• 締切済み
  • すぐに回答を!

表面粗さの精度

円筒研削盤を使用してシャフト外径の研削をしています。表面粗さの規格は1.6Sです。#120のPA/WAの砥石を使用していますが、全数の保証ができません。ドレスインターバルは5個10個です。現状、工程能力調査中ですので全数確認しながら加工していますが、どこに問題があってバラツキが発生するのでしょうか?研削液は濾紙にて濾過はしていませんが、加工前に清掃しました。砥石バランスを確認していないのですが、そのせいでしょうか? 0.1の取り代を残して2回加工もしてみましたが、全数保証にはなりません。いまどきどうしてRmaxと思いますが、図面には逆らえないので、お助けください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1167
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ラップ砥石はさらに目を細かくしたもので、目的寸法に入れるための「研削」ではなく、面粗度を出すための「研磨」のための砥石です。 寸法を入れるための研削する砥石と、面粗度を出すための砥石は分けた方がよろしいのではありませんか?? Rmaxが悪いということなのでスクラッチなどのキズが問題であれば、クーラントの清浄度を上げる必要があります。たとえば、5μのラインフィルターといえばかなり細かいフィルターですが、それを通過する4μのコンタミがワークと砥石の隙間に入り込めば、数μの深さのキズが発生します。 削り取る量が必要な工程と、面を追及する工程は分けた方がよろしいかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

度重なるアドバイスありがとうございます。 砥石について調べてみます。 またよろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ばらつきといより傾向変化ではありませんか?? 面粗度はドレス直後は砥石の表面も荒れているので、ワークの面粗度も悪いはず。数個加工すると目つぶれを起こして面粗度は向上していきます。そして目つぶれが行き過ぎると今度は削り取るよりも擦るようになり、いわゆる「焼け」が発生してしまいます。とうぜん面粗度は最高な状態ですが、研削していないので寸法が入りません。 ドレス直後の面粗度は悪いので、ダミーワークで目つぶしを行ってから正規ワークを加工するという手もありますね。 基本的に取代を減らしても面粗度は砥石のスペックによるところが大きいように思います。取代が大きいところは粗目で、そして最後の仕上げはラップ砥石でという使い分けが必要かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ドレス後の目潰しはやっています。実際データも1個目が一番良好です。段々悪くなっていく傾向です。 ラップ砥石とはどういうものなのですか? もっと粒度を細かくしたものですか? お手数ですが教えてください。 Rmaxには疲れました。

関連するQ&A

  • 表面粗さの確保

    円筒研削盤にて表面粗さを確保する場合によく1.6Sまでしか 確保できないと言われますが、できる人は0.8Sとか0.6Sに 仕上ています。 1回ではなく、2回に分けて加工をすると聞いたことがありますが、 その場合に1回目と2回目の条件の違いは何ですか?砥石も違うのですか。 以上、どうすれば表面粗さが確保できるのですか?教えて下さい。 また、砥石による円筒研削以外で表面粗さを向上させる方法があったら 教えて下さい。 また、

  • 研削機で、端面R形状成形精度が出ません

    円筒研削機で、チャックでワークを掴み、Φ25の端面R300±0.1目標の加工(取り代0.2)は可能でしょうか? 砥石を成形し、端面プランジ加工をしたのですが、R±3mm程の精度でばらついてしまいます。 次は砥石の角で、コンタリングを試すつもりですが、上手くいくかどうかかなり行き詰まっています。

  • 研削

    円筒研削盤の加工について  加工ワークはφ30のシャフトです  研削加工時 1ミクロン以下と思われるリードが 発生してしまいます 100%発生ではないのですが ついています 振動によるものなのか ドレスの跡が 転写されてしまうのか わかりません この件について 誰かわかる方がおりましたら  どうぞ ご教授ください 追加 らせん状の形状になってると思われます ドレススピードを上げてやると 肉眼でも確認できます 面粗度がRy1.7くらいです それよりも小さい形状と推測されるのですが 見えないところが わからないにつながっているかな???  砥石形状が転写することは確実ではないかと思われる

  • 研削砥石の不具合の再現

    研削砥石について質問です。砥石には目こぼれ、目つぶれ、目詰まりといった不具合が あると思います。それぞれをわざと再現してみたいのですが、どうやっていいかわかりません。なにか方法があれば教えてください。 ちなみに、アンギュラタイプの円筒研削盤になります。 ドレスの修正切り込み量は0.03で、修正インターバルは10回で行っています。

  • 長物砥粒切削

    現在、旋盤の刃物台を改造して円筒研削盤のようにして長いシャフトを砥石で加工してるのですが、どうしてもシャフトの逃げが発生してしまいます。どういう条件とかなにかいい方法があれば教えてください。ちなみに鉄を削るんじゃなくて、シャフトにホワイトボードみたいなものが巻いてあるのでそれを削るので芯ぶれは使えません。シャフトの長さは2500mmで径はシャフトで100mmくらい巻いてあるのをいれれば250mmくらいです。なにかいい方法を教えてください。

  • 円筒研削盤によるハードクロムメッキの研削

    円筒研削盤を使い、ハードクロムメッキの研削をしたいのですが、 加工実績が無く、砥石の選定について教えていただけませんでしょうか? 被削材の外径はφ230とφ410の2種類です。 普段はステライトNO.1を研削しています。 ステライト研削時に使用している砥石は、 形状 1A 寸法 610×75×304.8 砥粒 60 結合度 K 組織 8 結合剤 VSK-1 です。 この砥石を使って実際に研削できるかを試す時間があれば一番良いのですが、被削剤にメッキが乗って研削できる状態になるのは納期ギリギリなので、砥石の選定をしておく必要にせまられています。

  • 研削の加工時間

    平面研削、円筒研削(センターレス、トラバース、プランジ)、内面研削(トラバース、プランジ) 各々、一般砥石で研削する場合の加工時間の試算をする計算式をどなたか教えて頂けないでしょうか。文献等があれば、紹介して頂けないでしょうか。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • CBNホイールについて

    はじめまして。研削で量産物をやるのにちょっと困っています。 材質はSNCM420QTで外径φ180.2内径φ150幅50のリングで外周面 浸炭処理(Hs75で深さ1.5mm)してあります。これの外周 を荒でφ180.02まで落として、仕上げでφ180.000±0.002の 真円度0.004、表面粗さRa0.15に収めたいのです。 段取りとして端面ラップ仕上げ面なのでそれをマグネットチャック で片持ち保持して仕上げ加工しています。 現在の仕上げ用砥石はφ450幅50のWA240で多石ダイヤモンドにより ドレッシングしていますが、ドレスインターバルが短く粗さもなかなか安定 しないし、スクラッチも入ってしまい時間がかかってしまいます。 これが50100個あるので、何度も取付、加工、計測の繰り返しで 非常に苦労しています。 そこで、CBN砥石ならどうかと思うのですが、こういった鋼材の 加工は可能なのでしょうか。また可能ならどれくらいの砥石の条件 がいいのか、お勧めの砥石会社など教えてください。 長文乱文ですみませんが、よろしくお願いします。

  • 46番の砥石の限界は?

    日立の平面研削機でWA、GC砥石を使い鋳物から鉄S45Cを研削してます。 難しい品物がありまして、鉄で精度が0.005以下の平面度(0.003までが合格なんですが)が必要で・・・上手く平面度が出る時と駄目な時があります0.02とか。 そこで46番の砥石で加工する場合はどの位までが精度の限界でしょうか?  ワークは初めにすてびきしてからマグネットを弱くしてトラバースを使ってます。