• 締切済み
  • すぐに回答を!

高松X-100で長ナットの下穴加工について

SUS 304 M5×0.8×8×25の長ナット の加工について 材料長さは、2800mmでチャックカバーから約22mmほど出して加工(下穴加工時のみ) 油は、ミクロカットと水を混ぜて切削しています。 今まで試した下穴加工に使用したドリルを載せていきます。 サイズは全てΦ4.2ドリル OSGさんのEX-SUS-GDR (長すぎる→即折れた)      EX-GDXL (SUS304に対応していない、100個ほどで折れた) NACHiさんの?AG-SUSS           ?AG-SUSR (?ショートタイプ?レギュラータイプのドリルをセットで2段階加工→?レギュラータイプが折れてしまった。) カタログ推奨条件は、きつすぎると思い、S800 F0.08→S600 F0.05 で 加工してみましたが、全然ドリルが持ちません。 ?で一気にZ-18からZ-19まで加工して ?でZ-30までステップを入れて加工するのですがZ-25ぐらいから ギギギという、ドリルの切り屑の逃げ場が無くなった音と共に...ボキ とドリルが折れてしまいます。 説明不足で申し訳ありませんが、良い加工法、良いドリルなどあれば、 ぜひ、教えて頂きたいです。。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数56
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

量産であれば NACHIさんのアクアドリルがおすすめです。 弊社で4.5mmで深さ35mmまでの加工を、ノンステップで加工出来ています。 ワークはSUS316です。 オイルホールドリルのため水圧がある程度は必要ですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 長ナット加工の下穴加工について?

    材質 SUS 304 六角材 品名 M 5×0.8×8×30 加工機械名 高松 BAR NC X-100 給材機 育良精機 OS 325E 下穴ドリル OSGさんの、EX-SUS-GDR Φ4.25 使用 チャックからの材料の出代は、22mm 少し出過ぎかもしれませんが、縮めたつもりです。センタードリルで(ポンチ?的な)加工してから、下穴ドリル加工開始。 S1100 F0.03~F0.05 で、Z-34.0の深さまで加工してみました結果 途中Z-8~、ずーっと、ガガ、ギギギギという音が止まらず、すぐリセット しました。 ドリルを見てみると、ドリルの螺旋の溝に、ぎっしり細かいキリコが詰まっていました。 加工条件を自分の出来る限りの知識を絞り切り試してみました。 送りF0.01 切り込み量(Z)1mm ~ 3mm など ステップ送り + G4U1.0(タイマー作戦) ドリルを加工途中で抜いてタイマーでドリルるの溝のキリコを油(水溶性)で落ちるように等、色々試したつもりなんですが、 どれも、異音が激しく、止めざるを得ない加工でした。 説明不足ですみません。 何か、良い方法等、間違い等、ご意見よろしくお願いします。

  • 長ナット加工について

    材料 SUS304 六角材 平径8mm 長さ2800mm 品名 M 5×0.8×8×25 カップリングナット 品名 M 5×0.8×8×30 カップリングナット 機械名 高松X-100 油種 水溶性 ドリル OSGさんの、EX-SUS-GDR Φ4.2 使用 キリコを除去する為、全高 25 or 30mm の下穴をドリル加工時、半分の12.5 or 15mmで 一度、ドリルを抜いた方が良いのか、一発で加工した方が良いのか、どちらが 正解なのでしょうか? 切削条件は、S1000 F0.05 で 良いでしょうか? ご教授、お願いします。

  • 高松X-100で長ナットの下穴加工について?

    SUS304 M 5×0.8×8×25 の 長ナットのプログラムなんですけど、 ド素人の勘違いプログラムにバシバシ修正点を教えて頂きたく、貼り付けました G0 G99 G97 M3 S800 T300 X0 Z3.0 T303 G1 Z-19.0 F0.08 W0.2 G1 Z-23.0 F0.06 W0.2 Z-25.0 F0.03 (Z-20を超えると異音が大きくなったのでFを下げれば...) G1 Z5.0 F0.5  (G0で一気に抜くのがドリルに負担がかかると...) G4 U1.0 S700 G1 Z-24.0 F0.5 Z-26.0 F0.03 W0.1 Z-28.0 F0.02 (Fを下げれば、異音が無くなると...勘違い) W0.2 Z-29.0 F0.01 W0.2 Z-30.0 G1 Z5.0 F5.0 G0 Z50.0 ドリル1本で一発加工より、2段階(2本)で下穴加工した方が良いのかも分かりませんし、G83?の組み込み方も分からないので、出来ればセットで、ご教授願います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

G83 パラメーター R3 Q1 http://nc-program.s-projects.net/fixed-cycle.html 深穴サイクル使ってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 G83 というコードの存在も知らず、プログラムの組み込み方も調べてみましたが なかなか難しいですね。 スキルアップの為に一度、機械屋さんに聞いてみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ご質問の記載内容が以前に比べて具体的かつ実戦的であり、質問者さん の技術のレベルアップが伺えます さて、?のショートドリルに関しては、折損や切り屑詰まりの不具合は 発生していませんね? 感覚的に S800F0.08 の切削条件は悪くないと思います ステンレスは加工硬化しやすく、送りを落とすと却って刃先の摩耗や 溶着が酷くなる恐れがあります 次にステップはどの位で刻んでいますか? ?をZ-18.として、Z-30.まで2mm刻みで6回のステップで試してみて下さい ステップ動作ですが、深穴サイクルを用いて、いったんドリルを穴の外 まで引き抜いて、切り屑を確実に排出させて下さい また、現在ご使用のNACHiのドリルですが、型番からしてステンレス用で あり、良い選定であると思います ちなみに、他のメーカのステンレス用ハイスドリルを参考として下記に ご紹介します ロングドリルはどうしても工具剛性が低く折れやすいので、食いつき~ 穴が浅い段階から切削条件を少し下げざるを得ません 従って、ツールステーションに余裕があれば、ショート、ロングの2段階 で加工した方が、能率および工具寿命の点で優れていると考えています もちろん、一発での加工も不可能ではありません プログラムに関しては、別のスレッドに再度ご質問を投稿されたよう なので、そちらで回答します >>このド素人が作成したプログラム 異音対策を何とか解消しようとご努力された様子がよく分かりますので、 決してド素人と卑下することはありません 考えてトライすること=エンジニアの証です

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.com/application/files/6014/4137/9413/b008j.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ショートドリルは、不具合なく切れています。 質問ばかりですみません ?ショートとレギュラーで2回加工の方が効率が良いのですか? レギュラーで、一発加工をトライしたんですが、音が酷く、条件も最悪の 加工条件でした↓↓ G0 G99 G97 M3 S800 T300 X0 Z3.0 T303 G1 Z-19.0 F0.08 W0.2 G1 Z-23.0 F0.06 W0.2 Z-25.0 F0.03 (Z-20を超えると異音が大きくなったのでFを下げれば...) G1 Z5.0 F0.5  (G0で一気に抜くのがドリルに負担がかかると...) G4 U1.0 S700 G1 Z-24.0 F0.5 Z-26.0 F0.03 W0.1 Z-28.0 F0.02 (Fを下げれば、異音が無くなると...勘違い) W0.2 Z-29.0 F0.01 W0.2 Z-30.0 G1 Z5.0 F5.0 G0 Z50.0 このド素人が作成したプログラムに出来れば修正部を教えて頂きたいです。 まず、一発加工より、2段階でドリル加工した方が良いのかも分かりませんし、G83?の組み込み方も分からないので、出来ればセットで、ご教授願います。

関連するQ&A

  • 森 SL-204Sでのドリル加工

    材質 SUS329J4L 六角材 平径24 2800mm 加工品 全高20mm 前回、教えて頂いた加工条件で、しばらくキレイに加工していたのですが、 急に加工面が悪くなってきました。 切り屑は、元々、良くはなかったのですが、寸法は安定していたので 安心していました。 前回より詳細に説明させて頂きます。 油は、水溶性で、教えて頂いた通り、少し濃いめにしました ドリルは、Φ14.0 OSGさんの、EX-SUS-GDS を 使用 プログラム G50 S450 G0 G54 G99 G97 S300 M3 T0599 G0 X0 Z3.0 M8 G1 Z-5.0 F0.15 W0.1 Z-10.0 W0.1 Z-13.0 W0.1 Z-16.0 W0.1 Z-19.0 W0.1 Z-21.0 G4 U0.2 G0 Z50.0 ドリル交換後、この条件だと、少し熱を持っていたので、S500 F0.2 で 前回 加工直後、蒸気、油が蒸発していて、ドリルは即アウトだったので G1 Z-5.0 S140 F0.1 W0.1 Z-10.0 F0.12 に、すると、キレイな切り屑(螺旋状)に抵抗も少なく出来た!と思ったのですが 異常にSが低いと、勝手に思い G1 Z-5.0 S280 F0.05 W0.1 Z-10.0 F0.06 に、すると、同じような切り屑に抵抗も変わらず、量産してたら、、、 ドリルに、イソギンチャクと言いますか、タラの白子の様な、切り屑が まとわりついていました。説明が下手ですみません。 油のかけ方は、ドリルの刃先を正面から見て左上の金の玉(1コ)から かけているだけです。 加工条件が悪いのか?自分では色々試したつもりなんですが、 答えが見つかりませんでした。 何か、アドバイス等、よろしくお願いします。 後、一つ疑問なんですが、Sを下げると、加工速度は 下がりますか?Fとの関係性が、よく分かっておりませんので 教えて頂くと、助かります。

  • SUS304 深穴加工 L/D40

    SUS304に、直径5mm 深さ200mm の深穴を加工しなければなりませんが うまくいきません。 加工手順は 1.ガイド穴を100mm(OSG EX-GDXL 溝長100mm)あけました。真っ直ぐに開いています。 2.NACHI Gロングドリル 直径5mm x 溝長200mm を使用し深さ200mmまでトライ。S=315/min F=0.05mm/回転 ステップ切込み量1mm 切り込む時に振動してゴリゴリ音がします。 切削条件おかしいでしょうか? NACHIに電話すると、今日はお休みみたいで… どなたかアドバイス頂けないでしょうか。お願いします。 皆様、色々なアドバイスを有難う御座いました。 結果をご報告します。 まず最初にNACHIの技術センターに問合せた時の回答をご報告します。 1.SUS304という被削材から想像すると、加工硬化を起こしている可能性が高いということ。 2.そのため刃先が食いつかず、滑っている。 3.溝長が長く剛性がないため、ドリル自体がバネ現象を起こし、振動を起こしている可能性が高い 4.加工硬化層(想定0.1mm)をさけて切り込む為に送りを0.1mm/回転まで上げてみる 以上のような回答をもらいました。 しかし、NACHIのドリルに苦手意識を持ってしまったため試さず終いです。 結局OSGの溝長130mmのドリルを205mm突き出し加工しました。 S=382/min,F=0.07/回転,ステップ切込み量1.5mmです。 しかし、1つ問題が出て、クーラントを掛けながらドリルをワーク上面まで 引き上げるとドリルに残った切りくずがクーラントの勢いで穴底に落ちてしまい、その切りくずが次のステップで悪さをしてしまいました。 そのため 1.穴底にアプローチするときはクーラントON 2.切込後、ドリルをワーク上面に戻す時にクーラントOFF 3.ドリルを穴位置とは別の場所にXY軸移動 4.3の位置でクーラントONし、刃先に残っている切りくずを除去 5.5秒間その位置のままクーラントを掛け続け、刃先を冷却(溝長が短く加工中に刃先が冷却できないため) 6.穴位置までXY軸移動し、1からを繰り返す 以上の様なプログラムを作成し加工しました。 結果は良好で、無事直径5mm、深さ200mmの穴を4つ開けることができました。 皆様、本当に有難う御座いました。

  • φ7.25穴加工の切削条件について

    被作材:17-4PH(HRC40程度) 外径:φ12.0 ドリル:OSG EX-SUS-EDS 7.25 設備:EGURO NUCLET10 D10コレット ワーク突き出し量:20.0 ドリル突き出し量:38.0 現状切削条件:S1000 F0.04 (3.0刻みステップ) 加工内容:φ7.25 × 15.0(長手) 穴加工 で現在は加工しています。 カタログ値を参考にしてはいるのですが下限で加工しています。 もう少し条件をあげたいのですがワーク、機械、ドリルんの剛性を考慮して無理の無いある程度安全なラインで加工したいのですが条件はどれくらいまであげる事が出来るでしょうか。 またステップは必要でしょうか。 必要だとしたらどれくらいのピッチが最適でしょうか。 よろしくお願い致します。 ごめんなさい。 ドリルの型番を間違えていました。 EX-SUS-GDS 7.25 でした。

  • マシニングセンターでの穴の曲がりについて

    マシニング加工2年の未熟者です。 アドバイスいただきたく質問させていただきます。 材質SCH11で穴径11.5深さ30の穴が曲がってしまいます。 118度のセンタドリルで4パイ程度のモミツケをし、 OSGのEXーSUSーGDRでs380、1刃0.08で加工した結果0.1~0.3程度曲がりました。 材質SCHは黒皮の状態で表面は0度~2度無いくらいで傾いているものもあります。 今回この加工は2回目で前回はナチのSGESSでモミツケなしで100穴加工できたのですが、 今回SGESSを自社で再研磨し加工したところ25穴しかもたなく、 仕方なく会社にあったEXーSUSーGDRを使ったという経緯となります。 なんとかこのOSGのドリルの方でうまく加工したいのですがどのような加工方が望ましいでしょうか? 今のところ試してみようと思うのは、 案1 送りを1刃0.16まで上げてみる 案2 再研のSGESSで大きめ(6~10π?)でもみつけ、もしくは肩まで入れてガイド穴にしてから(ガイド穴程度なら再研でも保つかもしれないので)その後OSGドリル 案3 OSGドリルを送り回転はそのままでモミツケなしで加工してみる 以上を週明け試してみようかと思っているのですが、まだまだ未熟者のため突拍子も無いアイデアでは無いかと不安です。。 何かもっといい方法などもしくはこの案についてアドバイスいただけたらありがたいです。 よろしくお願いいたします。 前回試したものとして、 4πセンタドリルでモミツケ程度でGSDドリルで穴あけでも穴曲がり位置精度悪く、 センタードリルを肩まで入れるとGSDの位置精度穴曲がりは改善されましたが、10穴くらいで切れ刃がチッピングしました。

  • SUS304の穴あけ加工

    いつも拝見しています。 自動盤にてSUS304材にΦ2.0mmの孔あけ加工、深さ24mmを行っておりますが、結果が出ません。 皆さん、SUS304材に孔あけ加工を行う時にはどういったドリルをお使いでしょうか? また、加工条件も判れば教えてください。 現状を書き出すと、OSG EX-SUS-GDR S2000 F0.04 で加工しています。 以上、宜しくお願いいたします。 すみません、説明不足でした。ドリルが折れます。

  • ドリル穴が曲がるのですが・・・

    SUS304にΦ2.5穴(深さ14貫通)をあけたのですが、曲がってしまいます。 工具はOSG EX-SUS-GDS を使用しています。 加工条件、回転数S1540 F80 Q1.0 何に問題があるのでしょうか?

  • 高松X-150にてタップ加工

    SS41 M10×0.75×14×4 の六角ナットのタップ加工で 以前まで、上手くいっていたプログラムが、タップ加工だけ上手くいきません。 使用タップドリルは、OSGさんの、A-POT 5P? M10×0.75 OH3 です。 加工前にタップドリルと加工品にタッピングオイルをハケ付しております。 問題のプログラムですが G0 S300 M3 T0600 G0 X0 Z2.0 T0606 G32 Z-10.0 F0.75 M05 G32 Z2.0 S300 M04 F0.75 以下省略 上手くいかないというのは、M 10×0.75のネジゲージの止まりがスルスル入ってしまいます。 下穴は、9.18~9.37が公差内なので、9.22~9.30の範囲で穴あけして、タップは、新品に変えてみたり、回転数を600、100、200など 試しましたがダメでした。ネジ拡大の原因がまず、分からないので、どこを 対策すればいいのか分かりませんので、ご教授願います。 また、重要な説明が抜けていたら、ご指摘お願いします!

  • ドリル穴加工について。

    ドリル穴加工を行う際、1、センタードリル 2、ドリル が一般的だと思います。ドリル先端角120度に対し、理想のセンタードリル角は120度だとカタログに記載されていました。センタードリルとはOSG リーディングドリルです。  質問なのですが、図面に面取り指示が無い場合でもやはり、面取りを考慮して、センタードリルは120度ではなく90度のものを使いその後ドリル加工で行うのが一般的でしょうか? それともOSGドリルのほとんどはセンターもみ不要のシンニングがされていますので、センタードリルは使わないで直ドリル加工を行いますか? ケースバイケースでしょうか?

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • M3タップ加工後、ネジが通りません

    4個のワーク(A6061)に1箇所のM3タップ加工しました。 4個中1個だけタップ加工が不完全だったようで、ネジが通らなかったそうです。再度タップで通すと問題が無かったそうです。 下記の条件で加工しました。 素材:A6061 加工:ロボドリル M3タップ加工    下穴φ2.5 深さ11 (S2000 F150 ペック1mm)    タップ深さ10 (S800 F400) 工具:OSG EX-SUS-GDS φ2.5ドリル    OSG EX-AL-SFT M3タップ キリコの確認はしてます。 過去に無かった事例だったので、理由・対策を教えて頂けないでしょうか?

専門家に質問してみよう