• 締切済み
  • 困ってます

私人逮捕の制度ってなんであるの?

現行犯で犯人を誰でも逮捕出来ることに利便性を感じる一方で、即座に捕まえなければならないような凶悪な犯人がそんな簡単に私人に捕まるとも思えません。 正義の味方が誰でも逮捕 http://www.stdkousotsu.com/node/3 それと、このブログとか見てると、私人に捕まるような人には、犯罪をしてない人がそれなりに含まれてるのではないかとも思えてきます。 そこでこの2点を教えて下さい。 そもそも私人逮捕の制度はなんのためにあるのでしょうか? また、他国では私人逮捕などという制度はあるのでしょうか? よろしくお願いします。

noname#187037
noname#187037

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.6
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7194/21842)

”そもそも私人逮捕の制度はなんのためにあるのでしょうか?”     ↑ 1,官憲を待っていては、逃亡されてしまうから、   という必要性。 2,現行犯、及び準現行犯の場合は、犯罪の存在が   明らかだから、私人に逮捕を認めても、誤認逮捕   の怖れが少ないから。 ”他国では私人逮捕などという制度はあるのでしょうか”     ↑ 現行犯逮捕は、認めている国が多いです。 尚、米国の私立探偵は有名です。 資格が必要ですので、純粋に私人かは問題が ありますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

一般的な考えからすればそうですよね。 しかし、1に対応して、本当に必要性が高い場合には私人逮捕なんて出来ないのではないか? また、2に対応して、そもそも犯罪性のない者まで捕まっているのではないか? という疑問が生じます。 この点はどう説明できるのでしょうか?

  • 回答No.5
  • jess8255
  • ベストアンサー率45% (1084/2359)

いくつか回答が寄せられていますが、No.4さんのご回答が一番合理的、かつ正確ですね。 コミュニティの平和、秩序を守るのは本来その構成員の責任なのです。洋の東西を問わず、古代社会がその典型的な例です。掟を破ったものはその社会がペナルティを加える、というのが原則と言えます。 ところが狭い地域社会だけならそれでもよかったのでしょうが、地域社会同士がさらに合同して大きな社会を作るようになると、共通した規範(標準的な決め事、と言ってもいい)が自然発生的に出来上がります。これが法の原型と言えます。 社会が大きくなると人により特定の役割を負うことになります。今まで農業の傍ら、治安維持に当たっていた人が、その経験を生かして狭い地域ではなく、広い地域でその規範をもとに権限を与えられて治安維持に専門的に当たるわけです。これが警察制度の初歩でしょう。 しかしすでに指摘があるように治安維持のための人々が常にどこにでもいる、と言う訳ではない。しかし犯罪などは時間、場所を問わず発生します。とても治安担当者だけでは足りない。そこで古代からあった制度、社会構成員である一私人(一市民)にも、犯罪者に対する逮捕権を近代社会でも認めて、社会の平穏維持に寄与してもらおう、と言う事なんです。 すなわち私人逮捕権は古代から変わらず存在していたが、近代社会では司法警察員が逮捕するまでの最低限の時間のみ認めましょう、となる訳。ですから、私人が犯罪者を逮捕したら迅速に警察に通報して、臨場した警察官に速やかに引き渡すことが求められています。 殺傷能力のある武器などを持っている犯罪者に対して、私人が逮捕を試みるなんてのは論外です。法はそんなことを求めません。一市民が武器を携行している凶悪犯を取り押さえた、という事例もたまに報道されますが、これはよほど腕に自信のある経験者か、向こう見ずな人かのどちらかでしょう。もちろん犯罪を目撃した人がその犯罪者を拘束しなかったことが違法になるということもありません。ただし公務員に限って、犯罪を知った時には通報義務があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • phj
  • ベストアンサー率52% (2343/4488)

ああ、逆なんですよね・・ もともと、集落単位で人が住んでいた時代、集落そのものに自治権があり、犯罪行為を行なった人を集落で裁くことができました。江戸時代でも大きな街や村落はそれなりに明文化された規定や、公的機関が存在したのでそのような部署が動くのが普通でしたが、山間の集落ですと、自分たちで捕まえて裁くしかなかったのです。 また隣り合っている集落でも、猟師の集落と農民の集落のように生活基盤が違うと「山のここまでは農村の山、こっから猟師の山」とか「山は共同で使うけど、猟師の仕掛けた罠にかかった獲物を農民がとっちゃいけない」などのきまりも違い、農民が猟師の山に入って悪いことをした場合(たとえば山菜を取ったとか)、猟師たちが捕まえて農村に連れて行き、話し合いで罰を決めるようなことも行なっていたわけです。 しかし、明治以降近代になると、近代的な警察組織ができて、侍から刀を取り上げたのと同様に「警察以外は犯人を逮捕し、罰を与えてはならない」という近代法の世界になっていきます。 ですから、本来なら「警官以外は誰も犯罪者を取り締まってはならない」ということなのですが、そうはいっても目の前で犯罪者が犯行を行なっている場合は、それを阻止する権利をもっているのは普通のことですので、阻止して警官がくるまでそこに留める権利は誰にでもある、ということになります。 私人逮捕、という言葉だと大げさですが「逮捕」というのは「どこにも行かせないで、強制的にその場所に留める権利」だと思えば、分かりやすいと思います。 つまり、犯罪者を警察に引き渡すまで、犯行現場(またはその近く)で逃げようとする犯人を強制的に待たせておく権利だけが、私人にもある、ということです。 この「強制的に待たせておく」権利がなければ、たとえ犯罪者で現行犯でも、それを捕まえた人は略取誘拐・拉致監禁の罪に問われてしまいます。 現代の法治国家では、私人に残っている権利はそれだけ、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#235638
noname#235638

たとえば・・・ 警察官が公務中犯行に及んだ場合、 私人逮捕制度がなければ都合が悪い。 犯罪抑止力もそうです。 それと、犯罪をした人もそうですが、その家族も含めて守りたい。 私人逮捕制度がなければ、さらに治安が悪くなりますし 犯罪で得ができる社会になってしまう。 犯罪をしていない人がそれなりに含まれる 確かにそう思います。 なので間違って逮捕された人を守る法律があります。 間違って逮捕した人がけっこう重い罰を受けます。 その際怪我をさせた・殺してしまった場合はさらに 重くなります。 他国では・・・ もちろんあります。 私は弱い人間です。 楽を覚えると、さらに楽がしたくなります。 たとえば、私がひき逃げをしようとした、とする。 でも誰かの逃げるな!!の一言で我に返り自分の犯した 罪と向き合えるかもしれません。 家族を悲しませることもないかもしれません。 私が誠実に・ひたむきに罪と向き合えればいいのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 私人(常人)逮捕は中世イギリスに遡る制度で、世界各国に同様の制度があります。質問者は凶悪犯を念頭に置いておられますが、ほとんどが万引きや食い逃げではないでしょうか。  いつも警官が近くにいるとは限りません。この制度がなければ、緊急事態で犯人を取り押さえても、逆に訴えられることになりかねません。なお、休暇中の警官も私人です。  他国の状況については、WIKIの英語版が便利です。内容は読めなくても、国名をみるだけで回答には役立つでしょう。 http://en.wikipedia.org/wiki/Citizen's_arrest

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>そもそも私人逮捕の制度はなんのためにあるのでしょうか? 司法警察官がどこにでもいるわけではないから。 大多数の人はあなたと違ってスリや置き引き、痴漢にあったり見たりして捕まえられるとしても警察に通報するだけでそのまま放置することを正義だと思っていないからですね。 >また、他国では私人逮捕などという制度はあるのでしょうか? 全ての国とは言いませんが法治国家であればあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「私人逮捕」に関するイメージ調査

    ネットで話題の「私人逮捕」。 日本国内では現行犯人のみ「私人逮捕」が可能です。 「私人逮捕」という言葉を聞くと、あなたはどんなものを連想しますか?

  • 私人逮捕権に「連行権」は含まれるのでしょうか?

    私人逮捕権に「連行権」は含まれるのでしょうか? 原則として現行犯は誰にでも逮捕できます。 現行犯を逮捕した場合、警察へ通報するのは当然ですが、 その身柄を自身で管轄の警察署へ連行しても、 法律上問題はないのでしょうか? 民間警備会社や小売店、鉄道事業者の関係者などは、 被疑者を傷つけたり過度に拘束をしたりしないよう、 実際上はかなり気を配っているようです。 (司法警察権を有していた旧国鉄職員を除く。) 逮捕監禁や監禁致傷事件などにならないようにするため、 どこの会社も神経質になっていると思われます。 私人逮捕権に被疑者の「連行権」が含まれるのか否か、 裁判所も学者も明確な見解を示していません。 これは一体なぜなのでしょうか? 何らかの事情であえて判断を見送っているのでしょうか? 現状では私人が現行犯人を逮捕した場合においても、 自身の手によってその身柄を警察署へ連行することは、 法的リスクが大きいと考えたほうがよいのでしょうか? 【問題の所在】 1.現行日本法において,私人による現行犯逮捕権については,   以下の規定が存在する。  (1)現行犯人は,これを何人でも逮捕できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,私人すなわち司法警察員ではない者が,    現行犯人を逮捕した場合,当該被疑者の身柄を,    「直ちに」司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,    被疑者を逮捕した私人が逮捕監禁罪に問われる(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法214条に規定される「直ちに」の文言が,   具体的にいかなる義務を,逮捕した私人に課しているのか,   明文の規定を欠くため問題となる。  (1)この点,かかる文言は,逮捕の意味を広義に捉えると,    私人が現行犯逮捕を行った場合につき,被疑者の連行権,    すなわち,被疑者の身体を縛って警察暑などへ連行することを,    被疑者を逮捕した私人に認めたものと解される。  (2)一方,逮捕の意味を狭義ないし限定的に捉えると,    被疑者を逮捕現場から動かすことなしに,    司法警察員が現場に到着するのを待つことを,    逮捕を行った私人に要求したものと解される。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる連行権の有無に関して,    明確な見解を示していない。    司法警察員ではない者が現行犯逮捕した被疑者の身柄につき,    いかなる程度まで,当該私人による制御権が及ぶとされるのか,    裁判所や学説が具体的に明示した事例は存しない。 3.もっとも,私人に被疑者の連行権が認められないとすれば,   私人逮捕権は逮捕権として実効性に乏しいものと言える。   さらに,日本国内においては,私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察暑名義による逮捕として報道発表がなされる。   この点,私人逮捕権が事実上形骸化する恐れはないのか,   懸念されるところである。                                        以 上

  • 不逮捕特権のある外交官と知りながら私人逮捕した場合

    目の前の現行犯人が不逮捕特権のある外交官であることを知りながら私人逮捕を行った場合、 逮捕した私人は何らかの罪に問われるのでしょうか? それとも、外交官の不逮捕特権には、私人逮捕は含まれないのでしょうか?

  • 犯罪者を私人逮捕したら身分証を取り上げますか?

    犯罪者を私人逮捕した場合、あなたは犯人から身分証を取り上げますか? あなたならどうしますか? 私なら、被害者として犯人を私人逮捕した場合、間違いなく取り上げると思います。 https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14173787669 こんなアホな机上論を回答している人がいますが、 私人が犯人から身分証を取り上げて検挙された事例は一度もありません。

  • 私人逮捕の基準や権限は国際統一すべきだと思いますか

    指名手配犯を私人が逮捕することが出来る国があります。 一方で、日本のように、私人には現行犯人しか逮捕を許されていない国が大半です。 また、ベトナムでは、私人が常人逮捕した犯人を、 自ら警察署などに連行することが認められています。 他方、日本では、私人による警察署などへの連行については、 法律で明確な定めはないものの、学説では許されないとされています。 私人逮捕は国籍問わず行えるものなので、 これでは旅行者が混乱するばかりです。 これからはグローバルの時代です。 私人逮捕の基準は国際統一すべきだと私は考えます。 皆様はどう思われますか?

  • 私人逮捕時の制圧死で死刑になることはありますか?

    私人逮捕を行う際の実力行使で犯人を死亡させた場合、 逮捕行為に行き過ぎがあり、かつ死亡した現行犯人が二人以上だと、 相手が強盗や傷害などの重罪犯であっても、 私人逮捕を行った側が死刑に処せられる可能性はありますか? 誤認逮捕ではないものとし、私人による現行犯逮捕が有効である前提とします。 また、私人逮捕を行う側に殺意はないものの、 万が一の際には犯人が死ぬ可能性を認識していたものとします。

  • 私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか?

    私人逮捕の際に捕縄連行は認められていますか? 法律上は一般市民も現行犯を逮捕できます。 でも実際のところ、司法警察権のない民間人には、 どこまでの権限が認められているのでしょうか? 日常的感覚では犯人を縛って連行することが、 「逮捕」という言葉のイメージです。 しかしマスコミ用語と法律用語とでは、 「逮捕」の意味にも若干のズレがあると思われます。 これだけ法規範や法学・法曹界の解釈が曖昧では、 監禁事件になるのが怖くて私人逮捕などできません。 一体どこまで自分で行動してもよいのでしょうか? 【問題の所在】 1.私人による現行犯逮捕に関し,現行日本法には次の規定が存在する。  (1)現行犯人は,「何人でも」逮捕状なくして     これを「逮捕」できる(刑事訴訟法213条)。  (2)しかし,司法警察員ではない者が現行犯人を逮捕した場合には,     逮捕を行った私人は「直ちに」その身柄を     司法警察員へ引き渡さなければならない(同214条)。  (3)よって,正当な理由なくして司法警察員への引き渡しが遅れると,     逮捕を行った私人が逮捕監禁罪に問われ得る(刑法220条)。 2.そこで,刑事訴訟法が,司法警察権を有しない私人に現行犯人の   捕縄連行権を認めているか,明文の規定を欠くため問題となる。  (1)この点,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言を     広義に解すると,同214条における「直ちに」の文言は,     司法警察員への身柄引き渡しを目的とする範囲において,     現行犯人の捕縄連行権を私人に認めるものとなる。  (2)反対に,同「逮捕」の文言を狭義ないし限定的に解すると,     同「直ちに」の文言は,現行犯人を現場から動かすことなしに,     司法警察員の到着待機を私人に義務付けるものとなる。  (3)判例・通説は,私人逮捕にかかる捕縄連行権の有無に関し,     明確な見解を示していない。     司法警察員ではない者が逮捕した現行犯人の身柄につき,     いかなる範囲まで当該私人による制御権が及ぶとされるのか,     裁判所や学説が具体的に明らかにした事例は存しない。 3.もっとも,現状の法運用においては慣習上,   司法警察員のみが現行犯人の捕縄連行をなし得る。   ゆえに事実上,刑事訴訟法213条における「逮捕」の文言は,   行為者によってその含意を異にする。   また,日本国内では私人が現行犯人を逮捕しても,   管轄の警察署名義による逮捕事実として報道発表がなされる。  (1)この点,同条は「何人でも」と明文で前提していることから,     当該法運用は法の下の平等に反し,妥当ではないと解する。  (2)さらに,私人逮捕が逮捕権としての実効性を没却し,     形骸化する恐れはないか懸念されるところである。                                         以  上

  • 私人逮捕には強制力がないと述べた法学権威は誰か?

    私人=いかなる強制力をも持ち得ない個人・法人 ↓↓↓ゆえに↓↓↓ 私人逮捕には強制力を伴わない =現行犯人が「拒否」した場合に 当該現行犯人を無理やり現行犯逮捕すると 逮捕した側の私人に逮捕罪・逮捕監禁罪が成立し得る このようなムチャクチャに誤った法学理論を 日本国憲法下で最初に述べた 法学権威は一体誰なのでしょうか? プロの弁護士・法律家でも上記のような 解釈をしている者を数人見たことがあり、 目からウロコが飛び出ました。 刑訴法213条の「できる」を反対解釈して 私人逮捕の強制力を否定しているようです。

  • 私人逮捕時の犯人の身分証強制閲覧は本当に犯罪なのか

    私人にも現行犯人の逮捕は認められています。 しかし、現行犯逮捕に伴う捜索や押収は、 司法警察職員が逮捕した場合に限られる(刑事訴訟法220条の解釈より)ことから、 私人が犯人からその場で身分証を取り上げた場合、 窃盗や強盗、強要の罪に問われる、 と解説されることがあります。 私は、暴行や傷害、住居侵入の被害者として、 犯人を私人逮捕(現行犯逮捕)した場合、 犯人の逃走防止の観点や、民事での賠償請求に備え、 その場で身分証を取り上げて撮影し、犯人に返却する方針です。 もちろん、この場合は、 私人には禁止されているとされる 捜索押収の目的には当たらないと私は考えます。 実際のところはどうなのでしょうか? これでも犯罪になるのでしょうか?

  • 私人逮捕が有効でも犯人への暴行罪は成立し得るのか?

    私人による現行犯人逮捕が有効とされ、 司法警察職員によって逮捕手続き書が作成された場合でも、 犯人を抑え込んだ私人に暴行罪が別途成立することは、 法理論上あり得るのでしょうか?