• 締切済み
  • すぐに回答を!

切削時のソリ

こんばんわ。いつもお世話になります。 SUS304 t25*320*750 の角材両端(長手方向)、中央(長手方向)に幅240ミリ深さ10ミリの段付け加工をするのですが 加工底面の平面度が0.05です。 どうしても切削熱によるソリがでてしまい公差内にはいりません。 1、材料熱処理 2、切削方法 3、クランプ方法(現状ではバイス) 1と2でそれぞれソリが出ない方法ありますでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数381
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

回答(1)です 不景気の中、このお仕事に工具費をどれだけ捻出できるか難しいところで すが、最終工程に仕上げ専用カッター用いることは如何でしょうか。 刃数2~4枚と少なく(刃振れ調整機構付き)、同時切削刃数を減らすことで 切削熱を抑制する作戦です。副切刃幅が大きく高送りにより加工時間増加 もミニマムにできます。 ?タンガロイ   TACミル超仕上用 SFP4000形 ?三菱マテリアル FF3000形 ?ダイジェット  フィニッシュジェットミル FJM形 などがあります。?は最近発売された工具です。 または、現在お使いのカッターを半分外して同様に同時切削刃数を減らすこ とも一案です(この場合は加工時間は掛かりますが)。 もちろん皆さんご指摘の通り水溶性クーラントの大量供給が必須です。 深さ10mm×幅240mmの加工に刃長が長いロングエッジタイプのコロミル690を 例として挙げられている回答(4)さんの真意が分かりません... (チタン加工用工具なのでステンレスにも適してるでしょうが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 厚みの薄い鉄板の切削加工を行う上で、ソリが発生し…

    厚みの薄い鉄板の切削加工を行う上で、ソリが発生し困ってます。 現在1500×1000×20の鉄板に対してタッピング(貫通M16)加工を複数個所行うのですが、図面上での板のソリ公差は±0.05以内となっていて尚且つタップのピッチ交差もあるため為どうやって加工すればいいのか悩んでいます。  素材を調達する鋼材メーカーからはこのサイズ板は加工したら必ず1ミリ以上はソリが発生するといわれました。 何かいい加工方法がありましたらご教示願えないでしょうか? 文章が下手で申し訳ございません。

  • 板の平面切削

    いつも皆さんの質問から勉強させてもらってます。 被ワークはSUS 304、370x50で厚み15mmの板の平面切削なのですが、切削面が斜めになるような加工です。 370x50の面を地面に置き、厚み分の高さが片方だけ10mmになるように斜めにするのですが、クランプ、加工手順、ツーリング、どれも良いアイディアが出てきません。 どなたか、良いアドバイスよろしくお願いします。

  • SUS304を切削すると刃物が折れてしまいます。

    金属をNCフライスで切削する仕事に就いております。 SUS304の材料を加工していたのですが、 普段より加工位置の高い物のせいなのか、刃物が3回も折れてしまい その際材料が動いてしまったため、製品がだめになってしまいました。 もうワイヤーカットなどの方法で加工するしかないのでしょうか? 詳しい状況 材料は180x30x10の板で 立てた状態で漢字の「凹」の様に上の部分に 横幅18深さ13ほどの切削をしておりました。 当初Φ10刃長20ほどの超高のエンドミルで回転数は分速800回転ほどで テーブルは手送りで削っておりました 13mmの深さまで掘って0.5mmずつ左右に振り分けながら切削していたときに 刃物が折れてしまい、材料が少しうごいてしまいました。 また固定し直してハイスのエンドミルで 0.3mmずつ切削を始めたのですが今度はすぐ折れてしまいました。 幸いまだ削り代があったため。今度はΦ12の超硬で 同じく回転数が分速800で少しずつ削っていたのですが 最後の仕上げで横と下で0.05mmずつ削ってるときに また刃物が折れてしまい製品がだめになってしまいました 下手くそですが絵を書いて添付します、 加工の関係で、材料は少し斜めにして固定してあります。 もちろんバイスはこれ以上無い位締めており、 最後ハンドルをハンマーで叩いて固定しております。 バイスも50mmほどの高さしかないので、 130mmくらいの高さのブロックでクランプした上で バイスに挟んでおります。 加工位置が高くなると、もうフライスでの加工は無理なのでしょうか? 経験あるかた教えていただけたら幸いです。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

基本的に熱をワークに与えない。 これは先の回答者さんのご指摘の通りです。 まず、クランプ方式 回答 3) 4)さんのと同じで バイスにて固定とあるが出来れば上から押える方が 加工除去された部分の影響が少ない やはりバイスで・・・となれば つかみ深さを加工面より下側でつかむ。(気休め程度だが) 切削方式はそれぞれやり方が有るが・・・ 当然、回答 1) 2)さんの言われるようにクーラントで加工熱を奪うのが順当 私なら、ハイヘリのエンドミルで 溝壁の内側に2本先に溝を入れてから 残った山部を除去する。(荒加工) そして、一旦 取り外して十分に冷ましてから再度クランプして側面も含め 仕上げ加工。 手間は掛かるが SUS304 なので仕方ない。 それでもフライスで0.05の精度を維持するには ワークが大きいですね。 研削でも歪むがフライスよりは ましかも知れない。 取付け治具の工夫は必要だが・・・・・ 昔ならシカルで加工していたに違い無い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

切削熱の影響による材料のソリ量がどの程度かわかりませんが、一つの考え方としては、クーラントをたくさん出すようにする。SUSだと高圧クーラント工具などもいいかもしれません。回転工具で高圧クーラント対応だとSV社のコロミル690などがありますね。 取り代については、一度少ない取りしろで加工してみて、ワークを取り外して最初の状態とのそり量を確認してみてはどうでしょうか。少ない取りしろでテーブル送りを上げることで切削時間を短くし極力、熱影響を抑える。 バイスで固定するのと、テーブルに直に松葉で固定するのと剛性的にどちらが良いのか分かりませんが、ワークの固定方法を変えてみるというのもありかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

クランプの応力の可能性は? クランプ中とクランプ解放後で測定値に差が在るならば クランプの応力も影響してます。 バイスでは中央に向かって力がかかるので その可能性も高いです。 切削法に関しては消温をどうするかですが あまり急冷すると工具の欠損や加工硬化を促進するので エマルジョンを大量にかけるぐらいしかないでしょう。 板の半分ぐらいまでまわりに貯まるようにすると若干の効果は見込めますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

まず前提として焼鈍し(800℃~850℃)した材料を使用する事は絶対ですが、その材質でサイズと加工面積を考えた時、加工底面平面度0.05以内というのは私の経験上無理と判断しています。私の場合最後は研削で仕上げる様にしてますが、そのサイズでは研削も難しいですね・・・。切削時にとにかく切削液を洪水の様にかけて加工する位しか無いと思います。後は切削後にプレス等を使って反りを修正するかですね・・・。こんな事位しか言えなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

原因が「切削熱によるソリ」であると特定されているのであれば、 荒取りのフライス加工において、Z軸方向の力(背分力)が小さい (と言われている)コーナ角15度のカッターを使用して、さらに可能 な限りじゃぶじゃぶと水溶性クーラントをぶっかけることが手堅い かと。

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.net/mmc/jp/product/technical_information/information/f_cornerkaku.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 樹脂切削

    PPS樹脂を成形後切削加工しています(仕上げ公差が0.03の為、成形のみでは公差確保出来ない為)PPS樹脂ガラス繊維30%入っています NC旋盤などで切削しているのですが表面光沢がでません、成形時と同等の表面粗さを求めています Ra0.5程度 現状ではRa1が限界です 製品の外形はΦ20です 切削の回転数、送り、または切削油で精度向上できる方法ご存知の方ご教授願います、

  • SUS・アルミの平面研削によるソリ

    こんにちは、いつも質問や回答を見て参考にしております。 SUSオーステナイト系、マルテンサイト系の焼入れ無し材とアルミ材の平研中にソリが発生し材料が食い込み焼けが出る症状が長年改善されずにいます。 材料の厚さは5mm~30mmで形状は平板や中央が開いている等、多々あります。 今まで加工条件で実施したこと。 1、ハイポーラス砥石の組織を変える。 2、砥石幅を35mm~20mmまで段階的に細くした。 2、切削油を大量にかけて切込み量を1~2μ。 3、砥石周速度1200m~1700mの範囲で研削調整。 4、材料のチャッキングは真空チャック固定、両面テープ固定、磁性材で4方向から固定。 研削抵抗を極力抑えて材料に負荷をなるべく与えないような加工方法で挑戦してきたのですが、研削中に反りあがる症状は改善されません。 約0.05mm研削あたりから症状があらわれ、約0.1mm研削時には材料の料端が跳ね上がってきます。 加工方法、工具、材料(熱処理?)の面から良い方法がありましたらご教授願います。

  • シンセティックタイプなどの切削油とは?

    今は、シンセティックタイプなどの切削油が出回ってる様ですが、性能は如何なんでしょうか?コスト面は?管理方法は?是非、お教え願いたいです。  私どもの会社では、水溶性切削油(エマルジョンタイプ)を使用しています。大隈のCNC旋盤を使用して主にSUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、を加工しています。黄銅を加工するときは、切削油は、使用していません。 SUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、全部に使用できる水溶性切削油は、あるんでしょうか? あれば上司に掛け合ってテストしたいと思います。

  • 切削品の普通公差の適用について(JIS B 04…

    切削品の普通公差の適用について(JIS B 0405) 以前から普通公差の適用についてわからないものがあり、質問してみました。 タイトルの普通公差(中級)で、例えば製品に5つの穴が並んでいて、 その両端の穴が基準のピン穴になっており、他の3つは普通の穴です。  -●-○-○-○-●- ←こんな感じです。 両端の基準穴で原点を採り、真ん中の穴の測定をします。 その測定結果の穴間の距離(横方向)は問題なく適用できますが、 0の線上(縦方向)の位置ずれが見られる場合、良否の判断は どのようにすればよいのでしょうか? JISには0.5以下の寸法には個別に…、とありますが当然0の基準線上なので 公差は書かれていません。 今回の穴位置に限らず、0の基準線上にある面・線等についても同様の 疑問を抱いています。 よろしくお願いします。

  • 切削ローレット

    材料SUS303のφ5.0にローレットP0.5をかけたいのですがいい方法、条件などがありましたら教えて下さい。NC旋盤で加工を考えています。ローレット幅は3.0、平目ローレットです。弊社は快削鋼、真鍮では転造ローレットをした事はありますがSUS303の切削ローレットは初めてです。よろしくお願いします。

  • SUS304の研磨加工について教えてください

    材質 SUS304  寸法 8x147x256 の角材を研磨することになったのですが 角材からコの字型になるよう研磨をかける加工です イメージとして 3mm の板材をコの字型に成形したような形です 研磨するとどうしても食い込みがでてしまいうまくいきません いい方法があればお教え頂きたいのです 宜しく御願い致します 追記 くいこみが出るからか、ソリもついてしまいます

  • アルミニウム青銅の切削

    こんにちは。お世話になります。 アルミニウム青銅C6161材の加工(ドリル穴、旋盤)にて皆様のご教授頂きたく思います。 素材は、外径350*厚み150の丸棒です。 仕上がり形状は外径に段加工で、内径80のストレート突き抜け穴になります。 公差は、普通公差です。 加工工程は、 1、MCにてD30ドリル、D50ドリル(50以上はありません) 2、旋盤にて粗挽き、仕上げ 機械は、 MC MCV-A 旋盤 MG-75 ドリルと旋盤加工時の切削条件や工具類などアドバイス願います。 よろしくお願いします。

  • ボールエンドミルの送り方向による切削性の違いにつ…

    ボールエンドミルの送り方向による切削性の違いについて ボールエンドミルで曲面を加工するとき、等高線加工等のXY平面上で工具が 移動する場合と面沿い加工等でXYZ同時に工具が移動する場合があります。 これら2つのケースで切り込みの面積が同じとき、切削性に違いは出るのでしょうか? 極端な例としてX方向のみ移動する場合とZ方向のみ移動する場合(完全な縦送り)ではどうなるのでしょうか?送り速度はどちらも同じで切り込みはボールエンドミルの径に対して十分に小さいとします。また側面刃は考えないこととします。X方向のみの移動の場合ボールの底面付近で削っていくのに対してZ方向のみの移動の場合側面で削っていくことになります。 切り込んだ状態のボールの絵を書いたとき2つの例でまったく同じ状態になります(実加工径が違うので切削速度は異なりますが)。1回転あたりに切り込む量も同じです。 ボールエンドミルの仕上げでどのような加工方法をとるか悩んでいます。自分一人で考えていてもなかなか答えが出ないので質問させていただきました。 よろしくお願いします。

  • 切削油を使用しない加工方法

    アルミ(A6061)の鍛接品のマシニング加工において、切削油を使用しない加工方法を探しています。 理由:切削油を使用した製品を後工程(熱処理)に回すと、鍛接された部分に油が入ってしまって黒く焦げた状態になってしまい、これをなくしたい。切削量は5mmくらい。ワーク寸法は1500*1500*1000くらい 小生でも調べてみましたが、エアーブローぐらいしかわかりませんでした。 切削油に代わる加工ツール又は加工方法(湿式、乾式どちらでも可)をご存知でしたら、ご教授ください。 すいません、言葉足らずでした。 要は油をあまり使いたくありません。 湿式でも、水とかアルコールとか油を使わない加工方法があればご教授ください。

  • φ7.25穴加工の切削条件について

    被作材:17-4PH(HRC40程度) 外径:φ12.0 ドリル:OSG EX-SUS-EDS 7.25 設備:EGURO NUCLET10 D10コレット ワーク突き出し量:20.0 ドリル突き出し量:38.0 現状切削条件:S1000 F0.04 (3.0刻みステップ) 加工内容:φ7.25 × 15.0(長手) 穴加工 で現在は加工しています。 カタログ値を参考にしてはいるのですが下限で加工しています。 もう少し条件をあげたいのですがワーク、機械、ドリルんの剛性を考慮して無理の無いある程度安全なラインで加工したいのですが条件はどれくらいまであげる事が出来るでしょうか。 またステップは必要でしょうか。 必要だとしたらどれくらいのピッチが最適でしょうか。 よろしくお願い致します。 ごめんなさい。 ドリルの型番を間違えていました。 EX-SUS-GDS 7.25 でした。

専門家に質問してみよう