• ベストアンサー
  • 困ってます

厚みの薄い鉄板の切削加工を行う上で、ソリが発生し…

厚みの薄い鉄板の切削加工を行う上で、ソリが発生し困ってます。 現在1500×1000×20の鉄板に対してタッピング(貫通M16)加工を複数個所行うのですが、図面上での板のソリ公差は±0.05以内となっていて尚且つタップのピッチ交差もあるため為どうやって加工すればいいのか悩んでいます。  素材を調達する鋼材メーカーからはこのサイズ板は加工したら必ず1ミリ以上はソリが発生するといわれました。 何かいい加工方法がありましたらご教示願えないでしょうか? 文章が下手で申し訳ございません。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1689
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

相変わらず機序を理解していない人が出鱈目言っていますね。 反りはトワイマン効果によて生じ、特にこういった薄い物では 素材内部の応力よりも削った面の極表層に出来る残留応力の方が 影響として遥かに大きいので、素材の内部応力などは いくら考えていても無意味です。 http://www.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%8A%B9%E6%9E%9C 一番の解決策は両面同時加工ですが、それは設備的に難しいでしょう。 となるとポイントは3つ。 1つは刃の切れ味、加工条件など、加工面にあたえる条件を変えない事。 変えるとそこに生じる残留応力も変わって釣り合いが崩れるので。 切れ味の良し悪しや、刃先の冷却などはこの際関係ありません。 よく言われる事ですが迷信です。 切れ味の悪い刃物でやろうが何しようが、ずっと同じ条件で変えない事が大事です。 2つめは、取代が十分にある段階で完成品と同じ加工面を作る事です。 加工面の残留応力の状態が反りに大きく影響しますが、 その応力状態が変わる度に変形するので、早い段階から仕上げの刃物による 残留応力をそこに与えておく事が大事です。 表面の残留応力が変わらない様になれば以降は変形してこないので、 そうなってから反り取りすれば良いのです。 取代があるうちにやっておかないと修正効かなくなるので、 最初から完成品を意識して加工する事が肝要です。 捨て加工とは完成時の残留応力と同じ状態を作る工程と認識して下さい。 3つめはきちんと押さえること。 特にこのような大きな物ですと削ってる端から反り上がってきますが それを許すといつまでも平坦に仕上がらないので、まずそうならないよう きちんと押さえないとダメです。 またどうしても最初に片側を加工した段階で大きく反ったものが出来ますが その裏面を加工する際にも無理やり押さえつけて加工します。 この反りは両面を加工すると元に戻るので心配は要りません。 逆にしっかり貼り付けておかないと逆側に反った物が出来てしまうので きちんと貼り付ける必要があります。 一番良いのはマグネットチャックなどを利用する事ですが それが無くても製品の穴やタップを利用するなど、工夫して下さい。 M16のピッチが心配ならM12にしておいて最後にさらうなど... 因みにアニール(普通はアニールではなくSRすると思いますが)など 時間と金の無駄なだけで何の解決にもならないのでしなくていいです。 あとよくあるのが内部応力の開放が~とかって話ですが それも大抵間違ってますから無視して良いです。 回答(3)さん 1500x1000に対して t20 は十分薄いでしょう。 アスペクト比の問題ですよ。 > ソリを減らすにはギリギリ減らす。 > かわりに横方向を規制板で固める。 > でないと削ったあと押さえを開放すると元の木阿弥。 > 電磁チャックを使うには最初だけ通電してすぐ切り > 残留磁力だけで加工するテクもある。 そういう意見は多いですね。 そもそもそのやり方が間違ってるというのに。 うまく反りが取れない原因の多くは固定不足です。 加工の反力を舐めてるとしか思えない。 クランプ歪ばっかり気にして、無理なストレスを加えないように 出来るだけフリーな状態で置いて...などと考えていているから 一発で平らにならないんですよ。 ちょろちょろ削ったり、何度もひっくり返したり、はっきり言って無駄!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

一番詳しく内容が書いてあったので、良回答とさせていただきました。 大変参考になりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • マグネシウム合金の切削加工について

    近日、マグネシウム合金の切削加工を行うのですが、ドリル、エンドミル、フルバック、タップの切削条件がわかりましたら教えて下さい。

  • 切削加工における”深さ””ピッチ”の普通許容差に…

    切削加工における”深さ””ピッチ”の普通許容差について お世話になります。 普通許容差の認識についてお聞きしたいのですが。 図中には必ずお客様の指定された普通公差若しくは一般許容差なるものが記載されてます。そこで”座ぐり深さ”や”タップ深さ(雌ネジ止まり穴)””穴ピッチ”等も上記公差に属するのでしょうか?なかには”穴ピッチ”に関しては別途公差を設けておられるお客様もあります。ISO・JIS規格には規定されているのでしょうか?ハンドブックからは見つけることが出来ませんでした。 生産性の観点から考えますと”座ぐり深さ”や”タップ深さ(雌ネジ止まり穴)””穴ピッチ”は±0.2が妥当ではないかと考えております。 以上、初歩的な質問ですが皆様の意見をお聞かせください。 約1週間経ちましたので締め切らせていただきます。 ご意見・アドバイス有り難うございました。

  • 切削時のソリ

    こんばんわ。いつもお世話になります。 SUS304 t25*320*750 の角材両端(長手方向)、中央(長手方向)に幅240ミリ深さ10ミリの段付け加工をするのですが 加工底面の平面度が0.05です。 どうしても切削熱によるソリがでてしまい公差内にはいりません。 1、材料熱処理 2、切削方法 3、クランプ方法(現状ではバイス) 1と2でそれぞれソリが出ない方法ありますでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

フリーの状態でソリ公差は±0.05以内なのですか? おそらくは機械的に組み付け(何かに取り付けられ)ると思われますので 厚み精度が出てればOKだと思いますが・・・ (1500も幅はないですが)うちのは、そうです 注文主に確認ください。 そもそも、どうやって精度を確認するんでしょうか? 加工機では意味ないし

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

20tを『薄い鉄板』というのは少し違和感があります。 1500×1000にたいしてソリ公差は±0.05以内というのは更に違和感があります。 なぜ必要なのでしょう? それをユーザーに確認できないでしょうか? (結果、必要性でないことが判明する例多し) そもそもの板は熱間もので寸法とソリの公差は無いも同然なので、切削で削っているはず。最もソリが出にくいとされるシカル(平削盤)でも普通はそれ以上の公差幅を要求します。 研削仕上げなら出来るというレベル。なのでタップ加工を済ませて研削で仕上げ加工がほぼ必須。しかし問題は対応できる大型機械があるかどうか。 タップを先に加工し仕上げ研削してもピッチ公差には影響しません。 大型精密金型の精度穴については荒加工を済ませて研削、穴仕上げの手順を踏みます。 ヤイト? 素人さんのでしゃばり口には亀佐のデッカイお灸すえなければ・・・・ >1500x1000に対して t20 は十分薄いでしょう。 定尺ものの薄板との比較で言ったことでたいした意味はありません。 >3つめはきちんと押さえること これは不同意。ソリを減らすにはギリギリ減らす。かわりに横方向を規制板で固める。でないと削ったあと押さえを開放すると元の木阿弥。 電磁チャックを使うには最初だけ通電してすぐ切り残留磁力だけで加工するテクもある。 精密定盤2級のこのサイズの平面度は0.033!! 精密金型でもサイズ比例で平面度および厚み寸法の公差値は大きくなり、小型金型と同値を要求することは少ないです。それで使えるから。 平面度については締付力を掛けると相手に倣ってしまう。 プレス型では上型下型が合わないと型にならないからピッチ寸法の公差については小型とあまり変わらないことも。 ヤイト修正は熱処理歪をマシにするなど値がヒト桁以上違う素材の粗加工でのオハナシ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

鉄板の内部応力除去のアニール等をすることと、加工時の熱が表面と裏面で異なり、 冷えれば反りが発生するので、加工油を確りかけて加工させます。 以上は、鉄板が大きいので、特にアニール処理では、炉のサイズを持っている業者が少ないので、 お高くなります。(コストアップになります。) 反りがある程度許されるなら、“ヤイト”である程度補正する職人さんもいますがね。 確認してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • POM 公差幅10ミクロンの切削加工

    はじめまして、POMの切削加工についてアドバイスお願いします。 φ6(0/-0.03)の市販センターレス材を使用し切削加工します。 自動機はシチズンのB12 切削油使用。 対象の図面に軸径公差が±0.005の箇所があります。 素材径のバラツキもあり、使用前に素材径の区分けをしてますが切削寸法にバラツキが出てしまします。 市販センターレスPOM材料で、切削寸法μ公差の加工について良いアドバイスありましたらお願いします。

  • PP材 切削加工方法

    PP材の切削加工方法に関して、答え・アドバイスをお願いいたします。 [問題点] ・切削加工時に焼きついて形状不良・寸法不良を多々起こす。 [設備環境など] ・使用マシン:3軸マシニングセンター(S15000まで回転可) ・エアーをかけて切削 ・使用工具【:コーティングなし(ボールエンドミルとフラットエンドミル)       :ボールエンドミル(R0.2~R5) フラットエンドミル(Φ0.4~Φ10) ドリル(Φ1~Φ6)        タップ(M2~M6)】 ・製品(弱家電製品など) [疑問] ・切削中はエアーをかけるだけで、焼きつきは防げるのか?  エアーでなくミストオイルや他の方法が良いのか? ・一般的な切削条件において、  回転数・送り速度・切り込み量は低回転・低速・浅削り? ・なるべく、バリを抑える加工方法は? ・工具はコーティング仕様が良いのか? またコーティング仕様がむいているのであれば、  どのようなコーティングがむいているのか? 基本的なことでも、何かご返答いただくと助かります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • アルミ切削加工に灯油を付けるの根拠は…?

    アルミの切削加工で、灯油を付けるとキレイに仕上がると何十年前に聞きましたが、その根拠を理論的に説明出来る方が居ますでしょうか? 別件ですが、タップ加工では菜種油が良いと言う事も以前聞きましたが、同じく根拠と理論がわかるでしょうか? また、事実だとしても現代でも通用する事でしょうか。 個人的にはデメリットの方が多いと理解していますが明解な回答をお待ちしておりますので宜しくお願い致します。

  • A6063平角棒押出材における加工ソリ

    お世話になります。 何時も勉強させていただいております。 A6063(T5)押出材の切削加工において 素材面を一面フェイスミルでシアゲ切削加工した時 ”するめ”のように反ります。 感覚的に”ソリ”が発生するのは解るのですが 何故反るのか理屈がイマイチ解りません。 また同サイズのA5052(H34orH112)圧延材で、 同じ加工を行うとA6063(T5)押出材と比べると ”ソリ”は少ないように感じます。 これら理由を明確に表現されている、 文献若しくは説明文(説明できる方)等ございませんでしょうか。

  • 金属切削加工品の温度変化による寸法について

    切削加工部品の温度変化による寸法変化について教えてください。 当社では加工しておらず、サプライヤー様で加工している製品です。 材料はSUS304、CNCでシャフト形状に加工している製品の径寸法です。 切削加工後(加工熱がある為、プラス目)、と弊社入荷時(数日後)で径16.00の箇所の寸法が、約10μm変化します。当然加工直後は熱を持っている為、大きめにでるのですが、正確に測定する為には、恒温室に1日程度保管する必要があるのが現状です。しかしながら実際の現場では段取り後に1日も恒温室に置いて、測ってから加工スタートというわけにもいかず、その場で計っているようなのですが、当社に入った際にはマイナス目寸法でNGとなってしまいます。サプライヤーでも検査しているのですが、無理やり公差内に入れて合格にし、リリースされてしまっております。 材質や加工率から膨張率を読んで、加工するのがノウハウだとは思うのですが、加工業者様からアドバイスがあれば、ご教授いただけないでしょうか。 正直なところ、何十年も加工している材質なのだから、寸法変化を読んで加工する事が当然と思うのですが、そういう簡単なものではないのでしょうか。工程内で検査している作業者は製品がアツアツな事に疑問ももたずに測ったと言っている為、問題外と言わればしれまでですが。 今に始まった問題ではないので、一般常識的な方法があると思い質問させていただきました。 よろしくお願い致します。

  • アルミ切削加工時のバリ取りについてアドバイス下さ…

    アルミ切削加工時のバリ取りについてアドバイス下さい。 はじめまして。 アルミの切削加工を行っています。 下穴φ11.5にφ12.0のダイヤリーマで仕上げ加工を行っています。 円筒状にあいた穴には、スリットと呼んでいる溝があります。 円筒竪穴にスリットは横に開いているのでクロスした感じになっています。 (スリットが平行に開いてるのではなく) もしくは、円筒竪穴が所々切れていると考えてください。 その円筒状の縦穴と溝の交差部(エッジ)に立つバリの除去に困っています。 以前はナイロンブラシを挿入して(機械で)除去をしていましたが、バリが取りきれず後工程で人作業(手作業)でバリ取りを行っていました。 その後、工数削減のためフレックスホーンとゆうブラシ(米国製)を適応しました。 バリの除去性は向上して、後工程のバリ取りの廃止に成功はしたのですが、 円筒穴の仕上げ面にキズを付けてしまい、不良の発生が新たに懸案として上がってきました。(面祖度3.2s) 原因として、フレックスホーンが切粉やバリを巻き込んで(拾って)円筒穴を通るため 発生しているのではないかと分析はしているのですが、うまく対処しきれません。 対処法として、フレックスホーン投入待ち(仕上げ加工中)時間にエアーで切粉を飛ばすなどを行っていますが、一向に良くなる気配がありません。 *フレックスホーンは基本、仕上げ面の研磨用だったと思いますが、当社ではバリ取り用として採用してみました。 そこで知識、知恵をみなさんからお借りしたいのですが。 よい対策方法、もしくはこういったバリ取りに適したブラシをご存知の方は是非アドバイスを下さい。 よろしくお願いします。 なにか必要な情報がありましたら記載ください。

  • 金属加工について(切削条件など)

    教えて頂きたい質問があります。 材質 SKS3 の加工についてです。 水溶性 切削油  下穴Φ2.65 深さ8   M3×0.5(スパイラルタップ) 深さ5 の交差の加工です。 タップを加工する際にスッテプ加工する方が良いのでしょうか?  また、切削条件(回転・送り)での目安がありましたら教えて頂きたいです。 あと、おススメのドリル、タップがありましたらメーカー名や品名を教えて頂きたいと思っております。よろしくお願いいたします。 ※基本アルミを加工している為、他の材質での経験がないため意見をお聞きしたく質問させて頂きました。 メーカーカタログの切削条件については現在参考にしておりますが、それ以外での意見もお聞きしたいです。

  • 幾何公差、寸法公差の有無による加工の手間の差

    切削加工による部品の加工で、精密な幾何公差、寸法公差の入っている部品と普通公差でよい部品の加工とでは加工する人の手間はどれくらい違いますか。 ちなみに、ひとつの部品に精密な公差の入ったタップ穴と普通公差でよいタップ穴の加工がある場合はどうでしょうか。自分では、このような場合、普通公差のほうも精密に加工されるのかなと思ったりします。あるいは、普通公差と精密な公差では加工する際に何か手順が違うのでしょうか。

  • 切削加工時の残留応力について

    いつもお世話になっております。 弊社アルミダイカスト(ADC-12)を主体に加工をしております。 さて、首記の件なのですが、 詳しく伝え切れないのですが、 ・ワークサイズ約300×約100mm T=10mm ・6面ほぼ加工(素材に形状に対して約80%切削) ・加工取り代0.5mm一定 ・加工前(鋳造工程後)アニール処理(焼鈍)済 ・フライス加工がメイン(一部溝加工もあり) ・加工機は縦型MC(BT-30) 上記の条件で各面を各工程で加工しているのですが、 最終工程では、0.1程度の反りが発生してしまいます。 治具の受け面・クランプ関連の検証もしましたが、クランプ時の大きな変形なども見受けられませんでした。 やはり、加工時の残留応力が徐々に解放されて反りが発生しているようです。 加工間の厚み・幅関連に厳しい公差がある為、加工途中でアニールを入れることも出来ません。 何とか加工方法の改善で最終工程まで反りを出さずに加工出来る方法を現在模索しております。 切り込み量を減らす等は当然ですが、例えばエンドミルをダウンカットからアップカットに変えるだけ変化するとかあるのでしょうか? 何か同じような事象を経験され対策についてのアドバイスを頂けたら幸いかと思います。 では、皆様ご教授よろしくお願いします。

  • タップ穴M8を同ピッチで20個あける加工をした時…

    タップ穴M8を同ピッチで20個あける加工をした時の集積ピッチ公差について あるプレートにタップ穴M8を20mmピッチで20個あける加工をした時の集積公差を求めるには、どのような計算式で求めれば良いか教えて下さい。 各タップ穴のピッチの寸法公差は20±0.05とします。最初のタップ穴と最終のタップ穴の集積ピッチ公差はどのような値(380±?)になるのか教えて下さい。 

専門家に質問してみよう