• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

SUS420の切削について

SUS420Fのφ4.0mmをNC自動盤で後挽きバイトを使いφ1.5mm 長さ3.5mmに落とします。構成刃先により切削面粗さ、寸法精度が安定しません。何か良い加工方法及び工具など教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数336
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

もしアプリテック(スイス製)をご使用していないなら、テスト的に使用されてみてはいかがでしょうか?切削速度はだいたい30-40m、送りは0.01-0.03程度です。420F,420J2などの材料では寸法、ひきめともかなりよい結果が出るようです。剛性的にも非常に高いチップです。小物専用のチップもあるようです。

参考URL:
http://ai-noah.com

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS430とSUS430Fの違い

    金属加工初心者の営業です。お客様の図面の材質は「SUS430」となっていますが、NC自動旋盤にて細かい加工(2.4φ×6.2)をするので快削鋼の「SUS430F」にて加工したいと考えています。Webで検索するとSUS430を切削性を良くした材料ということでした。SUS430をSUS430Fに変更して何か問題があるでしょうか?

  • SUS430材の加工

    御世話になります。 NC自動旋盤での加工についてですが。 最近SUS430の引き合いが多くなってきました。 弊社はSUS303は多く加工していますが、SUS430は余り加工実績がありません。 (SF20Tは、少しありますが…) SUS430は、加工し辛いと聞きました。 精度良く量産するには、やはりチップの交換時期を早くしていかなくてはならないのでしょうか? また、お勧めのチップ・切削油がありましたら教えて下さい。 弊社では、NC自動盤シチズンB-12、チップ住友DCET-ACZ150、切削油サーチングカットHG-50を使用しています。

  • SUS440の穴加工

    被削材SUS440の丸棒材にφ20深さ135mmの止まり穴をあけたいのです。精度的にはうるさくありません。使用する機械はNC旋盤でやろうとしています。どんな工具&工程が望ましいか教えて下さい。 また、マルテンサイト系のSUSを切削加工するのは始めてなので、そのポイントなどありましたら教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

もしアプリテック(スイス製)をご使用していないなら、テスト的に使用されてみてはいかがでしょうか?切削速度はだいたい30-40m、送りは0.01-0.03程度です。420F,420J2などの材料では寸法、ひきめともかなりよい結果が出るようです。剛性的にも非常に高いチップです。小物専用のチップもあるようです。

参考URL:
http://ai-noah.com

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

刃物はステンレス用でコーティング膜厚の薄いものを使用してください。切削油は油性で中活性タイプ以上のものを使用してください。後は切削条件の見直しは当然ですが、刃物の芯高や突き出し量(極小に)の見直し等も有効と思います。 以上を行えば難しくないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

毎度。 この加工はかなり難しいと思います。切削速度が上がらないと言う事もあり、構成刃先が発生していると思います。 対策としては、現在使用されている工具にコーティングをかけるのが良いのではないでしょうか。 コーティングをする事により構成刃先の発生を抑制できるはずです。 但し、コーティングはPVDコーティング(物理蒸着法)を推奨します。CVDコーティング(化学蒸着法)であれば膜厚厚い物はだめです。薄いものであれば大丈夫と思います。 では。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 快削鋼の切削について

    はじめまして 初めて質問をします。 快削鋼の切削を、nc自動旋盤(野村製機)でおこなつていますが今ひとつ精度と面粗度がうまくいきません。現在使用工具は、超硬ロウ付けバイトを、使用しています。 切削条件、切削工具等快削鋼の切削について教えていただけませんか。

  • SUS440Cの被削性

    SUS440Cの加工についてですが、加工した事が無く調べてもステンレス鋼中最高の硬度という情報しかありません。 どなたか詳しく(被削性、使用工具、切削条件など)教えてもらえないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • SUS420J2Dドリル切削加工方法

    こんにちは 現在SUS420J2Dドリル加工をしてるのですがどうしても穴が曲まがり、ドリルに構成刃が付いて困っています。 1.曲がりφ2.05のドリルで穴を明けても曲がりが 入栓ゲージが通らない(交差は、2.09+0.1 0です)使用ドリルOSGのEX-SUS-GDSφ2.05です 構成刃先がついて口元拡大中間ではゲージが通らない センタ-は岡部の2.0×60度をしようしています 使用機械シンコムのF12又はF16を使用しています(複合旋盤です) 切削条件は、あらゆる条件を試したのですがぜんぜん改善されません(他にも試したのですが同じです) どなたかSUS420J2でのドリル加工をされている方あれば教えてください

  • 自動盤で外形不安定と構成刃先の関係について

    この間,超硬バイトを使って,炭素鋼材を切削するとたまには外形不安定を起こしてしまったとのことです. 連続加工で,午前と午後に寸法測定行っていて,突然に外形大きくなったり,小さくなったりして,全部品不良になってしまうとのことです.もちろん,公差以内になったら,中心に調整しているんです. ただ,外形不良時にバイトを見ると,表面が金色になり,構成刃先だな~と 考えております. 切削中にバイトの刃先に構成刃先が起きて,その構成刃先が刃先になり, 外形小さくなりました.さらに,そのあと,構成刃先落ちると刃先が変えて外形が大きくなりました. 切削について経験不足なので,構成刃先と外形がこのような関係があって, 理論的には正しいでしょうか?? よろしくお願いいたします.

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。

  • SUS403の旋削

    SUS403の旋削加工で困ってます。 皆様のお知恵をお借りできませんか? SUS403でΦ40長さ25mmの材料にΦ10.1の深さ20mmで仕上がり面相度がRa1.3の内径加工を行ってます。 今、やってる方法は ?Φ9.8のドリルで穴あけ ?Φ8のボーリングバーにWGMT080204L-F(PR930)でΦ10.05に削る  周速60m、送りF0.08 ?Φ8のボーリングバーにTPGT080204L(PR930)  周速100m、送りF0.09 で、あまりチップがもちません。 メーカー(京セラ)さんに問い合わせても、周速が遅すぎて切り粉が刃先に溶着するので構成刃先によって欠けるといわれて?の周速を100mぐらいまであげましたが、かえって刃持ちが悪くなり、現在の条件まで落としてます。 どなたか、よい方法ご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 純ニッケルの加工法と材種の特性について

    はじめましてcooです。よろしくお願いします。 現在MCでの純ニッケル加工の仕事が来ています。ポケット、長溝、ザグリ等の加工を行う作業内容です。φ2φ10位のエンドミルにてどうにか加工を行っていますが、工具の刃持ちが悪く適正な切削速度を見つけることが出来ません。ハイスのラフィングの刃先が目に見えて摩耗していきます。超硬工具も試してはいますが、思うような精度が出せません。機械的な精度は、要求寸法に十分使用に耐えうる精度はあります。どなたかこの材種の加工法について教えていただけませんか?

  • 切削工具の寸法精度

    私の会社では金属類を切削加工しています。 (私は設計部門の所属のため、大雑把な事以外の細かい内容は、生産技術部門にまる投げ状態です) 切削するにあたり、一般市販の工具も使用していますが、独自の専用工具を工具メーカに依頼して作ってもらっています。 その際、切削される製品の図面には、出来上がりの寸法公差や幾何公差が記入されていますが、専用工具自体の図面には寸法公差の記載はあるのですが、幾何公差の記載がありません。 よって、出来上がった製品の寸法を計測して、製品の合否を判定するしかありません。 最終的には製品の合否は製品自体を計測しないといけないのはもちろんですが、工具の精度が不明では、幾ら切削条件や工作機械の精度が良くても良い品物を作ることは難しいと思います。 質問としては、 1.切削工具の幾何公差などの精度を記入するというのはタブーなのでしょうか?(前述のように私の会社の工具図面には幾何公差が記載されていないのでわかりません) 2.工具の図面を書くにあたり、公差などを書く場合にどういったことに考慮すればよいでしょうか。

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 切削加工について

    分かる範囲でいいので、教えてください。 高精度切削加工をするための、条件として、工作機械の高精度化がありますが、工具に起因する条件を調べてます。 なんでも、いいので教えてください!!!!! お願いします。