• ベストアンサー
  • 困ってます

フロートバルブはなくても支障ないですか?

フロートバルブはなくても支障ないですか? キャブのセッティングを出してる際に誤ってフロートバルブ(ニードルバルブともいうらしいです)を無くしてしまいました。。 ガソリンの流入を調整するアレです。 構造を調べると、走行中は常にガソリンが少しづつキャブの中に入っており、停止中はそれを止める役目があります。 ホンダのスーパーディオZXなのですが走行中はよいとして、停止中も燃料ポンプが回っていなければ流入し続けることはないと思います。 ガソリンタンクより上にキャブがあるからです。 このフロートバルブというのは必ずしもなくてはならないものですか? 純正でこの部品だけ探すのもけっこう大変です。アドバイス頂きたいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • h90025
  • ベストアンサー率36% (733/2006)

クランクが回転するとクランク室の気圧の脈動を原動力として燃料ポンプが動く仕組みです。 ですので、おっしゃるとおりエンジン停止中はガソリンは流れません。 しかしエンジンがかかると、消費するガソリンの量をはるかに超えるガソリンがどんどんフロート室に流れ込んでオーバーフローします。 ガソリンがキャブからエンジンに大量に流れ込むのでエンジンは止まります。 もちろんキャブから外部にも流れ出しますので危険です。 エンジン停止中にガソリンを止める役割では無く フロート室のガソリンの量(油面)を一定に保つのが役割です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ひとつ疑問に思ったのですが、機構的にあの小さなフロートの浮力ででガソリンを止めるほどの圧着力が生まれるのでしょうか?フロートバルブによって穴は塞がれても、HONDAの場合ポンプは走行中、圧送しつづけているわけで、それがどこかに逃げる場所もなさそうです。あとは当然走行中は振動もありますし穴がカパカパしそうな気もしました。蛇足ですみませんw

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

やってみるのが一番良いと思います。 いくらここでなくてはダメだ!と書かれても、「そんなの関係ない!」と思ったら、やる気も起きないでしょう? でも、キャブやエンジンは正直で、動かなく鳴ったり調子が悪くなりますので、すぐにわかります。 その手間などは、授業料と思われると良いと思います。 ただ、クランク室までガソリンが入って、ベアリングなどがダメになるとかなり大きな授業料になるかもしれませんが、その前に走れなくなるとは思いますけどね。  経験しながら部品の必要性というのを学んでいくのも良いと思いますよ。 必要のない部品は最初からついていませんからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

試していませんがどうやらそのようです。勉強になりました!燃調もかわるみたいです。

  • 回答No.4
  • sailor
  • ベストアンサー率46% (1953/4185)

だめです。間違いなくオーバーフロー(キャブからガソリンがあふれ出る)を起こします。 また、フロートとニードルバルブは単にガソリンが溢れるのを防いでいるのではありません。キャブレターの中にあるジェット部分が常に一定の量(ジェットがガソリンに浸かっている深さと考えてください)ガソリンに浸かっているように調整しているのです。この量が変化してしまうと空燃比が変わってしまい正しい混合気が作れません。従ってキャブレターを分解した際などはこのレベルを確認して正しい高さになっている確認します。また、新しいニードルバルブに交換した際も正しい値になっているかどうかを確認して調整する必要があります。 ニードルバルブはバルブボディーとニードルのセットで売っていますので見つからなければ手に入れることは可能です。交換する場合はニードルのみの交換ではなく必ずボディーとニードルをセットで交換して正しい油面高さに調整する必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても勉強になりました。誠に有難うございました!

  • 回答No.2
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4039/14677)

そのバルブによってキャブの油面高さが調整されます。 無い場合は常にガソリンが流れ込み、オーバーフローしてどんどん漏れます。 エンジンにも流れ込み、濃すぎるどころではない混合比になります。 速攻でエンジンかけて、常に全開ぐらいにしてれば走れる可能性はありますけど。 停止中はポンプが止まればそれ以降は漏れないでしょうけど。 そう高い部品ではありませんし、hondaは在庫を結構持っていますし、他車種で同じサイズのも結構ありますので、調達して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やってバカをみるより純正を取り寄せました!参考になりました!ありがとうございました。

  • 回答No.1

なくちゃダメ! キャブアッセンブリで入手できると思うけど。(今は、そういう時代)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • DIO 燃料ポンプからエアーしか送られてこない

    DIO AF25ですがクランクを割ってOHしたあと組み立てたのですが 燃料ポンプからエアーしか送られてきません ガソリンタンクとポンプを繋ぐチューブ、ポンプとキャブを繋ぐチューブにオイルを入れて 何度もエンジン始動しようとしましたが、かかりません キャブのフロート室のネジをゆるめたらオイルがホンの少しだけ出てきただけで こんどはポンプとキャブを繋ぐチューブを透明にしてオイルをいれて ガソリンタンクとポンプを繋ぐチューブのフェーエルにエアーが半分はいっていたのでオイルを入れてエアーを抜いて 何度もセル、キックで試したのですがエアーしか送られてきません 燃料ポンプ自体に燃料もしくはオイルがちゃんと入ってなければいけないのでしょうか なにか回答おねがいします。

  • キャブの種類 フラットバルブと丸バルブの違いについて

    キャブの構造でフラットバルブと通常の丸バルブの違いを教えてください。 例えば セッティングが出しやすい、加速がすごいなど ちなみに2ストのライブディオに乗っていますが、ボアアップする予定です。 2ストにあうキャブがあったら教えてください。

  • SR400セッティングについて(白煙&吹け上がり、吹け戻り不良)

    はじめまして。 古いSR400を直して居るのですが、キャブのセッティングでつまずいてしまったのでどなたか知恵を拝借ください。 構成はノーマルキャブ&パワーフィルター&ノーマルマフラーです。 最初の状態としてアクセル開度1/4あたりで「ボボボッ・・」と回転が上がらなくなり、白煙も少量出ている状態です。 プラグを確認したところ真っ黒にすすけていて、且つガソリンでぬれていたためフロート室の設定だと判断しました。 キャブのOH時にフロートの油面を確認したところ SR400の規定値(23.5+-1mm)に対して18mmとなっていたため フロートを調整しました。 またキャブ上部のダイヤフラムが破損していたため交換しました。 その後キャブを組みエンジン始動してみると。。。 アクセル開度1/4の以上は変わらず、以前は空ぶかし時にのみ発生していた白煙がアイドリング時にも出るようになりました。 またエンジンを停止時にキャブの下部についているフロートバルブ(?)からガソリンが漏れるようになりました。 まただんだんとエンジンの始動が難しくなり、最終的にはエンジンがかからない状態になってしまいました。 知人に効いたところ白煙はガスが薄いためといわれましたが フロートを触りすぎたのでしょうか? 何か原因と思える箇所等ご指摘ください。 そもそも煙を出すのはガスが薄いためなのでしょうか?? またアクセル開度の問題ですが、キャブを逆さにするとジェットニードルが引っ込んでしまいます。これは正常な動作なのでしょうか。 直キャブで確認したところ1/4あたりでジェットニードルが出たり引っ込んだりしています。 長文になりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • ゼファー2型のオーバーフロー

    かぶってしまうのでキャブの空気入る所(ゴムの部分)を 手で開けたらガソリンが出てきました。 オーバーフローということで自分でバラシたところ フロートバルブには沢山のサビが付いていました。 早速燃料フィルターをかましてコックも新品に替え フロート室を洗浄してエンジンをかけたところ 普通に走れました。 でも1時間するうちにまたかぶってしまいまたバラシたところ またサビが付いてました。 どうやらキャブの燃料入り口からジェットの間にサビが溜まっているようなんです。 文章じゃわかりずらいと思いますが、どうやればこのサビを取れるでしょうか? あと、タンクのサビ取りを簡単にできる方法はないでしょうか? 皆さん、よろしくお願いします。

  • バイクのエンジンが走ってる途中で止まってしまいます。

    ライブDio ZX(AF35) に乗っているのですがエンジンが時たま止まります。 少し前に中古で原付を購入し問題なく動いていたのですがガソリンが濃いかなと思ったのでキャブのニードルの位置?を一段あげて薄くし、ついでに洗浄をしました。 そして組みつけてエンジンも高回転が多少伸びるようになり、そこまでは良かったのですが、 ある程度走ったら走行中にエンジンが止まって動いてを繰り返してエンジンの回転が落ちていき最終的に止まる用になってしまいました。(このときアクセルはひきっぱなしです。)ここでのエンジンが止まると言うのは、エンジンがロックするのではなく、エンジンが息継ぎするという意味です。 このときエンジンから爆発音がしなくなるのでおそらく燃料がきていないか、燃えていないかのどちらかだと思います。 その後、「ガソリンが薄いんじゃない?」と連れに言われたのでニードルの位置を元に戻したのですがこの症状は改善できなかったのでガソリンの濃さは原因でないと思われます。しかもガソリンを濃くしたらエンジンが止まる頻度が高くなったように感じます。 エンジンが止まったあとに20~30回キックで蹴りまくったらエンジンはまた問題なくかかります。 エンジンが止まったときにキャブの油面の高さを見てみたらかなり低くなってました。 エンジンをかけ直して油面の高さを見ると正常と思われる位置まで戻っています。 また、エンジンが止まるのはフルスロットル近くまでアクセルを回して走っているときでアクセル半あけでちんたら走ってるときは長距離を走っていないからかもしれませんが止まりません。 あと、キャブの掃除をしたときにフロートの下(上?)にあるスプリングみたいなやつ(ニードルバルブっていうやつなのかな?すみません自信がないです)をなくしてしまったので、家にあったふる~いDioのが大きさがあっていたのでそれを使っていますのでもしかしたらそれが原因なのかもしれません。 長くて分かりにくい文になってしまいましたが、一応今分かっていることを書いたらこうなりました。 すみませんがこの現象の原因が分かる方、思い当たるふしがある方は、出来れば改善方も一緒に教えてください。

  • 燃料ポンプ付き。コックOFFで走行すると問題ある?

    VF750Fに乗っています。車庫に入れるとき、キャブのフロートを空にしたいので、数分前に(走行中)コックをOFFにして、車庫に入れた後に自然に止まるようにしようと思います。 この時、燃料ポンプがガソリンなしで空回りすることになりますが、問題はあるでしょうか?

  • オーバーフローホースが濡れている

    お世話になります。 キャブのオーバーフローホースの先端が常にガソリンで濡れてしまっています。 ポタポタと垂れるわけではありませんが、ふき取ってもしばらくしたら濡れてくるので、揮発するのと同じぐらいのペースで漏れているようです。 タンク内はきれい、ニードルバルブは新品交換済み、油面は調整済み(適正範囲内の下限寄り)、その他キャブの状態は完璧にしたつもりです。 また、駐車中はいつもコックをオフにしています。走行もベストセッティングではないかもしれませんが支障はありません。 ここまでくると、別に濡れてても普通なんじゃないか?とまで考え始めてしまいますが、普通なんですか? 異常であるとすれば、他に何をチェックすればよいでしょうか? 車種はTZR125です。 お分かりの方、よろしくお願いします。

  • キャブレターのフロートの問題?

    キャブレターのフロートの問題? 旧車であるTY125に乗ってますが、数日から1週間くらい乗らないでいると、燃料コックをオンにした時に、キャブの後ろ側のパイプからガソリンが出てきます。コックをオフにして、ドライバーの柄などで、フロート室部分をしばらく叩くと、オンにしてもガソリンが後ろパイプ部分から出なくなるので、 無事エンジン始動は出来るのですが、度々こういうことをしないといけないので、何気に手間です。 フロート部分の動きの渋さか、何かゴミのようなものが付着してしまって動きが悪くなっているのか、 どういう状態が考えられるでしょうか?また、適切な対処方法は、どういったことになるでしょうか? 旧車に乗っていながら、メンテに関してはあまり知識が無いので恥ずかしいのですが、どうかご教授、よろしくお願いいたします。

  • ビラーゴ250

    はじめて質問させていただきます。 今、ビラーゴ250の不動車を直してます。どうしてもエンジンがかかりません。 1.エンジンの圧縮は両バンクとも規定値あり 2.火花も両方飛んでます。マフラー詰まりなし 3.キャブOH済み ジェットも詰まりなし、キャブクリでベンチュリまでの貫通確認済み 4.フロートまでガソリン来てます。実油面もシリコンホース繋げて、フロートチャンバに刻んであるアイマークまで調整済み ここまで整備しました。 ただセル回しても、エンジンまでガソリンが行きません(プラグが濡れません)。 セル回すとコボッゴボッとキャブに吹き返してくる感じです。 マニホールドにヒビは発生してますが、貫通していないため二次エアーは吸ってないと思います。 ビラーゴは負圧式の燃料ポンプが付いたタンクだと思いますが、当方は落下式のスポーツタンクに換えているのがダメなのでしょうか?(フロート室にガソリン貯まってるので問題ないと思いますが)。新品ですのでタンクに錆はありません。やはりキャブ交換したほうがいいでしょうか、、、 ちなみに今はエアクリは外してます。 どなたかアドバイスください。

  • マジェスティ250(4HC)走行中オバーフロー

    マジェスティ250 4HCに乗っていますが、9万キロオーバーしたのでエンジンを積み替えましたが、走行中にエンジンが吹かなくなり、急に止まってしまいました。停止後キャブレターのオーバーフローホースより燃料がポタポタ落ちているのを発見したので急遽キャブレターオバーホール、フロート位置調整を行いましたが、60km位走行中に同じような症状が現れ、エンジンが止まりそうになったのでブレーキをかけながらエンジンを吹かし走行しているうちに正常にもどりました。やはり止りそうになった時はキャブレターオバーフローホースよりガソリンがポタポタ落ちており、調子が良くなった時はガソリンのオバーフローはありませんでした。原因は燃料ポンプ或いは加圧ポンプなのでしょうか。 念の為にフロートをエンジン交換前の物に交換して試しましたが同じでした。どなたかご存知の方ご回答よろしくお願いします。