• 締切済み
  • 困ってます

ネジ通りゲージ、止まりゲージの意味がわかりま…

ネジ通りゲージ、止まりゲージの意味がわかりません。 ネジゲージの判定で4パターンありますが、、、 1.通りが通れば合格。 2.通りが途中で止まってしまったら不合格。 3.止まりゲージが止まれば合格。 4.止まりが通ってしまったら不合格。 日常的に当たり前のように判断をしていますが、その意味を分かっていない為、ネジがどうなっているのか相手を納得させる説明が出来ません。 この4パターンの時、ネジはどうゆう状態になっているのか? 具体的に説明して頂ければ幸いです。 弊社のなかでも満足に説明できる人材がいなく寂しい限りです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数8598
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ねじゲージによる判定は便宜的な物でしかないので、このゲージによる 検査だけではねじの状態を厳密に判定する事は難しいと思います。 ですが厳密にねじを測定することは難しいので、ねじゲージの通止+ めねじでしたらピンゲージによる下穴径の検査、 おねじでしたらマイクロメータなどでの外径測定をあわせて行うことで ほぼ規格を満たしているか判定できます。 回答(4)さんは“通”が止まって、“止”が通ることは無いと仰いますが そんな事はありません。 ねじプラグゲージの外径を測定して頂けばすぐに分かると思いますが、 プラグゲージの“通”の方が“止”よりも外径は太いです。 これは通ゲージが谷底径の過少を検査するのに対し、 止ゲージは谷の幅の過大を検査する物であると認識しています。 従いまして、例えば刃先の欠けた、あるいはノーズRの過大なバイトで ねじを切った場合、谷底が浅くなる為に通ゲージが通りません。 それを補正によって追い込んでねじを切ってしまうと、今度は谷の幅が 広がってしまうので止ゲージが通ってしまいます。 程度にもよりますがその過程で通ゲージが通らないのに、 止ゲージが通ってしまう事が出てきます。 ねじ山の角度が合っていない場合にも同じような事が出てきます。 ですから必ず両方のゲージにて検査しなければなりません。 またねじプラグゲージでは下穴径の過大の判定は出来ませんので、 あわせてピンゲージ等で下穴径を検査しないと、ひっかかり率を 満たしているか検査できません。 リングゲージでも同様です。 他にもピッチ誤差やテーパ付き、肌荒れ、バリなど不良要因が 色々ありますので考え出したらきりがないです。 ゲージがシブイ時が1番厄介。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ネジ面の物理的な接触状況のことをおっしゃっているのでしょうか? 私が理解しているのは次のような感じです。 通りが通る、止まりが止まるということはネジピッチ、 ねじ山の形(角度や高さ)などがJISに準拠しているということなので 締結した場合に適度なすきまが確保できるということ。 結果、無理に締結しない限り焼き付きやかじりの危険が 少なく、面と面が適切に接触していて確実な締結が 可能であるということ。これが合格の場合ですよね。 一方、通りが通らないのはピッチなどがくるっていて 相手のネジと過剰に接触してしまいネジが役に立たないか、 指定トルクで締結した場合であっても過剰な摩擦力により 適切な軸力が得られない可能性があったり、 焼きつき、かじりの原因になるということです。 止まりが止まらないのはネジ下径が細すぎたりして ねじ山の高さが足りない、など、オネジとメネジの 隙間が大きすぎ、面と面の接触が小さすぎるために 適切な摩擦力が確保できず緩みやガタツキの原因になります。 通りが通らないのにとまりが通ることはないし、 止まりが止まらないのならば、通りが通るのは当たり前なので これの組み合わせは無意味です。 JISなどを読んだわけではないですが 多分あってると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

↑先を越されたか・・・ていねいに説明し過ぎた まづ、ねじゲージにはオネジ測定用のリングゲージとメネジ測定用の プラグゲージがあるのは知ってますね? リングゲージは文字通り、リング内径にメネジ有しこれを♀とし、 プラグゲージは、オネジが切ってあり、これを♂と便宜上します 各々通りと、止まりの二種類を使い、最大と最小を判定しています ***A:オネジの検査:リング偏「♀基準」*** 1.通りが通れば合格。・・・♂→大♀ 大♀より♂小さくOK:まづOKだが♂小さ過ぎない?→○3へ 2.通りが途中で止まってしまったら不合格。・・・♂→大♀ 大♀よりも♂大きくNG:きつ→小さく削らないと入らん→△再挑戦 3.止まりゲージが止まれば合格。・・・♂→小♀ 小♀より♂大きくOK:◎程よい大きさの♂で、最終検査の合格です 4.止まりが通ってしまったら不合格。・・・♂→小♀ 小♀より♂小さくNG:小さ過ぎ→おしゃか!・・・×大きくならんか? ***B:メネジの検査:プラグ偏「♂基準」---以下省略*** 今は設計やってますが、検査課にも所属したので詳しいというか・・・ 良く管用テーパーネジには使いましたが、数物の測定には 無くてはならない。ねじゲージ自体の検査も必要なのも知ってますよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

1.規定の大きい限界より、小さいから合格。 2.規定の大きい限界より、超えて大きいから不合格。 3.規定の小さい限界より、大きいから合格。 4.規定の小さい限界より、小さいから不合格。 そういう事と違うのでしょうか? 的外れでしたら、ごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

JIS規格、今はISO規格をネットで検索して。 穴のはめあい、を理解してみて下さい、 シマリバメ、等いろいろ勉強するとすぐ解ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ネジゲージでの検査

    M10P1.5おネジをGR2(2級ネジリングゲージ)を利用して検査しようと考えております。 社内に3個,GR2のゲージがあり製品を3本指の力でねじ込んでみたところ、通るもの1個、きつい感じのもの1個、入らないもの1個あり同じ規格のゲージのはずが、ここまで差がはっきり出るとは意外でした。 製品検査上、合格、不合格の判定が出来ない状態です。 最良の方法はエンドユーザーの検査機器を借用して検査する方法ですが、その前に自身(製造側)の判定基準を作りたいと考えております。 考え方のご教授を御願いします

  • 標準ネジゲージと限界ネジゲージについて教えて下さい

    加工予定のネジ寸法に対して、社内に標準ネジゲージしか無かったためガタ無くしっくり嵌まるように加工を行いましたが、客先の検査担当者から限界ネジゲージの通りが通らないと指摘されました。 私としては   標準ネジゲージ=ネジの規格値の中央値で作られている   限界ネジゲージ=ネジ規格の上限と下限で作られている との認識だったため、標準ネジゲージしか無かったためガタ無くしっくり嵌まるように加工を行えば、限界ネジゲージによる検査も合格するものと思ってました。 何が問題だったのでしょうか? ご教授ねがいます。

  • ネジの囓り付きについて

    いつもお世話になっています。 弊社では、ネジ加工を業者に依頼して、その部品を使用して装置を組み込んでいますが、最近ネジの出来が悪いようで、組み合わせた場合に、ネジが噛んでしまう問題が発生しています。 ネジが噛んでしまう理由っていったい何なのでしょうか? 弊社では、ネジゲージを使用して、そのネジの善し悪しは判断しているつもりなのですが・・・、何か盲点があるのでしょうか? 弊社で使用している材質はSUSが主流です。 何卒お知恵をお貸し下さい。

  • ネジゲージのGP?、IP?とは?

    宜しく御願いします。 タップがしっかり切れているかどうか検査するのに「ネジゲージ」 というツールがあると思います。 両端がおネジになっており、 それぞれに「GP?」、「IP?」と表示されているのですが、 どういう意味なのでしょうか? ネジの等級などを表してるんでしょうか? ネットで調べたのですが、説明らしきものが見当たらないので 質問させていただきました。 設計をしているにもかかわらず、初歩的質問でお恥ずかしいのですが、 部品検査から質問され回答に困っています。 お助けください。 急ぎでいただけるとありがたいです…。

  • インチネジについて

    かなり古い図面ですが、ネジの寸法に「2.00-16UN-2A」と謳われています 2インチのピッチが16だと思いますが、これを測定するリングゲージが見つかりません そもそもこのサイズがJIS規格などに載ってないです このサイズのネジは特殊ネジですか? この仕事を請けると年間1500個を今決まってるだけで5年続きます もう1つ初歩的な質問ですが、おねじを検査するゲージの通りネジ・止まりネジ用のリングゲージと外径用のリングゲージの使い分けはどう違うのでしょうか 通りネジ・止まりネジ用のリングゲージは有効径、外径用のリングゲージは外径が基準になってるようですが、どちらを選ぶかをどう判断するのでしょうか? よろしくお願いします

  • ネジの検査

     中国製のネジを使用して組立作業を行っておりますが ネジが途中で止まったり、ドライバーの先が入らなかったり、トラブルが多いのですが、どこがどの様に悪いのかが、判らず困っております。  ビスのタップ部分などの検査はどの様に行って、どの様に判断すればよいのでしょうか?  弊社にはピンゲージとか隙間ゲージしかありません。

  • ねじゲージについて

    「限界ねじプラグゲージ」の摩耗の良し悪しを確認する道具は有りますでしょうか? 弊社、プレス加工にてt=1~3?程度の板金(主に亜鉛メッキ鋼板)の部品製造を行っています。 製品の中にはTAP加工を施すものが多くM3~M5のめねじを転造TAPにて加工しており、検査時にはいわゆる限界ねじプラグゲージにて通り確認を行っています。 会社にあるネジゲージですが、同じ加工品でも古いゲージは通りの良く、新品のゲージでは少し通りが渋いものがあり、ゲージをいつまで使用し続けて良いか判断に悩みます。 過去には納品した顧客先の受入検査ではTAPがきついといわれ、社内のゲージでは問題が無いといったケースもありました。 明らかに古そうなゲージを手に持ちながら、「私が持っているゲージでは通りますけど」との答えに説得力がありませんでした...。 いろいろとカタログを見たのですが、「限界ねじリングゲージ」には「点検用プラグゲージ」というものが存在するのですがプラグゲージの方には点検用のラインナップがありません。 「止まり用」のねじリングゲージにて確認するのでしょうか? それであればねじリングゲージだけに点検用のラインナップがある事が不思議です。 使用するねじプラグゲージについて ?どこまで使用し続けて良いか? ?その判断を確認する道具はあるのか? 以上御教授頂ければ幸いです。

  • 1/4-28UNF-3Aネジ切り加工について

    お世話になります。 CNC旋盤で被削材A286に1/4-28UNF-3A外径ネジ切り加工を行っておりますが ネジ外径・単独有効径・谷径・谷Rが規格内なのにもかかわらず リングゲージが入りません。 初期の加工条件は S1000_F0.907_パス回数20回+ゼロカット4回 切削油はネジ切り時のみタッピング油 突き出し量はφ10.3をクランプし10.0mm(剛性は充分かと思います) ネジ切り長さは約6.0mm 切り上がりの盗みはφ5.20で長さ2.5mm 櫛刃タイプ・コレットチャック仕様の旋盤 です。 そこでまず セッティング(段取り)に問題があるのかと思い ?使用工具の形状を確認しました。  使用工具:CECO_16ER28UN(CP500) ?刃具の取り付け精度を確認しました。  (ダイヤルゲージでホルダーの傾きを確認) ?芯高を確認しました。 それでもだめだったので加工条件に問題があることを疑い、 ?回転数を3パターン変更してみました。  S800_S1000_S1500 ?パス回数を4パターン変更してみました。  6回_10回_15回_20回 (フランクインフィード) ?ネジ切り前のブランク径を3パターン変更しました。  ネジ外径の下限・中央・上限 ?有効径の規格下限値で加工しました。 ?被削材がA286ということもあって刃先が磨耗しやすい為、  全てのテストを毎回チップを交換し、新品の状態で行いました。 今のところ思い当たる手段は全てトライしてみましたが 結果は全て同じで、 ・有効径を規格内に入れるとゲージが通らない ・ゲージが通るところまで削っていくと有効径が入らない。 です。 あと思い当たることは、ゲージは客先からの支給品なのですが 過去にも同じ現象が有りゲージの精度を疑って別のゲージを借用し 通したら全く問題なくスムーズに通り、有効径も規格内で 加工することが出来た事が有たので今回もゲージを疑いたいのですが、 客先が弊社のメインの取引先でありなかなか言いづらく、 まずは自分の非を完全に潰してからにしようと思い投稿いたしました。 どんなことでもいいのでこの件に関するアドバイス等、 いただけましたらよろしくお願いいたします。

  • 雌ネジ軸線の許容

    雌ネジ軸線の許容 板製品にM5深さ10の雌ねじが加工されており、ネジゲージで検査を行ったところ、ネジゲージが傾いていることに気がつき、これが不合格の角度なのか、許容差内なのか判定基準とJISの番号がありましたら教えてください。 ちなみに2.4度傾いております。

  • ネジ深さとは何処を指しますか?

     初歩的な質問で申し訳ありませんが、 加工図面に「M8×12」と指示してある場合について教えてください。 (タップにて、止まりのめねじを加工します) ?、深さ12?は、有効ネジ部の長さでしょうか?。 ?、加工後に深さ12?を確認する場合、通り側ねじプラグゲージ(GP)を用いて、端面より12?入れば合格でしょうか?。 ?、仮に上記?の方法で検査した場合11?しか入らなく、適当なボルトをねじこんでみると12?入った場合は、図面指示通りに加工されていると言えるのでしょうか?。  加工者・設計者・検査員で意見が統一されていなく困っています。  設計者は余裕を見ているはずだ。とか、実際にボルトが入るから使用上問題無い。とかではなく、本当の意味と正しい検査方法を知りたいです。 もし、規定などあれば、それも御教示していただけると説得力があり助かります。  恐れ入りますがよろしくお願いいたします。       補足させていただきます。  M8×12と書いたので誤解を与えてしまい申し訳ありません。  ↑は例えのサイズです。  設計上、貫通不可のため下穴深さに制限があり、タップの食いつき部を考慮できないネジ深さになります。