• 締切済み
  • 困ってます

炭素鋼 ? を使ってのHRC70は可能か ?

現在, S50Cを使って加工し浸炭焼き入れ後, 硬度HRC62の製品を作っています。 素材を換えて... ただし熱間鍛造曲げ加工( 火造り ) , 溶接ができる素材を使い加工し焼き入れ後 HRC70以上は可能ですか ? 可能と思われるなら素材と方法を教えて欲しい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数3
  • 閲覧数777
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

高炭素鋼でもHRC70以上の焼き入れ硬度は、安定して望めないです。 URLで確認下さい。 以上により、窒化処理や超硬質クロムメッキ、特殊ステンレス系等で硬度を補完すると 良いと考えます。 専門家でないので具体的な記述はできませんが、HRC70 硬度やHRC70 焼入、HRC70 高周波焼入 等で用語検索しますと、その記述が出ていたと記憶しています。 浸炭焼き入れは浸炭深さが深くできないや、非対称で浸炭する等で、焼きの入り具合が (硬度の分布が)片側に偏り反りが発生します。 メッキは無論、窒化処理も変形し難い処理なので、多少は効果的と考えます。

参考URL:
http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/000127.php#00 http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%84%BC%E5%85%A5%E6%9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答を頂きありがとうございます。 少し御質問をさせて下さいね ^-^ 我社で製品を作り浸炭焼き入れをしますと まるで日本刀のような反りが出ます, 現在は後加工して平面を出して製品完成となっておりますが... この後で窒化処理や超硬質クロムメッキ、で硬度を補完すると言うことでしょうか ? それとも熱処理自体を全て外注するとか ? その時に再度 反りの出る可能性はありますか ? 用語検索をしてみますね。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

炭素鋼に限定してしまうと困難ですね。 ヤスキハガネの伝統を継ぐ(格好だけ)YSSのカタログを見ても、炭素鋼は HRC68 ぐらいで止めてます。 但し標準条件より、焼入温度を高め、水焼き(塩水)、焼戻しは湯戻し、にするとギリギリ HRC70 が可能なようで、私は SK4 で試した結果で HRC68 でした。 問題は、焼割れしやすく靱性が失われることです。安定性も無いでしょう。 『製品』としては無理と思います。<私は硬鋼線切りの冶具で好成績> 溶接は難しいのでは?  火造りが出来るなら溶接は不要では? あとは、YSSにある、粉末合金でステンレスの ZDP189 金型用ハイスなら HRC70 は可能ですが、火造りは判りません。

参考URL:
http://www.hitachi-metals.co.jp/pdf/cat/hy-b10-d.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答を頂きありがとうございます。 無理... 無理らしいですね, 工学博士数人とか金属関係者さんも同じ事を言われました。 私どもは製品に関わりも長いのですが知識に対して無知なものですから呆れるような事を平気で言います。 SK4 で HRC68 との事... 同じ方法で焼き入れをしているヤスリでは HRC65 でした, 焼き上がりの温度がやや低めで作業をしておりましたが... なるほど高めに焼くと68が出るのもうなずけます。 多種多様な製品に対応するには平板材を曲げ溶接が欠かせないのです。 良い知恵がありましたらよろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

窒化処理は如何でしょうか。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%92%E5%8C%96%E5%87%A6%E7%90%86 http://homepage1.nifty.com/seas/database/heat/nitro.ht

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

窒化処理の御提案を頂きありがとうございます。 何度か他方からも御提案がありましたが焼き入れ深度が浅くて私どもの要望とは遠くかけ離れており断念した経緯があります。 私どもの製品は金型とか機械部品とかではなくて 簡単に申しますと日本刀ではありませんが日本刀に似通った物と思われた方がよろしいかと. 質問に付け加えていなくてすみませんでした。 日本刀... 想像してみて下さい。 刃先から10ミリ~12ミリだけを焼き入れし, その上はなまくらのままです。 肉厚も薄いですね。 良いアイデアが御座いましたらよろしく。

関連するQ&A

  • 熱間鍛造後の素材硬度について

    はじめまして。 素人の質問で申し訳ありませんが、ご教授お願いします。 冷間鍛造では加工硬化による素材硬度が上がると理解しておりますが、 一般的なS45C材を熱間鍛造を行う場合、再結晶温度以上で加熱された 状態で鍛造されると思いますが、鍛造後に空冷された素材の素材硬度は どの程度になるのでしょうか?S45Cの焼きならし相当の素材硬度に なるのでしょうか?希望としては、HRC20程度くらいまで硬化して もらえると良いのですが、基本的に無理なのでしょうか?

  • HRC55、深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れ…

    HRC55、深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れ方法について 海外部品を調査していると、HRC55で深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れを施している部品がありました。 当社では、高周波や浸炭を所有しているのですが、色々な条件でトライしても、なかなか同様の焼入れが出来ませんでした。どうしても表面硬度が上がってしまい、深くなるに連れて硬度が低下します。 どんな方法で上記条件がクリア出来るのでしょうか。 推測でも良いので、色々とご意見伺えたら幸いです。

  • SCM415の浸炭焼入れと防炭箇所の硬度について

    SCM415を浸炭焼入れし、シャフト貫通部の機械加工部を防炭処理をする部品がありますが、この防炭個所の硬度は、素材硬度(HRC20程度?)よりも低くなるのでしょうか?

  • SCM415とS45Cの溶接について

    SCM415浸炭焼入れ焼き戻しHRC60程度のものとS45C光輝焼入れ焼き戻しHRC48程度のものを溶接する場合 ねじり強度低下を引き起こさないようにするためにどういった事をすればいいか教えてもらえないでしょうか? SCM側の溶接か所には浸炭防止をして焼入れするつもりですが他にいい案あればお願いします

  • HRC60以上

    焼入れ後、HRC60以上の硬度を得られる鉄はハイス鋼以外に何がありますか?

  • S45C焼入材の硬度UP

    生産技術の仕事をしており焼入に関する知識がなく悩んでおります。素人ですがよろしくお願いします。 搬送装置の部品に直径35mm、長さ25mmの部品を使用しています。材質はS45Cです。部品は生材ですと摩耗するため、焼入処理をし硬度HRc53、有効深さ3mmの焼入結果を得ています。部品は溶接にて搬送装置へ取付するため、部品の片側は焼入していません。 さて、製品へ取付し使用しますと、部品が摩耗してしまいました。焼入深さを維持しながら硬度を上げたいのですが、どのようにすればよろしいでしょうか?「素材の変更」「焼入方法の変更」は構わないのですが、溶接できる材料で考えております。すいませんがよろしくお願いします。

  • HRC60程度の加工

    みなさんこんにちは。 HRC60硬度の小判形状の溝加工でよいアドバイスは ないでしょうか? 溝幅は6.0深さは12.0程度です。溝の長さは20.0 この形状が並列して18ヵ所あります。 焼き入れ前に荒加工してあり、片側0.2程度の取代です。 現在何とか加工はしているのですが、とてもベストな 加工方法とは思えません。刃物代が結構痛い・・・ お薦めの加工方法、エンドミル等ありましたら、教えてください。

  • SUJ2焼き入れ硬度について

    φ30×150のSUJ2加工品で、硬度がHRC64以上ほしいと言われました。 ソルト焼き入れで、HRC60以上でしたら問題ないのですが、64以上となると厳しいです。 高周波焼き入れを行わずに、硬度を出す方法はあるのでしょうか? もしあるのなら、方法とリスクを教えてください。

  • 光輝焼入焼戻しについて

    FCD600-3  FCD500-7  の素材にHRC45~55の硬度で熱処理 した後にマシニングセンタで加工しようと思うのですが 削った面の硬度は保たれるのでしょうか? SKD素材に真空焼入れなどをしてHRC60程度したものをWCで加工し 加工した面などを硬度測定器で測定しましたが硬度が落ちていることはなかったので 光輝だとどうなのかな?と疑問を持っています。 焼入れ加工に詳しい方よろしくお願いします。

  • SUS系HRC50材にφ8.5~11.5程度まで…

    SUS系HRC50材にφ8.5~11.5程度までの深穴加工 こんにちは。 いろいろカタログとか探したのですが、HRC50焼入れ鋼を深穴加工するのにφ8.5で溝長120程度のドリルが見つかりません。その辺になると内部給油仕様のドリルしか見当たらないのですが、時間が多少かかってもいいので外部給油で行いたいのです。もし、見つからなければ内部給油仕様のドリルを使うとしても支障はでないでしょうか?その場合、やはり破損のおそれは大きいでしょうか? 加工機は縦型マシニングセンタ外部給油のみを考えております。 それ以外の機械設備を使う方法だと外注加工になります。 焼き入れ前に加工するのも一つの手段かなとは考えておりますが、そのような高硬度材深穴加工の工具の有無や、加工方法をご教授下さい。お願いします。