察権のない民間人には、 どこまでの権限が認められているのでしょうか? 日常的感覚では犯人を縛って連行することが、 「逮捕」という言葉のイメージです。 しかしマスコミ用語と法律用語とでは、 「逮捕」の意味にも若干のズレがあると思われます。 これだけ法規範や法学・法曹界の解釈が曖昧では、 監禁事件になるのが怖くて私人逮捕などできません。 一体どこまで自分で行動してもよいのでしょうか? 【問題の所在】 1.私人による現行犯逮捕に関し,現行日本法には次の規定が存在する。  (1)現行犯人は,「何人でも」逮捕状なくして     これを「逮捕」できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,司法警察員ではない者が現行犯人を逮捕した場合には,     逮捕を行った私人は「直ちに」その身柄を     司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,正当な理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,     逮捕を行った私人が逮捕監禁罪に問われ得る(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法が,司法警察権を有しない私人に現行犯人の   捕縄連行権を認めているか,明文の規定を欠くため問題となる。  (1)この点,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言を     広義に解すると,同214条における「直ちに」の文言は,     司法警察員への身柄引き渡しを目的とする範囲において,     現行犯人の捕縄連行権を私人に認めるものとなる。  (2)反対に,同「逮捕」の文言を狭義ないし限定的に解すると,     同「直ちに」の文言は,現行犯人を現場から動かすことなしに,     司法警察員の到着待機を私人に義務付けるものとなる。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる捕縄連行権の有無に関し,     明確な見解を示していない。     司法警察員ではない者が逮捕した現行犯人の身柄につき,     いかなる範囲まで当該私人による制御権が及ぶとされるのか,     裁判所や学説が具体的に明らかにした事例は存しない。 3.もっとも,現状の法運用においては慣習上,   司法警察員のみが現行犯人の捕縄連行をなし得る。   ゆえに事実上,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言は,   行為者によってその含意を異にする。   また,日本国内では私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察署名義による逮捕事実として報道発表がなされる。  (1)この点,同条は「何人でも」と明文で前提していることから,     当該法運用は法の下の平等に反し,妥当ではないと解する。  (2)さらに,私人逮捕が逮捕権としての実効性を没却し,     形骸化する恐れはないか懸念されるところである。                                         以  上