• 締切済み
  • すぐに回答を!

SUS304の穴あけ加工

いつも拝見しています。 自動盤にてSUS304材にΦ2.0mmの孔あけ加工、深さ24mmを行っておりますが、結果が出ません。 皆さん、SUS304材に孔あけ加工を行う時にはどういったドリルをお使いでしょうか? また、加工条件も判れば教えてください。 現状を書き出すと、OSG EX-SUS-GDR S2000 F0.04 で加工しています。 以上、宜しくお願いいたします。 すみません、説明不足でした。ドリルが折れます。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数282
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

工具種類、切削条件は良い SUSの特徴は 1.熱伝導率が低い 2.加工硬化を起こしやすい 3.親和性が高い ですので 1.3.の対策は 切削油剤は油性 2.の対策は 突き出しが長いと振られて切れずに こすり現象がおき加工硬化を引き起こす要因となる そこで工具剛性を上げるために突き出し長さを変えて深さに応じた長さのドリルで加工する 例えば突き出しを10mm 15mm  20mm 24mm+α とする また工具を変える事により切れ味を一本でやるより長くキープ出来る また溝長も短い方が断面積が増え剛性が上がる 例えばどうせステップ送りするのなら24mm+αなどは全長に渡って溝は必要ない   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • SUS304 ロールタップ

    いつも拝読させていただいておりますMC初心者です。 SUS304・肉厚12mm・有効ネジ深さ6mm(止まり穴)の加工方法についてご教示ください。 これまではSUS用スパイラルタップ(OSG)を使用し、 センタもみ付け→3mmドリル→3.4mmドリル→面取り→タップというように加工していたのですが、奥に行くにつれネジがきつくなり、後工程で軽くタップでさらっていました。 MC加工時、あまり奥までタップを入れるのが怖くて入れられませんでした。 (入れすぎてタップの欠損が数回ありました) そこで今回ロールタップを試してみようと思い、SUS用のロールタップと下穴用のコーティングドリルを用意し、試し加工をしました。 まずは、S45CとSS400で加工したのですが、うまくネジ山がたちました。 いざSUS304で加工しましたらあっさりタップが折れてしまいました。 加工手順は次の通りです。 センタもみ付け⇒3.5mmドリル(EX-SUS-GDR)→3.65mmドリル(EX-SUS-GDR)→ロールタップ(VP-SC-NRT) 周速等はカタログを参考に参考値の中間をとってみました。 一気にZを降ろすのではなく数回に分けて行ったほうがいいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 SUS304ですと粘りがある、加工硬化をおこしやすいなどの問題があります。 解決策として回転数を落として熱を上げないようにする、 クーラントガはいりやすいようにステップ加工を行うなどをすると よいと思います。 あくまでも目安ですが回転数は1000回転くらい、送りは0.015~0.02くらい あける長さは一度に1mm程度くらいずつステップ加工してクーラントが入る用に加工すれば問題ないと思います。その際ステップによる段差など出ますのできになるのなら1.9mmくらいでまずステップ加工を行い2mmでさらうのも方法のひとつだと思います。切り紛がドリル周りにからむとクーラントがかからなくなるので注意して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>>結果が出ません。 とありますが、現状はどのような結果になっているのですか? 穴が曲がる? 位置精度が悪い? 刃物が折れて穴があかない?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS304 SUS316L の穴あけ

    厚み40のSUS304 SUS316L の穴あけを OSGのSUS-GDR 9DRLでG81でZ10.まで Z15までZ20.まで分けて加工してます。穴数は30箇所です。 条件はシュウソク7メーター(S245 F20)で加工してます。 Z-10で30箇所いくと肩が欠けてて、刃持ちが悪いんですがどうすればいいですか? 厚み40を貫通したいんですですが、アドバイスほしいです。 機械はオークマの門形でホルダーはニッケンのミーリングにつけてます。

  • 長ナット加工の下穴加工について?

    材質 SUS 304 六角材 品名 M 5×0.8×8×30 加工機械名 高松 BAR NC X-100 給材機 育良精機 OS 325E 下穴ドリル OSGさんの、EX-SUS-GDR Φ4.25 使用 チャックからの材料の出代は、22mm 少し出過ぎかもしれませんが、縮めたつもりです。センタードリルで(ポンチ?的な)加工してから、下穴ドリル加工開始。 S1100 F0.03~F0.05 で、Z-34.0の深さまで加工してみました結果 途中Z-8~、ずーっと、ガガ、ギギギギという音が止まらず、すぐリセット しました。 ドリルを見てみると、ドリルの螺旋の溝に、ぎっしり細かいキリコが詰まっていました。 加工条件を自分の出来る限りの知識を絞り切り試してみました。 送りF0.01 切り込み量(Z)1mm ~ 3mm など ステップ送り + G4U1.0(タイマー作戦) ドリルを加工途中で抜いてタイマーでドリルるの溝のキリコを油(水溶性)で落ちるように等、色々試したつもりなんですが、 どれも、異音が激しく、止めざるを得ない加工でした。 説明不足ですみません。 何か、良い方法等、間違い等、ご意見よろしくお願いします。

  • SUS304の穴あけ

    SUS304の角材の穴あけです。 径7ミリのドリルにて150ミリの深さまで加工するのですが困っています。 全長100ミリのドリルで深さ60まであけたあと突撃ドリルで残りをあけてみているのですがどうにもスムーズにあいてくれません。 途中でガキガキッとか、いかにも折れてしまいそうなまことに嫌な音を出しますので、びびってしまいます。 もちろんステップは頻繁にかけますし、切子処理は考慮しています。 水溶性切削油を油性に変えるわけにもいかず、刷毛塗りでタッピングペーストをつけながらあけてもこれまたうまくいかず・・・。 ドリルは刃長200ミリ、回転は350、送り35から始めて徐々に 条件を落としていくのですが、どうもすんなりとはいきません。 最悪はマシニングにての加工を諦めてボール盤にてしこしこ開けるしかないかと・・・・。 皆様はSUS304の深穴加工はどのようにしていていらっしゃいますか。 良い知恵がありましたらどうかご教授下さい。

  • SUS304のタップ加工

    SUS304のタップ加工が、うまくいきませんいい方法またいいタップなどありましたら教えてくださいお願いします。 ちなみに今のやりかたですが、 材質 SUS304 切削速度 5mm/min 深さ 10mm止まり穴 同期タップ M0で止めてタッピングペーストを塗っています。 タップ ステン用タップスパイラル(OSG) 説明不足で申し訳ありません。 M5×0.8で下穴3.4キリねじ有効10mmなのですが下穴深さ23mmで加工しています。 リッジトでねじを切って逆転で帰りがけに欠損が、見られるようです。 タップの型番ですが、EX-SUS-SFT(スパイラル) です。

  • 高松X-100で長ナットの下穴加工について

    SUS 304 M5×0.8×8×25の長ナット の加工について 材料長さは、2800mmでチャックカバーから約22mmほど出して加工(下穴加工時のみ) 油は、ミクロカットと水を混ぜて切削しています。 今まで試した下穴加工に使用したドリルを載せていきます。 サイズは全てΦ4.2ドリル OSGさんのEX-SUS-GDR (長すぎる→即折れた)      EX-GDXL (SUS304に対応していない、100個ほどで折れた) NACHiさんの?AG-SUSS           ?AG-SUSR (?ショートタイプ?レギュラータイプのドリルをセットで2段階加工→?レギュラータイプが折れてしまった。) カタログ推奨条件は、きつすぎると思い、S800 F0.08→S600 F0.05 で 加工してみましたが、全然ドリルが持ちません。 ?で一気にZ-18からZ-19まで加工して ?でZ-30までステップを入れて加工するのですがZ-25ぐらいから ギギギという、ドリルの切り屑の逃げ場が無くなった音と共に...ボキ とドリルが折れてしまいます。 説明不足で申し訳ありませんが、良い加工法、良いドリルなどあれば、 ぜひ、教えて頂きたいです。。

  • SUS316Lの穴あけ

    40厚の板材に10パイのドリルで40箇所貫通穴をあける場合、ステップであけますか? それとも一発であけますか? 加工硬化で悩んでます。 水溶性油で外部給油です。 S220 F18です。OSGのSUS-GDSを使ってます。 また、M5のTAPをさらえるのに難裂材のタップでさらえた法が折れの心配ないでしょうか?

  • SUS304の穴あけについて

    今度初めてSUSの加工を行うのですが(今まではSSとアルミしか行ったことがありません)、SUSの場合はノンステップで穴加工するときいたのですが、どうなんでしょうか?SUSの加工を行われているお教えください。 加工内容は  材料  SUS304  穴径/工具  φ14-SUS用ドリル  φ22-スローアウェイドリル φ33-スローアウェイドリル  穴深さ 38?   水溶性切削油  です。 宜しくお願いします。     質問の仕方が悪かった様ですみません。 ノンステップやステップ等のテスト加工は一通り思いつく限りやってみてやいるのですが、あまり違いを感じず良好に加工は行えています。ただテストピースに限りが有るのと、来月始めから生産の都合上夜間の無人運転を始めなければ成らず、不安の為つい質問してしまいました。

  • SUS304にM2タップ

    SUS304にM2タップ止まり穴深さ6mmを加工するのですが タップが加工途中(2山くらい入った所)で折れてしまいます。 工具の問題でしょうか? 加工条件の問題でしょうか? 現状の加工条件です ・タップ S400 F200 OSG TIN-SFT ・下穴 S1600 F100 EX-SUS-GDS Φ1.65 ・切削油 下穴加工時 水溶性 タップ時はペーストを塗布しています

  • SUSのタップ加工

    機械40番 M12*1.75  深さ25 下穴 OSG-SUS-GDS 10.4 深さ36 新品 タップ OSGのSUS用 スパイラル   新品 油 アルミ加工が多いのでアルミ用の油性     機械で25まで入れるのが怖かったので10mmぼど機械で入れて 後は手で入れようとしたんですが パキっと音とともにタップが欠けてしまいます・・・ ペーストも塗ってやったりステンコロリンも塗ってやってもダメでした・・・ 過去ログを調べてみるとチタン用のタップなら加工硬化したステンでもタップが立てられると ありましたが どうなんでしょうか・・・

  • 長ナット加工について

    材料 SUS304 六角材 平径8mm 長さ2800mm 品名 M 5×0.8×8×25 カップリングナット 品名 M 5×0.8×8×30 カップリングナット 機械名 高松X-100 油種 水溶性 ドリル OSGさんの、EX-SUS-GDR Φ4.2 使用 キリコを除去する為、全高 25 or 30mm の下穴をドリル加工時、半分の12.5 or 15mmで 一度、ドリルを抜いた方が良いのか、一発で加工した方が良いのか、どちらが 正解なのでしょうか? 切削条件は、S1000 F0.05 で 良いでしょうか? ご教授、お願いします。

専門家に質問してみよう